試合レポート

2016年01月13日

頑張れ!!のりお君!! 〜プロへの道〜

2015-12-09-20-08-01

 2016年パラエストラ大阪初陣を見事な勝利で重ねた中村選手。もう彼についてはタクミ先生が試合のレポートを書いてくれているのですが、わたくしとしては乗っかってアクセス数を稼ぎたいという算段があります(笑)

 彼はみなさんご存知の通り、田中将大、前田健太、コーナー・マクレガー、クロン・グレイシーといったスター選手たちと同い年です。そんな生まれた時からスター性を持ち、なおかつあのホムロ・バハウに「こいつは来る‼」と言われた(これは実話です)選手でありながらここ数年は苦しみ続けていました。その苦しい中でも努力を続けたからこそ勝ち得た優勝でしょう。

 彼が覚醒したことに関しては様々なうわさが飛び交っています。彼女ができたのでは?いや彼氏ができたのでは...。真相について本人に直撃取材したところ答えてくれなかったのですが、このままではいけないという危機感を感じさせるような試合でした。

 試合直後に練習に来るところなどを見ると彼には思うところがあるのでしょう。練習後も試合での反省点を整理していました。彼が今後プロでやりたいという気持ちがあるのか、それともJMMAFの全日本や世界大会に出たいという気持ちでいるのかわからないですが、彼のことをいままで通り応援してあげてください。また練習も付き合ってあげてください。しんどい練習は一人ではできません。

 そしてソンミンも忘れないで上げてほしいです。彼はあと半年ほどで日本を離れます。もう少しなので存分に可愛がってあげてください(笑)






廣瀬

paraosaka at 02:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年01月11日

第一回JMMAF関西トーナメント、ノリオが65.8kg級を制する!

image

1月10日日曜日、ついに関西初のフルケージでのアマチュアMMAトーナメント大会が我がパラエストラ大阪で開催されました。
新年早々の大会という事で、参加者が少ないのではと懸念されましたが、それなりの人数が集まり、白熱した好試合の連続も相まって、会場は熱気に包まれました。
これまでもお伝えしていた通り、パラエストラ大阪からはノリオとソンミンが出場。
ノリオは第一試合から出場のはずでしたが、対戦相手が棄権の為、不戦勝に。
第三試合のソンミンの試合は
ノリオ、準決勝では一回戦でコブラ会の日野さんをパンチでKOした東大阪期待のルーキー神山選手と。

ソンミン準決勝は一回戦シード、アマ修斗九州地区優勝の実績のある藤谷選手と。

ノリオ決勝はソンミンに判定勝ちした藤谷選手と。


第一回JMMAF関西トーナメント、65.8kg級の優勝は中村紀夫!
3位にキム・ソンミン!
2人ともよく頑張りました、特にノリオの準決勝の膝十字は見事でしたね。
決勝も何度か不利な体勢になりながらも、諦めずに動き良いポジションを奪いました。
ジャッジの前田吉瞳が、
「ノリオ、強いですね!」
とかなり褒めていたのが印象的でした。
こんな事を書くとまた奴の中に潜む
“調子にノリオ”が出てくる可能性がありますが・・・

昨年からノリオはソンミンと共に東大阪への出稽古やうちでの居残り稽古、アマ修斗では中国地区3位、九州への遠征ではルーキートーナメントを制するなど、不器用ながらも着実に結果を残し、今回の戦いぶりは私から見ても一皮剥けたのかなという気がします。
練習では私や獅庵、田村にボコられ、ダメ出しされ続け、アドバイスをしても聞いているようで全く実行しないという訳の分からない行動に、我々も幾度も呆れ果てたものですが、それでも地道な練習を続けた事が今回の結果に結びついたのでしょう。
そして、そんな彼には同じ道場生の仲間が沢山応援に駆けつけてくれました。
実はソンミンへの応援が大多数・・・という話もありますが、ノリオへの声援もそれなりにあったでしょう。
まだまだ足りない所だらけのノリオ&ソンミンのアマMMAファイターコンビですが、みなさんの温かい応援もあり頑張れたと思います。
私からも本当に感謝致します。
ありがとうございました。

そして今大会は大阪以外の関西各県や中部、中国、四国、九州など多方面の地区からの御参加をして頂きました。
大変感謝しております。
参加された選手の皆さんが特別大きな事故や怪我をせずに、大会を終えられたのが何より良かったと思います。
なにぶん私共運営スタッフも不慣れなもので、至らない点も多かったとは思いますが、今回の反省点を踏まえてより良い大会運営を出来るよう精進していきます。
皆さん、ありがとうございました!


タクミ


paraosaka at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

柔術選手練と少しだけJMMAF速報

image

 JMMAF速報ですが、ソンミンが三位でのりおが優勝だったそうです。レポートについては明日タクミ先生が書いてくれるでしょう。

 本日の柔術選手練は8名でした。巷の噂では吐きそうになるほどしんどいという柔術選手連ですが、坂本君や小沢さん、たけしまさんはいつもにこにこしてます。メニューの改革も視野に入れないといけないですね。

 最近パラエストラ大阪勢が元気です。今日は外岡さんが初参加でした。濱谷さんもフル参加は初めてだと思います。濱谷さんはこの選手練に出るために仕事の時間を調整したそうです。そして練習後さっそうと仕事に行ってました。クレイジーですね(笑)前々からこのクラスに出ている脇阪さんや中村さん、竹嶋さんといった白帯の方は着実に実力を伸ばしています。この調子でどんどん強くなってほしいです。

 強くなり方は人それぞれです。選手練がすべてではありません。普段のスパーでも十分強くなります。ただ人に管理されないとなかなかしんどい練習ができない人は、選手練に来ることをお勧めします。ぜひみんなで強くなりましょう!




◆次回レッスンの告知

  水曜日柔術基本クラス 「ラッソガード」
  土曜日柔術基本クラス 「クローズドガード」





廣瀬



paraosaka at 01:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年12月30日

MUSOU GEAR PRESENTS KOP OSAKA 2015 準決勝&決勝レポート

2015-12-26-19-37-39

 お待たせしました。準決勝と決勝のレポートです。

 準決勝第一試合はサシャさん対脇阪さん。サシャさんがスイープで先制し、有利に試合を進めていきます。しかし残り30秒を切ったところでまたしても脇阪さんの必殺技がさく裂。大逆転勝利となりました。

2015-12-26-19-40-58

 大アップセットといえるでしょう。強い白帯が多く、難しいトーナメントにあえて出場したサシャさんは精神的に強いと思います。

2015-12-26-19-43-01

 そして準決勝第二試合は篠原さん対名尾さん。緊迫したテイクダウンの攻防が続いたのですが、篠原さんの四つからのテイクダウンを名尾さんが見事に返し、テイクダウンを奪い逃げ切り、昨年のリベンジを果たしました。

2015-12-26-19-46-19

 常に仕掛けていたのは篠原さんだったのですが、スキを突かれて負けていしまいました。篠原さんは忙しい中、欠かさず練習に参加し、実力をどんどんつけています。でももう少し体を絞らないといけないですね(笑)

2015-12-26-19-56-44

 そして三位決定戦はサシャさん対篠原さんで争われました。

2015-12-26-20-01-18

 この試合ではサシャさんの得意なガードが冴え、スイープを重ね勝利しました。体の強い篠原さんに対しては理詰めで追い込んでいくサシャさんの戦略はとてもよかったです。

2015-12-26-20-02-39

 最後に脇阪さん対名尾さんの決勝戦。必殺技を持った者同士の緊張感ある試合となりました。

2015-12-26-20-04-50

 ガードに入れれば脇阪さんのフィールドでしょう。一つの技にこだわらずどんどん攻め、最後は必殺技で極めオール一本での優勝と成りました。

 名尾さんはお仕事でなかなか時間がない中、時間を見つけ試合に出たり、練習をされています。年々力づくでの動きがなくなっているのでよくなっているでしょう。あとは必殺技がばれている場合のパターンを増やさないといけません。練習ではいい感じなのであとは試合でよくなるとよりいいでしょう。

 脇阪さんは極めきる力を持っています。しかし先に失点することが多く、得意な形に入れるまでに時間がかかっているので、そこを見直すことができるともっと余裕を持って試合に臨めるでしょう。

2015-12-26-19-46-23

2015-12-26-19-57-25

2015-12-26-19-44-07

 試合の総括としては、白帯のレベルは全体的にかなり高く見えました。ただ上攻めの人が多く、下になるともろくなる人が多いです。組技のベースがない人はとりあえず下の練習をしてディフェンス力を上げましょう。ディフェンスが良くなるともっと安定感が増します。

 今年キンパレに出た白帯メンバーは来年必ず青帯になってください。ビャッキー以外は試合で優勝経験はあります。あとは圧倒的な力を見せつけて優勝するだけです。ほかの人より練習すればいいだけなので、簡単なことでしょう(笑)目標は高く持ってください!

2015-12-26-19-35-47

 最後はイケメンで終わりたいと思います(笑)




廣瀬




paraosaka at 12:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年12月29日

MUSOU GEAR PRESENTS KOP OSAKA 2015 一回戦レポート

2015-12-26-19-03-15

 今年のキングオブパラエストラは8名。実力がほぼ拮抗している人たちばかりだったので、見ている人たちも楽しめたでしょう。ほとんどみんな静かだったのが印象的でした(笑)

2015-12-26-19-11-06

 レフリーはタクミ先生と吉永さん、タイマー係は社長に手伝ってもらいました。ありがとうございます。社長のタイマーにはドラマがありました。これから毎年お願いしたいです!


2015-12-26-19-13-46

 一回戦第一試合はサシャさんとたけしま院長。テクニシャン対フィジカル系というわかりやすい構図の試合となりました。

 試合に弱い、ここぞというところでミスをすることでおなじみの院長ですが、格上相手のためか思いっきりがいい試合ができていたように見えました。

2015-12-26-19-17-43

 試合は院長がニアバックでアドバンテージを取るもサシャさんが後半巻き返し、逆転勝利‼サシャさんの落ち着きが光る試合となりました。

2015-12-26-19-23-13

 一回戦第二試合は中村さん対脇阪さん。パラエストラ大阪一押しの白帯対決でした。

 序盤は中村さんが優勢でした。スイープを三回重ねポイントではかなり有利に進めていたのですが残り30秒を切ったところで脇阪さんの必殺技がさく裂して逆転勝利‼さすがとしか言いようがない試合でした。

 極めれる技があるというところが二人の実力差といえるのでしょう。中村さんも技のクォリティは上がってきているので、相手を極めれるところまでの流れを作れるとミスは少なくなるでしょう。

2015-12-26-19-24-20

 一回戦第三試合は篠原さん対ビャッキー。未来王対昨年王者という構図といえるでしょう。

 ビャッキーが根性を見せた試合でした。しかし色帯相手にはかなり厳しく大量得点をとられ、一本をとられました。写真を見ての通り、試合前にプレッシャーをかけ、ガチで完封するという篠原さんの大人げなさには場内みなが引いていました(笑)

 ビャッキーは大量得点はとられるもぎりぎりまでエスケープを試みるしつこさを見ると試合向きの選手なのでしょう。来年の飛躍に期待したいです。

2015-12-26-19-31-05

 一回戦第四試合は濱谷さん対名尾さん。ここ数か月で一番伸びているのが濱谷さんでしょう。西日本選手権でも危なげなく優勝し、勢いは確実にあります。それに対する誰もが警戒する名尾さんは必殺技を駆使し、出場する大会では常に上位に入る実力者。勢いある若手対実力あるベテランという構図となりました。

 序盤は勢いのある濱谷さんがどんどん攻めポイントを先取します。しかし終盤きっちり濱谷さんの弱点を見つけ、逆転する当たり名尾さんのうまさといえるでしょう。

 濱谷さんの積極性はとてもいいです。試合に強いタイプといえるでしょう。練習でも弱点をしっかり見直しながら練習されています。勘も鋭いです。あとはこの調子で一つ一つの技術をよりよくすることと得意な極め技ができるともう一回り強くなるでしょう。 



 一回全体を通して見どころが多かったです。負けた選手も次につながるような負けだったように見えました。来年の活躍も期待できるでしょう!準決勝と決勝はまた後程更新します。




廣瀬

paraosaka at 14:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年12月27日

MUSOU GEAR PRESENTS KOP OSAKA 2015

image

年末恒例のキングオブパラエストラ大阪、今年は8名による熱い闘いが繰り広げられました。
もちろん道場内マッチですので、激しくも楽しい雰囲気で行われ、全員が怪我なく終えられたのが何よりです。
今年のキングは脇阪さん。
普段の練習通り、得意の三角絞めがキレまくってました。
もう青帯締めてもらわないと困りますね(周りが)
おめでとうございます。
二位は名尾さん。
名尾さんも例の得意技を持っていますが、今大会では不発・・・ですが、決勝まで行くあたりは成長した証でしょうか。
三位決定戦はサシャ対篠原さんでしたが、サシャのテクニカルな絞め技での一本は見事でした。
彼は練習時も非常に良い具合に脱力出来ており、力任せでは無く理に適った攻防を見せてくれます。
篠原さんはお仕事で忙しい中、時間を捻出し練習に励む、サラリーマン柔術家の鑑のような人です。
何気に打撃・グラップリング・柔術と全て練習しています。
戦いぶりも真面目さというか愚直な感じが滲み出ている気がしますね。
そんな彼は敢闘賞を獲得しました。
今回はご存知の通りムソウギア様から大会サポートの賞品が提供されています。
それぞれ全員にTシャツやファイトショーツ、帯ベルト、パッチがプレゼントされました。
写真のように皆さんご満悦でしたね。
ムソウギア様、ご提供ありがとうございました。

ちなみに今大会は廣瀬に得点係、私、吉永さんがレフリーを、そしてタイムキーパーとしてはあの広畑CEOがその大役を務め上げてくれました。
ただし急に勝手にタイマーを止めたりつけたりするなど、広畑さんのお茶目っぷりが爆発してましたが。
場が和んだのでアリという事にしておきましょう。

その他、試合など大会の模様はまた違った視点で廣瀬もブログにアップしてくれるでしょう(たぶん)
とにかく例年以上に面白かったキングオブパラエストラ大阪だったのではないかと思います。

現在ホームページが閲覧出来ない状態で皆さんには大変ご迷惑をお掛けしております。
休館期間中の練習会日時については、ブログ・フェイスブックページで告知いたします。
ご確認の上、是非ご参加下さい。
よろしくお願いします。

タクミ

paraosaka at 04:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年11月24日

レグナムJAMレポート!!

image

 皆さんお待たせしました。レポートの時間だよ〜!!

 本日、京都の旧武徳殿でレグナムJAMが行われました。出場者は3名と少なかったです。しかし各々が熱い戦いを見せてくれました。

 プチ遠征ともいえるこの大会ですが、試合の前に道中の話が楽しかったです。話題の中心はうちの道場の中心ともいえる「テキサス」と「社長」の話が2割と「殿村の戦慄マシンガントーク」が8割でした。これも遠征の醍醐味でしょう(笑)

2015-11-23-16-57-38

 さて本題に戻りましょう。本日トップバッターの期待の若手、石井くん。

 初戦は硬さもあり、テイクダウンを奪われ、パス・バックと失点を重ね、最後にバックチョークを取られました。初めての試合はそんなものです。

 そして二試合目では初戦の反省を活かして、自分からどんどん攻めていきました。結果として負けてしまったのですが、常に自分から仕掛けることはできていたので、試合前にたてた目標はしっかり達成できたのではないでしょうか。

 目標は達成しても結局試合に勝てなければ、悔しさは残ります。負けようが、勝とうが結局今後頑張らないといけないのは変わりません。ここであきらめるのかそれとも頑張るかは本人次第です。技術的にも体力的にもまだまだ不完全な石井くんですが、逆に言えば伸び代はまだまだあります。とてもまじめな子なので、また一歩ずつ頑張ってほしいです。

2015-11-23-16-43-12

 そして次はP大の「いつまでも秘密兵器」殿村選手。実力的には僕よりもはるかに強い彼ですが、試合では今一つパッとしないところがありました。今日はそんな彼の覚醒の兆しが見えた試合となったでしょう。

 まず一試合目はテクニカルな選手との試合でした。元々こういう相手を得意な彼は、しっかりガードを作り攻めきりました。スイープ合戦となった試合ですが、最終的には彼のいぶし銀スイープが決まり、接戦を制することができました。彼としては技術的に不満が残った試合だったと思います。しかし試合の入りに課題があったので、そこをしっかり訂正できたのは彼にとって意義のある試合になったでしょう。

 そして二試合目はその課題をしっかり意識し、先手を打つことができました。しかしスクランブル状態に持ち込まれバックを奪われてしまい、最後はボー&アローで負けてしまいました。ガチャガチャした展開はポイントをいかに早く抑えるかが、ポジションをとるコツです。次はそういう展開に持ち込まれても勝てるようになりましょう。

 彼はパラエストラ大阪インストラクター陣とは、違った技術系統の持ち主です。最近彼に影響される会員さんも多くいます。技術はしっかりしているので、あとは試合で爆発するのみ、更衣室でのマシンガントークのように、試合でも暴発してほしいです(笑)

2015-11-23-18-02-17

 最後に吉永さんの試合となりました。これはP大勢のメインイベントと言えるのですが、大会の最終試合に選ばれるぐらい注目度が高い試合でした。

 相手の選手は巻きスパイダーを巧みに使う選手で、なかなか崩せなかったですが、パスと極め技を織り交ぜながらせめて崩そうとしていました。しかし相手選手が吉永さんのミスを逃さずスイープをきめて逃げ切られました。
 
 吉永さんはいつもテーマを持って練習し、テーマを持って試合にのぞまれています。それがはっきりまわりに伝わるのは、意識がかなり高いからでしょう。今後もパラエストラ大阪を引っ張っていってほしいです。

 試合の結果は三者三様となりました。前回の試合でも書きましたが、まず試合に出るということは一つの困難を乗り越えてるということになります。試合は必ず勝ち負けがついてしまいますが、試合に出るということで困難に打ち勝った勝者と言えるでしょう。

 出場されたみなさん、応援に来てくださったみなさんお疲れ様でした。また試合運営にかかわったみなさんありがとうございます。



廣瀬








paraosaka at 03:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年11月23日

レグナムJAM速報

吉永選手 0勝1敗
殿村選手 1勝1敗
石井選手 0勝2敗

出場者のみなさん、お疲れ様でした。レポートはまた後ほど、書きます。

廣瀬

paraosaka at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年11月16日

西日本柔術選手権レポート!!

image

 お待たせしました。レポートの時間です。

 今日の主役は...全員でしょう!試合に出た人はみんな勝者です。家庭内予選、減量、追い込み...いろいろな困難を乗り越え試合に出ることはとても素晴らしいことです。これを最初に言わせてください。

 まずは寺西さんから。寺西さんはマラソンを五回完走し、42.195キロを4時間以内で走る猛者です。それと柔術がどう関係あるのかと聞かれるとぼくはただただ困るので、聞かないでください(笑)試合は2-2のレフリー判定負けでした。惜しかったです。諸事情があり試合を見れなかったのですが...。すみません。ここ最近、練習量が劇的に増えメキメキと実力を伸ばしているので、今後が楽しみです。次は「二月ごろにライトフェザーに階級を下げ、試合に出る」と宣言されてました。
 
 そして次は竹嶋さんと種村さん。結果いうと二人とも同じ相手に負けてしまいました。それまでの試合は道場での強さ通り圧勝でした。2人に勝った選手はすごく強かったです。人はどうしても失敗したことを考えてしまいます。しかしそういうものを一切考えず、自分のできることをしっかりこなしていたように見えました。同じ実力だったらこういう積極性のある人が勝つのがスポーツです。そういった意味では、相手の選手がすごかったというしかないでしょう。2人は次頑張ってほしいです。

 さあ今日のMVPは濱谷さんでしょう!自分からがんがん攻めて、3試合勝ち抜き優勝しました。内容がとてもよかったです。濱谷さんは昼柔術がメインなので、知らない人もいると思います。初試合が出張先で試合をするというなかなかクレイジーな人です(笑)普段は物静かな人なのですが、「試合にはどんどん出たい!」とおっしゃっていました。その積極性は普段の練習から出ています。スパーでは必ずテクニックで習ったことを一度は試して使う積極性は試合でも活きたのでしょう。まだまだ伸び代があるので、これからもこの調子で頑張ってほしいです。

 ということで四者四様、思いはそれぞれだと思います。勝っても負けてもまた頑張らないといけないというのは変わりません。また明日から頑張りましょう!

image




◆西日本柔術選手権 結果


竹嶋選手 階級別準優勝 無差別準優勝
種村選手 階級別優勝 無差別三位
濱谷選手 階級別優勝
寺西選手 一回戦敗退



廣瀬


paraosaka at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2015年11月15日

西日本柔術選手権速報

竹嶋選手 階級別準優勝 無差別準優勝
種村選手 階級別優勝 無差別三位
濱谷選手 階級別優勝
寺西選手 一回戦敗退

試合は以上です。試合に出場した皆さんお疲れ様でした。明日から頑張りましょう!

廣瀬

paraosaka at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年10月19日

DUMAU愛知レポート

2015-10-18-11-06-08

 『ASJJF - DUMAU OPEN JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2015』に吉永先生とソッカ先生が出場するため、愛知県半田市の青山記念武道館に遠征してまいりました。西の柔術の聖地と呼ばれるこの会場で大会が行われる場合、出場する選手の半分近く外国人という異国感が味わえる場所です。

 行き帰りは名越の爆笑トークと滑り知らずのギャグが炸裂しとても楽しい旅でした。今日来られなかった皆さんは忘年会での彼のトークを楽しみにしてください。もちろん昨年流れてしまったガースー氏のダンスと一緒に...(笑)

2015-10-18-14-35-17

 初戦となった吉永先生の試合はテイクダウンでトップポジションを取る展開になりました。このルールはテイクダウンは3秒キープがなくてもポイントが入ります。その後ニアパスが何度かあったのですが、普段の『IBJJFルール』と違い『ASJJF』はアドバンテージがなく、結果は2-0の勝利でした。

 ポイントにはつながらなかったですが、いつも練習している技をしっかり使えているところはさすがでした。久しぶりの優勝でホッとされているようです。

2015-10-18-17-15-31

 ソッカ先生の対戦相手はDFCランキング一位の超強豪選手でした。お互い引き込むも相手選手が立ち2ポイントを失う展開となり、『変態』で知られるソッカ先生は手慣れた様子で相手のギを脱がし、攻めこみました。しかし相手選手の圧力に負けパスされてしまい0-5で負けてしまいました。ダブルガードの状態で立った方にポイントが入るのも『ASJJFルール』の特徴ともいえるでしょう!

2015-10-18-17-39-45

 そして三位決定戦は高槻柔術の原田選手との対戦となりました。相手選手はガードは強固でなかなか攻めてが見つかりませんでした。
 
 スイープ合戦の末2-4で負けてしまいました。途中極めれるチャンスもあったので、惜しかったですが、課題も見えた試合になったでしょう。敗因はやましい思いと脇を見たいという思いだと思います(笑)

image

 この大会を通じてのMVPは吉永先生にいきなり『肩パン』を入れた謎の少年でしょう(笑)『肩パン』のあとは名越を引きずり回しボコボコにし、颯爽と走り去っていきました(笑)こんなことできる人はうちにいるのでしょうか?いやいてほしくない...。

 そんな冗談はともかくこの『ASJJFルール』ではテイクダウン力が試合を左右することが多かったです。近年引き込みを多用する選手が多い『IBJJFルール』とまた違った展開がたくさん見られました。特に同点になった後の延長戦のファーストコンタクトはとても重要なものと言えるでしょう。

 


廣瀬

paraosaka at 02:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年10月05日

アマ修レポート!

image



 中村選手よりレポートです。

 赤松選手の一回戦は上のポジションとられて判定負け。

 中村選手は1回戦はバスターくらって反則勝ちでキム選手は一回戦バックチョークで一本勝ち。決勝戦は同門対決で延長までもつれてバックチョークで中村選手の一本勝ちでした。



◆ライト級

  中村選手 優勝
  キム選手 準優勝

◆フェザー級

   赤松選手 一回戦敗退



出場した選手の皆さんお疲れ様でした。


廣瀬


paraosaka at 01:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月25日

パラ大阪の救世主・名尾さん

image

日曜日はDUMAU関西でした。
残念ながらうちのメンバーは次々に初戦で敗退していき、
「このまま全員一回戦敗退か・・・?」
という危機感もありましたが、救世主が現れました。
ギンギンじゃない方のナオさんこと名尾さんです。
(ギンギンだったらすみません)
うちの名尾さんの得意技は三角絞めじゃなくて、十字絞めなどの襟絞め。
白帯の無差別一回戦は一番絞りで秒殺でした。
二回戦ではひたすらパスガードを狙い、阻まれたもののレフリー判定勝ち。
これで3位入賞となりました。
絞めの切れ味は充分なので、もう一つフェイントとなる技や、防がれても安定感のあるスイープやポジショニングが欲しいところですね。
パスガードもひたすらクロスニー狙いだけでしたので、ディフェンスされたところへの捌き系のパスなどを覚えるとより良くなるでしょう。
また今回は残念な結果だった人も次戦に向けて道場での練習に励んで欲しいです。
ちなみに黒帯の部では東京からカルペディエムの玉木強選手が参戦していて、関西黒帯勢との対戦は大変見応えがあって面白かったです。
初戦の林さんとの試合もセリンゲロ選手との試合もどちらも面白かったです。
セリンゲロ選手が宇原さんを飛びつき三角で秒殺したのも圧巻でしたね。
ちなみに私はベリンボロもダブルガードもロクに出来ないので、今の柔術の試合では全く勝てそうにありません。
引き込まれクルッと回転されバックからボゥアンドアローチョークでタップ(もしくは白目をむいて失神)するのが眼に浮かびます。
それかラペラかラッソーで全く動けなくなりルーチ喰らいまくり・・・
いや、恐ろしい、柔術の進化は凄まじいですね。
本当に面白い競技です。
私より年上で試合にドンドンチャレンジされている宇原さんとか凄いですよね。
関根さんは同い年だし。
もう私は過去の栄光にしがみついて生きていくんで、あとは皆さんの応援をしっかり出来るよう頑張ります。

※写真は表彰台での名尾さん
(右端はちょっと太った名越)



タクミ


paraosaka at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月20日

IPPONジャンボリー3結果

image

IPPONジャンボリー3
パラエストラ大阪白帯チーム優勝!
image

脇阪さんが3人抜きで最多勝ち抜き賞を受賞しました!
しかも脇阪さんは今回がなんと柔術の公式試合デビュー戦でした。
さすがのメンタルの強さでしたね!
種村、寺西、山尾、脇阪、名尾、
メンバー全員頑張りました!
お疲れ様でした!


タクミ



paraosaka at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月13日

試合結果

◆Giアマ結果

成富選手 1回戦敗退



◆アマ修斗結果

中村選手 2回戦敗退
赤松選手 1回戦敗退
キム選手 3位入賞‼


出場した選手のみなさん、選手に帯同したみなさん、お疲れ様でした。



廣瀬

paraosaka at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月06日

パンクラス試合結果と反則行為に対する弁明

昨日のパンクラス出場の獅庵の試合結果ですが、3Rにスリーパーホールドで負けてしまいました。
対戦相手のリルデシ選手はかなり強かったです。
また各メディアで出回ってしまっている、獅庵が対戦相手にしたと言われる噛みつき行為ですが、本人曰く「断じてしていない」と申しております。
誤解に対する弁明と致しましては、スリーパー狙いの対戦相手の前腕部が獅庵の口に入り、強引に押し付けられた為に歯形はついてしまったらしく、獅庵が意図的に反則行為をした訳ではないという事です。
本人及びパラエストラネットワークグループ全体の名誉・信用にも関わる事ですので当ブログに書かせて頂きました。
パンクラス大会運営部には試合中にアナウンスされた「噛みつきに対する口頭注意」を公式に取り消してもらうよう申し立てをしており、現在回答を待っている状態です。
試合内容としては完敗、怪我の回復にも時間がかかりそうですが、獅庵は必ずまた強くなって皆様の前に戻ってきます。

応援してくださった皆様、多大なるご声援ありがとうございました。


タクミ

paraosaka at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月05日

初心者の方へ

image

 本日の柔術クラスは4名。先週に引き続き、ベースボールチョークをしました。新入会の方も参加したのですが、初めての方には原理が難しいかったみたいです。いきなりすべてがうまくいくことはないので、少しづつ頑張っていきましょう!

 最近入会される人はたくさんいます。初めての方はわからないことだらけでしょう!ましてや柔術なんて、マイナー競技で見たこともないという人が、多いはずです。特に色帯の人は積極的に話しかけて、いろいろ教えてあげてください!

 来週は「アームロック」をします。こちらも基本技なので、ぜひ参加してください!




◆クローズのお知らせ

7月6日(月)のキッズ空手半山下先生がパンクラスに出場のためクローズとなります。ご理解ご協力のほどお願いします。



◆次回レッスンの告知

  水曜日柔術基本クラス 「クローズドガードの割り方」
  土曜日柔術基本クラス 「アームロック」





廣瀬


paraosaka at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年06月28日

レグナムジャム高槻大会結果

アダルト青帯ペナ級
第1006試合
○殿村謙太 vs 武居林国(大阪大学柔道部BLOWS)
4-2 優勢勝ち

茶帯スペシャルマッチ
シニア茶帯ペナ級
第1022試合
○吉永 博之 vs 奥野 芳久(吹田柔術)
腕十字 一本勝ち

アダルト青帯ペナ級
第1029試合
○殿村 謙太 vs 重久 元幾(柔真會)
0-0 AD 1-1 マイナスアドバンテージ2-2 レフリー判定勝ち

茶帯スペシャルマッチ
シニア茶帯ペナ級
第1059試合
吉永 博之 vs ○津久井 空(ねわざワールド阪神)
0-2 AD 0-1優勢負け

以上の結果となりました。
お疲れ様でした!


タクミ

paraosaka at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月17日

JML、ノリオ完勝!

image

JML、ノリオ1Rバックチョークで一本勝ち!
打撃からテイクダウン、パスガードなど、やっと試合で良い所を出せました。
この調子で来月のアマ修斗も頑張って欲しい!


タクミ

paraosaka at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月05日

速報!大道塾・山田さんが全日本チャンプに!

image

image

いつも出稽古で共に汗を流す大道塾関西本部の山田壮さんが、「北斗旗全日本空道体力別選手権大会」にて見事優勝されました!
二回戦は腕十字で勝って出稽古の成果を見せてくれました。
おめでとうございます!!


タクミ

paraosaka at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月04日

DUMAU 結果

image

吉永
ポイント0-8 AD1-0ポイント負け

広畑
ポイント0-9 AD-1-2でポイント負け
広畑さんに反則のアドバン1

殿村
ポイント0-2からバックチョークで一本負け

今回は皆さん思わしくない結果でしたね。
ただ、負けてもそれをキッカケに自分が前よりも成長出来るのならば、その負けをポジティブに捉えれるはずです。
みんなまだまだ強くなれる!
勝って驕らず、負けて腐らず。
次は6月のレグナム向けて頑張りましょう!


タクミ

paraosaka at 02:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月29日

中澤伸悟、覚悟を決めた漢の強さ

image

image

image

image

29日水曜日、阿倍野区民センターでDEEP大阪大会が開催されました。
パラエストラ大阪からは“魂の漢”中澤伸悟が出場しました。
大会開始前のリングでのウォーミングアップにセコンドの私が付き合いましたが、伸悟の希望で軽いマススパーで向き合った時点で、いつも以上にプレッシャーを強く感じたので、「今日はいけるな」と思いました。
伸悟の試合は第三試合、程なく始まりました。

1ラウンド、序盤軽い打撃の交錯からテイクダウンされてしまい、こちらの青コーナー側で肩固めのピンチ。
なんとか危機を脱出し、スタンドで盛り返したものの、全体的に押されている感がありました。

インターバル時、戻ってきた伸悟が口にしたのは
「左目が見えない」
目を確認しましたが、少しの腫れと充血を確認したものの、原因もパンチなのか、指が入ったのかもわからず、
もう一人のセコンドである、中岡さんと「止めるか・・・?」と相談しましたが、伸悟本人は「やる」と強気の一言。
了承しましたが、万が一もある為、こちらから見て何か危険を感じたらすぐタオルを投入する覚悟を決めました。

2ラウンド開始。
お互い距離を測りつつ、1ラウンドと同じく慎重な打撃戦。
地味に伸悟のローキックがヒットしている。
中岡さんが目を心配し、
「伸悟!左のガードを上げろ!」
と指示を繰り返す。
組みつかれスタンドバックを見せるも、こちらコーナー、ロープ際でバックの相手の顔面に上手く肘を入れる。
今までの練習での指示通り、上手く対処出来ていた。
テイクダウンもうまく凌ぎ、離れて再び打撃戦へ。
ここで伸悟得意の右ストレートが入り相手がダウン!
組みつく相手を強引にグラウンドに持ち込むも、伸悟も疲労と焦りからかコントロール仕切れない。
亀になる相手のバックにつくが必死の相手を完全にはコントロール出来ず、強引ながらパウンドやチョークを狙う。
試合終了。
仕留めきれなかったものの、判定3-0の勝利!
復帰後2連勝を飾りました。

相手選手の応援も多くセコンドの私も焦りましたが、人気者の伸悟は和歌山からの応援団も多く来場してくれ、普段お世話になっている創道塾代表櫻井さんから試合前に頂いたバナーを高らかに掲げる事が出来ました。

左目が試合途中から見えなくなるアクシデントを乗り越えて、今回は得意の右ストレートを当て形勢不利を逆転、勝利を呼び込んだ精神力の強さは正に“魂の漢”中澤伸悟の魅力であり強さです。

もちろんセコンドの中岡さん、私も大喜びしておりました。
嬉しかったなぁ〜。

応援に来て頂いたパラエストラ大阪関係者、伸悟ファンの皆さん、ありがとうございました!
また応援よろしくお願いします!


タクミ


paraosaka at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月06日

関西選手権レポート!

2015-04-05-12-47-02

 本日豊中市の武道館ひびきで行われた関西選手権とADCCのレポートをお送りします。

 出場者は、サシャさんとソンミンがADCCに、成富さんが柔術、廣瀬は両方に出場しました。まずは僕の試合だったのですが、僕は自分の試合をレポートするのは嫌いなので、飛ばして書きます(笑)

2015-03-31-20-23-43
 
 次はサシャさんのADCCでした。相手は川俣さんでした。まあ普段の練習することもある選手なので、試合となるとかみ合わなかったですね。サシャさんから仕掛けていたのですが、テイクダウンディフェンスがうまい相手になかなか攻めきれませんでした。結局テイクダウンにカウンターを合わされ、負けてしまいました。

 写真は火曜日の練習でサシャさんの動きを偵察する川俣さんを激写!!決して悪意はありません(笑)

 次は成富さんのワンマッチ決勝。崩れた形の50/50をキープして辛勝しました。最近試合で勝つことはできているのですが、消極的な試合が目立ちます。まずはしっかり練習するところからとりくみ、スタミナを付けないとジオ分から積極的に動けないでしょう。もしけががあるなら休むだけでなくしっかり治療しましょう。

 そして最後はソンミンの試合でした。試合までにだいぶ時間がありだいぶお疲れの模様でした(笑)彼はテイクダウンをするもしっかり固めることができ出ず、再度テイクダウンをしたところ三角に捕えられ負けてしまいました。しっかりテイクダウンを取るというテーマがあったので、その部分は遂行で来ていたと思います。この調子でしっかり目標を持ち試合に出ていけば、結果は出てくるでしょう。今日はそのスタートなので、次は結果を求めて試合に臨んでほしいです。

 出場者はそれぞれ反省点はあったと思います。試合が終われば、もう次に向けて目を向けなければなりません。しっかり修正して次に望みましょう!




廣瀬

paraosaka at 02:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月16日

3月15日パンクラス、獅庵結果

2015-03-15-12-52-58

2015-03-16-08-46-23

お疲れ様です、タクミです。
土曜日、日曜日は獅庵こと山下のパンクラスのセコンドの為、東京に遠征しておりました。
今回は減量も順調な状態で試合に臨みましたが、結果は惜しくもスプリット判定負けでした。
あくまで私の個人的な感覚での意見ですが、判定基準の最重要項目がダメージならば、明らかに山下の打撃の方が対戦相手にダメージを与えていたと認識しております。
組技におけるコントロールでは、バックから脱出出来ない展開が長かったのはたしかにマイナスですが。
第三者である人間に判定(勝敗の判断)を委ねざるを得なくしてしまう時点で、どっちに転んでもおかしくはないというのも重々承知しているのですけどね。

対戦相手の荻窪選手の体力・技術、そして気持ちの強さは大変素晴らしかったです。
彼の普段の努力、如何に練習に取り組んでいるのかが、試合を見て伺える動きでした。
荻窪選手は山下より更に若く、今回の試合は将来有望なこの若い二人のファイターにとって、とても良い経験になったであろうと思いました。

さて、当の山下本人は至って前向きで、今回の結果を踏まえ、また次に向かって進むでしょう。
私やセコンドに付いてくれた川俣も、山下が更に上のレベルに行く為のサポートを惜しみません。

東京の会場まで山下の応援にお越し頂いた道場や友人の皆さん、ありがとうございました!
また応援よろしくお願いします!


タクミ



paraosaka at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月02日

DUMAU関西レポート!! 〜この日の主役はタカくーん〜

2015-03-01-15-08-53

 お待たせしましたDUMAU関西レポートです。この日の主役はタカくーんで間違いないでしょう。

 彼は見た目の通り全くセンスのない子です(笑)しかしずっと地道な努力を続けてきました。今までは負けることが多く、道場でもほとんどの人にボコボコにされている日々が続いていましたが、大舞台で最高の結果を出しました。この日が彼のためにあったかのように...

 ぼそぼそとしゃべり、笑うというよりニタニタしている...一見怪しい彼ですが、どんな強い人とスパーをしてもねばっこくディフェンスし、食らいつくところからハイヤーベルト人からはすごく重宝されていました。頭すごく悪いですが、意外と質問がまともだったりするところがあります。そして『意外と』素直です。そんな彼のテクニックは繊細で白帯とは思えない物を持っています。

 彼の弱点は余裕を持ちすぎ、技を受けてしまうところでした。あまり自分から攻めることはなく、際の攻防では必ず妥協していました。しかし強い人に対しては粘っこくディフェンスをするところから、「彼は本当に強いのか?」という疑問を持ったこともあります。

 今までの試合では弱点を露呈しすぎていた部分が多かったですが、今回はしっかり修正してきていました。結果だけ見れば、ポイント勝ちばかりなのですが、残り時間が少ない時でもしっかり最後まで一本を取りに行っていました。彼の年齢を考えればこの試合なんて通過点です。そういった意味では守りきるのでなく、攻めきった姿勢はすごくいいと思いました。

 もちろん最後まで攻めれたのは何度も言いますが彼の最大の長所であるディフェンスがしっかりしているからです。見ている側としては下の時すごく安心します。この点にはほかの人も見習ってほしいですね。

 彼は就職のためこれが最後の大会になるかもしれません。そんな思いがあったのかも...いや彼がそんなかっこいいことを考えていないと願いたいです(笑)まだまだ若いので、またいつか再開してほしいですね。 

2015-01-10-21-21-55


たかくーーん、おめでとう!! 



廣瀬

paraosaka at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

DUMAU関西

2015-03-01-18-47-40

2015-03-01-18-39-38

2015-03-01-18-39-43
2015-03-01-11-28-35
2015-03-01-15-08-53
2015-03-01-15-09-04
2015-03-01-15-28-39
2015-03-01-15-28-49

日曜日はDUMAU関西があり、パラエストラ大阪からも多数出場がありました。
ついに再来週から道場に復帰するという
「50/50の754」こと名越が試合結果をメモってくれていたので掲載します。
私が撮影出来なかった表彰台の写真はソッカさんか廣瀬が持っていると思いますので、また機会を見てブログに掲載しますね。
結果の記入漏れ等あれば廣瀬かタクミまでお知らせ頂ければ有難いです。
皆さんお疲れ様でした!

菅さん
一回戦
弓矢絞めで一本負け
無差別
一回戦
手首固めで一本負け

廣瀬さん
一回戦
シード
準決勝
ポイント0-2.アドバン7-0《相手に反則アドバン1 ポイント負け
3位

加藤くん
一回戦
シード
二回戦ポイント
5-0 ポイント勝ち
三回戦ポイント
18-2 ポイント勝ち
準決勝
エレクトリックチェアーで一本勝ち
決勝
7-2 アドバン1-1 ポイント勝ち
優勝

篠原さん
一回戦
ポイント0-2 アドバン0-1《お互い反則アドバン1 ポイント負け
無差別
一回戦
ポイント13-0 アドバン1-0 ポイント勝ち
二回戦
ポイント2-0 アドバン0-0 ポイント勝ち
準優勝

吉永さん
一回戦
ポイント0-2 アドバン2-0?ポイント負け

竹嶋さん
一回戦 
シード
二回戦
袖車で一本勝ち
決勝
ポイント6-0 アドバン1-0《竹嶋さんに反則アドバン1
優勝

名尾さん
決勝
ポイント勝ち
優勝
無差別
一回戦
V1アームロックで一本負け


山尾さん
一回戦
ポイント0-0 アドバン0-0 判定勝ち
二回戦
ポイント0-0 アドバン0-0 判定負け
準優勝

リッキーさん
一回戦
袖車で一本勝ち
二回戦
腕十字で一本勝ち
優勝

※追記
長谷川雄大くん
一回戦 
シード
二回戦
ポイント優勢勝ち
決勝
一本勝ち
優勝




タクミ

paraosaka at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年02月24日

全日本マスターズ 雑感

2015-02-22-11-15-13

 今日更新する内容は、本当にどうでもいいまじめなことです。いるかどうかわからないですが、このブログのファンのニーズにこたえる気は全くないです(笑)

 全日本マスターズ...名前を聞いたときすごく大げさな名前だなあと思いました。正直ほかの大会でも年齢区分はありますし、マスターに特化する意味を感じませんでした。

 しかし大会に参加しエントリーを見ると意外や意外、普段アダルトでバリバリ試合をしている選手が年齢に応じたカテゴリーに出ていました。そこで実はこの選手はこんな年齢だったのかと知ることも多く、びっくりすることも多かったです。実はあの有名選手が自分と同じ世代だった...なんてあり得るかもしれません。同世代だと親近感もあり試合後、仲良くもなれるでしょう。

 普段アダルトで若者に交じりばりばり試合をしている人が強いのでは?と思われるかもしれません。しかしルールが違うのです。厳密にいうと試合時間だけなのですが、黒帯だとアダルトとマスターでは4分も違います。これだけ変われば、戦術には確実に影響してきますよね。そうなると普段マスターで試合をしている選手が勝つことなんて普通にあり得るのです。

 練習でも感じるのですが、マスター以上の世代の人たちの方がフィジカルが強く、テクニックも繊細なものを持っている人も多いです。アダルトは体力自慢の人が多いですよね。アダルトのカテゴリーを勝ち抜くにはスタミナが重要で、試合で強い人は総じてスタミナがあります。アダルトとマスターに技術差がある...そんなことはありません。

 うちの道場は比較的マスターの世代の人が多いです。遠征してみたいと思われる方はぜひ来年の全日本マスターズを目指してみませんか?

 マスターだけの全日本マスターズに対して、アダルトだけの全日本選手権を狙うというのもありです。普段マスターにしかエントリーしない選手もここだけはアダルトで参戦するという人も多くいます。全日本の冠のつく大会にはずれの大会はないです。今年から連盟もIDがなくても出られるようになりました。東京は遠いですが積極的に参加してほしいです。

 遠征も楽しいですよ!




廣瀬

paraosaka at 02:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年02月23日

試合レポーーート!!

2015-02-21-18-49-54

2015-02-21-18-45-22

 柔術チームは本日、全日本マスターズ・関東オープンに参戦してきました。赤いキモノ来た紫色が大好きな(ソロコンサートのチケットは外れたそうです)先輩に道場の代行を引き受けていただき、私は東京へ向かいました。

 まずは大阪駅でエスカレーターの上っていたら反対側からパラエストラ大阪へ向かう野藤が下ってきました。とりあえず肩をどついたら周りの人はドン引きでした(笑)けっしてパワハラではありません。

 新幹線は今日とから隣にきれいな女性が座り、居心地がよかったです。 

2015-02-21-23-32-59

 ホテルはインターネットで『7.3』の高級ホテルに泊まりました。

 しかし部屋にはコンセントがなく、体重計は2キロ以上(推定)ずれていて、サウナの温度は低いというなかなかの居心地でした。今思うに100点満点での『7.3』という評価だったのかもしれません。

2015-02-22-08-24-48

 写真はスカイツリーですが、試合会場は、台東区リバーサイドスポーツセンターでした。

 会場にパラエストラ和泉のエンブレムの旗があったのでそこに集まりました。遠征の時あんなエンブレムがあると待ち合わせしやすいです。

 そして僕の試合が始まり終わりました。



 谷脇さんは会場に来る前に朝マックをしてきたそうです。会場では... 




2015-02-22-11-41-07




 おにぎりを食べ... 



2015-02-22-11-45-12




 メロンパンを食べ... 




2015-02-22-11-53-17




 武元さんとイメトレをし... 




2015-02-22-11-56-51




 トイレに行き... 




2015-02-22-12-10-33




 瞑想していたら... 




2015-02-22-12-11-14

 


 金沢さんが到着!!そうしたら... 



2015-02-22-12-23-46
2015-02-22-14-17-49



 テンションが絶頂に!! 




2015-02-22-13-34-50

 


 表情で試合の結果を察してください!! 



 帰りの新幹線でもとなりにきれいな女性が座りました。しかも名古屋で入れ替わりました(笑)今は幸せな気分です(笑)



 試合のレポートは以上です(爆)




廣瀬

paraosaka at 00:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年02月22日

漢・中澤伸悟がついにプロ初勝利!!

2015-02-22-18-15-03

2月22日日曜日、ニンニンニンとハットリくんのような今日ですが、東京では柔術の全日本マスターズと関東オープンに、それぞれソッカさんと廣瀬が出場でした。
そして和歌山ではMMAイベント「グラディエーター和歌山大会」が行われ、パラエストラ大阪より中澤伸悟が出場しました。

伸悟は約2年ぶりのプロ復帰戦です。
彼は地元和歌山で自分の会社を経営する経営者。
様々な事情があり、パラエストラ大阪にもしばらく来ていませんでした。
しかし彼の格闘技への情熱は衰えず、練習を継続し、今回一階級下げてバンタム級での出場でした。
対戦相手は全くデータの無い韓国人ファイター。
サウスポーで伸悟より長身の176cmという情報ぐらいしか事前にわかりませんでした。
彼の長年の打撃の師匠である中岡さんとのミーティングで綿密に計画を立て試合に臨みました。
大阪でもそうでしたが、入場から観客に大人気の伸悟。
地元では尚更ですね。

想定よりもパワフルな相手の打撃をかわしながら、ローキックやワンツーでプレッシャーをかける伸悟。
タックルにフロントチョークを合わされる場面が三度も続きましたが、全てキッチリとデフェンスし、最後はついにパスガード。
フィニッシュはなんとグラウンドでのボディへの膝。
地味に上手い事は知っていたものの、まさかのフィニッシュに驚きました。
相手の悶絶ぶりにレフリーがストップし伸悟のTKO勝利!!
リングサイドまで押し寄せるサポーターたちと抱き合い、絶叫して喜びを表現する伸悟。

試合後は
「年齢的にもあと何戦も出来ないけどこれからも漢気を見せます!これが俺のスタイルです!」
とカッコ良すぎるマイク。
伸悟は2012年7月8日にプロデビューしてからプロ初勝利です。
彼自身も言うようにあと何戦するかはわかりませんが、毎試合その漢気で闘い抜き、観客を熱狂させるそのファイトスタイルは正にプロフェッショナルの姿です。
少し気が早いかも知れませんが
次戦が楽しみですね。

伸悟、本当におめでとう!!


タクミ






paraosaka at 19:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

マスターズ速報

ソッカ先生若者へ挑戦するもポイント負け。

廣瀬

paraosaka at 13:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!