2008年11月

2008年11月30日

アジアチコ速報!!!

タクミ先生が最激戦区の黒帯ペナ級にて8人トーナメントを全試合一本勝ちで優勝しました!!!!!!!

一回戦は小野瀬龍也選手。
小野瀬選手と言えば、過去に早川選手や青木真也選手を破っている強豪中の強豪で、日本のトップの一人です。
その強豪を相手に、得意の片羽絞めで一本勝ち!!

準決勝は、丹治章近選手。
全日本新人戦黒帯で優勝や、マスターアンドシニアでも黒帯優勝しているこちらもトップの選手です。
この試合は、サイドからのアームバーで一本勝ち。

決勝はマウリシオ・ソウザ選手を破って上がって来た石川祐樹選手でした。
石川選手は、前回のアジアチコ茶帯の覇者で、今年の全日本の黒ペナの覇者でもあります。
そして、何より『マッチョドラゴン』の名で通っており、西のマッチョ・タクミ先生と東のマッチョ・石川選手と言うマッチョ対決になりました。
そして、この試合も得意の片羽絞めで一本勝ち!!

全試合一本勝ちで、ユーラシア大陸の一部、ASIA大陸を制しました。

タクミ先生からは、

「いつもの道場での練習通りの技が出せました。仲間に感謝!!」

とのメッセージが寄せられました。

みんな、ASIA大陸の覇者の帰還を心待ちにしましょう!!!

バンザーーーーーーーーイ、バンザーーーーーーーイ、バンザーーーーーーーイ!!!!!
GetAttachmentmeda







(ゲーリーノムライト)

2008年11月29日

アジアチコに参戦!

2dd5944f.jpg東京で今日明日と2日間開催される柔術アジア選手権2008にタクミ先生と南さんが出場します。
アジアチコ(アジア選手権)は、2年に一度開催される国際大会で、日本で行われる柔術の大会では最大のものとなります。

タクミ先生が出場する黒帯ペナ級には8人がエントリー!し、FIGHT&LIFE WEBのインタビュー(http://www.fnlweb.com/blog/2008/11/fightlife_web112930_bjjvol06.php)にて語っていた強豪小野瀬選手とは一回戦で当たる事となりました。

しかし、優勝する為には一回戦であろうと決勝であろうと勝たなければいけないんです!!

とタクミ先生はきっと思っているはずです。

タクミ先生の優勝を心から願っています。

そして南さんですが、メイオペサード級には7人もエントリーがあり、アブソルート級には
37名ものエントリーがあります。
37名!!!
まあ全員が出る訳じゃなく、棄権もあるでしょうけど、それにしてもアダルト紫帯の試合で37名もの試合があるなんて・・・
さすが国際大会ですね!!

アジア癸韻魴茲瓩觧邱隋

良い結果を期待して二人の帰りを待ちましょう!!

※画像は柔道着に身を包み、柔道強化練習を行っていた南さん。
(ゲーリーノムライト)

paraosaka at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2008年11月25日

ボンタン、ドカンを知らない子達

be044993.jpg衝撃の事実が発覚しました!

画像の夢や希望に溢れる高校生二人組の西村君と増谷君ですが、その夢や希望をそっとお助けするアイテム、『ボンタン』も『ドカン』も知らないんですって!!

何なら短ランも長ランも裏ボタンも、『ハイスクール奇面組』も『特攻の拓』も『カメレオン』も 『魁!男塾』も『今日から俺は』も知らないんですって!!

ど、どこから来たんでしょう…(汗)

じ、柔術の入り口は何処だったんでしょう…(脇汗)

もう少しRESEARCHしてみます。

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 09:24|PermalinkComments(13)TrackBack(0)clip!日常 

2008年11月22日

タクミ先生の結果

b132f4ee.jpg皆さん、生放送は観戦しましたか?

早速試合の結果ですが、残念ながら判定負けでした。

日本の判定基準であれば勝てた試合だったかなと私は思いましたが、ホームタウンデシジョンも相手にあったのか、何が評価されて何が評価されなかったのか、その判定基準が我々の考えていたものと違ったのか。


しかし、立ち止まってなどいられません。

月末には柔術アジア選手権、アジアチコに出場します。
アジアNo.1を決定する戦いです。
ユーラシア大陸の一部を決定する戦いです。
その後は世界選手権も見据えています。

これからも応援の程よろしくお願いします!

(ゲーリーノムライト)


2008年11月20日

試合ド直前情報!

90b6a40b.jpgU.S.Aにセコンドとして行っているヒビキプロからCOOLでHOTなNEWSが飛び込んでまいりました!

どうやら会場のホテルは牧場だか高原だかの中にポツンある馬鹿でかいカジノホテルらしいです。

そしてタクミ先生は計量を一発クリアーとの事です!!

尚、しつこい様ですが、その模様は最大手MMAサイトのSherdogにて中継されますので皆で応援しましょう。
http://www.sherdog.com/
※写真はインタビューを受ける世界のTAKUMI先生

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 15:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!タクミ 

タクミ先生の試合は21日正午くらいに生中継!!

c4be0d34.jpgタクミ先生がアメリカの総合格闘技の試合に出場します。
その模様は最大手MMAサイトのSherdogにて中継されます。
http://www.sherdog.com/
遠い亜米利加の地で奮闘するタクミ先生を皆で応援しましょう!!

ちなみにタクミ先生と田村ヒビキプロが不在の間も道場は指導、フリースパーなどいつも通りのスケジュールでやっていますので、奮って参加ください。
木曜 柔術:成富の柔術
金曜 総合:クレイジーバーサーカー梅園のクレイジー総合 柔術基本クラス:伊藤柔術学級
土曜 柔術:ゲーリーノムライト野村の柔術

(ゲーリーノムライト)

paraosaka at 08:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!タクミ 

2008年11月19日

もう一つの試合とこれから

76751683.jpgこの前の日曜、アマ修斗が行われていたのと同日、高槻の方ではレグナムジャムという柔術の試合があり、沢山の方が出場しました。

その中でも注目が、キッズ会員でみんなのアイドル、壮太のデビュー戦でした。

結果は引き込まれて腕十字で一本負けだったそうです。

しかし、私個人の見解ですが、結果などどうでもいいのです。

『試合に出る』と一歩踏み出した事が重要なのです。

子供が初試合に臨む勇気。
試合を迎える迄の過程。
試合で負けた悔しさ。
流した涙。

そして、壮太は『悔しいから頑張る』と言ったそうです。

壮太はこれまでの練習、そして試合を経験した事によって、自分で”挫折を乗り越えようとする力”を身に付けた様子でした。

踏み出した一歩は、大きな価値のある一歩だった様です。

がんばれ、壮太!

ちなみに出場した選手の結果は、太田君2勝、陶山さん1勝1敗、小谷さん2勝1敗、成富君2敗だったそうです。

出場した皆さん、応援に行った皆さん、お疲れ様でした。

(ゲーリーノムライト)


2008年11月17日

第5回西日本オープントーナメント

11月16日(日)、大阪市中央体育館柔道場にて第5回西日本オープントーナメントが行われ、P大からはライト級に中澤伸悟選手、フェザー級に“野犬”佐野博選手の2名が出場しました。

先ず、23名参加のライト級に出場した中澤選手。
一試合目。
試合開始と同時に挨拶として手を合わせに行った瞬間に殴られると言うヒヤっとした場面もありましたが、この日も自慢のフックが冴え渡り打撃で圧倒し、テイクダウンもとって寝技でもハーフやサイドをとって凄く良い状態で勝利を収めました。

二試合目。
今度の選手は半端じゃなくレスリングが強い相手で、打撃のプレッシャーも強く、中澤選手は下がりながら打撃を放ったりしてしまい、寝技でもコントロールされてしまい、判定で負けてしまいました。

しかし、打撃でプレッシャーをかけてテイクダウンをとって勝つスタイルは形となって来ているし、試合で寝技での脇の刺し合いから立ち上がる事に成功した事からも寝技の上達も確実に見えたし、実り多い試合だったと思います。

そして、21名参加のフェザー級に登場した“野犬”こと佐野選手。
一試合目。
多少固さがある佐野選手は、最初こそテイクダウンを奪われてトップポジションを許しますが、打撃でプレッシャーをかけて得意のバックポジションを取り、初戦をクリア。

二試合目は作戦通り身体を動かし、打撃でプレッシャーをかけ続け、四つ組みでテイクダウン、バックを取ってからはワンハンドチョークで絞め上げて絞首刑に処し、貫禄を見せ付けての秒殺勝利でした。

準決勝。
この試合も作戦通り身体を動かし、序盤から打撃でプレッシャーをかけ続ける佐野選手。
すると面白い様に右フックが当たり続け、前へ前へ出て、組み合いになったらテイクダウンをし、まさにやりたい様にやっている素晴らしい内容でしたが、そこに落とし穴が潜んでいるとは誰も思っていませんでした。
テイクダウン後、ハーフガードまでもって行こうと頭を下げながら片足を越えて行った佐野選手。
すると、相手選手の魔手がスルリと佐野選手の首に絡み付いていました。
そのフロントチョークもクロスガードでは無かったので無視してポジションを奪いに行こうとした佐野選手。
しかし、それが相手の罠で、どんどんその魔手は佐野選手の首に食い込んで行き、最後はとうとうタップアウトしてしまいました。

『最低でも優勝』を目標に掲げていた佐野選手ですが、結果は無念の3位。
体調も良く、作戦もバッチリハマってほぼ全局面で圧倒し続けていただけに、試合直後の落ち込みっぷりは半端じゃないものがあり、

「今からは野球かな・・・」「神主打法・・・」「落合博満ですよ」

などの後ろ向きな発言が飛び出していました。
sa2





しかし、誰もが認めるアマシューターのトップコンテンダーの一人である佐野選手。
プロになる事は目標ではありますが、プロになったからといってそれは終わりではなくそこからまたスタート地点なので、プロになる前にこういう経験が出来たので良かったと解散前には晴れやかに語っていました。
かくして西日本オープンは終了しました。
出場した中澤選手、野犬、そしてスタッフとして働いた皆さん、応援に来てくれた皆さん、本当にお疲れ様でした。
sasa3
右の画像は解散後の反省会と称して飯を食いに行った先で見つけたシムケンさんそっくりの店員さんと笑顔で写真に写る野犬。
次の東日本オープンに打って出るか悩みながらも、次の試合を見据える野犬の表情には、笑顔が戻ってきていました。

※中澤選手は先に帰ってしまった為、写真がありませんでした。

(ゲーリーノムライト)

2008年11月13日

タクミ先生の誕生日

34d879da.jpgすっかり寒くなって来て、冬の到来を刻一刻と日増しに感じているこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?
このブログの方も間が空いてしまい、ご迷惑をお掛けしました。

さて、最近のビッグニュースと言えば、やはりタクミ先生の誕生日ですね!!
先日11月11日(火)、また一つタクミ先生が人間としての深みを増す年輪を一つ刻まれました。
喜ばしい事ですね!!

そして、タクミ先生についてもう一つお伝えしなければならないビッグニュースがあります!
11月20日、アメリカにて総合格闘技の試合が決定しました!!
この模様は、Sherdog.comというサイトにて生中継されますので、インターネット環境がある方なら誰でも世界中どこででも視聴可能です。
詳しい情報は、また追って沙汰するので、楽しみにしておいて下さい!!

※写真は生徒一同より腕時計の誕生日プレゼントを貰ってご満悦なタクミ先生

(ゲーリーノムライト)

paraosaka at 23:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!タクミ 

2008年11月08日

苛酷極まれり!プロ修斗への道。

54f07f69.jpg来週の日曜、11月16日に大阪市中央体育館にてアマチュア修斗西日本オープントーナメントが行われます。

P大からは野犬こと佐野博、中澤慎吾、それと、バモス所属での出場となりますが、川端君も出場します。

そして、オープントーナメントはプロ選考も兼ねてあるという事もあり、半端じゃない数の選手が日本全国津々浦々から集まりました。

どれくらい苛酷かと言うと、野犬が出場するフェザー級で21人、シンゴ君が出場するライト級で23名出場!!

苛酷、苛酷過ぎるぜ!!!

しかし、野犬は二年連続全日本出場の猛者、ブッチギリの優勝候補に位置付けられております。
JAPANESE BOSEKIを標榜する野犬がプロ昇格する事は出来るのでしょうか?

これは目が離せないですね。

※写真右二人は相補体術所属の三木君と手塚さんです。三木君(宇野選手+滝田J選手)も西日本オープンに出場します。

※写真中央、去年の西日本オープンミドル級覇者のクレイジーバーサーカー梅園。
何故かシンゴ君と写真に映る時はキモさが増加する傾向にある梅園。
2008年はキモ強ブームと言われている。
その路線で行くがよい。

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 14:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!日常 

2008年11月05日

日・月練習会

0c06bd85.jpg先の日曜、月曜と連休だったのですが、2日連続で練習会が行われました。

休日なのに連日十人以上の人が練習に参加し、柔術、NO-GI、総合と各々自分に合ったトレーニングをしていました。

茶帯の方も和泉代表の吉岡さんや、千田さんに来ていただき、様々な方と沢山スパーリングをこなしていました。

その中でも、注目の対戦が実現!

先日の全日本オープンにて実現しなかった田村ヒビキVS千田さんの対戦が練習会で実現しました。

その後ろではタクミ先生のまさかのタ○キンポーズ(feat谷脇さん)が飛び出すというオマケ付き!

厳しくも和気藹々と楽しみました。

今日から冷え込むらしいです。
風邪も流行っている様なので、皆さん体調管理に気を付けて下さい。

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 06:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!日常 

2008年11月02日

梅園のパワーゲート 〜下克上編〜

11月1日(土)、阿倍野区民センター大ホールにて行われたPOWERGATE 〜パラダイムシフト〜に、【クレイジーバーサーカー】こと梅園文平が出場しました。

初めてのパウンド・バスターありの試合。
文字通り命の削り合いになるかも知れない戦い。
相手柴博選手はプロ修斗で4戦して新人王も獲得しているプロのリングでは先に活躍している選手。
しかも、初のメインイベント。
試合前から「緊張しているんですよ。」という言葉とは裏腹に、やたら細くカット及び剃りまで入れられた眉毛が梅園選手の気違った気合を表しているようでした。
う




そして迎えたメインイベント。
青コーナーの梅園選手は、聴き慣れたガールズポップを捨てて、ロック調の曲で静かに登場してきました。
梅園選手が入場した後は、ダンス調の曲で柴博選手が踊り狂いながら入場。
狩りに行く前に精霊に踊りを捧げるマサイ族のように踊り狂い、ボディーチェック中も踊り狂う姿を見た瞬間、
『クレイジー同士のこの試合、よりクレイジーな方の勝ちだ!!』
と言う嵐を予感させるかの様な入場のダンスでした。
う2





お互いが拳を合わせた後、試合開始のゴング。
ゴング前からどこからとも無く自然発生的に『うめぞの』『クレイジー』コールが巻き起こりました。
先に動いたのは梅園選手!
大梅園コールを背に、パンチのラッシュ!
これでどんどん前に出て、ペースを掴みました。
下になっても決定打を許さず起き上がり、そして前へ前へ出てコーナーに詰める。
テイクダウンで上を取り、パスガードをしようと両足担ぎをしてどんどん寝技でもプレッシャーを掛け続けてあっという間に1Rが終了。
決定打は無いものの、やや梅園選手ペースで試合が運んでいきました。

2R。
またも先に動いたのは梅園選手。
打撃でどんどん前に出て、コーナーに詰めて行く展開。
フェイントや綺麗なボクシングをする訳ではないですが、愚直な様にも見えるぐらい前へ前へ出て行くその姿には、格闘技の原点を見た気もしました。
その前へ出て行くスタイルは、誰がやられても嫌な事でしょう。
前へ前へ詰めて、テイクダウンも取り、寝技でも上からどんどんプレッシャーをかけて行きました。
そのまま試合は進み、ラスト1分を切った辺りで、双差しでテイクダウンされそうになりながらも素晴らしい内股で豪快な投げが炸裂!!
素晴らしいと思った瞬間、投げた拍子に頭同士がぶつかったのか、柴選手の頭から大量の血が溢れていました。
ドクターチェックが入りましたが、試合再開。
ラストの1分間はテイクダウンするも大きな展開が無いまま試合終了。

判定に入り、1人目のジャッジは20−19でまず梅園。
2人目は20−20でドロー。
3人目は20−19で梅園!!
判定2−0でクレイジーバーサーカー梅園が勝利を収め、実績で大きく上回る相手に下克上を成し遂げました。

そしてマイクをとったクレイジーバーサーカー梅園。

「☆@?〜−|「>、・♪☆。@;。」

と言った訳の分からないキ○ガイ振りを発揮してくれる事を期待して耳を傾けましたが、

「皆さんありがとう御座いました。」
「(パワーゲートでの)戦績はイーブンに戻しました。」
「カイザー(皇帝またはパワーゲートのチャンピオン)になりたいです!!」

というカイザーの称号をよこせ的なマイクアピールまでちゃっかりやっちゃって、メインイベントを締めました。

入場後のリングアナにコールされた瞬間にやった、人差し指を天に向かって突き上げたあのお釈迦様も生れ落ちた瞬間にやったと言う【天上天下唯我独尊ポーズ】は、このカイザーへの宣戦布告を意味していたんですね!
いや〜、深い!!

ともかく、この本格的な総合のリングで初めて手にした勝利は、クレイジーバーサーカー梅園選手にとって、非常に重要な意味のあった一戦だったと言っても過言ではないでしょう。

おめでとう、そして、お疲れ様!!
この勢いのままプロ修斗、そしてカイザーのベルトを目指してどんどん前へ前へ、進んで行ってもらいたいです。
う3





(ゲーリーノムライト)