2017年05月20日

しんどさには意味がある

image

金曜日MMAクラス。
写真はうちのワル三羽ガラスです。
いえ、実際はみんないい子ですよ。
見た目はアレですが。
今日はいい子も悪い子もみんなウォールレスリング、壁際でのテイクダウンに励みました。
単なる力だけではなかなか倒せないので、やはりキッチリとした技術が必要になります。
MMAにおいて倒せる場面で楽に倒すのと、テイクダウンを切られてスタミナをロスしてしまうのでは雲泥の差があります。
学んだからといってすぐ使えるようになるものではありませんが、日々の反復練習で練り上げていってほしいです。
格闘技を始めたての頃はとかく派手な打撃に目が行きがちですが、競技としてMMAを練習していくうちにレスリングの重要性に気づきます。
気づかざるを得ないというか、必須なんですよね。
倒す、倒されない、倒されても立つ、倒してキープする、どれも重要ですね。
今日も説明しましたが、レスリングはしんどいです。
慣れてないとすごく疲れます。
ある意味筋トレみたいなもんです。
でもそのしんどさに耐える事はこの競技をやっていく上で不可欠なものです。
上達し、よりMMAが楽しくなる為の頑張りどころです。
共に頑張ろう。


タクミ

paraosaka at 02:18│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔