2007年06月18日

デラヒーバセミナー

4c35200e.jpg大会終了後に主催者であるヒカルド・デラヒーバ氏のセミナーが開催されました。

デラヒーバ氏は故カーウソン・グレイシーから黒帯を授かり、選手としては1980年代に活躍。
ホイラー・グレイシーとの3度にわたる戦いは有名で、その多彩なガードテクニックは多くの柔術家に影響を与えたとされる。

指導者としてもプライド、UFCで活躍するノゲイラ、ブスタマンチを育てたことで知られ、世界中に支部道場を持つ。


2002年の世界大会(ムンジアル)に37歳にして突如復活して、優勝したフレジソン・パイシャオンに判定で敗れるも3位入賞し、“生ける伝説”として喝采をあびる。

その後、中井祐樹氏との対戦のため初来日した際には、朝日新聞に写真入りで取り上げられるなど、ブラジリアン柔術を代表する人物と言える。


そのデラヒーバセミナーに我らが“タイゾー”選手も参加。

イラスト入りのメモを必死に取っており、研究熱心さが伺えました。

道場で“生ける伝説”直伝のテクニックが披露される日も遠くないでしょう。

Okb



paraosaka at 16:34│Comments(0)TrackBack(0)clip!タイゾー 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔