2013年04月

2013年04月06日

金曜日MMAクラス!浪速のクリリン、ギ破れる!

画像1

画像1
お疲れ様です、タクミです。
金曜日MMAレッスンクラスは由良さん、清水、北口、向野、森、ケンゴ(東大阪)、クリリン(大道塾)、・・・あと誰だっけ?たくさんの参加でした!(^_^;)
最近やっとノーギやMMAのクラスも徐々に人が増えてきたように思います。
単に暖かくなってきたからですかね?
とにかく人が集まると賑やかでこっちもレッスンしがいがあります!
基本のシャドーから始めて、シャドーの合間にランダムな号令で柔術立ち、打撃から両足・片足タックルの打ち込み、MMA式腰投げの打ち込み、ジャブから足取りタックルの打ち込み、ワンツーから四つの打ち込み、四つからのテイクダウン→サイドまで、シチュエーションスパーリングは相四つで片方がサイドに廻って外掛けのテイクダウン直前の形からのスパーリングをしました。
この形からの受けは圧倒的不利ですので、いかに相手のクラッチを切るかがポイントですね。
切るためには、腰を落とし、空間を作り、左手で相手の腰を遠ざけ、右手を差し上げる、これらの動作が必要になります。
しかし実戦の中ではなかなか直ぐにできませんよね。
そのためにこのシチュエーションでのスパーリングを何本もしました。
最初は慣れてないし、焦るしで、みんなすぐテイクダウンされてましたが、本数をこなすごとに上手くクラッチを切れるようになってきたり、テイクダウンする側もバランスの崩しが上手くなっていました。
まさに私の思うツボ!( ̄▽ ̄)
みんなドンドン強くなっちゃって下さい!
画像1

画像1

谷脇さんの柔術基本クラスも盛況で、新規入会者の小倉さん、出稽古の竹嶋さんも今日もレッスンを楽しそうに受けてくれていました!
最近基本クラスもそうですが、道場全体の雰囲気が良いような気がします。
単なる気のせいかな?春のせい?(^_^;)
とにかく道場主としてはこの上無く嬉しい事です。
プロのメンバーも試合が続く事ですし、このままみんなで盛り上がって行きたいですね!!

※写真はW増田とスーヤンたち。
首相撲の強化練習中・・・
横ではジャカレイに励む道衣組。
異種競技が一つの空間に共存するのが
パラエストラの魅力です!わかる人にはわかる!


タクミ



paraosaka at 05:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!日常 

2013年04月05日

木曜日柔術クラス、パラエストライズムで楽しく練習!

画像1








お疲れ様です、タクミです。
木曜日の柔術レッスンは最初は6名でしたが終盤には12名以上になって大盛況でした!
レッスン内容はスパイダーガードの基本から応用までや、スパイラルと組み合わせたもの、スパイダーの解除からパス・バックに繋げるまでなどをやりました。
シチュエーションスパーもスパイダーガードを作った状態からでやり、上の人は焦らずにキッチリと対処できるようになる為の練習をしました。
フリースパークラスから来られる方が今日はそこまで多くなかったですが、月末に試合を控える山下が来た為に、私は柔術を5本ほどやってから、山下のドリル練習に付き合いました。
彼は減量もある為、全体練習終了後もノリオとミット打ち練習などを続けていました。
人生に一度しかないプロデビュー前、さすがに集中力を感じましたね。
良い事です、このまま継続していって欲しく思います。
パートナーのノリオもちょっとアホ過ぎて、山下にたまにガチで怒られているものの、練習に付き合ってあげているのですから素敵な奴ですよね。

そういえば今朝に、昨晩柔術基本クラスに参加された竹嶋さんからメッセージを頂きまきた。
「巧さん、ありがとうございます(*^^*)
本当にいつも楽しく練習させて頂いております。皆さんとても親切ですし、テクニックも基本とは思えないくらい奥が深くて面白いです。仕事の疲れも吹き飛びます!(^^)!
今後とも宜しくお願い致します(*^▽^*)」
こんな内容でした。顔文字が可愛いです。
まったく、基本クラス担当の廣瀬と谷脇さんにはATAMAが上がりませんね。
竹嶋さんの感想やノリオの行動がパラエストラ大阪の良さを表してくれているような気がします。
格闘技は人にダメージを与える技術・・・しかしお互いがお互いを思い合う事で、格闘技を通して素敵な時間を共有できるのですね。
まさにパラエストラ創始者・中井祐樹、若林太郎が提唱する「Martial Arts Communication」です。
そんな空間をより良く、より広げていけるように、私も頑張りたいと思います。


タクミ


paraosaka at 01:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2013年04月04日

週末は...

 プロ修斗があります!こんばんわ廣瀬です。

image_1364650612456945

 一説にはキックで山尾さんが出るのでは?と言われているようですが、出ません(笑)ポスターの方はそっくりさんです。

 パラエストラ大阪からは中澤伸吾選手が出場します!頑張ってください!

 応援コメントお待ちしております!



廣瀬
 

paraosaka at 20:06|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!日常 

水曜日グラップリングクラス、廣瀬柔術クラスも盛況!


画像1














お疲れ様です、タクミです。
水曜日グラップリングクラスは東京のトライフォース青山より吉場さんが出稽古で参加して下さいました。
ペアになったのはパラエストラ大阪の新人、篠原さん。
篠原さんもグラップリングクラスは初めてだったようです。
昨日のブログでも書いた、基本の受身などのマット運動から両足タックル、片足タックル、それぞれのディフェンス法などをレッスンしました。
シチュエーションスパーでも片足タックルの形からスタート。
この形は頭が下がってしまうと、ドンドン疲れてきてしまいますよね。
頭が下がっても素早く足を動かして相手を倒してしまうか、頭が下がらないように胸を張るなど工夫して入らないと、上手い相手にはガブられるなどしてジリ貧に追い込まれてしまうでしょう。
片足タックルのオフェンス・ディフェンスはやればやるほど上手くなると思いますので各自でも沢山やって欲しいです。
画像1








21時45分からの廣瀬柔術基本クラスも盛況でした。
最近は谷脇さんや廣瀬の基本クラスが非常に人気が高いですね。
遅い時間からのクラスにも関わらずコンスタントに8名以上の参加があります。
このクラス目当ての出稽古の方もいらっしゃいますし、
スパーリングクラスから連続参加の練習生もいますね。
廣瀬も言っていますが、柔術スパーに行き詰まったらこのクラスに参加するのも良いでしょうね。
スパーだけでは見落としがちな根っこのようなモノを気づかせてくれるかも知れませんよ。
それではまた(^-^)/

※トップ写真は週二回柔術基本クラスに出稽古で参加の竹嶋さん。
私や中澤伸悟も参加しているチーム吉鷹の練習メンバーであり、ご自身で整骨院を運営される治療家でもあります。
吉鷹さんやチームメンバーの身体のケアもされている、皆さんからの信頼も厚い方です。
顔つきや雰囲気からも「いい人」って感じですよね!
皆さん仲良くして下さいね!


タクミ

paraosaka at 03:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2013年04月03日

久々、田村柔術クラス!「守り」の重要性!

画像1


画像1

お疲れ様です、タクミです。
火曜日は久しぶりに田村柔術クラスでした。
この春から中学生になった壮太がお母さんである足利さんと共にクラスに出ていました。
壮太のぷにぷにした体つきと性格を田村は大好きなようですね。

今日のクラスは主にエスケープを中心にやっていたようです。
柔術において「極められない」又は「決定的なポジションを与えない」という事は、柔術の思想と共に競技においてもとても重要な事です。
少し前にカリフォルニア州で行われた柔術大会「メタモリス」でのヒーロン・グレイシーが競技柔術の猛者相手に魅せて話題を呼んだ、極められなければ最終的に負けない、サヴァイブ出来るという柔術の発想もあります。
競技柔術においては5分や10分など時間制限があるので、この発想は生かされにくい面もあるものの、私は一理ある事は確かだと思っています。
競技でやるにせよ趣味でやるにせよ、極められないという事は身を護る=怪我を減らす事に繋がるのではないかと。
私は柔術クラスでは出来るだけ最初に受身の練習をしてもらっています。もちろん投げやテイクダウンへの対処というのもそうですが、護身という意味も大きいです。
この日本においてはなかなか暴漢に襲われる事も人生に一回あるか無いかだと思うので、自分から仕掛ける強い攻撃はある意味そこまで出来なくてもいいかなと思います。
しかし何者かに襲われなくとも、人は日常生活において歩いたり走ったり色んな動きをしていると、つまづいたり、バランスを失ってこけたりする事は誰でもあると思うんですよね。
そこでしっかり受身が出来る人と出来ない人とでは怪我のダメージに差が出ると思います。
人間は二足歩行の生き物ですからね。
動物と違って転倒しやすいのです。
受身も大事ですし、そもそも受身自体が成功して頭部を守る事が出来ても、腕や脚や身体の一部を強打する可能性は高いですよね?
その時に骨が弱い(骨密度が低い)と簡単に骨折するでしょう。(近年の小学生に多いと言われています)
となると、やはり普段から筋力トレーニングなども最低限した方が良いですし、私はこれ自体がある意味「護身術」でもあるのではないかと思うのです。
骨密度を高めるには筋力トレーニングが良いとされ、お年寄りの骨粗鬆症予防の為にも推奨されていますね。
街で歩いていてブラジリアン柔術の黒帯レベルの人間やプロ格闘家に遭遇し、自分が襲われる可能性はゼロではないですがかなり低いでしょう。
ですが、私もあなたもこけた事はあるはずです。
私は昔からかなり鈍臭かったので、小さい頃から自分の家の玄関で何度もつまづき、生傷の絶え間が無かったです・・・。
大分と長く書いてしまいましたが、だからこそ私は皆さんにしっかりと受身をマスターして欲しいんです!
わかりましたか菅さん!?(^_^;)


タクミ



paraosaka at 04:01|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!日常 

2013年04月02日

獅庵打撃クラス盛況!本人はやや疲れ気味!

お疲れ様です、タクミです。
月曜日は獅庵打撃クラスでした。
いつものメンバー、角ちゃん、すーやん、ノリオ、亮太、清水、タカシ、由良さん、王さん、月曜だけ来る岡村祐次、東大阪から出稽古で奥山さんも来て下さって結構盛り上がりましたね!
火木土の柔術メインの日に比べると月水金はどうしても人が少なくなって、雰囲気もややトーンダウンしがちなのですが、10人以上いてみんなが集中して練習していると、やはり活気が出て良いですd(^_^o)
私は先週に引き続き試合前の獅庵とのMMAスパーを中心にしようかと思いましたが、今日は疲労困憊の様子だったのでタカシとほぼマンツーマンで打撃のマススパーをしていました。
タカシも真面目に練習しているので、以前に比べて少しずつ私に打撃をヒットさせれるようになってきました。
しかし如何せん階級が違うし、これ以上
彼の打撃をもらうと深刻なダメージに繋がりかねませんので、私もしっかり気に引き締めていかねばなりませんね(^_^;)
みんながこうやって少しずつ上達していくのを感じられるのは私としても非常に嬉しいです!
これからも頑張って行きましょう!

あ、今日は写真撮り忘れちゃいました。
ちなみにノリオのラッシュは今日も赤でした


タクミ




paraosaka at 02:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 

2013年04月01日

「PANCRASE 246」Hightlight



私の先日の試合が最後の方にダイジェスト的にあります。


タクミ

paraosaka at 13:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!タクミ 

関西選手権

画像1








こんばんは、タクミです。
日曜は武道館ひびきにて柔術の関西選手権が開催されました。
JBJJF主催の恒例の大会ですが、今回も参加者が少ない!
試合も全部で20試合程度でした。
参加団体も少なく、コパ・グレイシーバッハ・パラエストラといった感じでしたね。
我がパラエストラ大阪からは、水曜日の基本クラス及び土曜日柔術クラス担当の廣瀬と、練習にほぼ毎日参加している18歳の亮太が出場しました。
廣瀬は24歳ながらベテランばりの風格を醸し出しての試合でしたが、亮太は今日が初試合!緊張しないはずが無い!
と、思いきや意外にそうでもなく、初試合でもガンガン動いてパスガードを決めるなどして、しっかりとポイント優勢勝ちを収めておりました。
これも日頃の練習の賜物でしょうね。
今大会での対戦相手はほとんどがグレイシーバッハ。それかパラエストラ和泉でした。
亮太は階級別がワンマッチ決勝で勝利し優勝。オープンウェイトが三つ巴戦ながら二敗と厳しい結果に。
廣瀬は階級別が一回戦、ポイント優勢勝ち、二回戦敗退で三位入賞でした。
オープンウェイト、一回戦22-2の大差ポイントで優勢勝ちも、二回戦でポイント0-7で優勢負け。
二人とも優勝、三位とそれぞれ入賞する事が出来ました。
画像1









団体としては一位グレイシーバッハ、二位パラエストラ東大阪 、三位パラエストラ大阪となりました。
ですが「やったーッ!団体三位ーッ!!」とは残念ながらなりませんでした(^_^;)
やはり「関西選手権」と銘打った大会ですので、文字通り多数の関西圏の団体・選手に出場して欲しかったですね。
ちなみに次回のJBJJF公認大会「Ground Impact West」では全帯連盟カード無しで参加出来るそうです。
私は同日開催のDEEPにセコンドで行かなければならない為、応援に帯同できませんが
、参加できる方は是非参加して下さい。

また本日は応援に谷脇さん、岡本さんがお越し下さいました!
それぞれお忙しい中駆けつけて頂いてありがとうございました!

タクミ