2011年09月27日

077f38f9.jpg 久々の会員さん紹介3回目の今回は、これも久しぶりの練習参加となった左近充真也さんの登場です。
 かつてその柔軟極まりないその身体から繰り出す前三角絞めで"カンペオナート・ジャポネーズ・デ・ジウジツ・アベルト"とポルトガル語そのままの呼称で呼ばれていた「全日本BJJオープントーナメント」2003年大会のアダルト青帯プルーマ級3位入賞などの実績を残しました。
 その後、長期のブラジル修業も敢行。名門ノヴァ・ウニオンで練習を積み、滞在中にはブラジル選手権でベスト8に食い込んだこともありました。
 やがて、スクランブル渋谷での柔術クラス(パラエストラ渋谷)での講師も依頼を受け担当。パラ東メンバーが他支部で指名により(中井任命でなく)指導する先鞭をつけました。
 しかし、持病の腰の悪化から3年程前から渋谷支部の指導も自ら辞退して静養しておりました。
 久しぶりの江古田本部稽古となった今朝も、「リハビリ程度」と言いながらトレードマークの笑顔で往年の動きの片鱗を見せておりました。


(15:08)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。