2012年10月

2012年10月21日

DUMAU CHALLENGE MASTER & SENIOR 2012 結果

画像1

シニア1紫帯プルーマ級
谷脇康人
一回戦 裸絞め一本
決勝 3-0 優勢勝ち
優勝


マスター紫帯アブソルート級
川俣丈次
一回戦 不戦勝
準決勝 3-0 優勢勝ち
決勝 アドバンテージ1-1  レフリー判定負け
準優勝

10月20日DUMAU賞金マッチ結果

画像1

茶帯メジオ級
田村幸成対アンデウソン高橋
0-4 優勢負け
足利紫津子
女子白青混合で階級別、無差別共に優勝
オール一本勝ち(アームロック1、十字絞め3)


2012年10月10日

廣瀬柔術クラス

画像1

パラエストラ大阪の毎週水曜日21時45分からは廣瀬玄典の柔術基本クラスがあります。
廣瀬の人柄からかこれがまた最近盛況です。
遅い時間からのクラスにも関わらずたくさんの人が参加しております。
彼の技術に対する見識の深さは私も舌を巻く程です。
単なる柔術オタクであるという噂もありますが・・・
基本クラスですから初心者の方が多いのはもちろんですが、先日プロ柔術で快勝した川俣(紫帯)も彼のクラスに出る事もあります。
廣瀬の的確なアドバイスは“廣瀬監督”とアダ名をつけられるほど。

基本技術を見直したい方は是非水曜日基本クラスに出てみてはいかがでしょうか?

ちなみに金曜日深夜はソッカさんの通称“もしよかったら柔術クラス”です。
こちらももしよかったら(笑)

タクミ




paraosaka at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2012年10月07日

山下、ワンマッチ二試合を一本&KOで激勝!

画像1

10月7日(日)、岡山県倉敷市の倉敷スポーツ公園のマスカットスタジアム武道場にて、「闘裸男WEST.2」(アマ修斗中四国新人戦トーナメント及びクラスCワンマッチ)が行われました。

パラエストラ大阪からは、9月の全日本選手権で屈辱の一回戦一本負けを喫した山下泰生が出場。
当初ワンマッチ一試合のみの出場予定でしたが、数日前に主催者の要請により二試合出場する事になりました。

まずは第三試合目に出場。
いきなり左ジャブ、その後右フックをヒットさせて、相手はかなりこちらの打撃を警戒。打撃のフェイントを見せつつ、すぐにタックルに入ってくるように。
打撃を当てたい山下、相手のジャブ・タックルを切って、相手の立ち際にハイキック!相手はディフェンスしたものの、これはレフリーの「スタンド」コール前の加撃と見なされ、口頭で注意を受ける。
再開後、お互いジャブなどで様子を見る。
山下のストレートが浅くヒット。
更に相手のタックルに合わせて飛び膝!
タイミングは良かったものの、僅かにずれて下に。
しかし下から上手くコントロールし三角の体勢へ。
ひっくり返して三角マウントから腕を捻ってアームロック!
見事な一本勝ちとなりました!
打撃の印象の強い山下ですが、普段からしっかりと取り組んでいる組技練習の成果が出たようです。

次戦は少し間が空いて第22試合。
今度の相手は山下が過去に対戦し、しかも負けているゼロ戦クラブ所属の高月選手。
全日本にも出場している強豪選手です。
しかし上を目指す山下にとっては負けられない相手・・・果たしてどうなるのか?

山下より身長もリーチもかなりある相手選手だが、山下は冷静にジャブとステップで距離を測る。
時折、大振りの右フックを出すがこれは見切られてしまう。
今度は遠い間合いから相手の左フック!
しかし山下冷静にブロック。
小刻みにしゃがむようなフェイントを入れる山下。
お互いに打撃を出すが当たらない。
2分過ぎ、山下、左ボディストレートから再び右フック、かわされ今度は相手の右ハイキック、山下もこれをディフェンス。
その後、両手をダラリとし、歩いて近づくフェイントを見せてからの右フック・左アッパー・右フックの連打を立て続けにヒット!相手の体勢が崩れたところで、レフリーがストップ!
今度は見事なKO劇を見せてくれました!

爆発力のある打撃に素早いタックルディフェンスなどの対応力。
そして今回見せた鋭い極め・・・
全日本での敗北後も地道に着々と力を付け続けて、今大会で爆発したような形に見えました。
かつて負けた相手に完璧な形で勝利し、メンタル・スキルともに確実に成長している姿を見せてくれた山下。
次戦は11月にピーズラボ大阪で開催されるJMLに出場予定です。
また皆様、是非応援の程よろしくお願いします!
今回応援に来てくれたW増田に紀夫もありがとう!

タクミ



paraosaka at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2012年10月05日

石田孝志の帯叩き!


画像1
前回のDUMAU関西で階級別を優勝、無差別で三位の好成績を残し青帯に昇格したものの、試合での怪我により治療に専念していた石田孝志が久しぶりにやってきました。
まだやっていなかった帯叩きを今回実施。
うちでは帯叩きは上半身は裸で行うのですが、練習には来ていなかったものの、明らかに鍛錬を怠ってはいない、むしろ更に鍛え上げられたのではないかという石田のバルクアップぶりに一同驚愕!
つい私も嫉妬心からいつもより強めに叩きました(^_^;)

石田、改めておめでとう!
またこれからも頑張ろう!

タクミ


paraosaka at 02:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常