パラドゲー好きのAAR

「ハーツオブアイアン」「ヴィクトリア」「ヨーロッパユニバーサリス」「クルセイダーキングス」といった「パラドゲー」や、「グロス・ドイッチュラント2」「日露戦争」といったジェネラルサポートの戦略SLGのAARです。「セーブ・ロードによるやり直し」は禁止でプレイしています。

Vic2HOD スペイン(終了)

ヴィクトリア2ハート・オブ・ダークネス~スペイン(1)~

 1836年~1936年までプレイできるGC(グランドキャンペーン)において、列強7位のスペインを選択。1

※MODは入れていないが、一部テキストファイルを以下のとおり変更している。

 大国⇒列強、イギリス⇒大英帝国、大戦⇒世界大戦、中華帝国⇒清)


 難易度は普通。これまでのAAR同様、セーブロードによるやり直しは絶対に行わない方針。


 他国でプレイしていると、早々と列強から外れてしまうスペインなので、まずは国威と工業力を上げて列強の地位を維持したい。その後、軍事力を蓄えていきたい。Hoi3TFHスペインでは開戦直後、連合国に鎧袖一触で滅ぼされてしまったため、今プレイでは、特に英米を見返してやりたい。


1.GC開始時

()開始時、すでに反乱軍が。2

()政治:保守派の穏健党が政権を握っている。工場建設は資本家任せになるようだ。3

()生産:列強なのに、工場ゼロ。4

()技術5

()人口:労働力の64%が農民。民族は、スペイン59%、フィリピン20%が主。識字率を上げるために、国力集中に聖職者を充てることに。6

()スペインの領土は、本国以外に、

 ①西モロッコのカナリア諸島7

 ②南カメルーンのフェルナンド・ポー8

 ③フィリピン、ミクロネシア、マリアナ諸島(グアム、サイパン等)9


()貿易:輸出トップ3は、魚・鉄・果物。早急に工業化を進めなければやばい。10

()軍事:陸軍は75,000。まずは反乱軍討伐を行わなければならない。11

()外交:開始時から列強との仲がとても悪い。英国、フランス、プロイセンなど、関係△15となっている。12


 

 

 

 

ヴィクトリア2ハート・オブ・ダークネス ~スペイン(2)~

1.1836

()719日。国内の反乱軍を一掃したが、既に国家順位は8位。9位以下に落ちてから1年経過すれば、列強でなくなってしまう。やばい。オランダがベルギーと開戦。ベルギーと同盟を結んでいる英国が参戦。13

 

2.1837

()426日。オランダが英国に降伏。ヘルダーラント地方がベルギー領に。14

()625日。オスマン帝国がトリポリを併合。こちらもアルジェリア征服に向けて、「開戦の正当化(大義名分のでっち上げ)」中。15

()814日。アルジェリア征服の大義名分獲得。早速、宣戦布告。翌日発行の新聞の一面に。16

 

3.1838

()623日。ポルトガルを勢力圏に取り込んだ。

 

4.1840

()125日。英米の間にブリティッシュコロンビアを巡る危機が勃発しているが、スペインはアルジェリアと戦争中であり、介入できず。18

()630日。ブリティッシュコロンビア危機が列強同士の戦争に発展。英・土連合VS米・露・普・墺連合。19

()928日。チュニスを勢力圏に追加。

ヴィクトリア2ハート・オブ・ダークネス ~スペイン(3)~

1.1842

()217日。補給が続かず、苦労したが、開戦後2年でアルジェリアが降伏し、スペイン領に。21

()513日。列強間戦争は続いており、劣勢の英国がロシアと単独和平。ロシアがオスマン領カルスを獲得。

()1119日。オスマン帝国がアメリカに降伏。オーストリアにボスニア地方を割譲。

 

2.1843

()928日。オスマン帝国がベルギーに列強の座を奪われた。

 

3.1844

()12日。キューバとフィリピンを自治領として独立させ、アルジェリア征服による汚名を減らした。

()37日。大英帝国がアメリカ・フランス・オーストリア連合に降伏。アメリカがブリティッシュコロンビア獲得。25

 

4.1845

()927日。ギリシャとオスマン帝国の間でマケドニア危機発生。すでに英露が対立姿勢を見せている。スペインとしては、危機に関心を示しながら、静観することに。27

()1015日。国力集中により資本家育成に努めた結果、ようやくスペイン初の工場が建設。一気に工業力を上げたい。28

ヴィクトリア2ハート・オブ・ダークネス ~スペイン(4)~

1.1846

()124日。マケドニア危機は戦争に発展せず終結。

()47日。オスマン帝国を勢力圏に取り込んだ。30

 

2.1848

()410日。ギリシャとオスマン帝国の間に、エーゲ諸島を巡る危機が発生している。オスマン帝国はスペインの勢力圏だが、フランスと戦争する訳にはいかないため、ロシア側につくことにした。33

()421日。英国以外の列強が全てロシア側(ギリシャ)についたため、英国が折れた。オスマン帝国がギリシャにエーゲ諸島を割譲。

 

3.1849

()1125日。オスマンとギリシャの間で西マケドニアを巡る危機発生。

 

4.1850

()36日。西マケドニア危機は、ギリシャ側にロシア、フランス、オーストリア、スペイン。オスマン帝国側に英国、プロイセン、ベルギーがついた。

()613日。戦争は避けられないようだ。35

()623日。マケドニア戦争勃発。スペインも巻き込まれてしまった。ロシアの戦争目的は、「ギリシャがオスマン帝国より西マケドニアを獲得」「英国に屈辱を与える」の2つ。英国の戦争目的は「ロシア帝国内のフィンランドを解放、独立させる」。36

()920日。ロシアに呼応して、スペイン軍も英領ジブラルタルに進攻。37

ヴィクトリア2ハート・オブ・ダークネス ~スペイン(5)~

1.1851

()121日。ジブラルタル攻略。

()327日。今回、英国側にプロイセンがついているせいか、結構やばい。チャネルでは英国艦隊にフランス艦隊がボコボコにされている。38

()610日。バルセロナに上陸してきたオスマン軍と戦闘。39

()615日。オランダが、マケドニア戦争中の列強ベルギーに宣戦布告。

()73日。オスマン軍撃滅。

()823日。セルビアがオスマン帝国に宣戦布告。完全に欧州大戦だ。

 

2.1852

()113日。スペイン軍も地味にフランス領解放に向けて頑張っているが、戦況は英普連合に分がある。列強の下位争いを行っているベルギーに戦争目標「屈辱を与える(相手国の国威を下げ、自国の国威を上げる)」を追加

()313日。ロシアとプロイセンが痛み分け和平。40

()512日。オスマン帝国がロシアに降伏。西マケドニアがギリシャ領に。41

()73日。占領地はともかく、英国海軍がフランス海軍を大海戦で破ったことによる戦勝点が響き、ロシアが英国に降伏。英国の勢力圏としてフィンランドが独立し、フランス領シャンパーニュ地方をベルギーが獲得した。最悪だ。42

最新コメント
カテゴリー
ご来訪者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ