2007年04月

2007年04月30日

GIアマ関西2007 タクミ先生編

7f8b9c5d.jpg連盟主催の今大会、公認レフェリーとして我等が大将、タクミ先生も参戦した。
公認レフェリーお揃いのポロシャツを着てタクミ先生が放つ生コンバッチ、生パロウ、生ルーチ。
タクミマニアのあなた方は是非会場もしくは道場まで足を運んで下さい。
(ゲーリーノムライト)

GIアマ関西2007 阿羅鬼氏編

82ae3c52.jpg今回の試合には、なんと、阿羅鬼氏も参戦した。
1試合目はテイクダウン、パス、等で大量10ポイント以上獲得し、2試合目もテイクダウン、パス、ニーオン、マウント等を繰り返し、なんと20ポイント獲得、2試合で計30ポイント以上を奪うと言うラグビーの様な試合を展開した。
そして迎えた決勝戦。
相手がテイクダウンを嫌い引き込んできて、阿羅鬼選手がベースで相手の攻撃を耐えながらクロスを外すと言う展開になったのですが、相手のクロスがなかなか強固で切れず、マイナスアドバンが入り、絞めのアドバンなどで相手有利の展開となり、ラスト一秒でパスして押さえ込んだのですが、無念の試合終了。
押さえ込みのアドバンが入ったものの決勝で敗退、準優勝となってしまった。
しかし、決勝の試合も結果として負けてしまったが、攻めて攻めての負けになってしまったので、すぐに優勝してくれるだろう。
今回御覧の死装束で挑んだ阿羅鬼氏、ニーオンの美しさは最早レジェンドの域に達していると言っても過言ではあるまいて。


GIアマチュア関西 岡部さん編

e0f1d2d1.jpgアダルト青ペナで出場した岡部選手。※写真右から2番目

1回戦はセコンドが指示を出す暇も無く、車絞めで秒殺一本締め!!
2回戦も危なげなく勝利し、迎えた決勝戦。
必殺の車絞めでアドバンを2つ得るも、スタミナ切れからバックを奪われ無念の準優勝。

しかし、連盟主催の大会でもきっちりと結果を残すところが流石の一言に尽きます。
試合後、皆客席などで皆が着替える中、岡部さんはキチンと更衣室で着替えをすませて来ました。
流石です。

GIアマ関西2007 陶山さん編

6d81bbf8.jpg画像の一番右でグッドガイポーズを決める男。
彼が陶山選手なのだが、今回の試合は惜しむらくも敗退してしまった。
しかし、練習には毎日参加し、試合にも出まくる彼の姿は皆知っているし、真似をして欲しい。
試合で足りなかった部分を見つけ、練習で補っていく。
すぐに強くなって表彰台に上る日が来るでしょう!!


GIアマ関西2007 南さん編

8fb7ea06.jpg昨日は吹田洗心館で柔術とグラップリングの試合があり、我がP大からは南選手、岡部選手、阿羅鬼選手、陶山選手の4人が参戦した。

南選手は先週の総合の試合でKO負けしており、ダメージの点で一抹の不安があった。
しかし、先週水曜の南選手が受け持つ基本クラスもしっかりこなし、今回の試合にもしっかり参戦した。
しかも、柔術ではメジオ級、グラップリングでは1つ上の階級メイオペサード級で試合に挑んだ。

そしてグラップリングの試合では、引き込みからスウィープやパスで圧倒して2試合を危なげなくこなし、優勝を果たした。
柔術の試合ではワンマッチになったのだが、レフェリー判定で無念の負けとなった。

先週の試合では苦杯を舐めた南選手だが、1週間後には優勝で前回の負けを払拭する。
まさに漢(おとこ)の中の漢(おとこ)よ!!
今週も南選手というヒーローがP大に誕生した。
※写真は水曜柔術で指導する南選手

2007年04月28日

フロリダ・スタイル

0a8ed917.jpg先日結婚式を挙げ、幸せ一杯の伊藤先生が新婚旅行から帰ってきて一発目の金曜柔術基本クラスがありました。
新婚旅行はフロリダのディズニーワールドに行ってきたとの事で、結婚前は少し疲れが見えた伊藤先生もようやく余裕が出てきたように見受けられました。
それが顕著に表れた写真がこの一枚です。
どうですか?
技を生徒に教えている時にチラリと見せるこのスキャンティー。
このボーダー柄をチラリと見せる所がまさに【フロリダ・スタイル】と言えるのではないでしょうか?


paraosaka at 01:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2007年04月23日

アマチュア修斗西日本フレッシュマントーナメント

1458eb8d.jpg日曜にアマ修FTがピュアブレッド京都で行われた。
P大からは豊川選手、梅園選手、南選手の3人が出場した。
豊川選手は初戦でフロントチョークにトライするも上を取られ、ポイントで敗退。
南選手は1つ目は危なげなく寝技で圧倒し、迎えた準決勝。
開始と同時に相手の選手が走り込んできて跳び膝蹴りを放った。これがタックルに行こうとした南さんの顎を見事に打ち抜き失神KO負け。
梅園選手は初戦一本勝ち、準決勝は判定勝ちで見事決勝まで駒を進め、『南さんの敵を討つ。』と意気込んで迎えた決勝戦。
少し打撃を放ち合い、タックルを取りに手を出して行った所にドンピシャで膝を合わされ無念の失神KO。
南選手3位、梅園選手準優勝となった。
結果だけを見れば3人中2人入賞となかなかの結果だが、2人は負け方が良くなかった。
僕の主観では、『距離』というものを見誤った結果の負けだったように思います。
失敗が人を強くする!!
負けて強くなるのが人間だ!!
また皆で練習しまくって強くなろう!!!
(ゲーリーノムライト)

2007年04月18日

「Proving Grounds」出場

106bcfc5.JPGパラエストラ大阪代表のタクミが、4月21日(現地時間)の「Proving Grounds」出場のため、アメリカ西海岸へと飛び立ちました。

今大会は、先日、フランク・シャムロックとヘンゾ・グレイシーの対戦で話題となった「Elite Xtreme Combat」への出場権が掛かった、前哨戦の意味合いも持つ大会。ケージフォース・ライト級トーナメントでの光岡映二戦も決定しているだけに、ここで立ち止まる訳にはいきません!

本人もいつになく気合の入った表情で旅立って行きました。
ご声援、よろしくお願いいたします。

(※いつになくキレキレの、渡米前日のタクミ氏)

paraosaka at 02:40|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!タクミ 

2007年04月16日

伊藤KEN-GO先生 結婚おめでとう

1ef315c4.jpg今日は伊藤先生の結婚式がありました。
僕達パラエストラ大阪勢は二次会からの参加でしたので、
僕から見た二次会の様子をお届けしたいと思います。

会場は京都のお洒落なバーで行なわれました。
入場してきた二人は真っ白な衣装に包まれてとても幸せそうでした。
そんな幸せな空間をみんなで共有できて僕らも幸せな気分になりました。
ビンゴでは、尾松さんがDVDプレーヤー、チャンコロさんが体脂肪計、川俣さんがエアーベッドがあたりました。
会場も盛り上がってきたところで、我らがパラエストラ大阪のメンバーで作成したお祝いVTRが流れ会場の参加者の人たちは、そのクオリティの高さと、発想の突拍子の無さに驚愕して言葉さえ失っていました。
伊藤先生は爆笑されていたのでこれは成功と考えて差し支えないと思います。
終盤の伊藤先生の挨拶で、
「一生、幸せにします!」(写真のシーン)
の宣言で新婦の目には光り輝くモノが・・・
僕達の目にも光輝くものが頬に小さな川を作っていました。
最後は新婦のサプライズで屋外の巨大液晶モニターから新婦の新郎に対する
感謝とこれからの二人についての手紙が映し出され感動のフィナーレでした。
伊藤先生結婚おめでとう!お幸せに!

あとがき
伊藤先生の必殺ムーブであるジャカレイの動き
僕はこれほど結婚式で「ジャカレイ」という言葉が飛び交った場面に出くわした事はありません。
カメラマン:写真撮りますんで、皆さんもっと中心にジャカレイして下さ〜い。
司会:「ジャカ・・・何ですか?それ?ジャカレイ?」
僕達:「ここでジャカレイやってみろよ!」「出来るって!ジャカレイ!」
新郎:「こんなところで、こんな格好でジャカレイできるか!悪ふざけしやがって(笑)」

本当におめでとうございます。

paraosaka at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!道場紹介 | 日常

2007年04月15日

無料練習会

3f37b5a1.JPG

パラエストラ大阪では祝日を中心に、パラエストラ和泉 吉岡広明代表主催による出稽古料無料の練習会が行なわれています。(時間等は掲示板で告知されます。)

吉岡代表はプロシューターであり、柔術でも紫帯ガロ級のトップ選手です。

出席者はパラエストラ大阪会員が中心となっていますが、他道場のプロ選手や柔術茶帯の選手が参加されることもあります。

もちろん中山代表もときおり参加されています。

内容は、各自アップが完了次第、5分まわしのスパー(柔術、グラップリング)が約2時間行なわれます。


4月は15日と22日、18時から20時までの時間で開催予定で、他道場の方
もプロ選手とスパーできる絶好の機会ですので、多数の参加を期待したいです。





paraosaka at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!道場紹介 

2007年04月13日

P大スーパースター列伝!! File.6“奥野哲平”

5c5b82f4.JPG◆一部マニアの間で復活が切望されていた「P大スーパースター列伝!!」が、不死鳥の様に甦った!
◆この男、“奥野哲平”は、1年程前までP大所属であったが、仕事の都合で福井県へと旅立っていった。しかし今回、大阪出張を利用して道場へと舞い戻って来てくれた!
◆私はファースト・インプレッションで彼が打撃系であることを予感していたが、案の定ボクシング経験者で、初スパーでボコボコにされた事も、今となってはいいトラウマだ。
◆ご覧の通りの甘いマスクで、一見ヤンチャなイメージを抱くが、実は非常に腰の低い謙虚なナイスガイであり、思わず「神よ!!」と怒り狂わずにはいられない。
◆今回は1週間ほどの大阪滞在らしいが、機会があればいつでも帰って来てほしい。なぜならパラエストラ大阪は、いつでも君の“サライ”(=故郷)なのだから…
◆ところで後ろで放心状態の残念な子は、File.5で紹介した、梅園文平。最近の出没スポットはトイレであると多数の情報が寄せられているので、注意していただきたい。(お互い気まずいから)

2007年04月12日

帯叩き2

05918688.jpg恐怖の儀式、【帯叩き】の後には中山代表から帯を巻いて貰います。
これが、最高に嬉しいのです。
ジムの皆が産まれたてのパンダを見る様な温かい目で見守ります。
当然、「おめでとう!」「ヒューヒュー」「プルルルルル、アォッ、アォッ、アォォォーン!」「この豚野郎!」「サノバビーーーーッチ!!」等の祝福の言葉が乱れ飛びます。
ほら、彼を見てごらん?もう泣きそうでしょ!?

(ゲーリーノムライト)

paraosaka at 05:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

帯叩き

0e20d56c.jpg柔術において、誰が考え出したのか?と問い質したくなるような魔の儀式が存在します。

【帯叩き】

です。

柔術では、白帯・青帯・紫帯・茶帯・黒帯という段階で帯があり、今回のコパ・ウェストでP大でも3名の猛者達が見事白帯から青帯へと昇格しました。

そして、昇格したお祝いにする儀式が【帯叩き】なのです。

具体的に説明すると、昇格した仲間を皆の帯でブッ叩くという単純明快な儀式なのですが、皆おめでとうの気持ちを込めて思いっきりブッ叩きます。
当然我がジムの総大将、中山タクミ代表も力の限りブッ叩きます。
信じられないかもしれませんが、これをやられるのは最高に気持ちイイのです。
イヤラシイ意味では無く、本当に気持ちイイのです。

帯叩きは人生で4回しか受けれません。

思いっきりブッ叩かれて痛そうな顔をした皆、目は嬉しさで微笑んでいました。

次は誰がブッ叩かれる事やら・・・ヒヒッ

(ゲーリーノムライト)

paraosaka at 05:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2007年04月11日

柔術クラス

このプログを閲覧されている方の中には、実際に入門を検討されている方も
いらっしゃると思いますので、木曜日19時からの中山巧代表による柔術クラス
の模様を紹介したいと思います。


まず、中山巧代表を中心に出席者が輪になって集合し、はじまりの礼の後、準備運動
からスタート。

柔道の練習でも行なわれる、足けり、足回しからはじまり、柔術で必要とされる
各種ムーヴ(エビ、スクエア等)を反復します。

はじめての方にはなかなか難しくて、うまくできない動きも含まれておりますが、
叱責されることなどなく、中山代表が手取り足取り丁寧に指導してくれます。

その後二人一組になり、腕十字、三角締め等の打ち込みを行います。

ここまででだいたい20分から30分で、この時点で汗がびっしりとかいている
はずです。
途中、水分補給や休憩などは特に断ることなどなく、自由に行なうことができます。

後半30分は柔術テクニックの指導となります。

中山代表がテクニックを解説した後、その技を二人一組で反復練習をしていきます。
反復練習している間、中山代表が見回ってアドバイスを送ります。

中山代表がアメリカ遠征時に習得した最新のテクニックや、中井祐樹連盟会長
直伝のベーシックなものまで幅広く技術を学ぶことができます。

クラスの最後に中山代表が質問を受け付けてくれ、その日に教わった技術以外の
質問にも気軽に回答してもらえます。

だいたいこのような流れで柔術クラスは行なわれています。
木曜日は比較的出席者が少ないこともあり、出稽古を考えている他の道場の方にも
プライベートレッスン状態で受講できますので、お勧めです。

Okb




paraosaka at 23:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!道場紹介 

ヒーロー‘淫’タビュー

22d2d97f.jpg。稗帖ゝ甘棔■横浦佑粒慇
階級 白ペナから青ペナに昇帯
F整佞並琉漫.灰爛蹈奪
ぁ瞥ゾ 坊亳海蓮 初めてです。
ソ蕕瓩討隆響曚蓮 もう、めっちゃ気持ち良い!だって、一番だもん!最高に嬉しかった。
絶頂経験 涙がでた。でも、一緒に練習した仲間や祝ってくれる仲間がいて本当に嬉しい。一人じゃ出来ない。
Ш埜紊飽豸澄ゝ者さんって変態っぽい。

(ゲーリーノムライト)

2007年04月09日

コパ・ウエスト・試合レポート その5

b93d2707.jpg今大会、パラ大阪でも数少ない女性会員である、足利紫津子選手(写真左)が女子アダルト白帯レーヴィとアブソルート級にエントリー。レーヴィで惜敗した相手に、アブソルートで即リベンジを果たし、見事金メダルを手にした!子持ちの主婦でありながら、昼柔術などの空いた時間を利用し、コツコツと努力してきた成果が出た形だ。これからもP大女子クラスをドンドン引っ張っていっていただきたい。

1日目こそか快進撃を見せたパラエストラ大阪勢だっが、2日目は一転して厳しい結果に(写真すらないという、この現実)。各々がプランを持って試合に挑むも、勝利には届かず、課題を残す結果となった。これらの課題が克服されたとき、道場全体のレヴェルアップにつながる事と思われる。

今大会で、城門、松本、増谷の3名が見事、青帯に昇格を果たした。しかし、これに満足することなく更なる高みを目指し、道場を盛り上げていって欲しいと切に願う。

(あ)

コパ・ウエスト・試合レポート その4

8187eead.jpg大会1日目、もっともドラマティックな展開を作ったのが、この現役高校生柔術家、増谷孝則(写真:左)。この日の初戦となったアダルト白帯メジオ級では、たいした見せ場もなくあっさり敗退。しかしその後のアブソルート級でとてつもないドラマが待っていた。

初戦を不戦勝で勝ち上がり、2回戦はあきらかに体躯で上回る相手が膝の負傷で棄権、準決勝でようやくエンジンがかかり出し、気付けば決勝のマットの上。相手はこの日、階級別を含むすべての試合を変形襟絞めで、落としに落として勝ち上がってきた、片山進也選手(水戸道場)。このあきらかにMVPな選手を相手に、誰もが「かわいそうに‥」と悲観的な雰囲気で開始されたこの試合、ダルさすら感じるほどの妙な落ち着きを見せた増谷君が、大量ポイントを奪取した上で、最後は腕十字での一本勝ち!

しかし、あまりにドラマな展開に、優勝が決まった瞬間、セコンド及びチームメイトが冷静さを失い試合場内に大挙して乱入。まだ場内で倒れている相手選手を無視したこの所業に対しては、大いに反省すべきだろう。

それにしても、セコンド陣に猛烈な注意を浴びせるレフェリーのすぐ後ろで、ヴァンダレイ・シウバばりのダンスパフォーマンスを嬉しそうに披露するこの高校生に、大物ぶりを感じたのは私だけではないハズだ。

(あ)


コパ・ウエスト・試合レポート その3

ef129a42.jpg大会1日目、一番の感動を与えてくれたのが、この城門貴志(求職中)。今大会でもっとも層の厚かったアダルト白帯ペナ級を、安定した実力で見事勝ち抜き優勝した。

この男、道場内でも師匠譲りの涙もろさでおなじみだが、この日もその魅力が大爆発!決勝は得意のパターンであるカンヌキで展開をつくり、最後は下からの突っ込み絞めでの見事な一本勝ちだったのだが、絞めながらにして既に目から涙が!勝利が決まった瞬間、その場で顔を覆ってまずひと泣き、そして地面にひれ伏して号泣、勝ち名乗りを受けたあとに道場の仲間から祝福されて更に号泣と、うっとおしい事この上なし!!この勝ちの瞬間、彼の脳裏には何が過ぎっていたというのか。

ついに念願の青帯昇格を果たした彼だが、このベタなメダル噛み噛みパフォーマンスはいかがなものか。リングパフォーマンスはまだまだ白帯だな!

(あ)

コパ・ウエスト・試合レポート その2

5a5479f8.jpg大会1日目、ぼくらに最も勇気を与えてくれたのが、マスター白帯ペナ級で優勝した、この松本賢二郎さんだろう。常時、自身が得意とするクローズドガードからの腕十字や三角をアグレッシヴに狙い続け、また展開を逆転された後も最後の最後まで試合を捨てることなく攻め続け、結果、見事3人を破っての優勝。その後のアブソルート級でも、自分より大きな相手に臆することなく立ち向かい、見事準優勝をものにした。

これまで決して多くの勝ち星に恵まれることはなかったが、毎日毎日、地道な練習を積み重ねた結果がようやく花開いた!齢37にしてこのカッコよさ!若い衆よ、大いに見習えよ!

(あ)

コパ・ウエスト・試合レポート その1

b0fc26b0.JPG4月7日と8日、関西最大級の柔術トーナメント大会である「Copa Paraestra B.J.J West Japan Open Tournament 2007」が開催されました。その大会のレポート執筆に先立ち、この「パラエストラ大阪ブログ(仮)」、10日もの間、更新が滞り、読者の方々には連日にわたって汚らわしい“陰毛”画像を拝ます結果となってしまった無礼、ここに深く謝罪いたします。

さて、今回、日本ブラジリアン連盟の新組織が発足して、初めて新システムを採用した大会ということもあり、連盟への団体加盟問題、新ルール等、いくつかの混乱はありましたが、関西初の2days開催も特に大きな問題なく進行したことに、選手、関係者の方々には、この場を借りて深く感謝いたします。

(あ)