2019年06月18日

多彩で奥深いラペルテクニック

P_20190617_200922
月曜日柔術クラス。
テクニッククラスは、基本ムーヴ、ニースライスに対するハーフガードの基本、ケンカ四つから襟を持って引き込みハーフ、ハーフガードからラペルシングルレッグ、シングルレッグからテイクダウン、ハーフガードからダブルレッグテイクダウン、などを練習しました。
ラペルを使ったテクニックは相手に効かせるまでの手順も多く、大変で覚えにくいかも知れませんが、その拘束力は大きく、技によっては相手をがんじがらめにする事が出来ます。
私自身はラペルテクニックはそこまで多くの知識を持っておりませんが、要所要所でギを使ったテクニックで相手を制してから極めに繋いでいます。
ノーギ・グラップリング、MMAにはないこれぞギ独特の魅力と言えるでしょうね。
今回のレッスンではあまりご紹介出来ませんでしたが、また次の機会をお楽しみに!

タクミ


paraosaka at 03:31│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔