P大スーパースター列伝

2016年07月24日

いきずまったとき。

とのちゃん「アジアン」
http://ameblo.jp/tonoringo/entry-12183814124.html

間違い!30日は土曜日ですね!
31は普通に選手練あります!

さあ柔術やりますか!

練習は限られてる。仕事があるから。
それはみんな同じ。
出来ないときでも何かしら出切ることってあるんじゃないかな。

一人打ち込み。妄想。繋がることなんて山ほどある。

トレーナーとしても、柔術しかり一秒一秒大切に生きたい。

課題をもって考えて時に壁にぶつかったら少し椅子に腰かけて休んで歩きたくなればまた歩けばいい。

何かの本で読んだ。

俺はそうしてる

ダメなことばかりで折れそうになるけれど
風向きはいきなり変わることもある
一人で立ち上がる。




paraosaka at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月26日

P大スーパースター列伝!! 〜秘密兵器・殿様〜

image


 とある日、横田さんがこんなことをつぶやきました...




  「殿村が大阪に来る!!」 



 
 そしてその四日後彼は、パラエストラ大阪に入会しました(笑)彼は3年近く前によく出稽古に来ていたのですが、体が大きくなりすぎていてはじめは全く誰かわからなかったです(笑)

 そんな彼は数々の伝説を残しているのをみなさんご存知でしょうか?

 まずは全日本プロレスの試験を受け、不合格に...。そして柔術留学のため名門ATOSに...。日本に戻ってからはレスリング協会主催の柔術の世界選手権出場のためセルビアに...。

 
 パラエストラ大阪ではタクミ先生とソッカ先生に次ぎ、世界を知る男なのです。 


 未だにプロレスラーを夢見る彼は派手な技をしたいそうですが、彼の柔術はしっかり固めて堅実に攻める。そうプロレスの要素は全くありません(笑)



  彼の最大の武器は、話し出すと止まらないマシンガントーーク!!



 その破壊力はデリカシーという壁を軽々と破壊します。



 それはパラエストラ大阪ロッカールームの脅威となっているのは皆さんご存知の通りです。
  
 



 そんなパラエストラ大阪の秘密兵器がついに関西に来て初めて試合に出ます!!


 ...愛知で(笑)


 そんな秘密兵器の実力は間違いありません。そして期待してください!!


20130209_2477116

 そんな彼の痩せているときの写真を入手しました。

 ちなみに彼はポップコーンは塩味ではなくキャラメル味が好きだそうです(笑)





廣瀬

paraosaka at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月04日

P大スーパースター列伝!!“未来のスター候補生!!”

image

 別れのシーズンですね。

 先月パラエストラ大阪から一人の『将来のスーパースター候補』が巣立ちました。その名も長谷川雄大!!




 この男を語るに面白いエピソードは一つもなし(笑)




 中学生にして、時に朝練・昼練・夜練をこなす超ストイックな男で、ついには試合が終わった後に選手練に参加するという奇行が見られるほど、練習に対し真剣に向かうこの男。

 普段も現代っ子と思えないぐらい素直で、「今度選手練に参加してみたら?」と聞くと「はい!」と答え、「試合に出てみないか?」と聞くと「はい!」と即答する...大人の我々が見習わないといけないと思わせるほど、すごく素直な子でした。

 そんな彼はあまりにもストイックに柔術練習をしすぎたせいで、柔道の試合にて「足取り」で反則負けになってしまったこともあるそうです(笑)

 普段の生活が気になったので、「暇なときエ〇動画とか観ないの?」と聞いたときはさすがに笑顔ではぐらかされました(笑)※もちろんデリカシーのない男がいないところで聞きました。

 そんな彼の最後の練習では、全員が心なしかアキレス腱を狙ったり、柔道に付き合うと見せかけタックルに行ったり、柔道では絶対使えない技を狙っているように見えました(笑)タカとはちがった可愛げのある子だったので、彼がいなくなるのはすごく残念です。またいつか戻ってきてほしいですね。 

2015-03-01-11-28-35

 そんな彼はちゃんとみんなに挨拶をして帰ったとさ...。





廣瀬

paraosaka at 01:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月30日

P大スーパースター列伝!!“タカく〜ん”

image

 別れのシーズンですね。

 本日パラエストラ大阪から一人の『名物男』が巣立ちました。

 入会早々『加藤タカ』という名前により、大人の男たちのハートを鷲掴みにし、いじられキャラを確立!!様々な事件を起こしてきた男が、最後は少し立派になり旅立ちました。

 この男、友達との約束をすっぽかし、大会出場を当日ドタキャン...、終礼ではボソボソと話、常にニタニタと笑い、大人の人に平気で失礼なことを言うような男でした。それでもみんなから愛されたのは、日ごろの練習をしっかりしていたからでしょう。

 彼は現代っ子丸出しの普段の態度と違い、練習では強い人とスパーをしボコボコにされていても、最後まであきらめずエスケープを試みる男です。決してセンスはないですが、レッスンはほとんど最初から参加していました。

 はじめのうちは試合で負けることが多かったです。それでも練習姿勢は変わらず、強い人にくらいついて強くなりました。なかなか結果は出なかったですが、2月のビックトーナメントで見事4連勝し、優勝しました。北浜や名越、しんちゃんがあと一歩のところで取れなかったタイトルを、彼ははじめての挑戦で獲得したのは、周りも予想外でした。まあ彼の努力してきたこと考えれば、「運が良かった」という言葉では片づけられないでしょう。それだけのことはしてきました。

 やめる直前での優勝...そして昇格...出来過ぎたストーリーですが、最後の最後にやらかしてくれました。

 昨日どうでもいい僕に対しては「お世話になりました。」とちゃんと言ったのに、今日一番お世話になったタクミ先生に話す機会があったのに何も言わなかったそうです。

 勝手な想像ですが、これは「俺はまたここに帰ってくる!」ということでしょう(笑)また大阪に来るときはいつでも顔を出してほしいですね。そしてまたいつか格闘技を再開してほしいです。


2015-03-29-17-55-58


 さようなら、タカく〜ん!! 



廣瀬



paraosaka at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月12日

P大スーパースター列伝番外編!!“山田壮”

2014-11-11-21-54-01

 大道塾関西本部...いや、ここではこう呼ばしてもらいます!!パラエストラ大阪スイート・ソッカ軍、筆頭家老



 山田“百獣の王”壮




 がついに第4回空道世界選手権に...



 出陣じゃい!!



 この熊をも殺しそうな眼光!膝蹴りで腹をえぐり、上段蹴りで意識を狩り、腕をへし折る...恐るべし百獣の王!!

 兵庫生まれマレーシア育ち、バイリンガルでメイド付きのセレブ生活。しかし男は強さを求め、幼少期から崖をのぼり、木にぶら下がり、野を駆けた。

 そして強くなり、第3回空道世界選手権に出場するが、寝技で敗戦...。




 負けて強くなる... 




 それを機にパラエストラ大阪に出稽古に来るようになり、寝技を強化。試合でも寝技で勝つという成果を見せ、背中で我々を引っ張るその姿に感動した人は数知れず。我々はもう出稽古の人だと思ってはいません!!




 そして満を持して世界選手権へ!!




eb02eb6b





 がんばってください!!パラエストラ大阪一同応援してます!! 
 


 




廣瀬


 


 

paraosaka at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月19日

復活!!P大スーパースター列伝!!“ロマンティック・ジョーカー”

2014-10-04-20-19-36

 “征夷大将軍”吉永先生にこの企画の復活を求められ二年...。いろんな人で記事を書きました。しかしすべて世に出せるクォリティに達せず、復活を見送り続けてきました。しかしついに復活第一弾にふさわしい人物が現れました。


  その名は...“ロマンティック・ジョーカー” 


 二か月前に彗星のごとく現れたこの新星は、たった二か月の在籍ですが、だれよりもパラエストラ大阪愛に満ち溢れています。

 そう彼はパラエストラ大阪に入会するため異国の地から20万円を握りしめ、生野の地に舞い降りたのです。

 日本に来てマンションを借りたのはよかったのですが、頭金でお金はなくなり地獄の一か月を過ごしたそうです。そんなとき彼の眼にはとあるネオンが目に...。


 そう庶民の味方...スーパー〇出


 
 彼は「私が生きていられるのはスーパー玉〇のおかげ」と常々言っています。彼は金欠という危機をうまく乗り越えたのです。

 そんな彼は僕の言葉をよく理解してくれます。来日して初めての練習(柔術選手練)にてKENGOがちんぷんかんぷんの練習メニューを、一発で理解しました。しかしノリオの話はまだわからないようです。全国的に早口で有名な大阪人の言葉はほとんどわかるのに...。

 彼は体重が75キロあるといいライト級でエントリーしました。しかし体重を測ると70キロでした(笑)そんな試練も地獄の一か月に比べると軽いものでしょう!

 たぶん彼は誰にも相談せずにリングネームで登録したようです。「エントリーリストを見た時、誰かわからなかった」「消去法でだれかわかった」...etc、いろいろな問い合わせがありました。

 彼にまつわるエピソードはまだまだあるのですが、時間の都合上、割愛させていただきます。

 そんな彼は明日...いや今日、日本でデビュー戦を行います。ここでお願いです。全国パラエストラ大阪ブログファンのみなさん、会場で彼の試合の時に大きな声で「ジョーカー!!」と大きな声で応援してあげてください!!




廣瀬 

paraosaka at 02:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年12月12日

フォー分のワン

画像-0113

この日の柔術クラスは雨の日でした。

参加者を良く見ると、外人が多く、ほぼ半分が外人でした。

否、この発言自体がおかしいのです。

半分が外人なら、もはやその人たちは外人ではなく、個々の国の人たちで、僕達日本人はそのコミュニティの中でのマジョリティでしかありませんでした。

そんな異国情緒溢れるレッスンが終わり、スパーリングで国籍も汗も入り乱れてマーシャルアーツコミュニケーションして、その後に一休みしている時に、僕はノルウェーから来たフレッドと拙い英語で会話していたのですが、

フレッド曰く、日本ではなかなか働き口がなく、彼女が教師として働いて、フレッドはあちこち歩き回るか、柔術のトレーニングしてるそうです。

そんな日常的な身の回りの会話を楽しんでいると、アメリカ人を祖父に持つパラ大のゴールデンボーイ木寺君が会話に入ってきてくれました。

ゴールデンボーイ以下GB「ナイス トゥー ミーチュ アイ アム グランドファーザー イズ アメリカ人」

フレッド「アメリカ人!?」

GB「イエス アイアム クオーター」

フレッド「桑田?」

GB「クオーター!」

フレッド「????」

木寺君の(僕達が日常的に用いる)発音ではフレッドにクオーターと伝わりませんでした。

GB「フォー分のワン!フォー分のワン!!!」

フレッド「Oh!quarter!!」

GB(僕の方を見ながらドヤ顔で)「僕はね、結構英語できるんですよ。僕の英語伝わるな〜」

と、かつて分数の事を、数字が二階建てになって意味が分かりません!計算なんてとても出来ません。

と言っていたGBがフォー分のワン!と叫んで外国人に伝わったという、心が温まるパラ大の日常の一コマでした。

写真は我らがゴールデンボーイ木寺君と、ジャパニーズガイのアームロックで肘を怪我している、ナイスガイのノルウェー人のフレッド

(みずきっくす)



paraosaka at 05:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年09月13日

P大スーパースター列伝”岡本さん”

1862e3f0.jpg忘れた頃にやってくる寅さん並に放浪の企画、『P大スーパースター列伝』がやって来たよ!
今回のTargetは”ザ・リビドー”岡本さんです。

岡本さんは20日のGiアマ柔術の白帯ガロ級に出場予定のホープであります。
岡本さんをどのような選手か一言で表したならば、『テクニシャン』という言葉が当て嵌まるだろう。

僕が思うP大テクニシャンを挙げるとすれば、伊藤君、成富君、そして岡本さんです。
そのテクニックは折り紙つきで、白帯の範疇を軽く越えていると言えるでしょう。
スパーリング後も技研をしている姿をよく見かけます。
後は心を強くすれば向かうところ敵無しでしょう!

※画像は沸き上がるリビドーを表す岡本さん。
リビドーとは一般的には衝動の意味で使いますが、ウィキペディアによると『リビドーとは、日常的には性的欲望または性衝動と同義に用いられることが多々ある。これはジークムント・フロイトが「性的衝動を発動させる力」とする解釈を当時心理学で使用されていた用語Libidoにあてたことを継承したものである。』という事らしい。

そういえば、岡本さんはエロいとの情報も私には寄せられて来ている。

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 17:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年09月28日

B太郎先輩の憂鬱 −P大スーパースター列伝−

74b10728.jpg画像の赤色灯に照らされながらも怪しい眼光を放つ男、彼の名は、杉本B太郎先輩です。

B太郎先輩は、そのIKAREた風貌の通り、IKAREた逸話を数限りなく持つIKARE野郎なのです。

その全てをこのインターネットを使って全世界に発信したとすれば、たちまち全世界の均衡は崩れ、リ○マン証券破綻などの大恐慌の引き金になる可能性も秘めている事から彼の逸話を全て語る事は止めておきましょう。

しかし、そんなIKAREたB太郎先輩も格闘技の事で最近大きな悩みを抱えているようです。

その悩みと言うのは、

『何も考えずにスパーリングをしていると、暴れ回りすぎて周りに迷惑を掛けることが多い。しかし、考えながらスパーリングをしていると、スパーリング中に眠くなってしまうのです。ふぁ〜ぁあ。』

との事でした。

凄く大きな悩みですね!
何とか力になってあげたいけど、そんな大きな悩みは解決の糸口すら僕には分かりません。

そんなIKAREたB太郎先輩ですが、彼は僕に大きな夢を語ってくれました。

『僕はですね、偉い彫刻家になって、政治家やや○ざという周りから先生と呼ばれる人たちに『先生、先生!』って呼ばれたいんですよ。ぇふふふふ・・・・』

壮大な夢と悩みを持つ彼を、私は応援してあげたい。
いや、本当に応援してあげたいね。うん。

(ゲーリーノムライト)

paraosaka at 11:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年08月14日

パラエストラスーパースター列伝 〜西尾くん〜

850ea514.jpgパラ大阪もお盆休み中盤を迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
パラ大阪は月火水と練習会を開催し、連日沢山の人が集まって汗を流しています。

さて、本題に入りますが、画像で巨大な定食を練習前にペロリと平らげてしまう男、西尾くんを皆さんご存知でしょうか?

知らない人も多いでしょう。

それもそのはず。

彼はdaytime gatekeeper(お昼の門番)とでも言いましょうか、ほぼ昼柔術専門で来ているDAYTIME柔術家なのです。

仕事の関係上、お昼しか練習に来られませんが、彼は身体を鍛えたり技の研究等もしていて、柔術の才能に溢れています。

事実、先日、試合デビューを果たしたのですが、アームロックで見事な一本勝ちをしていました。

知らない人はこの男をCheckしておいた方が良いですよ!

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 14:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年07月03日

四国での激闘〜野良犬佐野博編〜

f6ca53b1.JPG梅ちゃんが、キモかったけどぶっちぎりで優勝したのと並行して、

泥臭い戦いながらも決勝まで上がってきた男、否、雄がいます。

14名参加の-60Kgのフェザー級において、通常体重が70Kgを超えた状態から、

汗一つ出ない状態の60Kgまで絞り、計量が終わり水分を摂取した瞬間に

体が少し大きくなり、肌の張りも戻り、

大量の汗が急に噴出してくるというギリギリの減量を行い、

他の対戦相手より一回り大きな体で望んだ今大会でした。

一回戦は去年の全日本参戦からシード枠でした。

二回戦では、同じく去年の全日本にも参戦経験もある、一回級下のバンタム級から

上げてきた選手との対戦でした、

打撃で一進一退の展開でマウントも取られてしまいましたが、新ルールが適応後で、

マウントのポイントが少なくなっていたので、パスガードとキャッチで取り返し、

得点は同点で旗判定2-1で薄氷の勝利でした。

準決勝では、序盤から得意のバック奪取からのチョークを狙いましたが、

相手も執念でタップを奪えませんでしたが、新ルールでライトキャッチが幾度も入り

判定で勝利。

決勝では30戦以上経験している相手でした。

佐野君と対戦相手のアマ修斗の戦跡が合わせて60戦以上という、

プロのアマシューターと言っても過言ではない者同士の対戦でした。

佐野君は打撃での展開を意識しすぎてしまい、

肩に力が入りすぎて単調になってしまいました(本人談)

そこを相手に見抜かれて打撃ではポイントを取られてしまい苦しいたち上がりに、

決勝のみ行なわれる2Rでは、逆転を狙い引き込んで一本を狙うも凌がれてしまい

無念の判定負けで準優勝でした。

決勝で敗れたものの新ルールは今大会の佐野君にとって少し有利になったと思います。

地方トーナメントでは優勝以外は全日本選手権枠はもらえないので、

野良犬はまた全日本枠というご馳走を求めて、

日本各地をウロウロして、地方の強豪を噛み付いてくれるでしょう。

全日本枠、そしてそれ以上のご馳走を求めて。

大会終了後、みんなが汗を流している中、

「優勝も出来なかった僕がここでシャワーなんて浴びる権利ありません」

と過剰なほどのストイックすぎる発言をしてくれました。

二日後には68Kgに戻った大食漢の野良犬が

今年の夏をもっと暑くしてくれます。

(みずきっくす)




paraosaka at 18:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年06月28日

OKB記者、紫帯に!!

64803fe7.JPG先日のデラヒーバカップ関西大会で優勝された通称「岡部記者」こと

岡部利幸さん紫帯に昇格されました。

得意の引き込んでの下からのスイープや、

上を取れば袖車絞めと鉄壁のいぶし銀スタイルで一つ上のステージでも

活躍が期待されます。

当然帯叩きが行なわれました。

日頃温厚で、みんなから慕われている岡部さんでしたので、

皆さん心なしか優しく叩いてましたが、

一瞬でそんな流れを断ち切って、

四つ折りにカッチカチに固めた帯で

どてっ腹にフルスイングしている男がいました。

このブログの愛読者ならもう言うまでもなくお分かりだと思いますが、

クレイジーバーサーカー梅ちゃんでした。

まぁ帯叩きの痛みは痛ければ思い出になるから良い(タクミ先生談)んですが。

岡部さんは白帯時代は10ヶ月、青帯時代は約三年といったペースで紫帯に昇格されたそうです。

ただ、仕事が忙しく、週に一度か二度くらいしか練習出来ない中でも、

研究を怠らず技術に研鑽を重ね、今の鉄壁ないぶし銀スタイルを確立させて、

大会で優勝するといった尊敬すべき人です。

仕事で練習が出来ないと人たちも岡部さんを見習って、

限られた時間をフルに生かして、強くなりましょう。

また岡部さんは自分が参加できない大会でも積極的に出場する選手の

バックアップしてくれたり試合中に的確な指示をくれる心優しき人でもあります。

その時にメガネの奥から僅かな試合展開も見逃さない厳しい視線は、

正に記者の目そのものです。

これが岡部記者の名称の由来です。

今後も大会では、畳の中でも畳の外でも大活躍期待しています!

(みずきっくす)

paraosaka at 01:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2008年05月29日

スクープ!!

80fb8491.jpg『ジョージ"カワマタ"ジョースター』こと川俣丈次がこの度5月24日(土)に極秘入籍していた事が本紙の取材で明らかになりました。
ちなみに、5月24日とは奥さんの誕生日だという事も明らかになっています。

そういえば最近、

「家に巨大なネズミが居座って、困ってんねん。」

とか、

「ネズミにカレーを食べられていた時はさすがの俺もブチ切れたな・・・」

とか、変な事をよく口走っていました。

きっとマリッジブルーが相当の重症だったんでしょうね。

なんせ、私が

「結婚秘話的なものは?」

と尋ねたところ、

「婚姻届を出しに行く間中ずっと喧嘩してたなぁ。」

「ある意味忘れられない結婚記念日になったわぁ、ハハハハハ。」

と言っていましたからね。

もしかしたら、【ネズミ=嫁】という謎掛けだったのかもしれませんね。

何はともあれ、結婚は素晴らしい事ですね。
極秘入籍をこの場を借りて全世界に向けて発信してしまった事で、女性ファンの重低音爆撃地団駄を踏む音が聞こえてきますが、ジョジョの事は早く諦めて、もっとイイ男を探して下さい。

ジョーちゃん、結婚おめでとう!!

(ゲーリーノムライト)

paraosaka at 23:54|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2008年04月28日

Revenge to amateur shooto 〜豊川さんの逆襲〜

2a25f46b.jpg一年前の第7回西日本アマチュア修斗フレッシュマントーナメント、同じ京都の同じ会場、同じリングの上に豊川さんは上がっていました。

一年前は、一進一退の攻防の末、22−20という僅差で苦杯を舐める結果に終わり、一回戦で姿を消してしまいました。

そして明日の朝、一年前のリベンジを果たす時がやって来ました。

同じリング上で、自分自身に打ち勝つ時がやって来たのです。

もうすぐ40歳になる身で、総合格闘技に挑み続ける。
こう言っては失礼にあたるかもしれませんが、素晴らしい事だと思います。

試合は己との戦いです。

試合に申し込む事から始まり、減量や試合までの体調管理、試合前のメンタル、試合中の戦略から身体を制御する事まで、全てが己との戦いと言えると思います。

豊川さん、そして、全員を紹介し切れなかったけれども、杉山君、伸悟君、タイゾー、全員優勝目指して頑張って来て下さい!!

己を信じ、己に打ち勝ってきた人が試合は勝ちます!!

明日、空いている人は皆で応援しに行きましょう!!


ちなみに、コパパラエストラウェストは5月1日(必着)が締め切りです!!
出場する方は、急いで下さい!!
宜しくお願いします。

(ゲーリーノムライト)

paraosaka at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年04月26日

次代のスーパースター列伝 〜太田君〜

2da58e0b.jpgまだ試合で結果を出していないが、道場には近い未来にキラリと輝であろうダイヤモンドの原石がゴロゴロといます。

そんな次代のスーパースターを紹介しようというこの企画。

題して『次代のスーパースター列伝』!!

記念すべき一人目は、【太田君】である。

太田君は道場に来始めた頃は、ポッチャリしていて、何やら情熱に溢れたお歳の召したダンディだと思った。

今は少しポッチャリしてはいるが、腹は軽く6つに割れ始めているし、私の取材により20台前半という事も確認されている。(自己申告)

また、紫帯であり基本クラス講師でお馴染みの南さんに髪型、体型、後ろ姿とそれはもうクリソツなのである。
もう、ドッペルゲンガー!!

また、いつも楽天グッズに身を包んでいる為、楽天ファンかと思いきや、そうでもないらしい。

まあ、容姿は入会した時から既に紫帯の風貌だったので後は実力を付けていくのみなのだが、彼はいつも道場に来ており、クラスの出席率も高い。
終了後には筋トレにも励んでおり、スパー等で自分からタックルに行く勇気も持っている。

そんな彼が強くならないはずがない!!

後は試合で実力を発揮するのみであります。

私は常々『太田君は将来大化けする』と言っていたし、早くこのblogで紹介したかった。

次回からもどんどん次代のスーパースターを紹介していくので、楽しみに待っていて下さい!

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 11:55|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2008年04月22日

関西オープン選手権大会〜西野君〜

3c89bede.JPG白帯プルーマ級(道着込み-64kg)には

アメリカでのパラゴン柔術での修行経験もあり、

この階級としては脅威の177cmのリーチを誇る西野君が参戦しました。

三回勝てば優勝のトーナメントの一回戦では

緊張のあまりかなり固さが見られましたが、何とかスイープを成功させて、

その後は三角締めに捕らえられるものの何とか凌ぎきり判定勝利。

準決勝となった二回戦では、序盤に三角締めに捕らえられるものの、

凌ぎきり、スタンドの攻防へ戻し引き込みから、

スイープを成功させてトップを奪取し

試合直前に田村ヒビキ選手からコツを伝授された袖車で一本勝ち。

決勝では、テークダウンを一度奪われてから、今度は奪い返し、

一時は三角締めに捕らえられるものの何とか脱出し

パス、ニーオンザベリー、マウントと大量得点を奪い自身初となる

トーナメントの優勝を達成しました。

本人は決勝戦に挑む前に、

「準優勝も一回戦負けも同じ、優勝しないと意味がありません!」と言い切り

揺るぎ無い覚悟で臨んだ結果だと思います。

本来より他の道場生からも、「青帯を巻いてもおかしくない実力者」と

言われていた実力を白昼の下、見事に披露しました。

とはいえ、全試合三角締めに捕えられる危ない部分もあって課題も見つかりました。

優勝おめでとう西野君!

これからも脅威のリーチでプルーマ級の対戦相手を脅かしてやれ!


(みずきっくす)





paraosaka at 22:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年04月20日

関西オープン選手権大会〜ゲーリーノムライト〜

e7aeabdc.JPG青帯レーヴィ級に参戦したゲーリーノムライトこと、

ゲーリー選手は二度勝てば優勝のトーナメント。

最近の大会ではグラップリングも含め三大会連続優勝と勢いに乗っています。

一回戦では最近みっちり練習して自信のついてきた立ちの攻防で相手のタックルを防ぎ逆にテークダウンを奪いポイント先行の展開。

長いリーチで相手の動きを徹底的に抑え、

相手の光を消しながら安全地帯から自分だけ攻撃する恐ろしいゲーリー殺法で、

その得点をキッチリ守りきり、

ほぼ完封といった内容で決勝進出しました。

ゲーリー選手も試合前から「この戦い方をする、この戦い方しかしない」と決めていると語り、

対戦相手も試合後に「ゲーリーさんの押さえ込みの圧力が凄かったです」と言わせるだけの

熟練度が高い戦い方になってきています。


一部では「欠伸が出る」「ビデオに取って早送りしても動いていない」「SIO」等と心ない言われ方をするスタイルでもありますが、

それはテークダウンを奪われなかったり、

押さえ込まれなければ良いだけの事です。

そんな勢いに乗ったゲーリー選手が今回も間違い無く優勝してくれると周囲も期待していたのですが、

勝負事に絶対は無く、決勝ではかつて一度戦い更に勝利を挙げている相手に、

開始早々に引き込まれ、噛み付いてパスしようとして攻防していた矢先の1分過ぎに腕十字を極められてしまいまさかの準優勝に泣いてしまいました。

○勝ちパターンが確立してきている
○一度勝ったことのある相手
○勝ちが続いて勢いに乗っている

様々なプラスの要因が積み重なりそれが慢心・油断を生み出してしまいました。

本人も試合後に「その後のアブソリュート級の事に心がいっていた」と語っていたように

心の中に生まれた油断と言う小さい名の小石が、

気持ちの歯車の中に入り込んで噛み合わなくなって上手く回らなくなってしまった事が今回の結果の要因の一つと考えられました。

もちろん対戦相手の同じ相手に何度も負けたくないという強い気持ちや、

一瞬の隙を突いて極めるというスキルの高さももちろんあっての事です。

試合後も「悔しい、悔しい」と言い、

痛めてしまった腕の為にアブソリュート級も欠場という屈辱を味わった今回の大会は

「悲しみ大巨人」と呼ばれる彼を、

更に悲しく、更に大きくさせてくれると思います。

そして次の大会こそは優勝してくれると信じています。

(みずきっくす)






paraosaka at 22:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年03月18日

JOJOの激闘

1e3d1736.JPG田村ヒビキ選手の勝利の余韻も消えないまま翌日の3月16日(日)

愛知・東海テレビ・テレピアホールで開催されたプロフェッショナル修斗公式戦 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.14 に

我らが“JOJO”こと、ジョージ“カワマタ”ジョースターが出場しました。

アマチュアの期間が長くようやくこじつけたプロデビュー戦という事で、

全選手入場で登場した時には感慨深いものがありました。

2試合目にフェザー級(-60Kg)で登場したJOJOの対戦相手は、

同じくデビュー戦で同じ身長170cmと体格差も無いALIVEの伊藤裕亮選手です。

私もJOJOのプロ修斗の試合という事で、相当興奮していましたので、

試合展開の順序が前後していたり、かなり間違ってたりするかもしれませんが、

レポートさせていただきます。


1R互いに拳を合わせ試合開始、

伊藤選手がミドルキック、JOJOがジャブとローで攻めるというスタンドの展開、

JOJOのタックルを伊藤選手が切り再び打撃の展開に、

打撃の攻防の中で組み付いた時にJOJOの投げが炸裂しましたが、

伊藤選手は投げられて上を取るというテクニックで上を取りパウンド攻撃。

JOJOは凌ぐという展開で1R終了。

2Rも打撃の展開からJOJOにテークダウンされながらもバックを取る伊藤選手、

JOJOがパウンドを凌ぎ切り上からパウンドのお返し

スタンドの展開に戻ったところで、

JOJOが引き込み(後に確認したところ飛びつき三角を狙ったとの事)

伊藤選手がトップからパウンドで攻めて終盤でJOJOがトップを取り返し

最後に鉄槌を落としたところで試合終了。

大きな差があった部分こそ少なかったものの、

スタンドでの打撃、パウンド、テークダウン(トップ奪取)と

1・2Rと全体的に攻め込まれた結果3-0(20-18)の判定負けでした。

しかし、どちらのラウンドか忘れましたが、リングの外に落ちそうになるアクシデントも乗り越え、

バスターで攻撃したりと意地も見せたJOJO選手。

残念ながら負けてしまいましたが、プロ修斗のリングで戦えた事は、

凄い経験になったと思います。




JOJOは特別優れた身体能力があるわけでもなく、

相手を打ち負かす暴力性も無く、

相手を圧倒させるような精神的な強さも持っていません。

そして本人がそのことを十分に分かっています。




だからこそ、この男はここまで強くなれた。

今日の敗北がさらにJOJOを強くさせてくれると信じています。

これからもJOJOの冒険を応援よろしくお願いします。


(みずきっくす)








paraosaka at 01:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年03月13日

続・使用前、使用後。

12
前回の記事にて、ヒビキさんが減量に成功したとの記事を載せたが、日曜に試合を控えたもう一人の男、ジョージ“カワマタ”ジョースターも、順調に減量をしている。
このジョジョという男、オフ時は『おやつに食パン一斤!』という狂った食生活を送る事から、【メタボリック・ヒーロー】の名を欲しいままにしていたが、見事減量によって、ご覧のプロの肉体を手に入れた。
アマチュアの時から減量を何度もし、今回などは余裕を持ちつつ私に「自分の身体が理解出来たで。」と語ってくれたジョジョは、見事な【田上バディ】を持つ私や、全国のダイエットに悩む女性に夢と希望を与えてくれた。

ヒビキさんもジョジョも、コンディションはバッチリなので、当日は最高のパフォーマンスを我々に見せてくれるだろう。
会場に応援に行く方も、残念ながら会場に応援に行けない方も、楽しみにしていてください!!

※何の因果か、過去のメタボリック状態の写真が巨大にアップロードされてしまったが、現在のジョジョは、右のカットが美しい状態ですので、勘違いをなさらないよう、お願いします。

(ゲーリーノムライト)

paraosaka at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月06日

パラエストラ大阪の誇り

f62cb2ac.jpg先日行われたパラエストラ10周年記念パーティーで、『オープニングビデオ』が上映されました。

中井祐樹先生の伝説のゴルドー戦から始まり、タクミ先生、青木選手、佐々選手、本間選手など、パラエストラを代表する選手を紹介しつつ、10年の歴史を物語る素晴らしい映像でした。

そして、この映像の制作を担当したのが、何を隠そう、ckなのです。

この映像は、関係者にも非常に評判が良かった様で、若林太郎さんをして、

『渾身の傑作』

と言わしめた作品でした。

映像制作に於いて、若林太郎さんを尊敬しているckにとってもこの言葉は嬉しかったでしょうが、友人であり、パラ大阪の一員である私も若林太郎さんのblogでこの言葉を見た時は、非常に嬉しかったです。

パラエストラ大阪には中山巧先生を代表に、そしてその周りを固めるスタッフも素晴らしい所が、パラエストラ大阪の誇りだと、私は感じました。

※写真は、自慢のバディメーカー製ロングスパッツを穿いて柔術基本クラスに参加しようとするck

(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 07:45|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!

2008年03月01日

殺し屋一も丸くなったものだ。

76b6f5f9.jpgパラエストラ大阪設立当初からいて、タクミ先生不在時は月曜の臨時打撃講師も務める男、それが画像の男、一本(イチモト)さんだ。

突然タイゾーのケツ等を蹴っている鬼畜の姿を目撃した事のある人も多いと思うが、その実、タイゾーと飯を食べに行ったりもしている後輩思いなとこもある。

そんな『殺し屋一』が、
「娘が産まれて一年が経ちました。病気もなく、健康でいてくれる事に感謝します。」
と言っていた。

殺し屋一も丸くなったものだ。

※写真は心だけでなく、いつの間にか腹まで丸くなってしまった殺し屋一
(ゲーリーノムライト)


paraosaka at 18:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月29日

パラエストラ大阪に獣の臭いが・・その名は佐野博!

37c2cf10.JPGパラエストラ大阪はタクミさんの温厚な人柄に吸い込まれる様に、

「本当に格闘技やってるの?」って言われるくらい温厚な人間が集まっています。

格闘技を競技として楽しくやっている、動物に例えると草食動物的な感じの人々です。

ですが本日紹介させて頂きます新しくパラエストラ大阪に入会して、

僕たちの仲間に入った佐野君は一味違います。

昨年は全日本アマチュア修斗に参戦する為に、

九州・中国・北陸・四国と日本各地を戦い続けて全日本出場切符を手に入れたという

何があってもどこまでも獲物を追い詰める肉食獣のリカオンのような男…否、雄です。

昨年は惜しくもプロ昇格を逃してしまいましたが、

今年は相手の心をへし折るファイトスタイルと、

溢れんばかりの雄度を誇るこの体でトップアマを飛び越えてプロ昇格を達成してくれると信じています。

また、パラエストラ大阪に入会する前は「チーム5456(ごしごろ)」所属で、

ジョージ“カワマタ”ジョースターと二人っきりで練習していたという経歴の持ち主です。

ちなみに私“みずきっくす”も“田村ヒビキ”選手もチーム5456所属ですので、

佐野君がパラエストラ大阪に入って、また一緒に練習できる日を心待ちにしていました。

皆様応援宜しくお願いします。



(みずきっくす)

paraosaka at 03:24|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2007年12月20日

JOJOの新章スタート!主人公は・・

f22c22f2.今月からパラエストラ大阪に新しい仲間が加わりました!

その名は、ジョージ“カワマタ”ジョースター!(写真右)

今年の夏の全日本アマチュア修斗で結果を残し、念願のプロ昇格を果たし

パラエストラ大阪に移籍してきました。

プロシューターが一人増えて、練習環境も益々充実することと思います。

私自身や、未来王もジョージ“カワマタ”ジョースター(以下ジョジョと略)選手とは

かつての道場で苦楽を共にした仲間ですので、

また一緒にトレーニング出来ると思うと非常に嬉しいです。



ところでジョジョ選手(以下JOJOと略)の今度の戦う舞台は、

来年に行なわれるプロフェッショナル修斗の新人王トーナメントです。

参加選手を見てみると誰を見ても強敵ばかりのようですが、

JOJOは幽波紋(スタンド)技術を駆使して優勝してくれると思います。

スタンド使いはスタンド使いと引かれ合うといいますが、

次の新人王トーナメントの初戦、ジョージと戦う

新手のスタンド使いは誰だッ!!!


と親友の移籍に熱く語ってしまいました。

JOJOの親友みずきっくすは、クールに去るぜ


(みずきっくす)

paraosaka at 01:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年12月09日

もうひとりの青帯昇格者、川端和哉を紹介しよう

76c7b60d.jpg先日の「ADCC JAPAN関西オープン選手権」の結果をふまえ、青帯に昇格を果たした男がもう一人いる。見事、白帯アブソルート級を制した彼の名は川端和哉。

パラエストラ大阪所属でありながら、奈良の「TEAM VAMOS」でも稽古に励む彼は、夏に行われた「コパ・ストライプル関西大会」でも、白帯アブソルート級を制しており、今大会で白アブソ2冠達成!!満を持しての青帯昇格となった。柔道ベースのガッシリした押さえ込みを主力武器にする一方、時折、飛びつき腕十字などの派手な技でも魅せてくれる彼のファイトスタイルは、なかなかに魅力的。今後の活躍も大いに期待できるファイターであることは間違いない。

※写真は土曜日に行われた、帯叩きからのひとコマ。長髪と坊主のコントラストがすばらしい。そして美しい。

(ck)

paraosaka at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月07日

浪速のヘラクレスことダーマス!青帯昇格

7fe163f5.今日も一人パラエストラ大阪に青帯が誕生しました。
浪速のヘラクレス、“ダーマス”こと。増田嘉晃です。
逞しいという言葉以外に形容する言葉が見つからない程の発達したバルクと、
冷静沈着な試合運びで先日行なわれた、ADCC関西大会でアダルトインターミディエイト-77Kg級と白帯メジオ級の二つを制しました。満を持しての青帯昇格です。
帯叩きも当然、彼の大陸さながらのだだっ広い後背筋にめがけて道場生が帯を力強くしならせて、共に昇格した喜びを刻み付ける様に帯で叩いていきましたが、
平然とその中を歩いて行く様は、頼もしさささえ感じられました。
先日のブログでも紹介されている様に、彼は今月12月22日のDEEPのグラップリングタッグトーナメントにも参加します。
12・22では彼の冷静と情熱の間に位置する戦いぶりを見逃すな!

(みずきっくす)


paraosaka at 06:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年04月13日

P大スーパースター列伝!! File.6“奥野哲平”

5c5b82f4.JPG◆一部マニアの間で復活が切望されていた「P大スーパースター列伝!!」が、不死鳥の様に甦った!
◆この男、“奥野哲平”は、1年程前までP大所属であったが、仕事の都合で福井県へと旅立っていった。しかし今回、大阪出張を利用して道場へと舞い戻って来てくれた!
◆私はファースト・インプレッションで彼が打撃系であることを予感していたが、案の定ボクシング経験者で、初スパーでボコボコにされた事も、今となってはいいトラウマだ。
◆ご覧の通りの甘いマスクで、一見ヤンチャなイメージを抱くが、実は非常に腰の低い謙虚なナイスガイであり、思わず「神よ!!」と怒り狂わずにはいられない。
◆今回は1週間ほどの大阪滞在らしいが、機会があればいつでも帰って来てほしい。なぜならパラエストラ大阪は、いつでも君の“サライ”(=故郷)なのだから…
◆ところで後ろで放心状態の残念な子は、File.5で紹介した、梅園文平。最近の出没スポットはトイレであると多数の情報が寄せられているので、注意していただきたい。(お互い気まずいから)

paraosaka at 00:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年02月20日

P大スーパースター列伝!! File.5 “梅園文平”

7244988a.JPG◆現在、道場内で最も熱いパトスほとばしる青年。
◆入門当時は、ちょっとした肥満児体型だったと記憶しているが、毎日の激しい練習の甲斐あり、見事なグッドシェイプを手に入れた。白いな!
◆彼を語る上で忘れてはならないのが、“ガチ”のサインでもある、悪魔の様な眼付きである。その眼に睨まれた者は、誰もが泡を吹いて倒れるという。試合の時はいいが、ミット打つ時にその眼はやめてくれ!
◆悪魔で思い出したが、最近、耳が沸いてきた彼は、ISAMI製“ブラックデビルイヤーガード”を装備しだした。しかしそれを装着する事で、余計に耳が狙われる事になるのは言うまでもない。
◆耳がキレイだからって、なんの得があるというのか。
◆そんな彼は、例の美少女空手家“小林由佳”選手のファンである事を私は知っているが、その事には触れない様にしてあげよう。武士の情けだ。
◆でも空手ルールで戦ったら、絶対に負けるぞ!オマエ!
◆今年から総合にもチャレンジする彼にぜひご注目ください。対戦される方は、ぜひ耳を狙ってあげてください。

paraosaka at 01:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年02月19日

P大スーパースター列伝!!外伝“AKIRA”

d6aa3ead.jpgこの男、AKIRA細川と言う名で、愛を知る県愛知県のALIVEに所属する柔術茶帯の23才の男です。※写真右
彼は本物のプロレス馬鹿で、自分の事をプロレスラーと称し、人のセコンドについても「プロレスラー魂を見せ付けて来て下さい!!」等という謎のアドバイスを送る痛い子だ。
しかし柔術の実力は折り紙付きで、全日本選手権紫帯レーヴィー級で優勝して茶帯を所得し、先日行われたアジア選手権では茶帯レーヴィー級で3位という実績を残しています。

なぜ遠いかの地で活躍するAKIRAが『P大スーパースター列伝!!』に登場したかと言うと、彼は去年の今ごろ、ほんの2〜3ヶ月ではありますがP大に出稽古ではありますが毎日練習しに来ていたのです。

毎日練習を共にするうちにAKIRAは間違いなく我々P大ファミリーの一員になり、そして彼は就職が内定していたにも関わらず、柔術の楽しさをP大で再確認した事により就職を辞退し、名古屋へ笑顔で帰って行ってしまいました。
それが吉と出るか凶と出るかは私には分かりませんが、柔術の楽しさをP大で再確認したって事は少し嬉しい次第です。

AKIRAよ、いつでも大阪に帰って来い!!P大はお前のもう一つの故郷だぜ!!
ゲーリーノムライト


paraosaka at 01:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年02月18日

P大スーパースター列伝!! File.4 “GORILLA”

e89f6534.JPG◆昨年末行われた「King of PARAESTRA OSAKA」をブッチギリで制した、まだ19歳の未成年。青帯2人、紫帯1人を破っての快挙が認められ、見事青帯に昇格した。
◆知性派で知られた“世界のTK”高阪剛選手に似てなくもないが、彼は見た目通りバリバリのパワーファイターである。
◆パワーファイターなのはいいが、一度にふたつ以上のことが出来ないらしく、レッスン中には一言も言葉を発さないという困り者。
◆19歳にして、道場で一、二を争うバルク(筋量)の持ち主の彼だが、そのバックボーンは野球。このカラダは自転車通学中の坂道ダッシュで作ったものだ!と言い張っているが信じる者はいない。
◆タイゾーとはライバル関係にあり、練習後にはパンの取り合いや、低レベルな口喧嘩が道場の日常となっている。
◆最後に言い忘れたが、彼の名前は「辻 豊」。これからの活躍が期待される為、マニアな方はチェックをお忘れなく。

paraosaka at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月26日

P大スーパースター列伝!! File.3 “タイゾー”

22174a80.JPG◆苗字が“杉村”というだけで“タイゾー”と安易に名付けられた哀しい男。本名は知らないし今後聞くこともないだろう。
◆ご覧の通り、およそ格闘技に縁のなさそうなこの風貌。なぜ格闘技を志したかについては、今後少しづつ明らかになっていく予定なので注目していただきたい。
◆一応、社会に貢献するサラリーマンらしいが、プライヴェートは謎に包まれている。
◆おそるおそる仕事について聞いてみたところ、「ケーキ‥?」「最近イケてないんですよ‥」と素っ気ない回答。もしや不二家なのか。
◆なぜかボディが効かない特異体質をいい事に、みんなのサンドバッグと化している。傍から見ればイジメにしか見えないので気を付けろ!
◆「P大スーパースター列伝!! File.3」に数えられる彼だが、もちろんスーパースターではない。番号の若さとスター性は決して比例しない事をここに記しておく。

paraosaka at 02:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!