パピヨン「そら豆」の看板犬日記

08年10月生まれの「そら豆」の成長と日常、 腎臓病で亡くなった「バルド」の回想録です

今年も健康診断

フィラリア駆虫薬のシーズンがやってきました

IMG_0176

結果は…
まずまずの健康状態です
一点注意するとすれば 中性脂肪値が高いので 炭水化物を減らすようにと指導くださいました
そら豆はここ数ヶ月 朝に透明や黄色味がかったあわあわを戻すようになっていて ネットで調べたらお腹が空きすぎているせいらしいということがわかって ご飯の量を増やしていたのです
そのせいで中性脂肪値が高くなっていたと考えられるので ご飯の代わりに タンパク質を増やすようにしようと思います
これで増えていた体重も元に戻ると思います

朝に戻す原因ですが 先生は朝晩の温度差 寒さが原因ではないかと言ってました



まもなく10歳になろうとしていますが そら豆は本当に元気です
よく走り 歩き ロングのお散歩後にも もっと行きたいと意思表示します
見た目は 白くはなりましたが毛並は美しく 若い頃と遜色ないくらい 親バカですが可愛いです
あと10年生きて欲しいと思っています

体に摂り入れたもので身体は成り立っているのだから 良いものを入れてあげるなら 元気な状態が長く続くということを  証明したいです

梅雨前の快晴

気持ちいい天気が続いています
でももうすぐいや〜な ジメジメ梅雨が始まります
梅雨前のこの時期に 冬物の大物洗いを済ませて 備えましょう

そして1年に一度 フィラリア予防のために 動物病院に向かいます
フィラリアの感染の有無と 健康診断のための血液検査をします

IMG_0150
待合室の奥の方に 黒くて大きなレトリーバーさんが…
わたしはレトリーバーさんは大好きなので臆せず近づきます
レトリーバーさんは礼儀正しい子が多いです
わたしが近づくので そら豆も 近づきます
IMG_0152
みはろ:こんにちは
           この子は 何レトリーバーさんですか?

ママさん:フラットコーテッドです

みはろ:ひょっとして  ラヴィちゃん? 

ママさん:そうです〜

みはろ: そら豆です〜

2人  感激して 思わず握手 「やっと会えた〜」と大声で騒いでしまいました…
病院にはそんなに沢山の人がいなかったのですが お騒がせしてすみませんでした
ラヴィママさんの書いておられるブログに時々お邪魔していました
素敵なご家族と素敵なお家とお庭 お花 幸せを絵に描いたようなブログです
ラヴィちゃんは大切にされて 幸せです
同じ市内なので いつか会えると思っていました

IMG_0153
お支払いを待ってるラヴィちゃん
ラヴィちゃんもフィラリアの予防薬のために来院してました
病気やケガでなくて良かったです

大人しくて優雅で大型犬のいいところを全部持っているラヴィちゃん
お母さんやご家族にいっぱい愛されているのが伝わってきます

またいつか 会えたらいいね

犬連れ車中泊の旅 富士山が目の前に〜3〜

甲府盆地を抜け 長野に向かって走ります
IMG_2124
この日の車中泊地 恒例の 道の駅こぶちさわ
駐車場から南アルプス方向を見ているところ…?


相変わらずたくさんの車中泊の車が停車していました
みなさん トイレにちょっと出る時用に スリッパを外に出しっぱにしているのですね
当然盗られても困らなさそうな安物そうなものでしたが…

フィットシャトルはシートをフルフラットにしてもちょっと前後に狭いので 運転席 助手席をうんと前に移動させます 
そうすると靴が置いてある前座席への移動はちょいとアクロバット的な動きが必要になるわけです
最近毎日のストレッチを習慣にしているわたしは難なく移動できるのですが 身体の堅い主人には無理なようで 後ろのドアから出入りしたいらしいです 
それだけでも車中泊の快適性は格段にUPすると思うので 100均で買って来ようと思います



実はここではWi-Fiつながりますし (なるさわではほぼつながりませんでした)
DAZNでサッカーを観ようと思っていたのです もちろんガンバ戦
今年のガンバは一時最下位でして…
「このまま負け続けるなら わたしはセレ女になるわ」と主人に宣言してしまうくらいで…

29日の鳥栖戦3−0で勝利することができました
3点あれば安心して観戦することできました こんなに気持ちの余裕をもって観れた試合は今シーズン初めてだったと思います
この日の夕食は道の駅白州の横にあるスーパーでお寿司を買っていただきました
あとは ゆっくりと眠りました





4月30日 最終日です
松本城とかも行ってみたいけど そら豆を車に残すには気温が高すぎるということでまた別の候補地を探します


信州に来たら是非とも行ってみたかった場所があります
スーパーマーケットのツルヤさんです
塩尻を走っていたら 見つけたので すかさず入店!
IMG_2145
今回の旅で買ったおみやげ  多くはツルヤさんで買ったもの


軽井沢で見かけたことがあったですが 行ったことはなかったこのスーパー
こだわりの商品がたくさんあります
添加物まみれの日本の加工食品ですが ツルヤさんの商品は比較的信頼度が高くおまけにリーズナブル
おなじ程度の商品ならうちの近所ならプラス100〜200円見とかないと買えないんじゃないかな
お魚もお野菜もうちの近所のAコープのほうがお高いじゃありませんか!!
こだわりの商品はそれなりにお高いですが 日常で使うものなんかはリーズナブルで 醤油や強力粉など買ってしまいました
通路も広々で高級感が漂っていました
いつもこのスーパーを利用できるご近所の方々は幸せですね

ところで  低温殺菌牛乳を買ったので保冷剤をもらおうとしたのですが…

わたし 「ほれいざい もらえますか?」
店員さん「ほれいざい ですか? ほれいざい ですね」

文字にすると何てことないのですが イントネーションなんです
関西では「い」が高くなるのですが 関東風では「れ」が高くなるんですね
それはいいのです

聞き返されるんです

日本語でちゃんと喋ってるんですよ

聞き返すんですよ 二度も!

決してお店の対応を批判しているわけではないのです ただちょっとショックだったんです
わたしは関東には住めないだろうな ぜったい関西弁で通そうとするだろうから
その度に イントネーションを「〇〇ですか」と訂正されたら へこんでしまうだろうし  実際ちょっと心折れた…
関西のおばちゃんは世界中で関西弁を喋って無敵だみたいな印象を持っている人も多いでしょうが 関西のおばちゃんがみんな無敵なわけではないのです 中にはそういう人も確かにいますけど…



最後の訪問地




IMG_2125
なんだか 中山道好き

今まで 妻籠宿 馬籠宿 も行きましたし
ここはNHKのドラマ おひさまのロケ地なので行ってみたかったのです

有料のところではなく道の駅なら無料で駐車できますから みなさん失敗されないように
うちは失敗しました
「はい 500円」としっかり徴収されました 街並み保存に使われるならいいのですが単にシルバー人材センターのおじいさんのおこずかいになるのならイヤだな…
IMG_2131
しっかりと昔の街並みが残されています
IMG_2135
ロケ地  学生だった主人公がたむろしていた 現代でいうカフェ的なところ
IMG_2136

IMG_2141


この先は画像がありません

渋滞を見越して早めに高速道路に乗ろうと思っていましたが 少しの渋滞につかまってしまいました
でも名神高速道路よりはましだったんじゃないかなと思っておきます
20:30頃家に到着しました
無事に帰れて良かったです 運転お疲れさまでした

犬連れ車中泊の旅 富士山が目の前に〜2〜

山梨編


静岡 山梨の方々は自分の地方から見える富士山を「表」と呼びたいそうですが 関西人から見れば
両方「表」です このような円錐形の山というのがまず珍しく どこから見ても形が美しく周囲に目だった山がなく富士山単体がより際立つようにそびえたっているという意味で やはりどこから見てもおもてですね

白糸の滝を後にして向かったのは本栖湖の 富士芝桜まつりです
グーグルマップで地元の人が渋滞に迷惑していると書き込みされていましたが それほど渋滞することもなく到着

ですが駐車場に入ったら「ペット入場不可」の看板が…
ということで入るのをやめて 本栖湖に行ってみました
5000円札の富士山はここから見たものだそうです

IMG_2075
富士山は画像の右手で見えません
ここでシュナウザー連れの母子さんとお話をしました
近くでキャンプをしているそうで 仲良しお母さんと2人の息子さん
IMG_0101
シュナさんたちはそら豆をとっても気に入ってくれて 仲良しになりました

芝桜が見れないので途中で見かけた道の駅に行ってみました

IMG_2077
道の駅朝霧高原と周辺にある施設
IMG_2076
食べかけですが モッツァレラチーズのピザとポテトと富士宮焼きそば

ピザに乗っているチーズとポテトに乗っていたバターがめちゃ旨でした
高原地帯ということもあり周囲には牧場がたくさんありました 
車の中からも乳牛さんがのんびり草をはむ姿が見えました
あの牛さんたちが出してくれたお乳で作った乳製品ですから美味しくない訳がありません
今日は早起きでしたので そろそろ車中泊地に向かいます
予定していたここ

IMG_2089
道の駅なるさわ
ここで お土産の吉田のうどんとほうとう 朝ご飯用にバナナとあんドーナツを買いました
IMG_2087
展望台があり 早朝に撮って見ました
朝もやというのか裾の雲が幻想的です
IMG_2090
恒例の シャトルとそら豆 あんど特別出演 富士山
IMG_2080
富士山の成り立ちがわかる博物館もありました 無料で見ることできます

IMG_2082
夜ごはんは近くの食堂  結いの駅で

お客さんだれも来ずで貸し切り状態でした
若くてイケメンのお兄さんがお料理されてました
おすすめは はまちの漬け丼ということでそれにしました
あとソーセージと一番搾り生ビール  
海なし県山梨ではまちとはこれいかに ですが常連さんのトラック運転手さんが新鮮なお魚を千葉から運んでくれるそうで 納得の美味しさでした



IMG_2085
早朝

たくさんの車が車中泊していました 写真中央の施設の左側にバナジウム天然水を汲める場所があります…が9時から17時という時間制限があります

早朝に中国系の人が大声で騒いでいました
まだ眠っている人もいるような時間帯でしたので(これを撮影したのが5:30頃)国民性というか なんというか…この後の観光地でも大声で話す中国語を何度聞いたことか…


さて今日の最初の訪問地は温泉です
富士急が経営している ふじやま温泉 が7時から9時の間お安く利用できます
620円です
なので早朝7時前に到着しましたのに もうすでにたくさんの人が玄関に並んでいました
IMG_2091
炭酸泉とバナジウム天然水のお風呂に主に入ってみました
ぬるめのお湯で長く浸かれて良かったです
シャンプーコンディショナーボディシャンプーの質が良かったです

さっぱりしたところで次はいろいろ予定していたのですが是非とも行ってみたいと思っていた
忍野八海に向かいます
IMG_2103
冨士講で忍野八海にある池で禊をしてから富士山に登るという宗教儀式?だったようです
霊山 信仰の場所だったのですね
今は池に浸かる人はほぼいないようです 湧き水ですからかなり冷たいですしね
IMG_2101

IMG_2102

IMG_2106

IMG_2109

IMG_2110

IMG_2111
吉田うどん

忍野八海の駐車した場所からほんの数十メートルにあるお店
昆布とカツオで取ったお出汁で薄味でというのに慣れている関西人にはとても塩っぱくて
お出汁は飲めませんでした
だがしかし 塩っぱいのは出汁だけではなく 麺にもかなりの塩が混じっているようで麺の塩っぱさもつらかった 関西風のうどんはやはりおいしいと再認識
関西人だからというより普段の料理が薄味なので塩味にかなり敏感になっています


次に向かうのは カチカチ山ロープウエイとか候補に挙げていたのですが 主人が気が進まない(高所恐怖症)らしく どうしようと悩んで じゃあ 帰りは中央高速に乗って帰ろうということで長野方面へ向かいました
ナビがあるのでケンカしなくていいから楽ちんです
途中 ブラタモリで見たことある景色が…
富士山の回で見た 浅間大社近くにある富士講の御師の宿のある地域を通りました
ここは富士山を中心とした信仰の町なのだと実感します




この日の車中泊地はどこでしょうか








犬連れ車中泊の旅〜富士山が目の前に〜1〜

お久しぶりです
そら豆は元気です
IMG_1954
これはお正月のころの様子です お餅を食べた後のきな粉を盗み食い
IMG_2002





GWの三連休を利用して富士山を見に行く旅に行ってきました
渋滞を想定して 4月27日金曜の夜から走り出しました
いつもは関ヶ原ICで乗って養老SAで車中泊して 早朝に走り出すパターンですが、今回は尾張一宮PAまで足を伸ばしJCT渋滞を避けました  PAの写真は真っ暗な時間帯ゆえありません



例によって不眠症ゆえ起きるのは得意です 午前4時前に起床し 洗顔と歯磨きを終えてから出発です




IMG_2051
途中浜松SAで休憩しました
ここでもまだ薄暗いです 午前6:40
IMG_2056
このSAにはドッグランがあります
人工芝があって 清潔感があります
IMG_2054
水飲み場やうんち処理もできるようです
ほかのSA併設ドッグランでひどく匂うところがあって 利用するのに抵抗がありましたが ここなら大丈夫そうです  …がそら豆は利用せず先を急ぎました


新富士ICで降りる予定でしたが 新清水ICで降りて 最初の目的地
白糸の滝を目指します
高速を走っている途中 富士山の頭が見え隠れしだして 感動しながら全体像が見える場所にはやく…と心がはやります
関西人の富士山に対するあこがれは「富士見〇〇」という地名のある中部 関東地区の人々よりも大きいのではないでしょうか
清里からほんの頭だけというのも入れて 肉眼で富士山を見たのは過去に数えるほどしかなく こんなに近くで 雲一つない状態で富士山を見たのは人生初の経験でして
「すごい すごい」  しか言葉が出なくて
しぶしぶ付いてきてくれている主人も感動していて そら豆は何が起きているのという感じですけど
二人ともとにかく感動していました
「この日にしてよかった 最高の天気だ!」も何度も言ってました
その富士山をどうぞ ↓







IMG_2059
白糸の滝へ向かう途中の富士山 雲一つない完璧な富士山!






駐車料金300円を最初に支払って 滝へと向かいます
IMG_0089

IMG_2068

IMG_2069

IMG_2072
たくさん 階段を昇り降りしました

高さはさほどないですが 水しぶきが少し離れた場所にも飛んできます

断層崖の端っこから湧き出たお水が滝となって流れ出て 素晴らしい景観を生んでいます
ブラタモリで勉強しました


翌日そら豆の体をチェックしましたら 大量のダニがお土産について来てました
目視で取れる分を一通り取って レニームをシュッシュッ  で完了
山に行くときはダニ注意です


駐車場のおじさんが静岡側の富士山と山梨側の富士山は微妙に形が違うこと 残雪の量が違うことなどを教えてくれました ちなみに静岡側からは残雪が少なく 富士山の頭がとがって見えるそうです


次に向かうのは
山梨方面です




Profile
ようこそ
「そら豆」のブログへ
そら豆のママ
菱屋みはろです。
びわ湖の畔で家族3人
のんきに暮らしています。

そら豆のこと
手作りしたもの
サッカーのこと
山のこと
車中泊旅行のこと
思いついたことを
書き綴っていきたいです。
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Now Visitor
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ