2016年02月13日

MMAファイターも柔術家も研究を

image

image

金曜日MMAクラス、テクニック練習は初心者の方が3名だった為、打撃の基本から。
後半はパンチ、キックの形を覚えてもらう為に移動稽古を多めにしてもらいました。
最後はMMA式のスリップしにくい蹴り方を説明。
蹴り技は一瞬とはいえ、片足で立っている状態になる為、床が滑りやすかったり、組技を合わされると倒れて下になる可能性も。
私自身蹴る際は、如何にこけないように蹴るか、という所に注意をしています。
昨今のMMAの試合において、安易に下のポジションになると、極めない限り判定では勝ちにくくなっています。
打撃を放つ際に重心が上がらず、タックルなど組技を合わされても、すぐに対処出来る撃ち方、身体の使い方を研究せねばなりませんね。

フィジカルも技術も戦略も全てが大事。
研究したもん勝ちです。


タクミ

paraosaka at 06:10│Comments(0)TrackBack(0)clip!日常 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔