さいたま市在住です。
Partyで狂喜乱舞な日々を送りながら自転車に目覚め現在FIXIE Black Jack,Dedacciai Super Scuro2011,SURLY Moonlander2014を所有。

飯盛峠/31分49秒

体重59.8kg

4時40分起床5時40分出発。
今日もグループrideなので秋ヶ瀬公園6時に集合。
メンバーは一昨日も一緒に走ったターキーさん、課長さん、jinさんに加えて初めましてのkazukiさんの5名。
ルートは飯盛峠→裏定峰峠→七重峠(西)。

IMG_0380
IMG_0391
IMG_0390
IMG_0407
IMG_0482

幻想的な景色にウットリしながら本田エアポートを過ぎた辺りで後輪がパンク。
チューブを交換してkazukiさんが持っていた押すだけでco2が入れられるバルブヘッドで注入。
このタイプは初めてでkazukiさん曰くボンベに残ったco2が再度注入出来るのでムダにならないと。
が…パーンと高鳴りthe end。
タイヤをはめてエアーを入れる前にリム噛みチェックの存在を知らなくて…
8年間1度もチェックしてなかったので皆さん驚いてたけど。
リム噛みチェックの仕方を教えて頂きながら無事交換終了。
完全に初心者です。

時間ロスの原因になりテンション急降下してたら課長さんが察して励ましを受けペダルを回すが物見山手前の西本宿信号の先で再度後輪がパンク。
……。
手持ちのチューブとボンベがないのでkazukiさんからボンベ、課長さんからチューブをお借りして後輪交換。
回復傾向だったテンションがこの一撃で再度ガタ落ち。

IMG_0486

口数減りながら無事に飯盛峠に到着。

飯盛峠スペック
距離7.1km 平均勾配8.3%

白石峠より距離は長いが平均勾配は同じぐらいなので序盤から上げてく感じでスタート。
単独で逃げる形になったけど民家過ぎた川沿いで課長さんが追いつく。
2人で並走し九十九折り区間手前の長めの急勾配はダンシングで凌いで課長さんを千切り単独走。
九十九折りでは木々から光りが差して気持ち良いけど路面がウェットで落ち葉やグレーチングに時折スリップしながら慎重に回し淡々と。
初アタックなので距離を目安にペース配分をするがメーター読み6.8kmでゴール。

31分49秒
Av.bpm 172bpm
Av.rpm    78rpm

序盤の急勾配から九十九折りを過ぎて傾斜面と展開が非常に面白い。
これは白石さんゴメン、浮気しますね。
次回は30分台、あわよくば30分切りが目標。

その後は課長さん、kazukiさんの順でゴール。
ターキーさんは前輪がパンクしたらしくjinさんがサポートした模様。

IMG_0471
IMG_0487

課長さんの提案で下ってターキーさん達と合流し裏定峰峠を目指す。
最後の分岐を曲がり裏定峰へ向かうが路面が悪い上に段差のあるグレーチングなどあり慎重に下って段差のあるグレーチングをクリアしたら…。

後輪パンク…

ウンザリしながら後輪を外し前輪を確認したら…

前輪もパンクしてます…。

リム噛みパンクを含め本日5回目。

流石にメンバーも一瞬呆れてしまうが前後を二手に分かれてパンク修理。
トホホ。
その際バルブエクステンダーを1個壊れてしまい残り1個。
残ったバルブエクステンダーとポンプの相性が悪く空気漏れをしてしまうのでボンベを借りて注入。
パンク修理を終え協議の結果ショートコースに変更。
仕方がないが悔やまれる。
超スローで下って裏定峰峠の道に到着。

ショートコースになったので裏定峰峠が最後のアタックになるがテンションは上がる訳なく後方から淡々とアタック。
kazukiさんが見えたけど
「今まで散々迷惑かけたのにパスしてよいのかなぁ?」
と変な感情が湧いたりして全く面白くない。
迷ったけどパスしてjinさん課長さんが視野に入る。
1km経過後に先頭こjinさんがペースを上げるが僕は闘争心が枯渇してるので2人を見送り無感情で定峰峠へ到着。

軽く休憩をしてときがわベースでチューブとボンベを仕入れて定食屋アライをめざす。

IMG_0477

デカ盛りを平らげて帰路へ。
毎度の如くペースを上げて課長さんが先頭を引くが5kmほどして軽くスイッチが入り僕が先頭交代。
物見山付近まで引くが今度はjinさんが先頭を引き一段とペースが上がり僕は最後方で様子見。
254号線手前で再度先頭を引き課長さん、jinさんでローテーションしながら圏央道下まで行き最後のスプリントエリアで毎度の如くスタートダッシュ。
一昨日同様課長さんが並走してスーッと前に出てまたもや信号に助けられる。
リスタートして再度スタートダッシュをかますが力尽きてサイクリングペースでスプリントエリア終了…

の予定が今日の僕は行動とは裏腹に脚の調子が良いので度々アタックを仕掛け負けず嫌いなターキーさんも3回仕掛けたりと秋ヶ瀬公園までアタックの祭典。
すこぶる興奮しながら本日のグループライドは終了。

過去1番のハイスピード&アタック合戦を経験すると平地も競い合うメンバーがいれば面白い事に気付く。
何より速い人と走る平地は非常に勉強になるね。









刈場坂峠/23分03秒

体重59.3kg

4時40分起床5時40分出発。
今日はグループライドなので秋ヶ瀬公園に6時集合。
メンバーはターキーさん、watch2さん、関西からの刺客の課長さんとjinさんの5名。

IMG_0098

出発前にターキーさんから連絡がありスローパンクらしく秋ヶ瀬公園でチューブ交換をして6時30分出発…が、先頭を引く僕がルートを取り込むのを忘れてしまう失態。
雀川林道までは頭に入ってるので狩場坂峠以降はターキーさんに任せる感じで出発。
 
IMG_0351
IMG_0117
IMG_0133

雀川林道を軽めにアタックして今日のメインディッシュの刈場坂峠をアタック。

序盤は緩めの勾配からアップダウンが続き後方には課長さんがマーク。
その後の登りで課長さんにパスされ闘争心がメラメラ。
刈場坂峠の看板がある分岐で課長さんに
「たぶんですけど残り3kmで平均勾配10%ですよー」
と伝えてラストスパート。

刈場坂峠
23分03秒


straveのゼクメントだと106人中2位なんだけどクライマーの方はラスト3kmのセグメントで掛けているっぽいので浮かれはイケナイ。
IMG_0335
IMG_0328
IMG_0294

 山頂で軽く補給をしてシロクマパンへ向かうが途中でwatch2さんがパンク。

補給後にwatch2さんが千切れてしまうが違うルートを通っていたので途中から合流をして僕が先頭を引くが254号線辺りでスプリンターの課長さんが先頭交代し最後方で脚の復活を待つ。
頗る速く千切れそうになるが信号に助けられ安堵してしまい自分の弱さを再確認。
圏央道下から先頭を引きだすが課長さんは余裕綽々な感じで後方につき再度先頭交代して千切られる。
またもや信号に助けられ安堵してしまい課長さんに本気アタックをリクエストして再スタートしたらあっという間に遥か彼方へ。
心が折れ全員にパスされるがターキーさんが抜き際に「根性みせろー」と喝を頂き再度トルクを掛けてターキーさんとjinさんをパスするが終盤に僕は力尽きて失速。

「平地でもソコソコ行けるんじゃないかなぁ?」
と思っていた自分を呪いたい。
けど弱さも痛感出来たから良い経験。


富士本栖湖リゾートでキャンプ

スバルラインをアタック後にparty会場である富士本栖湖リゾートへ。

party会場内にMTBのコースがあるとの事なのでfat bikeでウロウロ。

IMG_0058
IMG_0020
IMG_0016
IMG_0024