ダウンロード先

ジャンル:RPG

イメージ668

イメージ669

◆はじめに

ランス10を終えて1年ちょっと。
管理人のランスシリーズのプレイ遍歴を振り返ってみれば
鬼畜王から始め、そこから6→7→8→9とシリーズを楽しんだが、
ファンとしては昔の作品もやはりプレイしておきたいので
ちょうど01と03のリメイクも出ていることなので両方とも購入。

これまでのあらすじ的なもので概要は把握しているが
やはり実際にやってみると当たり前だが細部がよくわかる。

イメージ671

イメージ673

◆操作性

マウス操作のみ。
操作性自体は問題ない。

◆ユーザインターフェース・ユーザビリティ

非常に悪い。
全体的に使いにくく利便性は低い。
詳細は後述。

イメージ688

◆ストーリー

初代作品ということで舞台はリーザス。
シィルは開始時点からいることを何気に初めて知った。

また発売当時はアダルトゲーム界隈はあちこちを探すADVが多かったことからか、
リメイクされた本作も場所を移動しては調べまわる昔ながらのコマンド型総当たり方式。

イメージ670

◆グラフィック

画面のレイアウトは比較的わかりやすく、
ダンジョンや戦闘も直観的で良い。

店のデザインも特にパティとミリーの店は個性的で目で楽しむことができた。
そういった視覚から入る情報は
 ・ヒロインのキャラクタ性
 ・どういう店なのか
といったものが伝わりやすく、上記以外の背景も
 ・この世界の価値観、世相、生活様式
などがわかりやすくて非常に良かった。

特に武器屋「あきらめ」は一番好きなデザインで多すぎる情報量は
色々と想像力が掻き立てられる。

イメージ682

◆キャラクタデザイン

このリメイク版はマグナムと9の間に発売されたこともあり、
さすがに洗練されたキャラデザだ。
みんな可愛くて良い。

あとこのキャラクタは初代に登場していたのか、という
不思議な感動もあった。

イメージ674

イメージ675

イメージ676

イメージ677

◆サウンド(BGM/SE/ME/VO)

サントラ購入済み。
というか先にサントラだけ購入していた。
特にこれといって強烈なインパクトのある曲はなかったが、
リーザスのBGMである「ランランランス」はランス10の
「Grand Ending Movie」で使われたフレーズであることに気づいてニヤリ。

またプレイ当時はそれほど集中して楽曲を聴いていなかったが、
クリア後にサントラの音質で改めて聴くと
 ・ランランランス
 ・ゴー緑色ゴー(フィールドBGM)
 ・来たら、倒す(通常戦闘)
 ・来たら、倒される(ボス戦闘)
が特に気に入った。

◆難易度

戦闘は常に1対1。

魔剣カオスもなければ仲間もいなく、
ただの冒険者であることを忘れていたので、
最初の盗賊退治で盗賊に普通に負けたときには
「えっ、ランスがもう死んだんだけど…」と画面を二度見して驚いた。

なるほど、これが初代……とランスもこの頃は
まだ弱かったのだなと身を以って知った。

バランスとしては攻略中のダンジョンについては
常に一方的に楽な展開になることはほぼなく、
武器防具のクールタイムを意識しないと
道中でも容赦なく殺されるが立ち回りについては
最初のフィールドで自由に動き回れるので
そこで勘所を掴むことができる。

イメージ692

◆プレイアビリティ・プレイフィール

物語としては楽しめたがゲームとしてはいまいちだった。

常に金策に苦しめられ、所持品枠が少ないこともあり
考えて立ち回る以前にただただ面倒な部分が多かった印象。
正直ランスシリーズでなければ途中でやめていた。
あとはもうイベントの突破条件のわかりにくさと
所持品枠のバランスの悪さも大きなストレスとなった。

ストーリーについてはオチはわかっているということもあり、
「過程を楽しむ作品」として考え方を切り替えることによって
大いに楽しむことができた。

リアの所業についてもプレイすることで悲惨さもよく伝わり、
これを見た後にランス10のリーザス陥落時のリアを思い出すと
なるほど、あれは因果応報なのかとしっくりきた。

イメージ678

イメージ679

イメージ681

イメージ687

◆不満点

・イベントアイテムが所持品枠を圧迫しやすい
(通行手形とコロシアム参加権。イベントアイテムはフレーバーで良かったのでは?)
・倉庫の上限が少なすぎる
・妃円屋敷上階への進行方法がわかりにくい
(当時のままなのだろうが今時ドンキーコングは連想しづらいし、
 そもそもこれまで先へ進むのにアイテムが必要だったイベントは
 最初の盗賊退治しかなく、それについてもわかりやすく
 必要アイテムを指定してくれていたので不親切極まりなかった)
・未回収CGは取り返しのつかないものが多く感じられた
・経験性稼ぎ、資金稼ぎがとにかくだるくルーチンワーク
・オートセーブがあるとはいえ、特定の場所でしかセーブできないのが不便
(場所移動で時間が経過するという仕様も宿に戻ってセーブする、という
 行動に結び付きにくく時間を無駄にした感があって手動セーブに抵抗感があった)
・アイテムの種類が多くても最初から最後まで所持品枠は
 武器防具でほぼ占められるのでアイテム所有の選択の幅が狭く、遊びにくかった
(UIとゲームデザインが噛みあっていない)

イメージ684

イメージ685

イメージ686

作家性

ランスシリーズ第一作目ということで
この世界を存分に楽しめるアリスソフトの
オリジナリティをしっかりと味わうことができた。

強烈印象

これまでのシリーズを知っているだけに
初登場キャラクタのランスへの対応が新鮮。

イメージ694

気持ちよさ・カタルシス

ラスボス撃破後。

総括

シナリオは楽しめたがゲームとしては楽しめなかった。
未回収CGなども頑張って集めたくなるコレクター心より
面倒くささが上回ってしまったのはアダルトゲームとして明確な難点。

また総じて言えることとして
・資金稼ぎのだるさ
・所持上限関連の管理の面倒くささ
これさえまともであれば、と言わずにはいられなかった作品でもある。

クリアまでのプレイ時間は15時間ほどだったが、
このうちの5時間ぐらいは時間を無駄にした気分。

ダウンロード先

イメージ691

イメージ689

イメージ693

イメージ695

イメージ696