2019年07月24日

ついにデビュー・・・

昨日ついにスマホユーザーになってしまいました。

賞味期限切れになるまでは頑なに拒み続けてきたわけですが、自宅の電話とネット環境の統一化を機に変更せざる得ない状況になりました。

正直何の感慨もありません。
1ミリも嬉しさが込み上げてきません。
最初のうちは頑張って取説を読んでいたのですが、気づいたらトルネコの大冒険の攻略本に変わっていました。

担当者に基本的な使い方は教わったのですが、まず嫁へのショートメールができない。
何度やっても通話になってしまう。しかもそれを切れない。
結局留守電に切り替わったころに電源からブッタ切る。
イライラしてきたから小5の娘にやらせてみる。
あっさり出来ちゃうもんだから余計に怒髪天。

文字打とうにも「い」にしたいのに「ああ」になるし。
決定ボタンがないからどこまで文章区切って打てばいいかわかんねーし。
ラインの奴、お前誰だよ!

このスマホを森の泉に投げ込んでしまいたい。
出てきた女神様が
「あなたの落とした携帯はこの銀のスマホですか?それとも金のスマホですか?」
と言ってきたら迷わず、
「京セラのガラ系です!」
と答えたい。

確かに便利だとは思うけど、宝の持ち腐れになることは目に見えてわかるわけで。
電車内でパズドラとかツムツムとかやるのがちょっと憧れだったけど、全くそんな気になれません。

「慣れれば大丈夫!」
本当にそんな日が来るのでしょうか・・・




parady_bukuro at 12:56|PermalinkComments(2)

2019年07月16日

『おはようパック』のお知らせ!

7月15日よりニューロン池袋校パラディーとニューロン赤羽校でお得なパックがスタートしました。

午前中に来校した場合、17時まで2000円で打ち放題というもので名付けて『おはようパック』。

例えば11時に始めて17時までやった場合、通常6時間=2300円 が2000円でOK!
ということは10時に来て17時までやれば最大の7時間=2600円 が2000円で良いということに♪

もちろん17時まで無理にやる必要はなく、通常計算より安くなる状況ならいつ終わっても適用されます。
例:10時に始めて15時半で終わった場合・・・通常5時間半=2150円だけど2000円ポッキリに♪

一言でいえば『5時間以上やるなら午前中に来ると必ずお得になる!』というシステムです。

17時以降続けたい場合も延長分がパックに加算されるだけなのでやっぱりお得になります。
例:10時に始めて19時までやった場合・・・通常9時間=3200円 が17時までの7時間分で2000円+19時までの2時間分600円で合計2600円♪ 

損するケースは何一つなく、まさに早起きは三文の得というわけです。
長く遊びたい時こそ、是非午前中から遊びにいらして下さいね♪



parady_bukuro at 14:13|PermalinkComments(0)

2019年06月21日

池袋から○○へ…

問題:最近めっきり私を池袋で見かけなくなった理由は次の内どれ?

.僖薀妊ーを干されたから
▲僖薀妊ーの人間関係に疲れたから
C啾泙離好蹈奪箸禄个覆いら
さ寛任竜嬶擇某┐貅宅謹慎中だから
ゥ縫紂璽蹈鸚岷校が出来たから

答えは・・・全部!!

と言いたいところですが正しくはイ任后

すでにご存じの方も多いと思いますが3月末に赤羽駅前のイトーヨーカドー6Fにここの姉妹校がオープン致しました。
ほとんどそちらの馬車馬になっているので池袋には出没しなくなったわけです。

池袋よりもカルチャー色の強い施設になっているので経験者コースの方はもちろんですが、まだいろいろ不慣れな方などにも落ち着いて楽しめる環境になってます。
未経験者や教わりながら楽しみたい方用のレッスンクラスもありますので是非私のウンチクを聞きに来て頂けたらと思います。

そして来月からは毎月第一日曜日に月例大会が開催されます。
池袋では100回で飽きたこのイベント。赤羽では何回まで続くのか乞うご期待!

記念すべき第1回大会は7月7日の七夕です!
終了後の無料対局サービスもあるので是非遊びにいらしてくださいな。





parady_bukuro at 16:05|PermalinkComments(0)

2018年09月04日

斬新すぎ...

前回ウチの長男の個性派ぶりをご紹介したわけですが、今回はその第二弾。

夏休みの宿題の定番といえば読書感想文。
本嫌いの子にとっては苦痛極まりないヤツです。
私も当時は毎年適当な本の後書きだけ読んでうまいこと凌いだものです。

息子は13年間でデュエマとトルネコとFFの攻略本しか読んだことがない男です。
そんな彼が選んだ本は何と探偵物。
妹が読んでた『おしりたんてい』に触発されたか!?

でもその本の対象年齢・・・・『小学4年生』。

・・・・ま、まあ、どうせ先生にはわからんことだろうし、どんな本でも最後まで読むことに意義があるわけで・・・

始業式の前夜。
宿題の最終チェック。
父:「読書感想文とかちゃんとやったのか?」
息子:「もちろんだぜ!」

ほぼ隙間なくキレイな文字で埋め尽くされた原稿用紙が1枚。 ※息子は字だけは上手い。

ほほぅ、ちゃんとやってるじゃん。

ふと机の上にある課題要項が目に入る。

「読書感想文は400字詰原稿用紙3〜5枚以内・・・」

・・・・ま、まあ、型にハマった生き方は味気ないし、そもそも今からやり直したら朝刊が来ちまうしな・・・

更に冒頭のタイトルに注目。
タイトル:『読書感想文』

父:「あのさぁ、普通タイトルは『◯◯を読んで』とか本の題名を書くんじゃないの?」
息子:「えー!!そーなの!?」

・・・・ま、まあ、長い題名の本だし、二行目に書いてあるから良しとするか・・・

このまま内容まで読んでしまうとどんだけ添削することになるのか恐ろしくなったのでそこはあえてスルー。

しかし、何となく最後の一文を目にしてしまった時、息子の大物ぶりに衝撃を受けました。

最後の一文:『〜だと思いました。そして気になる犯人ですが、それはまた後ほど。』

何と読書感想文なのに次回予告を示唆して終わる!!
しかも絶対次回なんて書かね〜のに!!

この他の追随を許さない息子の独創性にはむしろ感銘すら受けました。

私が担任だったら間違いなく100点!
でも書き直しね。






parady_bukuro at 15:16|PermalinkComments(0)

2018年06月09日

もう中学生…

ついに4月から長男が中学生になりました。
うちの息子はかなり個性的な人物なので普通に進学できるかちょっと心配でしたがとりあえず無事入学できて良かったです。

因みにどのくらい個性的かというと・・・
入学してわずか1週間で制服のネクタイをなくし、しかもなくしたことに2日間気づかず、学校に名前のない1年生のネクタイがしっかり届いていたのに自分のだと思わなかった人。
新調したばかりの登校靴を3日でボロボロにする人。
毎日全教科の教科書を背負って、ちょっとした登山家並みに登校する人。
GW明けの月曜に普通に私服に着替えて「行ってきまーす!」とか言っちゃう人です。

さて中学生といえば部活動。
息子の学校は部活は強制ではないのですが、やはりこの青春期に帰宅部では寂し過ぎ。
ただ息子は運動神経ない芸人です。
小6のスポーツテストが5年生の時より下がっちゃう人です。
逆上がりもできません。
以前にも書きましたが、運動会の徒競走で1位の子と同じフレーム内に入れない人なのです。

息子の中学には文化部が合唱部、吹奏楽部、美術部の3つしかありません。
羽生名人の出身地で小学校レベルでも大々的な大会イベントがある町なのに将棋部がありません。このご時世でパソコン部も英語部もないのです。

かつてスポーツテスト1級を保持し続けた父としては本音は運動部に入ってもらいところだがそこは無理じいはできない・・・
OBの父母情報では美術部が一番イージーとのことだったので一応息子にもおススメ。

ところが仮入部で息子が選択した部活がなんと柔道部!!

腕立て伏せが2回しかできないのに!!
ペットボトルの蓋が未だにニブイチで開けられないのに!!
3歳下の妹と喧嘩しても負けちゃうのに!!

先月ひかりチャンネルで見てた少林寺三十六房やベストキッドの影響か!?

当然息子に理由を聞く。
息子:「だってアイツが一緒に入ってって言うから断れなくて・・・」

!!!!!

なんと『アイツ』というのは学童時代からの幼馴染の女の子のこと。
一人では不安な女子がよりによってウチの息子を道連れにしたようです。
ヤンチャな同級生でもイジメっ子のガキ大将でもなく女子がです!女子が!!
これにはもう買ったその日に財布なくしたくらいの衝撃!!!

実は私は3歳からず〜と野球をやってたのに中学の部活はバスケ部に入りました。
周囲からもなぜ野球部に入らなかったのかと言われまくったわけですが、理由は仲の良かった友達がことごとくバスケ部に入ったから。
バスケも楽しかったので全然後悔はしてないけど、もしあのまま野球を続けてたら今頃はマツダスタジアムでセカンドを守ってたかもとか思うとちょっとセンチになったり・・・

理由を聞いてやっぱり俺の子だなと思ったわけですが、
父:「とにかく人に左右されずに自分の意志で決めること。本入部した途端に実は誘ったその子が別の部に入ってるなんてこともあるわけだからな。お前騙されやすい顔してるから。」

どんなに見てくれが悪くても、どんなに頭が悪くても、性格さえ良ければ人間何とかなる!特に女子には嫌われないように努力しろと教えてきたわけですが、まさかこんな形で実現されるとは・・・しかもちょっと意味を履き違えてるし・・・

その後結局二人とも柔道部に本入部したわけですが、とりあえず今現在でもそれなりに楽しくやってるようなので安心してます。
もし3年間続けられたら、さすがに相撲しても勝てなくなるだろうな。

頑張れ息子よ!!とりあえずペットボトルは100パー開けられるようになれ!!


parady_bukuro at 02:05|PermalinkComments(0)