aamall

2008年02月21日

■thanks for your presence

ポーラのお手紙


すいません しつこく本日2つ目の記事ですー
今日は仕事が穏やかモード☆ 
(気持ち的にも)書けるときに書いておかなきゃ。


 はじめはその人の作品にほれ込んでいたのだけど
作品を観てゆく過程において、その人となりが自分の中で形になっていて
作品を超えてその人のその存在を好きになれる体験。
そんな体験は そうそうできるものではないので、そういう人にはもはや
ただただその存在だけでありがたいと感じるようになってくる
(こういうこと、友人のユメギワちゃんもこの記事で書いていらしたなー)

 ブログはもちろんのこと、フリッカー(写真のサイト)も、
はじめてよかったなと思うのはそういう出会いがあったこと
日本の方でも 海外の方でも。

 そういう人たちとの写真の送りあいっこやメール、文通のやりとりは
こんな素敵な人が世の中にいるんだよ
この人のお手紙やメールってこんなに素敵なものが詰まっているんだよ、
とみんなに声を大きくして自慢したくなる一方
私だけの秘密みたいな感じで、そっとしまっておきたいような
複雑な気持ち。

 青木景子さんが詩集「GIRLS」の中で
自分の中で聖域と呼べる相手へのお手紙に
「嘘や真実を書き続ける」
と書いてらしたけど
嘘というか、精神世界における自分なりの真実あるいは理想の虚像。

嘘だけど本当、
本当だけど嘘 の世界

それを受け入れてくれる聖域である恋人(私の場合みな相手が女性だけどね)
の存在に 感謝する日々


写真はそんな大切な友人の中の一人からきたお手紙と
わたしの、彼女のイメージ(彼女は緑や、光や水、地球上の多くのエレメントを愛する女性)
写真のデュエット。


GIRLS(ガールズ)―青木景子詩集


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by tamaru   2008年02月22日 21:52
わたしはー
そういうminさんのスタイルが好きですよ^^
Flickrをはじめてみたのも色んな人と通じれられればと思ってはじめたのだし。
でもねーやっぱminさんのようには出来ないです。
色々と自分なりにがんばったつもりなのですけど。
年が明けてからその思いが強くなって、離れてるのにはそういう気持ちの変化もあるのです^^;
結局自分次第なんですけどね。
Flickrに行かなくなって久しいけれどきっと戻る日もくると思うので。
待っていてくれるのであれば・・少し待ってくださいね。
2. Posted by min   2008年02月26日 16:24
■tamaruさん

(お返事が、書き終えてみたら大長編スペクタクルになってしまった)

私のような気まぐれ写真好きに恐縮ですー
わたしも友情(と書くと陳腐だけど)とか、写真を超えた何かを
感じるコンタクトさんってそんなに数がいないですよー
その関係だって少しずつできてきた形なわけでして。
 だけど、後処理を多用する写真をアップすることもある私のようなスタイルは
レタッチなんてとそれだけで軽く見られることもあるので、そういうとき
仲間の言葉やメールは本当にうれしいですね
 よくまーさんと話すのはレタッチだろうが
フィルムのブランドとか使ってるカメラの機種だろうが 要は内容だよねって。
 私も、去年は後処理の技術をつけるほうに重きをおいていった気がするので
今年はもっと人の表情が撮りたいです
 形だけかっこのいい写真はごまんとありますからねー フリッカーは。
3. Posted by min   2008年02月26日 16:25
tamruさんへ その2
 tamaruさんは一度アップすれば絶大な人気があったじゃないですか!!
無理強いはできないけど、気長にまってますよ
 それと、コメントとか人気を気にしだしたら、つまらなくなってしまうし
毎日アップしなきゃっていう脅迫概念も邪魔になるので
あまり気にしないようにしてます
 そうそう うちの旦那さんがおもしろいものをフリッカーのグループ内で
見つけてきました

(サイトのURL一旦削除しますね 勝手なリンクもいかがかなと思いなおして・・
また閲覧されたいとき、お知らせください!)

すごく的を得てる気がする。。 先の記事でも書いたけど
文法のちいさなミスを気にしたりするのって日本人同士な感じとか
コメントのやりあいっこで疲れたりとか、
とてもおもしろいスレッドでしたよ。
 フリッカーの使い方って自分次第ですよね
4. Posted by min   2008年02月26日 16:27
■tamarunさんへ その3
ゲームって割り切ってコメントや人気を得たり
それを得るための分析に使ってる方もおられるようですし
コメントのしあいっこで、コンタクトさんとのコミュニケーションをメインに
楽しんでらっしゃる方もいるし。
 私はコメントはもちろんうれしいけど、それこそ時間があるときは返さなきゃと
たまにがんばるけど、でもやっぱり時間をかけて仕上げたりしているから
写真を見てほしいなって思います

 だから、本当は日本語のコメントのほうが全然らくなんだけど
日本人ってやっぱりグループとか好きだし、言葉が完全にわかる分なぁなぁに
なってしまうので、せっかくフリッカーにいるから尊敬する外人さんの写真を
丁寧にみるようにしています
5. Posted by min   2008年02月26日 16:29
■tamarunさんへ その4
 日本の方だって、単純に感動したりしたときに 
書きたいって衝動にかられるときでも
グループでこりかたまってる方や、日本国内のほかの写真サイトもやってらして
そこでの横のつながりが強い方のところには
なんだか書き込みしづらい雰囲気がありますよね
なんなんだろ、あれ。 
あと、先にもと掲載していた某サイトで、
英語の細かなミスを気にするのは日本人くらいだと
それから、英語の間違いを見られて恥ずかしいのは外人さんじゃなくて
日本人って書かれているのにも相通じるものを感じます

こういうことは私がおもってるだけじゃないみたいで
tamarunさんのように急にアップされなくなってコメントにお忙しいんですかと書いたところ、
メールで、かくかくしかじか、上のような
内容が書かれていてちょっと疲れたなんておっしゃる方もいて。
6. Posted by min   2008年02月26日 16:31
■tamarunさんへ  その5
 そして、海外のコンタクトさんから聞かれたのですが
どうして日本人は「ちょっとリフレッシュが必要」とか書いて、これまでとりためてきた
写真を最後の一枚残して全部削除するのかとか、一度退会して、また入るのはなんでか
って言われて、(私が知ってるだけでも日本人女性で5人は、写真を最後の一枚のこしたほかdeleteしたり、一度退会してまた入ってコンタクト申請されたり)そういわれてみたらなんでだろって思いました 
 このへんもなにか日本人気質みたいなものがあるのでしょうかね。
あーフリッカーのこと書き出したらすごくながくなっちゃいました
また、このお返事で感じられることがありましたら、書き込んでくださいね
 とにもかくにも、tamarunさんがまたフリッカーのモチベーションがあがりますように
(そういう私も、今日の記事に書いたことが理由で最近サボリ気味なんですけどね)
7. Posted by kaname   2008年02月29日 01:37
次の記事でコメント受けてくれないから、無理矢理こっちに書いちゃいます!(ゴメンね〜m(__)m)

ディズニーシーって、FFの世界ですよねぇ、確実に!
(それだけです、重ね重ねすみません・笑)

最近のminさんの写真、凄いですね。
どんどん引き込まれていきます。
何だか、”感性”を押し出した写真って感じます。
最近はじめた仕事のブログも、最初は黒バックだったのですが、minさんのブログを見ていて、”やっぱり白だ!”ってまねちゃいましたよ♪(笑)
8. Posted by min   2008年03月04日 02:28
kanameさんー
一つ後の記事でたくさん書いてくださってありがと〜
もう忘れられちゃったんじゃないかと思っていて
うれしかったですよーー!!
ほんとにあのメンバーで食事しましょうよ
私、企画してもいいですか。(なんなら妹よびますー)

FFがディズニーシー、、考えた事なかったけど
言われてみたらそうかもしれない!
それと写真も丁寧にみてもらってありがとー
レタッチっていわれればそれまでだけど
丁寧に愛情をもって仕上げているのでうれしいです
 たまにはこちらのサイトにも
顔出してくださいね〜。

私も、今はブログのテンプレートは白がいいです
黒は写真が引き締まるけど、
重い雰囲気になってしまいますね
え?新サイトがあるの?kanameさんのお名前からとべるのかしら
明日にでもお邪魔します!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔