スポンサードリンク

 

謝罪文のポイント

謝罪文のポイント

謝罪文や反省文を書くにあたってのポイントですが、とにかく素直に謝罪することでしょう。
こちらが反省してお詫びしていることを、きちんと伝えることが重要です。
そして、謝罪文を書くのは解りやすい簡潔な文章で書きます。
まわりくどい文章では「何について謝罪しているのかさっぱり解らない」と余計に相手のお怒りを買ってしまうかもしれま

せん。
とにかくわかりやすい文章で、謝ってください。
そして、お詫びする気持ちを最初に書いたら、次にはどのように対応したのかを書くようにします。
謝罪文や反省文では、最後に理由を書いて、お許しくださるよう相手に伝えます。
最初に理由は、絶対に書かないようにしましょう。
理由が最初に来てしまうと、言い訳がましい文章になってしまいます。
最初に謝罪して、次に相手に対しての対応を書きます。
ここが相手にとって一番の重要ポイントとなります。
ミスというのは誰でも起こすものでしょう。
ですから、きちんとそれに対して対応してくれていれば、さほど大問題に発展しません。
ただ、その対応の内容が相手を満足させるものかどうかは相手次第というところもありますが、対応をきちんとしている

という姿勢は現さなければなりません。
そして最後に理由がきます。
きちんと対応してくれていることが理解できれば、相手も聞く耳というものを持ってくれます。
聞く耳を持っていただいてからでないと、理由というのは受け入れてもらえないものです。
聞く耳を持っていない相手にいくら理由を言っても、さらに怒りをかうだけですから気をつけましょう。

pardon105 at 04:03│TrackBack(0)clip!謝罪文 | 反省と謝罪

トラックバックURL

お詫び文.com QRコード
QRコード