2009年03月

2009年03月29日

CLUB DOG FIGHT 7

本日、大阪・世界館にて「CLUB DOG FIGHT 7」が開催され、当ブログのライターでもある、ゲーリー・ノムライトが出場しました。ゲーリーはこの大会、初参戦にも関わらず、いきなり4分1R延長3分アリのグラップリングAクラスに出場という破格の待遇!対戦相手は英国の伝統スタイル“ランカシャーレスリング”の流れを汲む「ライレージム京都」所属の鈴木和馬選手。ブラジリアン柔術vsランカシャーレスリング、つまりエリオ・グレイシーvsビリー・ライレーという、時空を超えた代理戦争が、ここ大阪で実現したと言っても過言ではないでしょう。そんなカードに魅了されたのか、24日付の日記では、本人自ら「15時からで、料金は2千円になります。」と控えめな営業だったにも関わらず、7名の大応援団が大集結した!

そして迎えた第8試合、相手の鈴木選手が先に入場して見守る中、ゲーリーが挙動不審な感じで登場。その出で立ちや、ワンショルダーのシングレットにサングラス、そして両手にはバナナ持参という謎のスタイル。そしてそのバナナを銃に見立て、観客席や鈴木選手に向けてスナイプすると、バナナをセコンドのタクミ代表に手渡し、2人揃って食べ始めるという前代未聞のパフォーマンスに、超満員の観客はスタンディングオベーションの大喝采!その後、高山善廣ばりにトップロープを大跨ぎしてリングインすると、客席のテンションはマックスボルテージに達した!

コールが終わっても、まだ口をモグモグしてるゲーリーに「早く飲み込んで!!」とレフェリーが一括する珍ハプニングのあと試合がスタート。内容は一応、触れておくと、四つからテイクダウンに成功したゲーリーがバックをキープ。ただただキープ。そして残り1分半くらいのところで、なんか上手い具合に十字の形になるが、相手の鉄壁のディフェンスを崩し切れず、そのままタイムアップ。そのディフェンスを評価したのかジャッジ一人がドローを付けたものの、2-0の判定で勝利をものにした。

gary1そして試合が終わればノーサイド。試合後、セコンドが相手選手の健闘に称え、ATAMAから水をかけたり飲ませたりするシーンをよく見かけるが、それになぞらえ、ゲーリーが入場の時に食べたバナナの残りを鈴木選手に分け与えるという感動的なシーンを見ることができました。これにはさすがの鈴木選手も苦笑い(実は入場前から終始、苦笑いだったという噂も)。

とにかく秒殺に次ぐ秒殺、アラフォー世代による白熱のキックエキシビションなどバラエティ豊な内容に、パレ大応援団一同大満足!今回、惜しくもゲーリーの変態パフォーマンスを見逃したあなたは、ぜひ次回大会にご期待ください!

(ck)

gary2※写真(上)、ゲーリーの茶番に最後まで笑顔で付き合ってくださった鈴木選手。どうもありがとうございました。そして申し訳ございませんでした!

※写真(下)、試合後のゲーリーを激写!ゲーリーファンの貴方は今すぐ携帯の待ち受けにしよう!(写真奥は、あきれるタクミ代表)

2009年03月27日

空中浮遊人間

f427f946.jpg先日、練習が終わった後にアームドラッグの考察を行っていた時の一コマです。

アームドラッグと言えばガッシア選手が有名で、その映像を100回くらい見て研究していたという南さんですが、数十回見たところである事に気付きました。

『そうか!この人は空を飛べる訳じゃないんだ!!』

…そうです。
南さんは途中まで『ガッシアは空を飛べるんだ。すげぇな…』と分析していたらしいんです。

そんな南さんは体重が増加し過ぎてアームドラッグから空中浮遊が困難になって来たそうです。

キャメラを向けると恥ずかしがっていました。

南さん、裸は格闘家の正装ですよ!

(人前で裸を曝すは厳禁ゲンキンノムライト)


paraosaka at 09:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2009年03月24日

CLUB DOGFIGHT 7出陣

3d888d05.jpg3月29日(日)、弁天町の世界館にて行われるCLUB DOGFIGHT7 大阪大会にグラップリングで私、ゲーリーノムライトが出場致します。
15時からで、料金は2千円になります。

ゲーリーサーフ、ローリングゲーリー、ゲーリーロックなどのゲーリー殺法を駆使して頑張りますので、何卒応援のほどよろしくお願いします。

(ゲーリーノムライト)



paraosaka at 11:51|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!日常 

2009年03月22日

出稽古

e74e2f42.jpg先週の水曜日にグレイシーバッハ長野から井上さんが出稽古に来て下さいました。
井上さんは柔術茶帯で、ワールドプロフェッショナル柔術アジア予選やアブダビ予選など沢山の試合に精力的に出ている方です。

そして、出稽古でも南さんの柔術基本クラスに出席したり、巧先生に代名詞的必殺技のニーオン、片羽絞めを聞いたりして帰って行ったそうです。

強い人はとにかく強くなる事に貪欲ですね!

こう言った貪欲な姿勢は皆が見習わないといけませんね。

井上さん、また来て下さい!
ありがとうございました!

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2009年03月18日

Mr.T参上

7294cef4.jpgブッカーTではありません。

アノ男も先週から既に復帰しております。
正面から見ると、田村の『T』が顔面に見えます。

一週間練習を我慢するという事すら彼には無理な様です。

『好きこそものの上手なれ』
とはよく言ったもので、彼ほど格闘技が好きで格闘技と真摯に向き合っている奴はなかなかいません。

また羽ばたく日も近そうですね。

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!未来王 

2009年03月16日

The Fight continues.

46200fb7.jpg先日の記事で『これで毎週何かしらの試合が行われた一ヶ月が終わりました。』という記述をしましたが、これは誤報でありました。

昨日はP大風紀委員こと吉永さんと岡部記者こと岡部さんが柔道の昇段試合に臨んだ模様です。

二人とも目標は果たせなかった様ですが、内容はとても良いものだった様です。

ちなみに柔道・柔術のイメージが強い吉永さんですが、先日グラップリングに参加していて、かなり強かったです。
やはり柔道家は化け物揃いですね…

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 13:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!日常 

2009年03月13日

座業足らず

cc600e43.jpgこれは“ざ行”が言えない男の悲しい物語。


・・・というか、何を言っているのか不明である。

梅園「僕ね〜、めっちゃ呑みますよ〜。」

???

梅園「あっ、そうか、だから最近“ざ行”が言えなくなって来てるのか〜。昔はもうちょっと滑舌が良かったのにな〜。」

どうやら納得したらしい。

文章にして整理しようと思ったが、やはり難解過ぎる。
さすがクレイジーバーサーカーだ。

ちなみに私は彼がめっちゃ飲んでいる所を目撃した事はないが、チョロっと飲んで楽しくなって、それから太ももをパチパチ手のひらで叩いたり、ほっぺたを膨らまして指でほっぺたを押しながら【ブーブー】と謎の不快音を口から出しながらリズムを取っていた所は目撃した事がある。

げに恐ろしい光景だったなり。

(ゲーリーノムライト)

2009年03月11日

おれは人間をやめるぞ!

43ce86a1.jpg日曜の試合での入場の際、メキシコから発見された謎の石仮面を顔面にはめて出てきたジョージ”カワマタ”ジョースターことJOJO。

試合では脳に骨針が刺さったダメージからかドローに終わってしまったJOJO。

そんなJOJOが月曜早くも打撃練習に来ておりました。

そして人間を超越した力を手に入れる事になるのでした。

WRRRRYYYYYY!!

(ゲーリーノムライト)

paraosaka at 08:33|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!JOJO | 日常

2009年03月09日

プロ修斗興行BORDER -season 1-「勃発」

3ee2ca5d.jpg昨日は平野区民ホール にてプロ修斗興行BORDER -season 1-「勃発」が行われ、パラエストラ大阪からはジョジョことジョージ“カワマタ”ジョースター選手と田村ヒビキ選手が出場しました。
二人とも体調は最高の状態で、好試合を予感させました。

そして、先ずは第二試合に登場のジョジョ。
対戦相手はコブラ会の吉田圭多選手で、この試合は2009年度新人王決定トーナメントの1回戦として行われました。

試合開始。
第1R。
軽快なフットワークで前に出るジョジョ。
パンチの交換をしながら前に出て、時折ミドル、ローを放って試合を組み立てていきましたが、四つの攻防ではコーナーに押し込まれ、テイクダウンを許してしまいました。
しかし、そこから相手のリストを片手でガッチリクラッチし、三角のプレッシャーをかけながらもう片方の手で無数の鉄槌を落とします。
ブレイク後、また打撃の応酬の後、テイクダウンをされるも同じ展開を作り、下からの鉄槌が冴え渡りました。
第1R終了。

第2R。
後が無くなった吉田選手は前に前にどんどん出ながらフックを振るって、プレッシャーをかけて来ました。
それに対してジョジョはワンツーを出して行き、このワンツーの左ストレートが何度も吉田選手の顔面を捉えていました。
その後テイクダウンをジョジョが奪い、チャンスが来ましたが、ファビオからすぐに立たれてしまいました。
そこからどんどん吉田選手のプレッシャーが増して行き、テイクダウンをされ、立ち上がってタックルに行くも潰されて頭を押さえられて頭部にパンチ、鉄槌を落とされ続けてしまいました。
判定。
ジャッジ全員が19−19のドロー。
しかし、新人王決定トーナメントということで優勢ポイントを付けるのですが、ジャッジは3人とも吉田選手を支持し、ジョジョの新人王決定トーナメントはここで終わってしまいました。
去年の敗北から不屈の闘志で這い上がって、前回とは打って変わった成長した姿を見せてくれたジョジョでしたが、惜しくも勝利を手にする事は出来ませんでした。

そして、第5試合に登場の田村ヒビキ選手。
対戦相手は去年の新人王決定トーナメントで3位だったパラエストラ広島の里本一也選手でした。
この日の田村選手の動きは異常にキレていて、僕が見た今までの田村選手の動きの中でも最高の仕上がりとなっていました。

試合開始。
第1R。
ワンツーフックで前に出る田村選手。
里本選手が前に出ようとしても、前蹴りで突き放し、ミドル、ローと効果的に入れて行き、打撃で全く寄せ付けずにどんどんダメージを蓄積させていきます。
その展開を中盤まで続けていき、途中で四つ組みの体勢になると、里本選手が突然背中を向けました。
そう、彼は必殺技がアームロックで、どんな体制でもアームロックを狙ってくるアームロック職人。
しかしそこは警戒を怠らずにきちんと防御してブレイク。
また打撃を振るっていき、里本選手が座り込んでしまうほどパンチやキックを集める田村選手!!
この日の田村選手は鬼の様な強さでしたが、またもや四つの展開になると背中を見せる里本選手。
やり辛そうにする田村選手でしたが、リング中央で高速のジャーマンスープレックス!!
あれは完全にヘソで投げていましたね。完全に。
しかし、アームロックを解かない里本選手も最後にそこから腕十字を極めようとするもラウンド終了。

第2R。
相変わらず打撃でダメージをどんどん与えていく田村選手。
もはや、試合を終わらせるのは時間の問題の様に思えました。
誰もがそう思っていた試合展開は、中盤に思いもよらない終わりを迎えます。
青コーナー付近で打撃の交換をしていた最中、里本選手が膝蹴りを放ちました。
その刹那、

『パーーーン』

という破裂音の様な音が会場に響き渡ります。
すぐさまドクターチェック。
田村選手の眉間には、ある種異様とも思えるほどの裂傷が出来、血が滴り落ちていました。

ドクターストップ。

田村選手、無念のTKO負けとなってしまいました。

これが格闘技の恐ろしい所。
終始押していたのは田村選手で死角は無いように見えましたが、勝利を手にしたのは里本選手。
どんなに劣勢でもあそこで膝を出せる技術、練習と根性を養ってきた里本選手の勝ちでした。

そして、田村選手は6針縫う怪我を負ってしまいました。


今回はジョジョ選手はドロー、田村選手は負けとパラエストラ大阪の2選手は良い結果を出す事は出来ませんでしたが、成長中という姿を見せてくれたジョジョ選手、誰にも負けないくらい強い姿を見せてくれた田村選手、決して悲観するような姿では無く、次に期待させてくれる姿を見せてくれました。

応援に来て下さったP大大応援団の皆さん、セコンドの皆さん、田村選手、ジョジョ選手、お疲れ様でした!

これで毎週何かしらの試合が行われた一ヶ月が終わりました。
また頑張りましょう!

(ゲーリーノムライト)


2009年03月08日

速報!

c1e5dc3a.jpgジョージ”カワマタ”ジョースターの着ているジャージは、ジョナサンです!

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 11:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!JOJO 

2009年03月07日

試合ド直前情報!!

69603e57.jpgいよいよ明日に試合を控えたジョージ“カワマタ”ジョースター選手と田村ヒビキ選手。
今日は計量だったのですが、二人揃って一発クリアーだったそうです!
後は戦うのみ!

しかし、いつも試合時はカットが出まくりますね。

ウホッ、いい男。


BORDER -season 1-「勃発」
[日時]2009年3月8日(日)
[開場/試合開始]12:30/13:00
[会場]大阪/平野区民ホール

【第2試合】フェザー級 5分2R[2009年度新人王決定トーナメント1回戦]
吉田 圭多(JPN/総合格闘技道場コブラ会)
versus
ジョージ“カワマタ”ジョースター(JPN/パラエストラ大阪)


【第5試合】ウェルター級 5分2R
田村 ヒビキ(JPN/パラエストラ大阪)
versus
里本 一也(JPN/パラエストラ広島)


(ゲーリーノムライト)


2009年03月05日

松田さん青帯昇格!

c510428b.jpg先日のコパ・アルマにて優勝した松田さんが青帯に昇格しました。

試合では、階級別を糸通し式ET腕絡み(技名がわからないので勝手に命名)で極めて優勝し、無差別ではETトライアングル、ETアームロックを極めて見事二階級制覇。
抜群の強さを見せて青帯昇進を決めました。

そして、火曜日の昼柔術にて恒例の帯叩きが行われた様ですが、それはそれは危険な光景だった事でしょう。

紫に光る帯を握りしめ、その帯をしならせて松田さんに叩き付ける宇原さん。
考えただけでも恐ろしいですね。

しかし、久々の帯昇格者が出た事は非常に良いニュースですね!

次は誰が続くでしょうか?
楽しみです!

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 17:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!日常 

2009年03月03日

右手で四角、左手で三角を描く男

7596b7f6.jpg表題にある、ただそれだけの所業だが、これが意外と難しいものである。

これまで、ジョージ・カワマタ・ジョースター、クレイジーバーサーカー梅園、そして私ゲーリーノムライトというプロシューター、紫帯が挑んでは無惨に散っていきました。

しかし、画像の男、藤原氏はいとも簡単にやってのけたではありませんか!!


…ま、ただそれだけなんですけどね。

リズム感があるという事は、打撃の才能が?

…ま、これも確証はないですけど。

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 07:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!日常 

2009年03月01日

第1回 コパ・ALMA 柔術トーナメント

3月1日(日)、吹田市洗心館にて第1回 コパ・ALMA 柔術トーナメントが開催され、パラ大阪からは12名が参戦しました。

参加料金が安いこともあり200名近い人数の参加があったということで、マットも4面使用し、非常に盛り上がった大会となりました。

申し訳ありませんが、今回の大会は試合数も多く全試合を観れた訳ではありませんので、僕の雑感と大まかな結果を掲載させていただきます。

先ずは結果。
女子は松田さん、女子白帯レーヴィ級・無差別の二階級制覇!
野村さん、女子白帯プルーマ級制覇!
二人とも自分の階級に相手がいなかったせいで階級を上げての試合となりましたが、問題無く一本勝ちで優勝です!!素晴らしい!!

男子は南さん、アダルト紫帯メイオペサード級優勝!
クレイジーバーサーカー梅園、アダルト青帯レーヴィ級優勝!
ゲーリーノムライトこと私、アダルト紫帯レーヴィ級準優勝。
お昼の帝王こと宇原さん、アダルト紫帯ペナ級準優勝。
増谷君、アダルト青帯メジオ級準優勝。
川端君、アダルト青帯ペナ級準優勝。
石田君、アダルト白帯レーヴィ級3位。

ここからは完全に私の主観に基づいた表彰式です。

MVPは階級別、無差別ともに全試合一本勝ちで勝ちあがった松田さん。
極め力が非常に素晴らしかったです。

敢闘賞は出場者、応援に来てくれた方、全員!!
と言いたい所ですが、僕としては白帯レーヴィ級で3位に輝いた石田君に敢闘賞をあげたいです。
勝った試合も自分から終始攻め続け、負けた試合も結果こそ敗北になりましたが、自分から仕掛けて攻めた結果負けてしまったので、その攻める気持ちがあれば絶対に強くなれるはずです!!

もう一人の敢闘賞は岡本さん。
階級別こそ勝てませんでしたが、無差別で何階級上か分からないぐらい巨大な選手相手にバックやスウィープをして、一本勝ちした姿は格好良かったです。

優勝した選手は当然全員素晴らしかったです。
日々の努力の賜物です。

出場者、応援に来てくれた方々、お疲れ様でした!
勝った選手も負けた選手も試合で見つけた課題を道場に持ち帰ってどんどんクリアーして行きましょう!
まだまだ強くなるぞ!!

(ゲーリーノムライト)
P3010292Image0331