2018年06月09日

もう中学生…

ついに4月から長男が中学生になりました。
うちの息子はかなり個性的な人物なので普通に進学できるかちょっと心配でしたがとりあえず無事入学できて良かったです。

因みにどのくらい個性的かというと・・・
入学してわずか1週間で制服のネクタイをなくし、しかもなくしたことに2日間気づかず、学校に名前のない1年生のネクタイがしっかり届いていたのに自分のだと思わなかった人。
新調したばかりの登校靴を3日でボロボロにする人。
毎日全教科の教科書を背負って、ちょっとした登山家並みに登校する人。
GW明けの月曜に普通に私服に着替えて「行ってきまーす!」とか言っちゃう人です。

さて中学生といえば部活動。
息子の学校は部活は強制ではないのですが、やはりこの青春期に帰宅部では寂し過ぎ。
ただ息子は運動神経ない芸人です。
小6のスポーツテストが5年生の時より下がっちゃう人です。
逆上がりもできません。
以前にも書きましたが、運動会の徒競走で1位の子と同じフレーム内に入れない人なのです。

息子の中学には文化部が合唱部、吹奏楽部、美術部の3つしかありません。
羽生名人の出身地で小学校レベルでも大々的な大会イベントがある町なのに将棋部がありません。このご時世でパソコン部も英語部もないのです。

かつてスポーツテスト1級を保持し続けた父としては本音は運動部に入ってもらいところだがそこは無理じいはできない・・・
OBの父母情報では美術部が一番イージーとのことだったので一応息子にもおススメ。

ところが仮入部で息子が選択した部活がなんと柔道部!!

腕立て伏せが2回しかできないのに!!
ペットボトルの蓋が未だにニブイチで開けられないのに!!
3歳下の妹と喧嘩しても負けちゃうのに!!

先月ひかりチャンネルで見てた少林寺三十六房やベストキッドの影響か!?

当然息子に理由を聞く。
息子:「だってアイツが一緒に入ってって言うから断れなくて・・・」

!!!!!

なんと『アイツ』というのは学童時代からの幼馴染の女の子のこと。
一人では不安な女子がよりによってウチの息子を道連れにしたようです。
ヤンチャな同級生でもイジメっ子のガキ大将でもなく女子がです!女子が!!
これにはもう買ったその日に財布なくしたくらいの衝撃!!!

実は私は3歳からず〜と野球をやってたのに中学の部活はバスケ部に入りました。
周囲からもなぜ野球部に入らなかったのかと言われまくったわけですが、理由は仲の良かった友達がことごとくバスケ部に入ったから。
バスケも楽しかったので全然後悔はしてないけど、もしあのまま野球を続けてたら今頃はマツダスタジアムでセカンドを守ってたかもとか思うとちょっとセンチになったり・・・

理由を聞いてやっぱり俺の子だなと思ったわけですが、
父:「とにかく人に左右されずに自分の意志で決めること。本入部した途端に実は誘ったその子が別の部に入ってるなんてこともあるわけだからな。お前騙されやすい顔してるから。」

どんなに見てくれが悪くても、どんなに頭が悪くても、性格さえ良ければ人間何とかなる!特に女子には嫌われないように努力しろと教えてきたわけですが、まさかこんな形で実現されるとは・・・しかもちょっと意味を履き違えてるし・・・

その後結局二人とも柔道部に本入部したわけですが、とりあえず今現在でもそれなりに楽しくやってるようなので安心してます。
もし3年間続けられたら、さすがに相撲しても勝てなくなるだろうな。

頑張れ息子よ!!とりあえずペットボトルは100パー開けれるようになれ!!


parady_bukuro at 02:05|PermalinkComments(0)

2018年04月19日

初めての福島にて…

3月中旬こと。

もうすぐ春休みになるし、兄貴もついに中坊になるし、折角だからどっか行きて〜なぁ・・・
ディズニーはこの前行ったしどうせ混んでるし・・・
アンデルセン公園もいいけど日帰りじゃあ味気ないし・・・
去年の那須旅行は良かったけどまた行くって言ったらマンネリ嫌いの嫁からドヤされるだろうし・・・
ホントはUSJがいいんだけど大阪遠いし2連休くらいじゃあ往復だけで終わっちまうし・・・
箱根や横浜じゃあ近すぎて旅感がないし・・・
日光は息子の修学旅行だったし、長野のおもちゃ王国はショボそうだし、新潟は嫁の実家近いし、石川や福井は崖しかなさそうだし・・・
いっそ沖縄か北海道か!・・・ダメだ・・・俺、飛行機乗れね〜し・・・

そんな折、テレビから流れる警戒な音楽。
「はわいあ〜んず♪」

これだ!!

というわけで、3月末に家族で福島へ『進学進級おめでとう旅行』に行ってきました。

朝7時出発!
常磐道は首都高を通らずに所沢から行けるのがステキ♪
渋滞もなく、ジャンクションで迷うこともトイレトラブルもなく、ノリノリで予定通りいわきインターに到着。
しかしワナはここに仕掛けてありました。

料金所の直前で突然警察官が現れ、側道へ誘導を促してきました。 

あれ?なんか事件でもあったのかな?

誘導に従い安全地帯に停車。窓を開ける。
警:「ご旅行ですか?」
おお、福島弁をナマで聞くの初めてだ♪
警:「申し訳ありませんが、後部座席のお子さん達のシートベルトが・・・」

!!!!!!!!

お前ら、さっきまでずっとしてたやん!何でこのタイミングで外してんだよ!!

嫁の顔がみるみると最終形態へ変化します。
鬼神降臨!
このままではいわきの町が吹き飛んでしまう!!

警:「きっと道中はちゃんとされてたかとは思うんですけどね。」

お巡りさんの必至のフォローで鬼の怒りは80%でキープ。

警:「免許証と車検証をお願いします。」

車検証?そんなもんどこに置いたか覚えてないよ。
たぶん助手席の下か?

父:「たぶんアナタの尻の下だよ」

ところが座席を持ち上げるスベがなかなか見当たらない嫁。

父:「横にレバー付いてるでしょ?」
鬼:「どこよ!」(鬼メーター90%)
父:「あるでしょ、その辺に」
鬼:「どこにあるんじゃい!!」(95%)
父:「どいてみ。ほらここにあるやん。」
鬼:ゴゴゴゴゴゴゴッッッ!!!!(98%)

お巡りさん、早く逃げて!

警:「今回1点の減点になりますけど3ヶ月違反なければ消えますので。」
父:「罰金は?」
警:「大丈夫です。ありません。」
鬼:ゴゴ・・・(60%)

ギリギリのところでいわきの町は救われました。

父が牢屋に入れられずに済んだ安堵感と自分たちがやらかしたことの重大さを反省する子供達・・・
免許取得から20年余り、ついにゴールドの連続試合記録が途絶えることになったわけですが、まあ子供らには良い教訓になったからいいか・・・

ほんの10分前とはまるで違う車内。
子供のテンションだだ下がり、嫁は阿修羅像のごとく、一路ハワイアンズへ。

入口で記念撮影するもみんな表情が暗い・・・
本来一番泣きたいのはゴールド剥奪の俺だぜ!イエ〜イ♫

箱根ユネッサンのイメージでしたが、基本プールなのでかなり楽しい。
子供たちのテンションもようやく戻ってくれました。
春休みとはいえ平日だったお陰でウォータースライダーもそれほど待たずにできました。
ステージが遠かったんで何言ってるかわからんかったけどトロサーモンなどのお笑いライブもやってましたね。
途中、兄と嫁が交互に迷子になるトラブルがありましたが、一日たっぷり遊べました。

帰りの車中で子供たちに聞きました。恒例の『今回の旅行ランキング』。
兄妹ともベスト1は「ハワイアンズが楽しかったこと」。ワースト1は「父が逮捕されたこと」。

狭い後部座席で折り重なるように爆睡してましたが、しっかりシートベルトはしてくれてました・・・














parady_bukuro at 17:37|PermalinkComments(0)

2018年03月11日

健康診断・・・

先日、ついに健康診断に行ってきました。
12年前の前職時は忙しさにかまけて行きそびれ、3年前に尿路結石で人生初救急搬送された時に簡易的な検査を一通りはやったけど、正式な健康診断は何と大学入学時以来という暴挙!

正直2日前あたりからソワソワしました。
人生初検便に戸惑い、前日の夜からの飲食禁止に不安感を煽られ、当日は遠足行く子供レベルで無駄に早起きする始末。

受診するのは初めていく病院です。
せいぜい3階建てくらいの病院でしたが、何棟も連なる横に広い感じだったのでちょっとしたダンジョンです。
地図見ても宝探し状態になりそうだったので即刻受付で受診場所を聞く。

早速検診着に着替えさせられスタンバイ。
まず身長から。
なんかほんと子供時分の保健室を思い出しました。
背筋ぴったり腹を薄くして姿勢良く、何となくサバを読もうとする自分がいる。

看護師:「161センチですね」
お、2センチ伸びてる!40代半ばにしてまだまだ成長期か!?

看護師:「姿勢いかんで数センチは誤差でますからね」

そだね〜!

視覚・聴覚・レントゲン・心電図と無事こなし、最後ついに来ましたバリウム検査!

なるほど・・・思ったよりもマズくはないな。
でも2杯目はご遠慮したいです。

これは断じてゲップしてはならん!!
そう心に決めて回転回転また回転。パンチパンチの逆さ刷りまでやらされて何とか耐えました。

先生:「うちのバリウム検査は他の病院よりも細かく調べるので長いです。逆に言えば今回よりも辛いバリウム検査はないはずなのでむしろ初体験がここで良かったですね」

確かにキツかった・・・
でも新手の遊園地の『ゲップ我慢アトラクション』だと思えば楽しかったと言えなくもないな。

検査直後にコップ3杯の水と下剤を飲んだ後、待合室で渡された500のペット水も飲み干さなければなりません。
実はこれが一番キツイ。
空きっ腹+バリウムで膨張してる胃にこの量はヤバい・・・
下剤も飲んでるわけだし、ちょっとくらい残したって大丈夫だろ・・・
そう思った瞬間、頭の中で別れ際の先生の言葉がコダマします。

頭の中の医者:「とにかく水分取って薄めて下さいね。でないと大変なことになりますよ〜なりますよ〜なりますよ〜・・・」

気づいたら病院出口の自販機でいろはすを買ってる自分がいました。

医者の言うことは信じなきゃね。

あとは結果待ち。
一番怖いのはこれなんだよな・・・







parady_bukuro at 14:02|PermalinkComments(0)

2017年12月01日

TDS・・・

11月14日の埼玉県民の日を利用して初のディズニー・シーへ行ってきました。
過去2回のランドへはいずれも電車でしたが、今回は初のマイカーでGO!

僕にとっての『首都高』は『渋谷』と『毛虫』と『お化け屋敷』の次に嫌いな場所。
でもあの帰りの舞浜駅からのアホ混雑を考えたら子連れの父としては勇気を出さざるを得ないのです。

とりあえずナビに従うしかない!

さっそく外環から5号線への分岐で直前の和光の出口と間違えそうになり助手席の嫁とプチ喧嘩。
でもそこはお互いナビのせいにして無事5号線へ。ところがここがまたアホ渋滞。
真っ昼間から池袋に行きたい奴らがなぜこんなに多いのか・・・電車で行けや!電車で!!
さらについ30分前にトイレに行ったばかりなのに下半身に違和感な父・・・。
さっきまであれだけ「もうすぐサンシャインだぞ♪」なんて言ってたのにいざ目の前に見えだした頃にはもう喋る余裕すらないほどの膀胱満水状態。

でもここは首都高真っ只中。コンビニもマックも山田うどんもありません。
こんなに渋滞中ならいっそのこと外へ出てやっちまうか!?
いや待て!そんなことをしたらYouTubeに上げられて朝のワイドショーのネタにされてしまう!!

こんな葛藤と戦ってるさなか、前方に安全地帯を発見!!
きっとこれが神様がくれたラストチャンス!!

ハザードを出し横付け。助手席側に移動し、東京の空気は意外と美味いなぁと言わんばかりに空を見上げながら開けたドア影で携帯用トイレに用を足す。
因みに男はお尻を浮かせないと放水作業ができない構造なので運転しながらでは不可能なのです。
触発された娘も後部座席で連れション決行!

ヒツジファミリー復活!!
ユニコーンの『大迷惑』を大音量で聞きながらいざ舞浜へGO!!

予定より1時間半ほど遅れたけど無事到着。
着くやまずその駐車場のデカさに驚愕!そして埼玉ナンバーばっか!さすが県民デー。

まずは入口の地球儀前で記念撮影。
火山のド迫力に圧倒されながら、春に社員旅行で来た嫁主導でそのセンターオブジ・アースのファストパス獲得。
海底2万マイルで息苦しさの疑似体験とまさかの乗り物酔いを体験し、ジーニーの3Dショーへ。
これは評判通り楽しかったです。
アリエルのミニジェットコースターでエキサイトし、インディー博士のファストパス取って海岸エリアへ。でもお目当てのニモもトイ・ストーリーも埼玉県人の大行列で断念。
でもカメハウスには行けました。これも面白かったですな。あのアドリブ力は余程の役者でなければ務まりませんね。ただ毎回渾身のアピールをしていたにも関わらず、指名されることがなかった娘が終了後に超ヘコんでました。
おまけにそのあとに行ったファストパス第一弾のジ・アース探検で娘大泣き。
私もあの落下は叫ぶ余裕すらなかったです・・・

完全に暗闇の乗り物がトラウマになってしまった娘。
折角のインディートロッコもファストパス通路を歩きながら嫌だ嫌だと連呼。
「乗りたくないなら一人で待ってろ!」と何とも理不尽で見苦しい喧嘩を嫁とやりつつも父が頑張って説得しとりあえず搭乗。
ジ・アースに比べたら全然平気だったと言いながら、一番面白いお約束のシーンを目をつぶって見ていなかったと何とも残念な結果。

結構雨が降ってきたので屋内のアリエルワールドに避難。調子を取り戻した娘がバルーンの上から笑顔で手を振るも父は靴すら脱いで壁にもたれてしばしの就寝・・・

翌日は普通に学校なので、もう何も出ないのを入念に確信するまでトイレに行ってから、名残惜しくも18時には夢の国を出発。

道路も当然の帰宅ラッシュ中。
5号線は通りたくね〜なぁと思いつつも知らない道を通る勇気もないのでやはりナビに従うしかない。
ところが途中の渋滞情報に翻弄され分岐を間違えて新宿方面へ。
もう最後の最後まで首都高の馬鹿野郎です。

次の出口を降り損ねるといよいよ高尾山へ行ってしまう!

助手席の嫁を叩き起こし、ナビ、標識、車線を食い入るように確認しながら「次か!?」「ここか!?」「ここだよね!?」「ここだ!!」と大騒ぎしながら何とか環八へ。

本当はくら寿司の予定でしたが、急遽のルート変更により夕飯は餃子の王将に。
でも娘は起きずにそのまま車で就寝中みたいな・・・

今度は天気のいい日にまた行きたいですな。
でももうコースター系は乗らないだろうけどね・・・













parady_bukuro at 16:58|PermalinkComments(0)

2017年09月29日

今度は・・・

7月末に右手首を骨折したおかげで今年は海にもプールにも行けず、田舎に帰っても花火大会の見学くらいで、ほぼインドアで夏休みを終えた小3の娘。
2学期に入りようやく完治したけど、あんだけ大好きだった『うんてい』はトラウマになったようで、近づくこともできなくなったそうです。

3日前のこと。
またもや学童からメール。
今度は階段を4段抜かしで飛んで足を挫いたとのこと。
とりあえず本人は歩いて帰れるということでお迎えはなし。

帰宅してみると確かに湿布ごしに腫れてるのがはっきりわかりました。

『あなたの娘、今度は捻挫しました・・・(T_T)』
今回は情報が届いていない職場の嫁にその旨メール。

帰って来た嫁、完全に鬼時間モード突入中。

鬼:「何やっとんじゃー!おのれはー!」
娘:「でもパパは家でゲームばっかりしてる子よりお転婆くらいの方がいいって言ってたし」

その通り!

鬼:「それはケガをしない奴に言えることじゃー!」

父:「とりあえず今日は風呂入るのヤメときな」

鬼:「捻挫くらいで何抜かしとんじゃー!臭せーんだからシャワーくらい浴びてこいや!」

鬼の暴走に逆らったら食われます。もう放っておくしか為す術がありません。
言う通りシャワーだけして逃げるように即就寝。

翌日、さすがに前回の反省からか嫁主導で病院へ。

担当医:「・・・今度は足かぁ・・・」
その顔は暮れなずむ夕日を見つめながら思い出に馳せる青春ドラマの主人公みたいな表情だったそうです。

あまりに痛がるのでレントゲン+CT検査をした結果、右足首剥離骨折全治4週間。
階段から飛び降りただけなのにアスリートのような大ケガ。

初めての松葉杖で健常者の有難味を実感し、クラスメイトらの献身的な振る舞いに痛く感銘を受けてくれたのは彼女の今後の人生にとてもプラスになったといえるでしょう。ただ・・・

おまえの2017年下半期って一体・・・・

因みに一昨日から我が家の冷蔵庫には牛乳ではなく毎日骨太が入るようになりました。














parady_bukuro at 17:18|PermalinkComments(0)