『フランスのラグジュアリー産業――ロマネ・コンティからヴィトンまで』(文眞堂)刊行のお知らせ

カテゴリ:
パリ稲門会名誉会員でありパリ稲門会東京支部会員(元会長)の内田日出海様より以下のご案内をいただきましたので皆さまと共有いたします。
なお、書籍のリンクはこちらです。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4830949589/fujishobo-22/

●●●
此度Louis Bergeron, Les industries du luxe en France, Editions Odile Jacobを翻訳いたしまして
『フランスのラグジュアリー産業――ロマネ・コンティからヴィトンまで』(文眞堂)
という題で刊行いたしました。
ご関心の向きにはご高覧いただければ幸せでございます。

成蹊大学経済学部
内田 日出海
47

パリ同窓会合同ピクニック@パリプラージュのご案内7月28日(金)

カテゴリ:

稲門ほころびの会 深沢隊長です。恒例のパリプラージュで夕涼みピクニックのお誘いです。参加お申し込みは不要、誰でも適当に来てくれればそれでオッケーのゆるーい会です。お気軽にご参加ください!
 ***** 記 *****
【日時】 2017年7月28日(金) 19:30くらいからぼちぼち開始、終わりは成り行き。雨天中止。決行か中止か、迷った場合は多分決行です。だって隊長食べるものとか準備しちゃってるもーん。
【持ち物】 飲むもの、食べるもの、各自持ち寄りでお願いします。河岸は風が通って涼しいので、あまり薄着だと夕方は寒いかも。
【費用】 持ち寄りピクニックなので、ありません。
【場所】 ノートルダム橋の上流側すぐ。地下鉄最寄はHotel de Ville駅。いい感じのベンチと芝生があります。特にピクニックエリアではないのでテーブルやテントはありませんが、逆にピクニック客がいなくて場所どりがラクそう。偵察に行った7月10日時点ではだれもピクニックしてませんでした。
Google Mapだとここです:


image003

お花見報告

カテゴリ:
日中は曇りまたは雨、夕方からは晴れ間も。。。という希望の少ない天気予報を受け、朝から参加を迷われる方も多いだろうなと予想される中、午前9時頃、深沢隊長はスパッと「決行」を決定されました。当方が向かった11時頃から案の常雨が降り始め、11時30分頃にはかなりの雨量に。。。これは今年はとうとう前代未聞の現地中止決定、解散もありうるなと思いつつ駅についた12時10分前頃に、なんと雨がピタッと止み、青空もかいま見えるほどに。。。きっと今年のお花見には晴れ男、晴れ女が参加されたのに違いない。後から加わった方も含めると、最終的には約30名ほどの参加者が!寒くて雨が今にも降りそうなお天気にもかかわらず、手の込んだお料理ととっておきのお酒を手にご参集頂いたところに、花見にかける皆様の意気込みを感じました。稲門会の他、三田会、ソフィア会、赤門会、如水会、関西学院大学、学習院、その他の大学同窓会からもご参加いただきました。満開が先週の日曜だったそうなので、少し散り気味ではありましたが、花吹雪の中、花びらの絨毯の上、途中で雨にも降られず、恙無くお花見終了。ご参加の皆様、ありがとうございました。また、毎回隊長として皆を率い、雨用テントのご用意、設置、食器の用意から会場撤収まで見事にこなしてくださる深沢さんと奥様のきみこさん、今年もありがとうございました。来年は、もう少しギリギリに日程を決定して開花状況と天気にハラハラさせられないお花見もいいかもしれません。(アルブイ)20170417_133035

天気予報では、晴れ、曇り、雨が交錯する1日となりそうですが、お花見は決行いたします。ご参加の方は雨の場合の用意もなさってお集まりいただけますようお願いいたします。

O-hanami d'aujourd'hui est maintenu. Merci neanmoins de prevoir des vetements en cas de pluie.


新年会2017年@前山

カテゴリ:
朝は−5度を記録するほど寒い中、2017年度新年会は今年もシャンゼリゼにほど近いレストラン「前山」で開催されました。46人の参加、うち学生さんが13人(リヨンからも3人参加!)、新入会員が10人、閉会間際というのにドタキャンせずに駆けつけてくれた方もお2人。。。今年はリーマンショック以来、最多の参加人数となり、外の寒さとは反対に会場は開始直後から熱気に包まれました。レストラン「前山」さんのお料理は枝豆、前菜、唐揚げ、おでんからの握り寿司!と毎年豪華になる印象。立食でお店全体を埋め尽くした会員の間を縫って無駄なく行き届いたサービスをなさるお店の方にも感激しました。
会長の新年の挨拶、副会長の乾杯、自己紹介、オークション、校歌斉唱、写真撮影と、毎年かわらぬ式次第ながら、多くの新入会員と学生さんの参加で、毎回本当に違う集まり。年齢を超え、職種を超え、国境を超えて集ったこの会が、皆様にとって年の始めにふさわしい「心潤う会」となりましたことを祈ります。(「心が乾いてはいけない」というテーマの会長の挨拶より引用させていただきました)
閉会後、外に出ると朝よりも寒さが少し緩んでいました。
(事務局 アルブイ 写真 鎌田)
2017 photos2017 shinnenkai_22017 photos_3新年会2017

コンサートのお知らせ

カテゴリ:
パリ稲門会会員の安本さんより、以下の2つのコンサートのご案内をいただきました。
ご参加希望の方は安本さんまで、直接お問い合わせください。

1)山形由美(フルーティスト)デビュー30周年記念コンサート
(共演:パリ在住の名手・菅野潤(ピアノ))
・日時:2016年11月9日(水) 20時開演
・会場:パリ日本文化会館 大ホール(地下3階)
・入場料:15€(一般)/13€(学生・高齢者)/11€(会員)

2)米金孝雄(駒沢女子大学人文学部教授)講演会&シャンソン・コンサート
*講演「日本に於ける仏語教育とシャンソン・フランセーズの一考察」
*シャンソンコンサート:・ヴォーカル:米金孝雄
・伴奏:山形由美(フルート)
芦川真理子(ピアノ)

・日時:2016年11月10日(木) 20時開演
・会場:パリ国際大学都市 日本館 大サロン
・入場無料

*お問い合わせ : 安本總一 06-75-29-10-53 soichi.yasumoto7@gmail.com
23

パリ稲門会員の梶さんより、
早稲田OBのミュージシャンMZO氏が参加されるということで、以下のパリのクラブでの音楽イベントのご案内をいただきましたのでご紹介します!

◆JAZZ NIGHT "MUSIC×SAKE"

・日時: 9月27日(火) 20:00 open/ 20:30 live start
・会場: La Dame de Canton (Port de la Gare 75013 Paris)
・チケット: 前売り券(8€) / 当日券(12€)
⇒以下のサイトよりご購入頂けます。
https://www.weezevent.com/33degreesmusicandsake

・出演バンド
㈰Basementピ
https://www.facebook.com/BasementPPP/?fref=ts
早稲田大学のOBであるMZO氏をはじめ、各方面でプロとして活躍する
現役ミュージシャンが集まり結成されたバンド。
レユニオン島での音楽フェスティバルに日本人として初めて招待されるなど
国内外で高い評価を得る。
ジャンルは、JAZZ/FUNKをベースに日本の歌謡曲の要素も取り入れた
オリジナルスタイル。今後の活躍が大いに期待される。

㈪Michelle Michina
https://www.facebook.com/michelle.michina/
日仏ハーフのシンガーソングライター。
日本で全国ツアーをするなど、両国で活躍中。

お花見会ご報告

カテゴリ:
4月17日(日)、ちょうど12時頃から雨が降り出して昨年を思わせるお天気で心配しましたが、その後晴れ間も見えるお天気となり、大学合同お花見会は無事開催されました。この日、ソー公園の桜園は不安定なお天気だったにもかかわらず、お花見客で埋め尽くされ、在仏日本人のこの時期にかける意気込みが感じられる中、当会もたくさんの皆様にご参加を得て賑やかな会となりました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました!そして毎年ビニールテント持参で仕切ってくださる深沢隊長、お疲れ様でした。
12985464_10153680993524891_7095155760569014238_n

パリ稲門会東京支部「春の例会」ご報告

カテゴリ:
パリの皆様、一番良い季節を迎えアウトドアでの生活を楽しまれていらっしゃることと思います。
熊本では大地震から2週間が経ち、鉄道・道路はどうにかつながりましたが、住宅の被害が大きく
普通の生活を取り戻すにはかなりの時間がかかるようです。

東京支部では4月15日に開催した第50回例会に初めて応援部4名の出演を得て大いに盛り上がりました。加藤雄三さんからその写真集を頂戴したので添付致します。
翌16日のテレビ東京「アド街ック天国」は高田馬場が対象でしたが、居酒屋「源兵衛」に登場した3人の応援部員の1人は 我々の例会に出演した学生だったようです。

前回は合田隆さんが過去の例会やパリでの写真をプロジェクターで紹介されましたが、今回はそれに加えて「第1回例会開催案内」「2006年発行の30回記念文集パリ、東京、ワセダ」の全ページ、'94年の「パリ日本人会新聞に掲載されたパリ稲門会紹介記事」を1枚のDVDに収めたものを配布して頂きました。労作です。

日本では 熊本の後、中央構造線上の四国か南海トラフ南端の日向灘沖で大地震が発生するとか さまざまな予測があり黄金週間中とはいえ何となく落ち着かない日々です。都内地下にも未確認の活断層があるかも知れず、日本国中安全な所はなさそうです。 
一方ヨーロッパではテロという人的災害がいつどこで発生するかも知れずやはり不安なことですね。くれぐれも気を付けてお過ごし下さい。

松崎潤一・東京支部会長
26

このページのトップヘ

見出し画像
×