1.1942(昭和17)11921(turn7)

零戦52型丙:10機生産

99式艦爆11型:10機生産

零式水偵:11機生産

日本軍ブルドーザー:9台生産

トラック車台:1台生産

 

国家備蓄:

鉄鉱石:6

ボーキサイト:95

原油:0

:14183

アルミ:5956

セメント:28433

軽油:3918

重油:6642

弾薬:4192

 

①各根拠地の工作艦による艦船の修理がおこなわれている。99
(C)GENERAL SUPPORT

 

2.1942(昭和17)12224(turn8)

零戦52型丙:10機生産

99式艦爆11型:10機生産

零式水偵:11機生産

日本軍ブルドーザー:9台生産

トラック車台:1台生産

 

国家備蓄:

鉄鉱石:12717

ボーキサイト:45

原油:0

:16271

アルミ:6139

セメント:27518

軽油:4318

重油:8242

弾薬:4192

 

①サンフェルナンドからバギオに進攻、攻略。

1次バギオ攻略戦

日本軍参加兵力兵員400火砲1061車両535後方1947

日本軍損害兵員0火砲0車両0後方0

連合軍参加兵力兵員180火砲100車両36後方90

連合軍損害兵員55火砲39車両10後方50

バギオ占領

 

②英航空隊によるインドの根拠地への爆撃が開始された。

1次アキャブ防空戦

連合軍攻撃隊爆撃機61

撃墜爆撃機0

損害:

兵員18

 

1次ベナレス防空戦

連合軍攻撃隊爆撃機59

撃墜爆撃機0

損害:

兵員7火砲3

 

3.1942(昭和17)12527(turn9)

①いつの間にかパレンバンとブルネイの油田、製油所が稼働できることに気付かなかった。手動で稼働率を上げておかなければならなかったようだ。。。。

潜水艦「中型潜」開発中止

小型輸送艦「陸軍SS艇」基本設計完了

零戦52型丙:10機生産

99式艦爆11型:10機生産

零式水偵:11機生産

トラック車台:14台生産

 

国家備蓄:

鉄鉱石:17

ボーキサイト:55

原油:0

:21771

アルミ:6119

セメント:27228

軽油:4718

重油:4842

弾薬:4192

 

②アパリ攻略。100
(C)GENERAL SUPPORT

1次アパリ攻略戦

日本軍参加兵力兵員350火砲1061車両535後方1947

日本軍損害兵員8火砲40車両19後方28

連合軍参加兵力兵員289火砲110車両24後方0

連合軍損害兵員289火砲110車両24後方0

アパリ占領

 

③英軍の爆撃が激しくなってきた。こちらもアンダマン飛行場と航空機を破壊した。

1次パトナ防空戦

連合軍攻撃隊爆撃機63

撃墜爆撃機0

損害:

兵員13

 

1次チッタゴン防空戦

連合軍攻撃隊爆撃機65

撃墜爆撃機0

損害:

兵員23火砲7

 

2次アンダマン爆撃戦

日本軍攻撃隊戦闘機175機爆撃機50

撃墜戦闘機1機爆撃機0

連合迎撃総数爆撃機55

撃墜爆撃機45

戦果:

兵員1

飛行場50低下

爆撃機14偵察機10

 

19421月第10ターン

零戦52型丙:10機生産

99式艦爆11型:10機生産

零式水偵:11機生産

日本軍ブルドーザー:9台生産

トラック車台:1台生産

 

国家備蓄:

鉄鉱石:28

ボーキサイト:65

原油:0

:21519

アルミ:6099

セメント:26813

軽油:5118

重油:8546

弾薬:4242

 

1次デリー防空戦

連合軍攻撃隊爆撃機66

撃墜爆撃機0

損害:兵員6

 

2次チッタゴン防空戦

連合軍攻撃隊爆撃機68

撃墜爆撃機0

損害:兵員18火砲4

 

4.1942(昭和17)213(turn1)

Uボートが到着。チャンドラ・ボース来日。自由インド仮政府樹立。101
(C)GENERAL SUPPORT

軍馬:344動員

日本軍歩兵分隊:138動員

日本軍整備分隊:34動員

零戦52型丙:19機生産

99式艦爆11型:16機生産

日本軍ブルドーザー:9台生産

トラック車台:1台生産

 

国家備蓄:

鉄鉱石:39

ボーキサイト:75

原油:0

:21263

アルミ:6292

セメント:26648

軽油:5518

重油:10146

弾薬:4242

 

①哨戒フェイズにおいて、エニウェトクに接近する米上陸部隊(輸送艦3)発見。マーシャル諸島に守備兵はいても航空隊・艦隊は未だ配備していないため、攻撃できず。102
(C)GENERAL SUPPORT

 周辺の戦力を確認したところ、トラックに戦艦1隻、重巡2隻、駆逐艦3隻が停泊していた。重油がもったいないが攻撃することにした。輸送艦2隻を撃沈したが、同時に米潜水隊の攻撃を受け、重巡鳥海が小破。103
(C)GENERAL SUPPORT

1次エニウェトク沖海戦

日本軍艦艇巡洋艦2小型艦4

連合軍艦艇小型艦3

・小型輸送艦ゴールズボロ:砲撃により沈没

・小型輸送艦クリムソン:砲撃により沈没

 

 エニウェトクの上陸部隊は退却。

②佐世保からリンガへ回航中の輸送船団が連合軍潜水隊に捕捉され、貴重な小型タンカーを撃沈されてしまった。。。。。。せっかくパレンバンの重・軽油を運ぼうとしていたのに。。。。

・タンカー日商船29号:雷撃により沈没

・潜水艦パイク:爆雷により沈没

 

③その後、パラオのボーキサイト輸送船団と、仏印から佐世保に回航中の輸送船団が潜水隊の攻撃を受けたが、事前の零式水偵の哨戒が功を奏したせいか、いずれも損害を受けずに済んだ。

 

④英空軍の執拗な爆撃が続いている。

2次パトナ防空戦

連合軍攻撃隊爆撃機69

撃墜爆撃機0

損害:兵員7

 

2次アキャブ防空戦

連合軍攻撃隊爆撃機74

撃墜爆撃機0

損害:兵員22