2019年11月29日

足関接の奥深さ

P_20191128_195028
木曜日柔術クラス。
テクニッククラスは、基本ムーヴ、スタンドで小手巻きからコムロック、小手巻きを切ってきた時にシングルレッグ、同じく肩車、タックルに合わせてコムロック&ラバーガード、ラバーガードからの腕十字、ラバーガードからのフットチョーク、フットチョークをディフェンスする相手への腕固め&抱え十字、などを練習しました。
コブラ会からは表原さんが出稽古に来てくれました。
ケージでのMMA練習には名田君と、岸本君が。
大道塾からは吉岡さん親子がお越しになりました。
私は東大阪から出稽古に来たスミダカズキ君とグラップリングを3本と、あとは柔術スパーを数本しました。
最近またDVDで足関節の勉強をしていますが、グラップリングルール(外掛けOK、ヒールあり)か、IBJJFルール(外掛け、ヒール無し)か、もしくはギありか無しか、で全然違うなと。
ルールで戦い方、戦略が変わるので、技のバリエーションも増やさないといけないですし、なかなか大変です。
いや、しかしその大変さもさることながら、面白いのも事実。
とても複雑で大変なのですが、面白いのでヤリガイもありますね。
もっとバンバン極めれたらもっと楽しいんだろうなぁ・・・
ゲーリートノンみたいに上手くなりたいもんです。

タクミ


paraosaka at 03:46│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔