Ⅰ.1535(つづき)

1.吉田郡山城防衛に成功。尼子経久軍退却。尼子軍撃退に成功したが、兵数は約1,800に。9

2.全く援軍を送ってくれなかった大内家は、九州において秋月家を滅ぼした。10

3.毛利家と同じく、大内家に従属している小早川家が尼子家の侵攻を受け、鏡山城陥落。11

 

Ⅱ.1536

1.全く頼りにならない大内家から独立した。12

2.代わりに尼子家に臣従を申し出、受け入れられた。13

3.早速、大内家に従属している小早川家を攻撃。14

4.国人衆の援けを得て、賀儀城攻略。先月まで味方だった小早川家を滅ぼした。15

5.能島村上家を攻撃。16

6.城を討って出た村上通康隊を会戦で撃破し、大幅に耐久を下げた。17