兵庫県ペアレントメンターblog

知っていますか?ペアレントメンター☆ このブログは、兵庫県内でご活躍中のメンターさんの活動報告です。 ゆっくりご覧になって下さいね。                           ※ペアレントメンターとは、先輩保護者の意味で、よき相談相手のことです。

発達障害サポーター養成講座(児童期)での講演報告

こんにちは。ピュアブルー です。
 

2016716日(土)明石市産業交流センターで行われました「発達障害サポーター養成講座(児童期)3日目」の中でお話する機会をいただきました。

この講座は、保育士、幼稚園教諭、児童福祉施設職員等を対象にした、発達障害のある子どもと保護者への支援について学ぶ講座で、受講生は39名でした。

休日の貴重なお時間を使って学んでおられる先生方に、感謝の気持ちいっぱいでお話させて頂きました。

 

私は、この日の「保護者の体験談」で1時間の話をしました。

特性に関係のあるエピソードを我が子が産まれてから、乳幼児期→診断→学童期と時系列で話しをしました。特に、学年の節目節目での引継ぎのことと記録を残すことは、これからの子どもたちの役に立ててほしいという思いで話しました。

 

今回の話をするにあたって、保育所との連絡帳や学校でのノート、作品を見返したり、家族と昔の思い出話をしました。いろんなできことを忘れていて、いつも何か起こると「ネタがひとつ増えたなぁ。」と言って、笑い飛ばしている自分に気が付きました。そして、我が子が産まれてから今までずっと、たくさんの方々に助けて頂いたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

最後に、今回、息子を通して、家族でいろんな話ができたことで、これまでを振り返るよい機会に

なりました。お話する機会をくださったクローバーさんに感謝します。ありがとうございました。

「すまいるカフェ」での活動報告

こんにちは。

カモミールオレンジ です。

 


今日は、「すまいるカフェ」での活動をご紹介させていただきます。

1回(主に火曜日)10001200頃、療育センター(豊岡ブランチ担当圏域内にあります)にて、活動をしています。参加者は療育センターに通われた事のある保護者・現在、通われている保護者46人で、メンターは、現在、2~4人で関わる事が多いです

 

子どもが小さい時、私はトラブルをおこす息子たちの事を周囲に謝ってばかりの生活でした。お母さん同士の輪にも入れず、周囲から孤立しているような孤独感を感じていました。でも、療育センター主催の茶話会などで他のお母さん方と同じような悩みを話す機会を持つことができました。一人で考えていると、行き詰まってイライラしてしまうことも、話すことでストレス解消になり、そしてお互いに褒めあうことで子育ての自信につながっていったように思います。今も、ペアレントメンターとして茶話会に足を運んでいます。参加される方は何度も来てくださいますので、先月悩んでおられた事・気持ちがどう変化されていったのかお聞きすることができ、それっきりではない関係がとても良いなと感じています。

 茶話会の形で、メンターの様々な体験がどなたかににマッチした形で参考になりますように、と願いながらこれからも活動していきたいと思っています。

事務局よりお知らせ <H27年度ペアレントメンター実績報告>

H27年度ペアレントメンター実績報告

H27年度、ペアレントメンターさんにご活躍いただきました結果をご報告させていただきます。
                                    (事務局把握 5.11分)

●講演
 ・8月30日(日)  発達障害サポーター養成講座にて  1名
 ・2月12日 (金) ペアレントメンター講演会      2名

●相談
 ・2月12日(金) ペアレントメンター相談会      5名(10名の相談者の対応をしていただきました)

●ブログ
 ・発達障害サポーター養成講座報告         1名


2月12日(金)にペアレントメンター講演会と一緒に開催しました相談会では、多くのご希望をお伺いしました。
お申込みの時点で期日の関係でお断りさせていただいた方もおられ、ニーズの高さを感じています。
その後も、ご講演を聞かれて、メンターさんに相談したいという希望での相談依頼も頂いています。

ご協力いただいたペアレントメンターさん皆様お疲れ様でした。
今年度も、ぜひご活動いただければ・・と思っております。
よろしくお願いいたします。








 
ギャラリー