2009年11月

2009年11月28日

ブピピ

2e4541c1.jpg東京国際の結果。
伊藤君。
初戦でプロシューター猿田選手相手にスウィープされて、2ー0で負け。

私。
テイクダウン、パスを奪われて5ー0で初戦敗退。

二人仲良く一回戦で姿を消しました。

ちなみにマッハ選手はアキレス狙いで外掛けで一発反則負けでした。

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 16:32|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!日常 

2009年11月21日

国際大会なだけある。

3345a4ea.jpg来週の土日に東京にて開催される柔術の東京国際。
エントリーリストが発表されたのだが何気に出場メンバーが凄いです。

黒帯メイオペサード級を見ると桜井マッハ速人選手の名が!
他の階級にも端選手、柿澤選手、中村選手、レービー級には去年のアジアチコ・ヨーロピアン茶帯王者のジョナサントーレス選手や細川君の名前も。

さすが国際大会なだけあるといった感じである。

そんな国際大会にこの寒空にもかかわらず真っ黒に日焼けした怪しい外人KENZOと私自称プロレスラーのゲーリーが出場します。

応援よろしくお願いします☆

(ゲーリーノムライト)


2009年11月16日

デモリッションマン

1e9d6e48.jpg14日(土)、弁天町の世界館にてデモリッション・ウエストが開催され、うちからはクレイジーバーサーカー文平が出場しました。
相手はSTG大阪の下石原人選手。

結果から言うと、完敗でした。
1Rはタックルでテイクダウンを許し、ハーフ、サイドとポジションを取られてパウンド、鉄槌を落とされます。
2Rも少しの打撃の後すぐにテイクダウンを許し、サイドからマウントを奪われ、パウンドをまとめられた所でレフェリーストップ。
文平のしたかった事は何も出来ず、下石選手のしたかった事を全てやられた。
そんな試合でした。

試合一週間前の急なオファー、数日での大幅な減量、2日前でもオーソドックスかサウスポーかも知らなかったという研究不足、色々な敗因があると思いますが、プロである以上、プロのリングで客の前で試合している以上言い訳は出来ません。
そして、文平選手も言い訳はしませんでした。
しかし、この敗戦は彼にとって大きな財産になりました。
この経験を糧とし、来年の新人王トーナメントで借りを返せば良いでしょう!

ちなみに、私はデモリッションと言えばすぐにスタローン主演の映画デモリションマンを思い浮かべます。
ウェズリースナイプスのはっちゃけた姿が見られる映画はアレしかないでしょう。

(ゲーリーノムライト)


2009年11月13日

昇帯その四+試合告知 クレイジーバーサーカー文平

2facacef.jpgそして、最後の帯昇格者の紹介です。

4人目の帯昇格者はクレイジーバーサーカー文平です。
クレイジーバーサーカー文平は、デラヒーバ杯&イサミ杯にて青帯の階級別、無差別の両トーナメントを制して文句なしでの昇格となりました。

階級別の2試合では勝ったものの狂乱の試合続出で、興奮し過ぎて飛んだり跳ねたりナイフを振り回したり、それはもう訳の解らない試合を展開していましたが、無差別の5試合でもやはり飛んだり跳ねたり卒塔婆を振り回したり、狂乱の試合でした。(一部フィクション)

そんなこんなで結局7試合を全て勝ち抜いたクレイジーバーサーカー文平ですが、彼の戦いはまだ終わりません。

明日、弁天町の世界館にて行われる【デモリッション ウエスト】に急遽参戦が決定し、STG大阪の下石原人選手と戦います。
急なオファーを受けたのは、実は前々から文平が下石選手をライバル視していたからに他ありません。(一方的に)

そんな一方通行のライバル関係はどうなるのでしょうか?

という訳で、紫帯になったクレイジーバーサーカー文平をよろしくお願いします。

(ゲーリーノムライト)


2009年11月10日

昇帯その三 南さん

7fd87922.jpgまだまだ帯昇格シリーズは続きます。
今回昇格したのは、水曜夜の柔術基本クラス担当の南先生です。

南さんは忙しい仕事の傍ら出られる試合はほとんど出場しそして優勝し、それ以外の休日も朝から練習したりと、とにかく格闘技に対する愛が半端じゃありません。
しかもとにかく優しいし、こんなイイ男を女性がほっとく訳がありませんね。
僕がまだ出稽古で来ていた時代、知らない道場で少なからず不安だった僕に対し、いつも南さんは笑顔で話し掛けてくれて安心しましたし、僕も出稽古に来た人には笑顔で積極的に話し掛けようと心に決めました。

そんな強くて優しい南先生が、先日のイサミ杯紫帯無差別級で優勝して茶帯に昇格しました。
おめでとうございます!!

(ゲーリーノムライト)


2009年11月09日

昇帯その二 岡本さん

e559028c.jpg先日のデラヒーバカップで帯昇格したのは広倉さんだけではありません。
白帯ガロ級で優勝した岡本さんも青帯に昇格しました。

岡本さんは白帯ガロ級ではよく優勝しているので今回も『勝って当たり前』というプレッシャーの中、今回は更に『圧倒的に勝つ』と自らにプレッシャーを掛けて試合に臨みました。
しかし、一試合目こそ序盤から優位なポジションをキープして得意の片羽絞めで一本勝ちしたものの、決勝は相手選手の巧みなガードに阻まれてアドバンまで行くもののパスを奪えず、最後は潜られて片足をとられ、倒されたら逆転負けという所でそのピンチを凌ぎ切りアドバン2ー1で勝利しました。
しかし、私が目を見張ったのは接戦を制した決勝戦の方で、キワの攻防で妥協しない姿は技よりも大事なものを見せてくれたと思いました。

そして、今回の優勝で青帯に昇格しました。

いつも技の研究に余念が無い岡本さんは僕なんかよりも全然沢山技を知っているので、皆さん岡本さんに色々技を習うと良いでしょう。

(ゲーリーノムライト)


2009年11月07日

昇帯その一 広倉さん

c94c110d.jpg先日のデラヒーバカップ&イサミ杯にて大活躍した広倉さんがこの度晴れて青帯に昇格しました。

広倉さんはSURFINGとJIU-JITSUをこよなく愛するまさにブラジリアンの様な人で、去年はムンジアルにも出た経歴があります。

試合でもクロスからのスウィープが冴えまくっていましたが、決勝では3ー2の僅差で苦杯を舐めました。
しかし、これまでの実績、努力、実力が認められての昇格となりました。
おめでとうございます!!

(ゲーリーノムライト)


2009年11月01日

ヒデズキックからの刺客

5f3698e6.jpg先日、ヒデズキックより若井道子さんというくの一が出稽古に来てくれました。
黙々とサンドバッグを叩き続ける姿や礼儀正しいところなどは、『さすがヒデ三好さんの生徒だなぁ』と感心してしまいました。

皆さん、TOKIOに行った際にはヒデズキックに出稽古に行きましょう!
怪しい中国拳法の達人風のスキンヘッドの人に
『パラエストラ大阪から来ました。』
と言えばよくして貰えるはずです。
見た目は街中で見掛けたら職質間違いなしの怪しい風貌ですが、Kー1選手やタクミ先生など数々のトップ選手が教えを乞いに来る日本格闘技界を影で操る凄い人です。

ヒデズキック
〒160-0023
新宿区西新宿5-5-3 伊賀ビル2F
「伊賀薬局」の2階

電話:03-5371-0343

電 車
丸の内線:西新宿駅より徒歩5分

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常