2011年11月

2011年11月29日

OYABIN

oyabin

ついにOYABINの愛称でお馴染みの西川さんが紫帯に昇格致しました。
一見すると無口でクールな佇まいの西川さん。
しかし、ふわ〜っと脱力した状態から一気に相手を仕留めるスタイルは正に野獣の様。
パラ大阪内でも達人、最強説が出るほどの猛者ですが、なぜかここ一番の試合でとりこぼす・・・
しかもその負ける時に照れ隠しか何なのか「ニヤッ」と笑うんですね。
そこがまた彼の魅力の一つでもあるんですが。
そんな彼がついに紫帯に!
遅すぎるとの声も聞こえてきそうですが、僕は薦めていたんですが本人が今まで固辞していたんですね。
他道場の茶帯の方などがスパーリングすると、西川さんの強さにビックリしますからね。
うちの青帯のみんなも少し安心したんじゃないでしょうか?
最初に「無口で・・・」と書きましたがそれは印象であって、話し出すと実は結構おしゃべりなOYABIN。
元夢想戦術というあたりも個人的に親近感が沸きますね(笑)
個性的な魅力満載の“西川OYABIN雄高”を今後ともよろしくお願いします。

タクミ





paraosaka at 05:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!道場紹介 

2011年11月25日

デーヒーセミナー

妖精の気合の入ったレグナムジャムレポートの後で大変申し訳ないのですが、
同日に行われた「ヒデ三好の甘えん坊レスリング〜あまレスfor MMA〜」の様子を
お届けします。
IMG_5193

ヒデ三好式の入念なストレッチ、マット運動を終えてテクニックレッスン開始。
内容はがぶりからのスイッチ、バックの取り方など基本的なものや、無双の使い方、
四つからの攻防、崩しなど総合の試合においては必須のテクニックが満載でした。
IMG_5241

実際、私タクミはパンクラスタイトルマッチでの勝利をはじめ、様々な試合でヒデミヨレスリングを
体現し、それにより数々の勝利を収めてきました。
正に本当に使える実践レスリングテクニックだと思います。IMG_5549

また、三好さんの良い所はその人柄の良さ。
誰とでもすぐ打ち解け人を笑顔にさせるその人心掌握術は、私も道場主として見習わなくてはなりません。
IMG_5463

IMG_5352

すーやんも楽しそう!
IMG_5364

IMG_5400

伸悟も増田も!
IMG_5370

ウッチーもなんかすごい笑顔!
IMG_5570

私は怪我が思わしくなく、私服のまま口頭で指導をしたりしていました。
IMG_5616

2時間のセミナーと1時間の質問&スパーリングタイム、計3時間でしたがあっと言う間に過ぎてしまいました。
楽しい時間は早いですね。
IMG_5618

IMG_5633

IMG_5641

今回のセミナーは増田プロの熱意ある交渉が、三好さんに伝わりやっと実現致しました。
「朝は眠いから嫌だ」と渋るヒデ氏を説得し、なんとか日曜の朝10時に引っ張り出せませた。
しかしさすが指導は一級品の腕前ですね。
また次は来年、いや、10年後くらいにオファーを出そうかと思ったりしています。
増田、ありがとう。
三好さん、ありがとうございました!マジで!
10年後も会いたい!




paraosaka at 15:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!日常 

2011年11月24日

レグナムJAM21レポート 吉永さん劇闘編

初心者でも参加しやすいレグナムジャムでありますがメインは紫帯以上の選手のスペシャルマッチ。
全ての試合進行が止めギャラリーを1面に集めて行われる試合は大会名物としてお馴染みです。
100_00243

そんなスペシャルマッチに出場したのが柔道4段の吉永選手。
毎回レグナムでは監督として選手のサポートしていますが今回は選手として出陣。
初戦の相手はコブラ界所属、ネヤガワサントスを名乗る謎の選手。ボクシング世界王者を叔父にもつ寝屋川在住のカレー好きな知人に似ているよな気がしますが多分気のせいです。

開始早々吉永さんの足払いが炸裂しサントス選手が宙を舞います。柔道なら完全に1本ですがこれは柔術の試合ですのでサントス選手もガードを作り反撃に出ます。
100_00323

吉永さんも相手のガードを潰してパスを試みますが中盤サントス選手のスイープが決まりポイントで並ばれます。
下になってからは得意の柔道式フックスイープでめくりかけるもサントス選手のバランスがよく返しきれない展開が続きます。仕掛けを変えてスイープを狙いにいったところでカウンターのパスを受けてADを献上。
結局このADが決定打となりポイント2−2・AD1−2で惜しくも敗退となりました。

紫帯らしい緊張感溢れるハイレベルな攻防は非常に見応えがありました。特に開始早々に見せた鮮やか過ぎる足払いには会場中が大興奮。
試合終了後には引き込みあい上等の次世代柔術家キタハマも「柔術には蹴り技がない…そんなふうに考えていた時期が俺にもありました」とつぶやいたとか…。

日も沈み風が吹き込み始めた頃吉永さんの2試合目が始まりました。
相手は森選手(GB)の鉄壁のガードを封じるなど安定感のある印象の下村選手(OKAJJ)。
試合開始後攻防の流れで下になった吉永選手。前回とは違う形のガードをとり相手のラペラを剥がしにいきます
。そこまでは順調でしたが突然相手に糸が切れたように相手に押さえ込まれます。
100_00813

このまま万事休すと思われましたが鉄砲気味に返して上を取った瞬間、相手がタップ。
100_00803

吉永選手の手元を良く見るとそこにはベースボールチョークの仕掛けが…
練習ではこの風景を見かけますがそれを試合、それもスペシャルマッチで極めてしまうなんて恐れ入ります。

吉永選手の劇的な一本勝利で幕を閉じたパラエストラ大阪のレグナムJAM21.でしたが参加者も多く非常に盛り上がりを見せ応援にも熱が入りました。
勝った選手も負けた選手も得るものが多い充実した1日であったように思えます。

出場された選手の皆様ならびに応援に駆けつけてくれた皆様本当にお疲れ様でした。

一人忘れているような気もしますが…
こまけえことはきにすんな(byやる夫)ということでレグナムレポート完結です。

続きを読む

2011年11月23日

レグナムJAMレポート OVER40編

100_00062

ここからはマスター色帯の模様をレポートします。
100_00432

テクノカットが特徴のP大の鉄人こと里中選手(48歳)はマスター青帯プルーマに出場。50を目前にしながら進化し続けるその姿は全国のオヤジ柔術家の希望だという噂も。
余談ですが私の母親も里中選手と同じく48歳です。

いつも通り年下のソッカ氏に弄られたりしているうちに初戦を迎えます。
開始早々引き込まれますが上攻め派の里中選手はパスを狙いにいきます。早く勝負を決めたいという気持ちが強いのか強引さが目立ち、重心が前のめりになったところで相手のスイープを受けてしまう。下になるまいと堪えますがその流れでバック奪われ最終的には襟締めでタップ。
気持ちを切り替え2試合目に臨みましたが似たような展開でバックを狙われ続けて8−2で試合終了。

パスの仕掛けが強引にすぎてカウンターのスイープを受けリカバリーできないまま試合を終えることが多々あります。出場カテゴリーの選手内では体力もある方ですのでセコンドの指示を聞く余裕がでれば取りこぼしも少なくなるでしょう。
結果は残念ですが練習や試合に対する意識の高さは素晴らしいですので進化の過程を見守りたいと思います。

100_00442

続いてはマスター青帯ペナ級に出場の松本選手。キラキラとした丸い目とATAMAが売りの42歳(既婚)。
一時試合からは遠ざかっていましたが今年競技に復帰し、里中選手同様オヤジ柔術家に影響を与えています。

2試合とも序盤ガードをとってからパスされるもパスし返して逆転勝ちという粘り強さをみせました。
前途のように両試合パスを許したようにガードにおける守りの面での甘さが見受けられます。攻撃的なガードが松本選手の持ち味ではありますが防御力の強化が次の段階へ進むための必須課題。
鬩ぎ合う劇的な試合もいいのですが相手を圧倒する姿も見てみたいというのが個人的な願望です



レグナムJAMレポート OVER30編

100_00611

白帯中級プルーマに出場の斉藤選手(秋田出身)は今回が初試合。中部の名門・ALIVEで培った基礎力と粘り強いガードには定評があります。

初戦開始早々引き込みスパーダーガードで相手を揺さぶりますが途中相手の胴衣の乱れから試合が中断。そこで集中力を欠いたのか再開後は仕掛けを潰され押さえ込まれ試合終了。
2戦目も初戦同様引き込みガードを選択。前回とは違ってオモプラッタやアームロックなどを織り交ぜ相手を翻弄し、極めには至らないものの相手に冷静な試合運びで見事初勝利を手にしました。
初戦こそ固さが見られたものの次の試合には修正してくるあたり実力の高さが窺えます。
今後経験を積むことにより完成度を増した正統派柔術を見せてくれるでしょう。
100_00131

白帯中級ぺサード出場の名尾選手。試合にも積極的に参戦し自身の柔術スタイルを確立しつつあるように思います。
初戦は対戦経験のある柔道ベースの選手。立ち技の攻防で劣勢になり不十分な体制で引き込み、パス・マウントを許す。返して上からパスを狙いますが押さえ込みの甘さから返されて腕を極められ試合終了。
2試合目は私が別マットでセコンドしていたため詳細はわかりませんが極めきれずポイント負けの模様。

柔道出身の選手にあたることが多いこともあり、立ち技で煽られて試合を不利に進めるというパターンが多いように思えます。スイープ・パスの技術はありますので引き込みのタイミング等立ちの攻防が強化できれば精神的にも優位に立つことができるはずです。

100_00121

Tシャツは育てるものでお馴染みの奥山さんは白帯中級ぺサードに出場。圧倒的なバルクに加えモンスターロックにも磨きがかかり先日の大会では無差別優勝するなど勢いがあります。

初戦の対戦相手は高槻柔術所属のズゴック選手。モンスター対水陸両用モビルスーツの重量級対決だけに会場での注目度も高かったように思います。
立ち上がり引き込んで相手の腕を狙いにいきますが相手のプレッシャーを受けて押さえ込まれます。しかしここからがモンスターロックの真骨頂で腕をつかむや否や相手を回転させそのまま破壊…。ポジショングとは何だったのかというスレが脳内に立ったのは言うまでもありません。

2試合目も同様に相手の腕をもぎ取るかと思われましたが対戦相手のの柔道技に掴まり、形を作れないまま試合終了。4−0の判定負けで試合を終えました。

モンスターロックの破壊力は脅威なのですが狙いにいく過程でガード等が雑になる傾向があります。その部分を強化できれば今以上に極める機会が増えると思います。
相手の心まで破壊するようなモンスタースタイルの確立に期待したいですね。



2011年11月22日

レグナムJAM21レポート 若手編

予告通りここからは出場選手の試合レポートです。
100_1


白帯初級プルーマに出場のP大の火の玉BOY(バディ)でお馴染み山下選手。
柔術の大会には初参戦でしたが試合前も非常にリラックスした様子で余裕すら感じさせ、リミット300g超過(一応計量通過)するなど大物振りを発揮していました。
1試合目開始早々低い姿勢からのタックルに入られるも持ち前の反応速度の速さで対処。その流れでバックを奪い裸締めで秒殺勝利。
2試合目今度は引き込んでガードからの展開。相手をガードに入れてからニンジャ風変形こて絞りで一本勝ち。

2試合とも仕掛けの早さと思い切りの良さが色濃く出た彼らしい試合内容でした。総合の試合でも大降りになってタックルに入られることが多いように荒さも目立ちますのでもう少し丁寧な試合運びを心がけて欲しいと思います。
何はともあれ柔術デビュー戦を連続1本勝利と最高の形で終えました。
100_00180

白帯中級プルーマに出場したのは柔道経験者の小野選手。久々の大会参戦でしたが最近ではガードポジションの強化に取り組むなど柔術に適応してきた印象があります。
1試合目上からパスを狙うも返されガードの展開へ。仕掛けが不十分なせいか攻め込まれバックからの片羽締めで一本負け。
2試合目前回に引き続き上からパスを狙う展開。パス直前まで行きますが押さえ込めずスイープや腕十時のプレシャーに苦しみ最終的には腕を伸ばされ万事休す。

前途のように技術の向上は著しいのですが技術間の連携が不十分なように感じられました。彼自身もその点を気にしていましたので今後の活躍に期待したいです。
no title

同じく白帯中級プルーマに出場の北浜選手。ガードからの腕十字・スイープのキレが増し大会でも好成績を収める19歳。
1試合目いつも通り開始早々引き込みクロスガード。ここからは一方的に攻め続け相手は防戦一方。スコア上は4−0でしたが点数以上に実力差を感じました。
2試合目対戦相手は若干15歳ながらU系の動きを見せる実力者。相手がだれであろうと関係ない北浜スタイルで下から極めを狙い続け結果的にポイント勝ち。
2試合とも攻め続け失点しなかったものの、上になってからの安定感の無さとパス能力の乏しさが気になります。
その点を克服できれば次の段階が見えてくると思いますので意識して練習等に取り組んで欲しいと思います。

レグナムJAM21大会結果

100

渡辺直由さんセミナーの翌日、武道の聖地京都の旧武徳殿にてレグナムジャムが開催されました。
パラエストラ大阪からは北浜選手・小野選手・中村選手・・山下選手・斉藤選手・名尾選手・奥山選手・松本選手・里中選手・吉永選手の10名が出場し熱戦を繰り広げました。
当日負傷欠場となった広倉さんをはじめ谷脇師範や裕子さんや広瀬君も応援に駆けつけ、サポート体制も万全の状態で大会に臨みました。

試合結果としては北浜選手2勝・小野選手2敗・中村選手2勝・山下選手2勝・名尾選手2敗・奥山選手1勝1敗・松本選手2勝・里中選手2敗・吉永選手1勝1敗。
惜しくも全員勝利とはなりませんでしたが、出場選手それぞれが持ち味を発揮し見応えのある試合をみせてくれました。
レグナムJAMは非公式のワンマッチ大会ではありますが経験を積むには絶好も場ですので次回以降も積極的に出場を促していこうと思います

試合内容等の詳細については後程記事にしてアップ予定ですので今しばらくお待ちください。


2011年11月21日

ナオさんセミナーは大盛況!そして次のイベントは・・・

ナオさんセミナー

土曜日に渡辺直由柔術セミナーを開催致しました。
生憎の天候の中たくさんの方々にお集まり頂き、おかげさまで大盛況でした。
先ごろ発売された彼のテクニックDVDの中からの技はもちろん、
DVDでは伝えきれないような細かいテクニックやちょっとしたコツに至るまでを
幅広く網羅した素晴らしいセミナーでした。
所謂、最新テクや流行りのものではないものの、体の使い方・重心の位置・動きなどを
ナオさん式に修正するだけで、通常技が格段に使いやすくなる・・・そんな風に感じました。
やはり強い人は考えているし、理論の裏付けがありますね、特に柔術は。
ナオさんはセミナー終了後も精力的に参加者たちとスパーリングをしてくれました。
うちの会員さんたちも頑張ってナオさんに挑んだものの見事に優しく極められていましたね。
「なんであの体勢から・・・?」といった表情になっている方もいて面白かったです。
皆さんにとって良い機会だったのではと思います。
お集まり頂いた皆さん、ナオさん、本当にありがとうございました。

パラエストラ大阪では今後もまた著名な柔術家や総合格闘家の方を招いて、
セミナーなどのイベントを開催していきたいと思っています。

ちなみに次回は来月12月10日の土曜日に、パラエストラ和泉代表 吉岡広明(黒帯)による
特別柔術レッスンがございます。
通常の時間通り、18時30分〜19時30分がレッスン、21時までがスパーリングとなります。
パラエストラ大阪所属の会員の方は吉岡さんのレッスンを受ける事は中々ないと思いますので、
是非この機会に出てみて下さい。
あの極めの強さの秘密を体感して欲しく思います。

タクミ




paraosaka at 01:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2011年11月14日

渡辺ナオさんセミナーはもうすぐ!(ヒデ三好は翌日)

wanatabe_02

さあ、もうすぐナオさんが大阪にやって来ます!(with HIDE三好)
みなさんはもうセミナー申し込みましたか!?
絶対来た方がいいと思いますよ。
僕も自信を持ってオススメします。

今回はそのナオさんこと渡辺直由さんがどんな人かって事を
わかってもらうために色々調べてきましたよ(主にネット)

これはUSTREAMの番組に出演した時の映像です↓
「柔術家渡辺直由さん、日本文化人協会 」
http://www.ustream.tv/recorded/17178354

ナオさんの歌手時代の話から柔術家になった経緯なども語られていて
非常に興味深い内容です。
彼の丁寧な話口調から優しい感じがよく伝わりますね。

naosan tereka

はい、更にナオさんを検索してたら出ました、ドン!
テレフォンカード!
テレカ!
時代を感じます。
でも凄いですよね。

そして格闘王国というサイトでのインタビュー記事。
http://www.kakutoh.com/pc/special/jiujitsu/no3/index4.html

他にも色々ありますが、あとは各自調べて下さい(笑)

そんな素敵なナオさんセミナーの詳細はこちら↓


【渡辺直由テクニックDVD発売記念セミナー】
◇開催場所 パラエストラ大阪
◇日程 11月19日(土) 15時半集合 セミナー16時〜18時 終了後1時間程のフリースパーリングを予定
◇定員:30名
◇料金 ¥3000
 DVD購入者¥1500 (セミナー前後にも販売いたします)
 既に購入済みの方はお手数ですが、DVDをお持ち下さい。
 (DVD 定価¥5880→特別価格¥4300 ※アマゾンよりも若干お安くなっております。)

※当日、11月19日発売予定のトップ・バックポジション編もセミナー前後に販売いたします。


他道場の方からも申し込み・お問い合わせがたくさん来ておりますが、
まだ若干名空きがあります。
お問い合わせ・お申し込み先はお早めにパラエストラ大阪まで。
06-4305-1741
dojo@paraestraosaka.com


・・・・ヒデ三好の「甘えん坊レスリングfor MMA」は翌日曜朝10時スタートです。
来れる人は来て下さい(笑)

タクミ




paraosaka at 01:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2011年11月07日

帯叩き&成冨パーティー&もしよかったら中年会!

成冨タクミ相川2011

相川帯叩き紫

成冨帯叩き茶

土曜日に相川さん&成冨君の帯叩きをしました。
相川さんはかれこれ8年以上青帯を巻いていたらしく、その巻いていた青帯が擦り切れて変色し、
いい具合に以前から紫に見えていました。
実力は前から紫級だったので満を持しての昇格です、おめでとうございます!
さて、もう一人の昇格者はうちの妖精こと成冨君です。
特徴はちっちゃい体に白い肌、ケーキが大好き、柔術以上にメタルが好き。
あ、あとかなりの早口で、ロシアン鈴木もびっくりしてましたよ。
彼は3年紫でしたね、頑張りました、おめでとう!
成冨君の帯叩きでの悲鳴はすごかったですね。
完全に虚弱児が帯でシバかれてるようでした。
本人は嬉しそうでしたが。

その後は居酒屋へ移動し、みんなで飲み会へ突入です。
とはいっても、パラエストラ大阪の面々はあまり飲む人がいないのが特徴。
代表タクミがお酒を飲まないからですかね?
奥山さんが「僕、アル中なんです」といってビールを飲むのは面白かったです。
あと朝からモスバーガー4つ食べて出勤とか、なかなかのツワモノエピソードですね。
中年会1

席に着くなり僕の周りの中年会員さんたちは毛髪トーク。
これまた切実ですね。
中年会2

なんだかんだで僕もアラフォーなんでこの女子会ならぬ中年会は楽しかったです。
みなさん、普段お仕事忙しい中で柔術を頑張っていて、本当素敵です。
家庭、仕事、趣味、どれが欠けても人生いまいち楽しめないでしょうしね。
1成冨パーティー

はい、蒲さん、里中さん、顔テカり過ぎ。右下に謎の紀夫。
2成冨パーティー

頑張って裕子さんが全員写そうとしましたが、奥の松本さん、手だけです、残念!

今回参加出来なかった方も次回は是非参加して欲しく思います!
次回は12月の忘年会かな?
おっさんも若者もみんなで楽しくやりましょう!


タクミ



paraosaka at 01:06|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!日常