パラドゲー好きのAAR

「ハーツオブアイアン」「ヴィクトリア」「ヨーロッパユニバーサリス」「クルセイダーキングス」といった「パラドゲー」や、「グロス・ドイッチュラント2」「日露戦争」といったジェネラルサポートの戦略SLGのAARです。「セーブ・ロードによるやり直し」は禁止でプレイしています。

「太平洋戦記3」41年(入門編)4回目(終了)

「太平洋戦記3」シナリオ1(入門編)4回目に挑戦中

「太平洋戦記3」シナリオ1(入門編)4回目に挑戦している途中です。

 過去3度にわたる挑戦では、目先の攻略目標の事ばかりに夢中になり、行き当たりばったりの運用の末、最終的に手詰まりになってしまいました。
 したがって、この挑戦4回目においては「最終目標:ラバウル」を念頭に、予め目標を立ててから進攻するよう努めています。
 下図のとおり都合良く進むとは思いませんが、考えずに運用するよりマシなので(^^;)本来もっと詳細に作戦を練るべきですが、今回はこの程度で進めて行こうと思います。no title

 

(C)GENERAL SUPPORT

 それと今回から、輸送船への搭載に気を付けているつもりです。

 前回までは、例えば3隻の輸送船で上陸作戦を実行する時に、「輸送船A:歩兵」「輸送船B:火砲・後方」「輸送船C:歩兵・弾薬」と、兵員・火砲・後方・弾薬を均等に分けなかったため、輸送船B或いはCが要塞砲により沈められてしまった場合、上陸後の陸戦を行えず、何もせずに退却した事が何度もあるため、操作は面倒くさいですが、均等に搭載するよう努めています。

 現在、1942379日であり、残り10ターンで終わりです。今度の土日で終わらせたいと思っているのですが、現時点でシナリオ攻略できるかどうか正直、わかりません(^^;)



シナリオ達成目標まで、

 ①根拠地:156(残り4)

 ②敵戦艦/空母撃沈数:6(残り1)

 ③マニラ、パレンバン、シンガポール占領(残り:ラバウル)


の条件を達成しなければなりません。

 条件①と条件③は何とかなると思いますが、条件②はわかりません。戦艦或いは空母が含まれている連合軍艦隊が出現しなければ達成不可です。わざわざ敵戦艦を探すために遠征する余力も無いです。とりあえず、クェゼリンに駐留している艦隊をトラック島に移動させ、米国艦隊の主力艦隊を誘因する作戦で進めようと思っています。


 

「太平洋戦記3」シナリオ1(入門編)4回目でようやく勝利!!

 179
とても疲れました(^^;)。最後は珊瑚海で連合軍の艦隊と10度にわたる砲雷戦が行われ、最後の目標「戦艦7隻撃沈」を達成することができました。達成したのは4月第2ターンと、残り2ターンしかなかったため、とても胃が痛かったです(^^;)。11月から開始したシナリオ1(入門編)がやっと終わり、今はほっとしています。
 ショートシナリオ40ターンで、これだけ疲れるとは思いませんでしたが、本当に面白かったです。 メモと画像の整理を行い、後日、AARを載せたいと思っています。

「太平洋戦記3」シナリオ1(入門編)4回目 (1)

開始時の設定において、陸戦と爆撃戦の記録単位を変更。1

(C)GENERAL SUPPORT

1.1941(昭和16)1279(3ターン)

 ハワイは晴れ。フィリピンは曇り。今回は開始直後から「悪天候により上陸不可」はなさそうだ。2

(C)GENERAL SUPPORT

いつものように、日タイ同盟を締結。

・陸戦兵器「97式中戦車改」試作完成

・零戦21型:6機生産

97式艦攻3型:5機生産

99式艦爆11型:5機生産

99式襲撃機:5機生産

100式輸送機1型:2機生産

99式双軽1型:5機生産

・栄1型:16基生産

・金星4型:5基生産

・瑞星1型:5基生産

・ハ5型:2基生産

97式曲射歩兵砲:22門生産

・日本軍トラック:5台生産

・トラック車台:7台生産

 

①真珠湾攻撃。好天のせいか、戦艦4隻撃沈。機動部隊はそのまま横須賀に向けて移動。

(1次ハワイ爆撃戦)

日本軍攻撃隊:戦闘機114機、爆撃機266

 撃墜:戦闘機1機、爆撃機15

戦果:戦艦4隻、小型艦22隻、戦闘機12、爆撃機6、偵察機4

・戦艦オクラホマ:雷撃により沈没

・戦艦ペンシルバニア:雷撃により沈没

・戦艦テネシー:雷撃により沈没

・戦艦ネバダ:雷撃により沈没

・駆逐艦カニンガム:爆撃により沈没

・駆逐艦デューイ:爆撃により沈没

・駆逐艦ショウ:爆撃により沈没

・駆逐艦マクドナウ:爆撃により沈没

・駆逐艦ケイス:爆撃により沈没

・駆逐艦フェルプス:爆撃により沈没

・駆逐艦ウォーデン:爆撃により沈没

・駆逐艦ハル:爆撃により沈没

・駆逐艦ブルー:爆撃により沈没

・駆逐艦エールウィン:爆撃により沈没

・駆逐艦パターソン:爆撃により沈没

・駆逐艦ダウンズ:爆撃により沈没

・駆逐艦デール:爆撃により沈没

・駆逐艦ラルフ・タルボット:爆撃により沈没

・駆逐艦タッカー:爆撃により沈没

・駆逐艦ファラガット:爆撃により沈没

・駆逐艦ヘンリー:爆撃により沈没

・駆逐艦セルフリッジ:爆撃により沈没

・駆逐艦リード:爆撃により沈没

・駆逐艦マグフォード:爆撃により沈没

・駆逐艦カッシン:爆撃により沈没

・駆逐艦ジャービス:爆撃により沈没

 

②高雄航空隊がマニラ飛行場を爆撃し、飛行場能力を最低まで低下させた。

(1次マニラ爆撃戦)

日本軍攻撃隊:戦闘機109機、爆撃機111

 撃墜:戦闘機0機、爆撃機0

戦果:兵員5、飛行場180低下、戦闘機45、爆撃機29、偵察機4

 

③南遣艦隊がコタバルに上陸成功。要塞砲により駆逐艦1隻撃沈。巡洋戦艦の金剛・榛名が座礁し軽微な損害。

(1次コタバル攻略戦)

日本軍:兵員567、火砲201、車両40、後方575

 損害:兵員24、火砲11、車両3、後方21

 ・駆逐艦 磯波:対艦砲撃により沈没

連合軍:兵員114、火砲36、車両0、後方120

 損害:兵員2火砲12車両0後方9

コタバル占領

 

④比島攻略隊がアパリに上陸進攻。

(1次アパリ攻略戦)

日本軍:兵員540、火砲184、車両0、後方580

 損害:兵員22、火砲11、車両0、後方21

 駆逐艦 涼風:対艦砲撃により沈没

連合軍:兵員171、火砲54、車両0、後方30

 損害:兵員0、火砲13、車両0、後方0

アパリ占領

 

⑤イエに陸軍ユニットを送っていると、いつも通り、英国東洋艦隊発見。サンジャック航空隊が攻撃。レパルス撃沈。プリンス・オブ・ウェールズの損害は軽微。3

(C)GENERAL SUPPORT

(1次シンガポール沖空海戦)

日本軍攻撃隊:戦闘機37機、爆撃機87

 撃墜:戦闘機3機、爆撃機21

 ・巡洋戦艦レパルス雷撃により沈没

 

⑥過去のプレイでは、米軍の反攻作戦はマーシャル諸島から始まっているため、今回もクェゼリンの防備を固めなければならない。いつも初めの目標がメジュロになっているようなので。4

(C)GENERAL SUPPORT

⑦クェゼリンからウェークを偵察することにしたが、ついでに飛行場も攻撃。5

(C)GENERAL SUPPORT

⑧早速、モールメン航空隊にイエを爆撃された。陸軍ユニットの損害は軽微だが、翌ターンでは、サイヨク航空隊を差し向け、飛行場諸共、破壊しなければ。6

(C)GENERAL SUPPORT

 

⑨その他の戦闘は以下のとおり。アパリを攻略した比島攻略隊が襲われ、輸送船を1隻沈められてしまった。

(1次アパリ沖海空戦)

連合軍攻撃隊:爆撃機28

 撃墜:爆撃機5

 ・輸送船日商船26号:雷撃により沈没

(1次ペナン爆撃戦)

日本軍攻撃隊:戦闘機103機、偵察機1

 撃墜:戦闘機4機、偵察機0

 行方不明:戦闘機4機、偵察機0

連合迎撃総数:戦闘機17

 撃墜:戦闘機14

 戦果:戦闘機1、爆撃機4

 

⑩各地に散らばっている艦艇の移動を行い、最後に連合軍根拠地を偵察。

 

21941(昭和16)121012(4ターン)

・零戦21型:6機生産

97式艦攻3型:5機生産

99式艦爆11型:5機生産

99式襲撃機:5機生産

100式輸送機1型:2機生産

99式双軽1型:5機生産

・栄1型:51基生産

9910㎝山砲:4門生産

8875mm高射砲:2門生産

97式曲射歩兵砲:10門生産

 

①サンジャック航空隊が英国東洋艦隊を攻撃。プリンス・オブ・ウェールズ撃沈。7

(C)GENERAL SUPPORT

(2次シンガポール沖空海戦)

日本軍攻撃隊:戦闘機35機、爆撃機66

 撃墜:戦闘機2機、爆撃機15

 ・戦艦PO・ウェールズ:雷撃により沈没

 

②サイヨクからメルギーに進攻、攻略。

(1次メルギー攻略戦)

日本軍:兵員292、火砲98、車両80、後方490

 損害:兵員5、火砲2、車両3、後方6

連合軍:兵員113、火砲36、車両0、後方20

 損害:兵員13、火砲10、車両0、後方1

メルギー占領

 

③横須賀に帰投中の機動部隊がミッドウェー航空隊に襲われたが、零戦と対空砲火で撃退。

④ウェーク航空隊が頻繁に偵察を行っているようなので、クェゼリン航空隊をもってウェーク飛行場を爆撃。

⑤父島からサイパンに向かった上陸艦隊が潜水隊に遭遇。潜水母艦1隻を沈められてしまった。

 ・特設水母聖川丸:雷撃により沈没

⑥今回は、フィリピン・マレー方面だけでなく、最初からクェゼリンにも兵員・物資等を輸送を行い、戦力を充実させていく。

「太平洋戦記3」シナリオ1(入門編)4回目 (2)

1.1941(昭和16)121315(5ターン)

・「掃海艇20号」舞鶴にて竣工

・零戦21型:6機生産

97式艦攻3型:5機生産

99式艦爆11型:5機生産

99式襲撃機:5機生産

100式輸送機1型:2機生産

99式双軽1型:5機生産

・栄1型:48基生産

9910㎝山砲:4門生産

8875mm高射砲:2門生産

97式曲射歩兵砲:10門生産


①クェゼリン、トラック、パラオから本土に移動中の輸送艦隊。潜水隊に襲われないか冷や冷やしながら航行中。8

(C)GENERAL SUPPORT

②釧路から横須賀に向かう輸送艦隊が潜水隊に襲われた。貴重な中速輸送船1隻沈没。

・輸送船日商船36号:雷撃により沈没


③サイパンから出港したグアム攻略艦隊が潜水隊に襲われた。対潜哨戒していたから、損害なし。9

(C)GENERAL SUPPORT

・潜水艦グランパス:爆雷により沈没

・潜水艦ツナ:爆雷により沈没

・潜水艦ガジョン:爆雷により沈没


 グアムに到着。連合軍指揮パニックにより、そのまま突入。

 要塞砲により重巡・衣笠が損傷。重巡・古鷹が座礁により軽微な損害。

 艦砲射撃により陣地を破壊、守備隊の士気が1低下。10

(C)GENERAL SUPPORT

 上陸戦。第1ラウンドで総攻撃の後、通常攻撃で敵の士気を下げ続け、第4ラウンドで守備隊降伏。グアム攻略。

(1次グァム攻略戦)

戦果:陣地80低下

日本軍:兵員165、火砲46、車両0、後方150

 損害:兵員16、火砲5、車両0、後方8

連合軍:兵員57、火砲18、車両0、後方0

 損害:兵員57、火砲18、車両0、後方0

グァム占領


④ウェーク偵察を兼ねて飛行場を攻撃。早めに叩いておかなければ貴重な輸送艦隊を沈められてしまう。零戦で迎撃機を叩き落とし、爆撃。11

(C)GENERAL SUPPORT

 あと少しで飛行場能力を最低の30まで落とせそう。航空機もかなり破壊した。しかし上陸作戦を実行するだけの兵力はクェゼリンには足りない。要塞砲12門も恐ろしい。今回もウェーク島は攻略せずに航空兵力だけ叩く方針。12

(C)GENERAL SUPPORT

⑤高雄に向かう艦隊がマニラ航空隊に襲われ、重油8,000tを積んだタンカーが沈められてしまった。

 しまった!今ターンでフィリピンの天候が曇りに変わった事を忘れ、飛行場爆撃を忘れていた。痛恨のミス。未だ前回(3回挑戦)における「フィリピンはいつも雨」の意識が離れない。。。13

(C)GENERAL SUPPORT

(1次バギオ沖海空戦)

連合軍攻撃隊:爆撃機14

 撃墜:爆撃機7

・タンカー日商船6号:爆撃により沈没


⑥早速、高雄航空隊がマニラを攻撃。飛行場能力を最低まで落とし、航空機は全て破壊した。14

(C)GENERAL SUPPORT

(2次マニラ爆撃戦)

日本軍攻撃隊:戦闘機80機、爆撃機110

 撃墜:戦闘機5機、爆撃機9

 戦果:兵員4、後方1、飛行場54低下、戦闘機3、爆撃機24、偵察機12

連合迎撃総数:戦闘機51

 撃墜:戦闘機15


⑦コタバルからペナンに進攻。敵は戦わずして退却。これでペナンの航空兵力は消滅。手薄になったコタバルにシンゴラの英軍が攻めてきた。勝ち目ゼロなのでペナンに退却。そのままメルギーからシンゴラに進攻、攻略。15

(C)GENERAL SUPPORT

(1次ペナン攻略戦)

日本軍:兵員491、火砲125、車両0、後方434

 損害:兵員7、火砲3、車両0、後方4

連合軍:兵員167、火砲47、車両0、後方75

 損害:兵員2、火砲12、車両0、後方0

ペナン占領

(1次シンゴラ攻略戦)

日本軍:兵員287、火砲91、車両0、後方445

 損害:兵員0、火砲0、車両0、後方0

連合軍:兵員77、火砲0、車両0、後方28

 損害:兵員1、火砲0、車両0、後方1

シンゴラ占領


⑧前回プレイまでは考えられない位、輸送艦隊が太平洋上を駆けまわっている。近距離を良いことに、輸送船1隻で動いている艦隊もある。敵航空兵力は叩いているため、爆撃される心配は無い筈だが、潜水艦に襲われないかどうか心配だ。16

(C)GENERAL SUPPORT

「太平洋戦記3」シナリオ1(入門編)4回目 (3)

1.1941(昭和16)121618(6ターン)

・大和型戦艦「大和」呉にて竣工

・零戦21型:6機生産

97式艦攻3型:5機生産

99式艦爆11型:5機生産

99式襲撃機:5機生産

100式輸送機1型:2機生産

99式双軽1型:5機生産

・栄1型:16基生産

・金星4型:5基生産

・瑞星1型:5基生産

・ハ5型:2基生産

9910㎝山砲:4門生産

8875mm高射砲:2門生産

97式曲射歩兵砲:10門生産

 

①舞鶴で完成した掃海艇1隻出渠。

②リスクの高い輸送艦隊を優先的に移動させ、何とか潜水艦に襲われずに無事入港できた。17

(C)GENERAL SUPPORT

③クェゼリンからウェーク飛行場及び航空隊を完全に破壊。

④前線の兵力を抽出し過ぎたせいか、急遽、中国軍が開封に攻めてきた。何とか防衛に成功したが双方凄まじい損害を被った。急いで開封の戦力を補強しなければ。18

(C)GENERAL SUPPORT

(1次開封防衛戦)

日本軍:兵員960、火砲305、車両0、後方0

 損害:兵員398、火砲33、車両0、後方0

連合軍:兵員1260、火砲270、車両0、後方3600

 損害:兵員411、火砲75、車両0、後方255

 

⑤シンゴラからコタバルに進攻。総攻撃でダメージを与え徐々に士気を下げた。最終的に守備隊降伏。コタバル奪還。19

(C)GENERAL SUPPORT

(2次コタバル攻略戦)

日本軍:兵員287、火砲91、車両0、後方445

 損害:兵員60、火砲4、車両0、後方7

連合軍:兵員237、火砲111、車両12、後方0

 損害:兵員237、火砲111、車両12、後方0

コタバル占領

 

⑥マレー半島制圧まで、あとクアラルンプールとシンガポールを残すのみだが、簡単にはいかないだろう。コタバルとペナンの陸軍が合流すればクアラルンプールの英軍は戦わずしてシンガポールに撤退すると思われるが、、その分、陣地2,000のシンガポール軍の兵力が大いに増強されてしまう。戦艦による艦砲射撃+空挺作戦+陸軍進攻の三段構えで攻めても苦しい戦いになりそうだ。20

(C)GENERAL SUPPORT

 

⑦高雄からフィリピンのバギオに空挺作戦開始。同時にアパリから陸軍が進攻。最低、40の空挺ユニットが降下しなければ作戦は成功しないが、今回はギリギリ44ユニットが降下に成功。21

(C)GENERAL SUPPORT

バギオ守備隊は混乱状態。そのまま総攻撃。第3ラウンドで守備隊退却。22

(C)GENERAL SUPPORT

(1次バギオ攻略戦)

日本軍空挺隊:輸送機33機、空挺分隊54

 撃墜:輸送機4機、空挺分隊10

日本軍:兵員573、火砲173、車両45、後方559

 損害:兵員50、火砲12、車両2、後方12

連合軍:兵員253、火砲93、車両30、後方94

 損害:兵員44、火砲12、車両6、後方0

バギオ占領

 

⑧当初、台北の輸送艦隊を高雄に移してから戦艦と合流し、その後マニラ上陸を果たす予定だったが、マニラ守備隊が少数だったため、一か八かで直接マニラに直行。23

(C)GENERAL SUPPORT

 駆逐艦・輸送船中心の艦隊だったため、かなりの損害を覚悟したが、爆撃および要塞砲により輸送船は1隻も沈没しなかった(駆逐艦・掃海艇は沈没した)。こんな幸運は初めてかも知れない。24

(C)GENERAL SUPPORT

 上陸したらこちらのものだ、陣地2,000あろうが圧倒的優勢な兵力で上陸したため、守備隊は戦わずして退却。マニラ攻略。

(1次マニラ攻略戦)

 戦果:陣地23低下

日本軍:兵員1133、火砲146、車両0、後方455

 損害:兵員52、火砲7、車両0、後方17

 ・駆逐艦薄雲:対艦砲撃により沈没

 ・掃海艇掃海艇17号:対艦砲撃により沈没

 ・駆逐艦秋風:対艦砲撃により沈没

連合軍:兵員162、火砲108、車両0、後方29

 損害:兵員2、火砲21、車両0、後方0

マニラ占領

 

⑨マーシャル諸島におけるクェゼリン航空隊強化に向けて、当初、機動部隊による航空機輸送を行う予定だったが、フィリピンのレイテ飛行場を叩きたいため、機動部隊は高雄に向けることに。生産した航空機は直接、横須賀⇒マーカス⇒クェゼリンに飛ばしていくことにした。25

(C)GENERAL SUPPORT

⑩前回プレイの反省を活かし、クェゼリンの強化(主に航空隊の増強と機雷敷設)を進めている。トラック及びパラオは後回しになっている。。26

(C)GENERAL SUPPORT

 また米艦隊襲来に備えて、戦艦・長門、伊勢、扶桑を中心とした第1艦隊が停泊。いずれ攻めてくる米太平洋艦隊との戦いに備えておく。たった1隻しかない工作艦もクェゼリンに移動させた。いずれシンガポール攻略できれば、ドックがあるので。27

(C)GENERAL SUPPORT

最新コメント
カテゴリー
ご来訪者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ