2016年02月29日

関西オープンで鳥居さんが二回級制覇!!

image

image

image

image

日曜日、神戸スポーツセンターにて柔術関西オープンが開催されました。
パラエストラ大阪からは鳥居さん、外岡さん、殿村の三名が出場しました。

殿村はアダルト青帯フェザー級で出場。
初戦、得意のスパイダーやラッソーを駆使するも相手のベースも強く、0-0惜しくもレフェリー判定で敗れてしまいました。
本人も「今までよりも緊張せずにリラックスして臨めた」と言っていたので、試合に出まくるという作戦は効果が出つつあります。
結果は残念でしたが、またこれからも挑み続けて欲しいです。

外岡さんはアダルト白帯ミディアムヘビー級ワンマッチでは0-7でポイント負け。
無差別級では一回戦得意のアームロックで一本勝ち。
二回戦0-7でポイント負け。
無差別級三位入賞。

外岡さん、トップを取れた時は強いので、ガードの強化が優先課題でしょうね。
今回も良い経験が積めたと思います。
これからも期待ですね。

そして柔道の猛者中の猛者でありながら柔術デビュー戦を迎えた鳥居さん。
練習ではハイヤーベルトであろうがお構いなしに極めるわ押さえ込むわで、恐ろしい強さを見せてくれましたが、本番の試合では果たして!?

アダルト紫帯ミドル級でのワンマッチ、
パスガード2回、マウント2回などで大量得点、最後は腕十字で圧勝でした。
当然のように階級別優勝。

無差別級一回戦、
パスガード、マウントなどで21点取ってマウントからの腕固めで一本勝ち。

二回戦0-0アドバンテージ1-0で勝ち。
ディープハーフに特化した選手に手こずりましたね。
あのスイープされないバランスは流石です。

準決勝は襟絞めで一本勝ち。

いよいよ決勝、相手は柔道も出来るスーパー高校生。
鳥居さんは42歳、これは意地でも負けられない!

序盤、鳥居式またぎながらの腕十字が炸裂!
相手はタップ!
しかしレフェリーはパローのコール。
どうやら仕掛けている最中に場外とみなされた模様。
再開して、必ずトップを取る鳥居さんが上から攻める構図。
相手もガードが上手くなかなか攻め込めれない。
最後下になるも鳥居さんも足を利かせてタイムアップ。
結果はポイント2-0 アドバンテージ3-1で勝利して優勝です!
階級別無差別の二階級制覇!!

いやー、強い!
私などが言うのも憚られるほどです。
正直、直前までインフルエンザだったので、キャンセルでも仕方なかったのですが、鳥居智男は伊達じゃありませんでした。
茶帯からでも良いくらいでした・・・
今度から茶帯巻いてもらいますね。
まぁ柔術の試合に慣れてもらうという意味で、良い経験を積んでもらえたと思っておきます。
しかし初めての柔術の試合、病み上がりの状態でも結果を出せるあのメンタル、技術もさることながらそこが一番すごいと感じました。

帯叩き・・・鳥居さんを誰が帯で思いっきり叩けますか?
さてさてどうなることやら。


タクミ

paraosaka at 13:19│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔