2007年12月

2007年12月27日

第2回 KING OF PARAESTRA OSAKA

626addcb.jpg年末の風物詩「KING OF PARAESTRA OSAKA」が今年も開催されました。今年も年末の忙しい時期の最中、紫帯1名、青帯5名、白帯6名の計12名の選手が参加し、白熱の戦いを繰り広げました。

トーナメントはクジ引きにより決定し、初戦からドリームマッチが実現!混戦のAブロックから勝ち上がったのは、第1回関西選手権王者、ゲーリー・ノムライト(青帯)。一回戦、大会最軽量でスピードでかき回すスタイルの、みずきっくす選手(青帯、コパ・ストライプル関西2007 無差別級3位)から確実にポイントを重ね、ポイント6-0で勝利。二回戦の小谷卍丸(白帯、コパ・ストライプル関西2007 無差別級準優勝)から22-0の大量ポイント奪取で勝利を収め、準決勝で迎えた南和良選手(紫帯、ADCC JAPAN関西オープン アダルトインターミディエイト -83.0kg 優勝)からは、一つのアドバンを守りきり、見事、決勝へとコマを進めた。

Bブロックからは、柔術基本クラス講師でおなじみのKENZO選手(青帯)が勝ち上がった。一回戦をシードで迎え、初戦となる二回戦、最年長、高瀬浩治選手(白帯)から十字絞めによる一本勝ち。続く準決勝では、レッドバロンにも似た体躯の持ち主、パラ大番頭oki-2選手(青帯)と激突。体重差10kg以上ある両者だったが、豊富な試合経験を生かしたKENZO選手が確実なテクニックで、隠れた実力者であるoki-2選手を抑えた。

迎えた決勝戦は、3週間程前に開催された、ADCC JAPAN関西オープン アダルト青帯アブソルート級準決勝の再戦となる、ゲーリー・ノムライト選手 vs KENZO選手。前回は体重差と老獪なテクでKENZO選手を塩漬けにしたゲーリーが勝利。今回も、その再現が予想されたが、試合開始早々から引き込み、光速の十字から三角へとつなげたKENZO選手が、見事一本勝ちで2代目キングに輝いた。

毎週金曜日の柔術基本クラスを担当し、試合へも定期的に参戦するKENZO選手(本名:伊藤健吾)。最近の戦績では3位に終わる事が多く、すっかり銅メダルコレクターの印象が付いてしまっていた彼だったが、今年最後の試合で見事優勝を勝ち取り、安堵の表情を浮かべる姿が印象的であった。

※写真のチャラい男が第2代キングに輝いたKENZO選手。下の下僕のようなマスクマンは準優勝者のゲーリー。せっかくの試合レポートに関わらず、こんなろくでもない写真しか残っていない事を全世界に謝罪します。

(ck)

2007年12月24日

DEEP速報 #2

c04c6016.JPG未来王こと田村幸成が膝蹴りで勝利を収める事から、さかのぼる事数時間前に、

PROTECT杯〜グラップリングタッグ1DAYトーナメント〜 (10分3本勝負 合計体重140kg以下)

が行なわれました。

僕(みずきっくす)とヘラクレス(増田君)のタッグで、

セコンドにゲーリーノムライト氏と鬼怒君を従えての、

パラエストラ大阪、至高のグラップリング大好きチームで臨みました。

ちなみにヘラクレス79キロ僕が59キロでアッサリと軽量はパスできました。(合計138キロ)

結果は一回戦では優勝したPUREBRED京都のAKI選手(永本泰章)、

AGO選手(佐藤拓也)と対戦して、

時間切れ1-0で敗れてしまいました。

僕自身の反省と詳細と雑感はまた書かせてもらいます。良かったら読んで下さい。

今はただ、ただ悔し涙で前が見えないので書けません。


(みずきっくす)





2007年12月22日

DEEP速報!!

a6cdd7b5.JPG未来王 田村幸成、田村幸成として最後の試合を松下選手相手にヒザによるTKOで見事勝利しました!!
もう涙で前が見えないので詳報はまた!!

(ゲーリーノムライト)


2007年12月21日

年内の通常開館は終了

7a350676.JPG

今日21日(金)で、パラエストラ大阪の年内の通常開館は終了しました。
しかし、臨時開館する予定はあるので、掲示板の方をこまめにチェックしておいて下さい。
ちなみに明日は未来王、ヘラクレス、スピードキング出場のDEEPがある為お休みです。

今日は総合クラス、スパーリング、伊藤柔術基本クラスというスケジュールであった為、年内最後のトリは『伊藤柔術基本クラス』という事になりました。

そこで伊藤柔術基本クラスの申し子を自負する私は勢い勇んでクラスを受けて来たのですが、『基本』を標榜するだけあって、今日のクラスも渋すぎる内容でマニア垂涎のクラスとなりました。
その内容はと言うと、基本ムーヴ、各種打ち込みの後に技として“足を持たれた時のズボンの切り方”と“袈裟固めをされた時と横四方固めで押さえ込まれた時のエスケープ”と言ったものでした。

渋い!
渋すぎる!!

しかし、知らないといけないテクニックを論理的に説明し、実践してくれる事で痒い所に手が届くといった感じの非常に素晴らしい伊藤先生らしいテクニッククラスでした。

とにかく明日はパラエストラ大阪の年内最後の試合なので、今年一年やって来た事の集大成を3人には見せて欲しいです!!

※写真は来るべきvale tudo(何でもあり)に向けてミット打ちをするck

paraosaka at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2007年12月20日

JOJOの新章スタート!主人公は・・

f22c22f2.今月からパラエストラ大阪に新しい仲間が加わりました!

その名は、ジョージ“カワマタ”ジョースター!(写真右)

今年の夏の全日本アマチュア修斗で結果を残し、念願のプロ昇格を果たし

パラエストラ大阪に移籍してきました。

プロシューターが一人増えて、練習環境も益々充実することと思います。

私自身や、未来王もジョージ“カワマタ”ジョースター(以下ジョジョと略)選手とは

かつての道場で苦楽を共にした仲間ですので、

また一緒にトレーニング出来ると思うと非常に嬉しいです。



ところでジョジョ選手(以下JOJOと略)の今度の戦う舞台は、

来年に行なわれるプロフェッショナル修斗の新人王トーナメントです。

参加選手を見てみると誰を見ても強敵ばかりのようですが、

JOJOは幽波紋(スタンド)技術を駆使して優勝してくれると思います。

スタンド使いはスタンド使いと引かれ合うといいますが、

次の新人王トーナメントの初戦、ジョージと戦う

新手のスタンド使いは誰だッ!!!


と親友の移籍に熱く語ってしまいました。

JOJOの親友みずきっくすは、クールに去るぜ


(みずきっくす)

2007年12月18日

梅ちゃんのパワーゲート

46591ab8.jpg16日に行われたパワーゲート。
第7試合に我らがクレイジーバーサーカー梅ちゃんが登場しました。
1Rはテイクダウンをとって、上から寝技で攻めたのですが、2R以降は打撃をかなりもらい、スタンディングダウンを取られ、鼻からもかなり出血してしまい、判定で負けてしまいました。

しかし、血まみれバーサーカーは立ち止まる気などさらさら無いようです!!
練習もすぐにでもしたい様でウズウズしている様子です。
彼にとってパワーゲートに出場した事はもの凄い財産になった事でしょう。
この試合で得た『経験』『悔しさ』『楽しさ』色んなものをバネに次に大きく跳ぶはずです!!

応援してくれた皆様、どうもありがとうございました。

(hゲーリーノムライト)

2007年12月15日

鬼軍曹の補強

とある日の道場の光景。

鬼補強












試合出場を控える未来王、みずきっくす、クレイジーバーサーカーが補強を始めた所、あの人がやって来た。
そう、泣く子も黙るあの男。
鬼軍曹さんだ。

見回り















「そんな補強で息上がってんじゃねえ!」とばかりにみずきっくすに膝蹴りを入れ、

鬼軍曹CK














逃げ回る未来王には後ろから罵声を浴びせて叱咤激励を

腿上げ













腕立て













そして最後は3人に「良くやった!」とお褒めの言葉をかけ、去っていった。
飴と鞭を使い分ける鬼軍曹。
彼の正体を知る者はいない・・・

(ゲーリーノムライト)

paraosaka at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 | 未来王

2007年12月09日

もうひとりの青帯昇格者、川端和哉を紹介しよう

76c7b60d.jpg先日の「ADCC JAPAN関西オープン選手権」の結果をふまえ、青帯に昇格を果たした男がもう一人いる。見事、白帯アブソルート級を制した彼の名は川端和哉。

パラエストラ大阪所属でありながら、奈良の「TEAM VAMOS」でも稽古に励む彼は、夏に行われた「コパ・ストライプル関西大会」でも、白帯アブソルート級を制しており、今大会で白アブソ2冠達成!!満を持しての青帯昇格となった。柔道ベースのガッシリした押さえ込みを主力武器にする一方、時折、飛びつき腕十字などの派手な技でも魅せてくれる彼のファイトスタイルは、なかなかに魅力的。今後の活躍も大いに期待できるファイターであることは間違いない。

※写真は土曜日に行われた、帯叩きからのひとコマ。長髪と坊主のコントラストがすばらしい。そして美しい。

(ck)

2007年12月07日

浪速のヘラクレスことダーマス!青帯昇格

7fe163f5.今日も一人パラエストラ大阪に青帯が誕生しました。
浪速のヘラクレス、“ダーマス”こと。増田嘉晃です。
逞しいという言葉以外に形容する言葉が見つからない程の発達したバルクと、
冷静沈着な試合運びで先日行なわれた、ADCC関西大会でアダルトインターミディエイト-77Kg級と白帯メジオ級の二つを制しました。満を持しての青帯昇格です。
帯叩きも当然、彼の大陸さながらのだだっ広い後背筋にめがけて道場生が帯を力強くしならせて、共に昇格した喜びを刻み付ける様に帯で叩いていきましたが、
平然とその中を歩いて行く様は、頼もしさささえ感じられました。
先日のブログでも紹介されている様に、彼は今月12月22日のDEEPのグラップリングタッグトーナメントにも参加します。
12・22では彼の冷静と情熱の間に位置する戦いぶりを見逃すな!

(みずきっくす)


2007年12月04日

未来王 田村幸成、出陣!!

e72f58a8.JPG

12月22日(土)に梅田ステラホールで行われる『DEEP PROTECT IMPACT in OSAKA』にて、我らが未来王 田村幸成の試合が行われます。

相手は『尾張の荒くれ番長』の異名をとり、PRIDE出場経験もある松下直揮選手です。
松下選手は田村選手がDEEPフューチャーキングトーナメントを制し、DEEPデビューを果たしたデビュー戦の時にメインを張っていた選手であり、我々未来王フリークにとっては感慨深い試合です。
しかし、PRIDE選手と言えば世界のトップ格闘家の一人、ミルトンヴィエイラ選手とも試合をして、敗れたとは言え1Rは押していた田村選手。
柔術でも実績を積み、総合でも実績を積み、経験値、実力共にデビュー時とは比べ物にならないくらい成長しています。

世界が恐れるニュータイプ、未来王 田村幸成が尾張の荒くれ番長を飲み込むか!?

同じ日に増田・川村組のグラップリングトーナメントも行われるし、DEEP PROTECT IMPACT in OSAKAはパラエストラ大阪勢の活躍から目が離せません!!
忙しい時期だとは思いますが、お時間のある方、若しくはお時間を作れる方は何卒3人の応援に来て下さい。
一人一人の応援が力になって彼らの背中を押す事が出来ますから!!

※写真は自慢のバルクをアピールするも少し納得が行かない未来王
(ゲーリーノムライト)

paraosaka at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!未来王