若林次郎 BLOG

JIRO WAKABAYASHI BLOG

小林さんの命日

昨日は、昨年亡くなった小林さんの命日でした。私は柔術の関東NO-GIオープンに出場し、アブソルート級で二位に食い込んだものの、優勝はなりませんでした。

勝って供養したかったんですが…小林さんゴメン。

小林さんは亡くなる直前まで、柔術の全日本NO-GIオープンに向けて練習を頑張っていました。その頃の私は、年明けのレスリング全日本マスターズに出たらあとは試合出場は打ち止めにしよう…なんて思っていました。

11/27朝に、連絡メールを見た時のわけのわからない衝撃は、今でも忘れません。

なんで小林さんなんだよ!!…という混乱と怒りが混ざったような気持ちは、まだ消えないです。

その後、3月には東日本大震災があり、この時も大勢の方が亡くなりました。2010年11月27日朝の私のような、いやそれ以上に辛い気持ちになった(きっと今でも…)方が沢山いるんだと思います。

小林さんも、東日本大震災で亡くなった方々も、さぞかし無念でしょう。だってまだまだ死ぬわけにはいかなかったはずだから。

小林さんみたいな人が早死にして、俺みたいな奴がまだ生きてるなんておかしいよな…と何度も思いましたが、生き残っている私にできることは…自分に恥じないように生き通す…ことくらいしか思い浮かびませんでした。

私はかつて全日本選手権とかで優勝したりしていた日本のサンボ界を背負おう…などと思ったことは一度もないですが、亡くなった小林さん達の無念は、背負って生きようと思います。

誰に何と思われても構わないし、多少痛い目に遭っても、泥臭く愚直に頑張る生き方を変えようとも思いません。

だってきつくても頑張ったり悩んだり悔しがったり喜んだりホッとしたり笑ったりできるのは、小林さんや震災で亡くなった人達にとってはとてつもなく羨ましいことなはずだから。

俺は生きているからそれができる。だから、やる。そしていつかあの世に行ったら、小林さん達にいっぱい思い出話や自慢話、トホホな話をしてやろうと思います(俺は小林さんみたく天国に行けるかはわからないですが…まずは行き先が地獄にならないように生きよう苦笑)。

独り言もう一個。

くだらないヒトリゴトもういっこ。

低次元な場所で頑張り続けといると、すっごくチープに「至宝」やら「王様」扱いやらされて、

その後立ち止まって踏ん反り返れば、実にチープに先生様、開祖様、教祖様になれる。偉い顔し放題、名刺に肩書入れ放題。

それがたまらない、チヤホヤされたくて、偉そうな顔したくて仕方ない人って、多いようです。

そしてそうなるのが嫌で、頑張り続け進み続けていると…孤独になることを知りました。…よく考えたら当たり前か。

まあ元々根暗で孤独もそんなに苦じゃないし、一匹狼的な性分なので全然大丈夫でしたけど。今は過去の低次元な世界から抜けて、仕事も格闘技も前に進める環境にいるし、なりたくない自分になる心配はありません。

はっきりいってもう、「トモダチ」はいらないです。仕事を頑張るための仕事仲間と、格闘技を頑張るための練習仲間だけいればそれでOK。それ以外のプライベートでつるむ相手は、いらない。

残り少ない人生、くだらないものは可能な限り捨てて、自分が選んだ道を進み続けるつもりです。

損得

くだらない独り言です。

損とか得とか…そんなこっちゃねーだろ。

そんな目先のくっだんねーコトをウダウダ言ってる奴を見ると…

「黙ってろバカ」って言いたくなります。

でもボク、そんなに優しい人間じゃないから言いません。黙って見捨てます。アッサリサクッと。

…以上くだらない独り言でした。

呟き二つ

野球ファンでは全くないし知識もないのですが、今回は世論が支持してあげないと、あの読売ジャイアンツの代表さんは「将軍様」にサクッと消されてしまうのでしょうね。清武代表さん(でしたっけ?)頑張れ!!

日本のNo.1プロスポーツ=プロ野球の世界が 良い方向に進んでくれることを願いたいものです。

そして日本のサンボ界も、少しずつまともな方向に向かっているように見えます。関係を絶った外野の私が言うのも大きなお世話ですが、このまま良い流れを継続してほしいと願っております。

元サンボ選手として内心応援しています…が、それでも、これからも関わる気は一切ないです。

皆さん頑張って下さい。私は柔術を頑張ります。

公私

周りを見てると、公と私の区別が付けられない人が多いように感じる。

(表面的にでも)仲が良いから協力する、気に入らないから必要な事も伝えない……みたいな。

そんなレベルの奴ばっかりだということを考えると、メシを食うのにもいちいちつるまないと気がすまない奴らばっかなのも納得。

ニックディアスさん

いや〜ニックディアスさん、お行儀悪くて素敵(笑)!

皮肉でも冗談でもなく、柔術をやってる人間として応援しています。

あ、ジョルジュサンピエールさんも柔術黒帯だったな。こちらも応援していますよ。

キャラは全然違うけど、どちらも頑張って、良い試合になるといいですね。

BJペンはお疲れ様でしたね。ちょっと休んだら、また柔術の大会に出てほしいな。マスター&シニアとか。対戦した人がみんな喜びそう(笑)。

総合の人達は現役終えて一休みしたら、ノーギでも道衣でも、柔術をやって楽しくファイトしてほしいな。

私もオッサン仲間として腕を磨きながら、待っていますよ。

見習う気ないよね。

率直に言って詳しくもないしよく見ているわけでもないけれども…

日本のプロ野球やJリーグのニュースを見かけた時に、

国内では熾烈な競争が行われ、レベル的に抜けた奴は外のより高いレベルにチャレンジしている。そしてそれを見る目の肥えた人々がいる。

…無い物ねだりとかそういうことじゃなく、マイナースポーツである(はっきり言いますよ。日本においては、「マイナースポーツ」です。)格闘技の世界は、率直に見習う姿勢が必要なのではないかな………

なんて偉そうにも思ったりもします。その意識があったらそんなことやってる場合じゃないでしょうみたいな……何の役にも立っていない自分が言っても全く誰にも届かないとは思いますけど…

届かないと思ってますけど意味なく呟いてみたりします。俺なんかに言われなくても頑張っている人は、そのまま頑張っていって下さい。

我慢…

今日は久々に「田坂練」に参加する予定でしたが…風邪の兆候があり断念。

目茶苦茶残念でしたが、強行すれば確実に悪化する感じがあったので、家で大人しくしていることに。あ〜…全く…。

でも悪化すれば結局、、練習仲間や仕事仲間に迷惑をかけることになるし、何より周囲にうつすわけにはいかない。

ある意味こういう我慢が一番シンドイですね。今日一日、食って薬飲んで暖かくして、しっかり治したいと思います。

体調管理まだまだだな、自分。

お誘い(-.-)-゜゜゜

よく、飲み会とかに誘われても毎回断っていると、そのうち誘われなくなると言います。

俺もほとんど行かないので滅多に誘われなくはなっているのですが、有り難いことにというか申し訳ないことにというか、たま〜にお誘いの声がかかることがあります。

それでもほとんどなんだかんだ理由を付けて断っているのですが(笑)、ほんと俺を誘うのはやめた方がいいですよ。いても猫が一匹紛れ込んだようなもので、特に場を盛り上げることもなく、自分の席から動くこともなく淡々と食ったり飲んだりしているだけなので…無駄です(笑)。

社会人になってから最低限の社会性は身につけたつもりですけど、基本今は、職場と道場にいる時しか社会性は使わない方向で生きているので…これから忘年会やら何やらの季節?だと思いますが、とりあえず俺のことは放っておいてください。

どーもまだ、「誘いづらい」オーラが足りないようですが…今年もパレ東の忘年会以外は、適当に理由を付けて行かないつもりでおります。

タロジロ

テレビはあまり見ませんが、TBSの「南極大陸」は何となく見てしまいました。

俺、タロジロなんで(笑)。

まあ、毎週見たりはしないと思いますが。キムタクさん、否、タロジロ、頑張れよって感じです。
  • ライブドアブログ