兵庫県ペアレントメンターblog

知っていますか?ペアレントメンター☆ このブログは、兵庫県内でご活躍中のメンターさんの活動報告です。 ゆっくりご覧になって下さいね。                           ※ペアレントメンターとは、先輩保護者の意味で、よき相談相手のことです。

H28年度ペアレントメンター実績報告

H28年度、ペアレントメンターさんにご活躍いただきました結果をご報告させていただきます。
                                    (事務局把握 8.1分)

講演

 ・716日(日)  発達障害サポーター養成講座にて  1
 ・1129日(火) ペアレントメンター講演会     2

121日(土)  ペアレントメンター講演会     1

125日(水)  児童発達支援事業所 保護者向け講演会 1

33日(金)  市町保健センター 保護者向け講演会  1


相談

 ・1129日(火) ペアレントメンター相談会      3名(5名の相談者の対応をしていただきました)

ブログ

 ・3件 講演会終了後

ご協力いただいたペアレントメンターさん皆様お疲れ様でした。

昨年度と比較して、活動が少しずつ増えています。

ペアレントメンターさんをご紹介してほしいというご依頼も少しずつお聞きするようになりました。
地道に、一つずつ、活動の場を広げていきたいと思います。

 

今年度も、ペアレントメンターさんみなさんのご活躍に期待しています!
よろしくお願いいたします。


ペアレントメンター講演会 の活動報告

こんにちは、ピュアブルー です。

 

 2017121日(土)アスティアかさいにて「発達の気になる子どものお父さん、お母さんへ」の中で「共に悩み、共に喜ぶ子どもとのであい~これまでの子育てを通して~」と題してお話をする機会をいただきました。

今回は、同じ保護者の方にお話をするということで、あくまでも私のひとつの経験談として聞いた頂けたらなぁという気持ちでお話をいたしました。そして、話を聞いている中で、少しでも気持ちが軽くなって頂けたらなぁという思いで、お話しました。

 

 この日は、1時間半のお話でした。

私が子育ての中で大切にしてきたこと、どのように工夫してきたかをエピソードと共にお話しました。



 また、この日を迎えるにあたって、我が子の今までのことを振り返りながら、少しですが、これからのことを考えるよい機会になりました。

ありがとうございました。



 最後に、今回は悪天候が心配される中、前日から準備をしてくださいましたクローバーのスタッフのみなさま、また、今回の機会を設けてくださいました兵庫県自閉症協会の皆さまに感謝いたします。ありがとうございました。

 

発達障害サポーター養成講座(児童期)での講演報告

こんにちは。ピュアブルー です。
 

2016716日(土)明石市産業交流センターで行われました「発達障害サポーター養成講座(児童期)3日目」の中でお話する機会をいただきました。

この講座は、保育士、幼稚園教諭、児童福祉施設職員等を対象にした、発達障害のある子どもと保護者への支援について学ぶ講座で、受講生は39名でした。

休日の貴重なお時間を使って学んでおられる先生方に、感謝の気持ちいっぱいでお話させて頂きました。

 

私は、この日の「保護者の体験談」で1時間の話をしました。

特性に関係のあるエピソードを我が子が産まれてから、乳幼児期→診断→学童期と時系列で話しをしました。特に、学年の節目節目での引継ぎのことと記録を残すことは、これからの子どもたちの役に立ててほしいという思いで話しました。

 

今回の話をするにあたって、保育所との連絡帳や学校でのノート、作品を見返したり、家族と昔の思い出話をしました。いろんなできことを忘れていて、いつも何か起こると「ネタがひとつ増えたなぁ。」と言って、笑い飛ばしている自分に気が付きました。そして、我が子が産まれてから今までずっと、たくさんの方々に助けて頂いたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

最後に、今回、息子を通して、家族でいろんな話ができたことで、これまでを振り返るよい機会に

なりました。お話する機会をくださったクローバーさんに感謝します。ありがとうございました。

ギャラリー