2012年04月

2012年04月30日

グローブ空手に参戦!


初芝で柔術団体戦が行なわれている裏で、岸和田市総合体育館にてグローブ空手の大会があり、私タクミはそちらに出場する二名の選手に山下と共に帯同しておりました。

参加した選手は打撃クラスを中心に練習している美濃直弥と池田優也。
大学生と高校生という、柔術メンバーもうらやむフレッシュ感ですね。

ルール的には打撃のみ、3分1ラウンドで旗判定延長あり。

正直、僕から見てもまだまだ練習不足な2人はスタミナ不足でバテバテになってました。

ですが今出せる実力を振り絞って、精一杯戦い、直弥3位、優也が準優勝という成績を納めました。(4人トーナメント、3位決定戦有り)

課題だらけの2人ですが、なかなかのファイティングスピリッツを見せてくれました。
後はもっと練習に来い!(^_^;)
お疲れ様でした、また頑張ろう!




2012年04月29日

団体戦Bチーム編

100_0395

Bチームは初戦グレイシーバッハ姫路と対戦。
先鋒は前半の個人戦2試合を一本勝ちと勢いのあるプロシューター・角田選手。
序盤からポジショニングで優位に立つも極めきれずルール上引き分け。
100_0379

次峰戦に出場の石田選手は重量級の相手に上から腕を極めて一本勝ち。

中堅戦出場の名尾選手ガードからの十字で一本負け。
100_0388

副将卍丸選手もブランクからか精彩を欠く一本負け。
Aチーム同様勝敗を賭けた大将戦には先日の関西OPでも活躍を見せた広倉選手。
終盤まで守りに徹する相手に苦戦しましたが最終的には締めを極め大将の役割を果たしました。

同点のため延長戦となり代表として角田選手が出場。
例の如く前半圧倒するも終了間際に逆転のバックを許し判定負け。

Bチーム残念ながら団体戦は初戦敗退となりました。
戦力的は参加チームでも上位でしたがチームの役割分担がうまくできていなかったのが敗因と思われます。
戦略の重要性を再認識すると同時にルールの違いの影響というものを感じました。

両チームとも初戦敗退ですが経験を得て各々の課題が明確になったと思います。
これを機に練習に対する姿勢の向上やチームとしての団結力等が高まってくれることを期待しています。

応援に駆けつけた名越さん、谷脇さん、氾さん、廣瀬さんお疲れ様でした。
終盤には同日岸和田で行われたグローブ空手の大会に帯同していた中山代表、山下インストラクターも会場に足を運んでいただきました。

これからも出場選手・サポート陣営が一丸となって良い結果を残せるよう精進していきましょう!

第5回堺市ブラジリアン柔術大会・団体戦Aチーム編

本日初芝体育館で第5回堺市ブラジリアン柔術大会が開催され、個人戦に4名、団体戦に2チームがエントリーと久々に道場内から参加者の多い大会となりました。
個人戦にはキタハマ選手、中村選手、名尾選手、角田選手。
団体戦はパラエストラ大阪 Aチーム)餅正大(白) ⊃健太(青) 3雄三(白) け山剛(青) ッ翅宍男(白)、パラエストラ大阪 Bチームヽ囘沈稔(青) ∪佚長Щ屐頁髻 L照富海仁(白) ぞ谷壮一郎(青) ス谷元章(青)という構成で大会に臨みました。

団体戦Aチームは岡柔術・寝屋川チームとの対戦。
100_0369

先鋒・キタハマは対格差のある相手にじわじわと潰されアームロックで一本負け。
100_0371

次鋒・菅選手も上から果敢に攻めるも一瞬の隙をつかれ腕十時で一本負け。
100_0372

負けると敗退が決定してまうプレッシャーのなか中堅戦にしたのはもしよかったら柔術の系譜・蒲選手。
引き込んだ相手に対しもしよかったらベース→もしよかったらパス→もしよかったらアームロックで一本勝ち。
ソッカ氏が憑依したようなMYJスタイルで次へと繋ぎました。
注目の副将戦にはモンスターロックでお馴染み奥山選手。
今回もポジショニング無視の破壊劇を見せるかと思われましたが相手のガードが固く判定勝ちで決着は大将戦に持ち越し。
大将を務めるのは怪我からの復帰戦となった中村選手。
つかみどころの無さと試合で見せるその狂気に根拠のない期待と抱きます。
100_0375

立ち上がりタックルで倒すやいなや素早くバックに回り襟締めの体制。
ここで極まったか思われましたがなぜか戻され逆に横三角に捕らえられ1本負け。
ある意味彼らしい試合だったとも言えるような言えないような…

結果3対2でAチームは初戦敗退で団体戦を終えました。
皆怪我無く試合を楽しめたようなので良しとしましょう。




2012年04月16日

アマ修斗西日本新人戦&ワンマッチ大会


昨日4月15日、直心会生野支部にてアマ修斗の大会がありました。
パラエストラ大阪からは、人気者のす〜ヤンこと陶山卓洋がワンマッチに、アマ修デビュー戦を迎える「大っきい方の増田さん」こと増田卓(タカシ)がトーナメントに出場となりました。
タカシの初戦、作戦では組んでいくはずだったものの、組みきれずほとんどが打撃戦に。しかしセコンドの予想以上に焦らず試合を展開。
序盤ややローをもらう場面が多かったが、終盤にパンチを効かせて相手が下を向いたところを上手くコントロールしグラウンドトップへ。
ポジションを奪うまでには至らなかったものの、優勢勝ちを収めました。
二回戦は相手に先に組みつかれるも、セコンドの指示通りうまく何発かボディに膝を入れる。グラウンドで下になるもリカバリーしてまたスタンドに戻すなどかなり健闘。
終盤、背負い投げを喰らい下に。
下のままで時間切れ、判定で優勢負け。
しかし、普段の練習で増田プロのプレッシャーを受け続けているお陰か、いざ実戦では慌てる様子も無く、デビュー戦にも関わらず意外な程の落ち着いた試合ぶりを見せてくれたタカシ。
今後に期待したい。

そしてパラエストラ大阪のみんなが待ちに待った、「す〜ヤンの試合を観に来た」という者もいた、陶山氏の試合。
独特のリズムからいきなりジャブからの右を浅くヒットさせるなど、滑り出しは順調。
動きの中からうまくダブルレッグ!
見事にテイクダウンを決めたかに思われたが、陶山の頭は相手の脇の下に。
ギロチンで締め上げられるもそのまま耐え続ける陶山。
なんとか外すも1R終了のゴング。
2R、いきなり胴タックルで倒すものの、下を向きながらだった為ハーフネルソン気味にコントロールされバックへ。そのまま上手く腕を首に巻きつけられタップアウト。
残念ながら一本負けを喫してしまいました。
相手選手はどうやら首系のコントロールからの展開が得意技だったようで、陶山も頑張りましたが、相手が一枚上手だった模様。
リング中央で茫然自失の陶山。
リングを降りてからも悔し涙を流していました。
しかしその悔しさがあれば、また一緒に練習して、一生懸命努力し続ければ、今度は勝って笑顔になれるはず。
強くなるには結局練習するしかないのです。
す〜ヤンもタカシも今回は良い経験が積めたと思います。
タカシは8人トーナメントで一回勝った為、三位入賞でした。
おめでとう!
す〜ヤン、また一緒に練習頑張ろう!
応援に来て下さった皆さん、お疲れ様でした、ありがとうございました!


タクミ


2012年04月11日

火曜・田村柔術クラスは大盛況!

12

少しずつですが暖かくなってきて、練習しやすい環境になってきましたね。
最近は南代表率いるパラエストラ東大阪の皆さんがよく出稽古に来て下さいます。
今日は総合格闘家のロシアン鈴木君も来てくれて、大阪・東大阪のみんなも合わせて
30人以上で練習が出来ました。
パラエストラ大阪のマットスペースは約100平米あるのですが、そのマットスペースが
手狭に感じる程の組数(7、8組)がスパーリングをしていましたね。
いつも通り成冨君が大きな声で注意してくれましたが、スパーの組数が多い時は
休んでいる人は率先して間に入って欲しく思います。
もちろんスパーしている人達も、お互いに相手にだけ意識を集中し過ぎず、少し周りの
空間を把握できる程度の余裕を持って欲しいです。
ぶつかってケガするのは避けたいですもんね。

柔術は技がもの凄くたくさんあって、コンビネーションまで合わせるととてつもない数になります。
強くなる方法論の一つに「色んな人と練習する」というのがありますが、
これは色んな人と練習することによって、色んな技のパターンを体感できますし、それによって
その技に対するディフェンスやカウンターを意識するようになるからだと思います。
うちは比較的たくさんの出稽古の方が来て下さいますので、その辺はかなり恵まれていますね。
逆にたまには出稽古に赴き、いつもと違った環境で練習してみるのも良いと思います。
きっと環境が違うだけでかなり疲れるはずです。
その経験はあなたを必ず強くしてくれるでしょう。
もちろん言うまでもないですが、出稽古先での礼儀は必須です。
自分の道場以上に礼儀作法には意識を高めて励行して欲しく思います。

さあ、新年度もそれぞれの目標に向かって頑張りましょう!!


タクミ





paraosaka at 01:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2012年04月01日

関西OP試合結果

本日関西OPが開催されパラエストラ大阪からは広倉選手、広瀬選手、キタハマ選手の三名が出場しました。
100_0357

結果は広倉選手ワンマッチ決勝で上下が激しく入れ替わる展開の中、残り数秒で逆転のパスを決めて7-5で勝利。
100_0360

広瀬選手初戦2-0、決勝ポイントで圧倒した後腕十字で一本勝ち。
100_0353

キタハマ選手ワンマッチ決勝で終盤三角に入るなど惜しい場面もありましたが、結果AD0-2で敗退。

広倉選手はバランス感覚と勝負強さ、広瀬選手は詰め将棋的な試合運びなど各々の持ち味が濃縮された試合内容で見応えがありました。
階級をペナに上げての出場となったキタハマ選手は体格やフィジカルの差に泣いた形となりましたが、窮地でも諦めることなく攻める姿勢を見せていました。

本日試合に出場された選手・関係者ならびに応援の谷脇さん・蒲さんお疲れ様でした。
柔術組は今月末のグラップルマニアの団体戦に向けて練習に励みたいですね

パラエストラ大阪のホームページアドレスが変わりました。

新しいアドレスは
http://www.paraestraosaka.net/
です。

パラエストラ大阪ドットコムからドットネットに変わったと覚えて下さい。

リンクをして頂いている道場・ジムの皆様、
お手数ですが変更の程よろしくお願いします。

パラエストラ大阪
代表 中山巧

paraosaka at 07:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常