この日はロイカトンのお祭りの日。
みんなクラトンを川や池、手近なところでは、マンションのプールなどに
も流します。

主人がホテルでパーティがあるので、アナンタラでしようと言う
ことになり、参加しました。
8000円くらいの参加費でなかなかお高いのですが、
この日はリバークルーズ船もいつもの倍の料金みたいだし、
まだ、ホテルのパーティの方が安かったようです。
DSCF0577















入り口では、氷の象さんがお出迎えしてくれます。
DSCF0576














ロイカトンの日はどういうわけか、各場所で美人コンテストが開催
されるのです。アナンタラの美人従業員の方々。6番の方が
まだみえていませんが・・
DSCF0579DSCF0580







料理はいつもより豪華版です。主人は生牡蠣とスライスサーモンばかり
食べていました。
DSCF0583DSCF0585







ペキンダックもあったようですし、この蟹は身がたっぷりで美味しかったですよ。
DSCF0586














このトムヤムクンのスープは三回飲んだ中で一番、こくがあって
美味しかったです。トムヤムクンは初めての人は苦手という
人が多いけど、友達も先生も気に入ったようで、よかった!
DSCF0610















室内はデザートやフルーツが並んでいます。
IMG_1611IMG_1610







フルーツカービングの写真。タイの人って手先が器用なんですよね~
果物の芸術作品ですよね~

食べながら舞台での出し物を見ます
DSCF0587














上手の撮れてないけど、タイダンス。
DSCF0612DSCF0613










ラーマキエンのショーもあります。
その後は美人コンテストです。
DSCF0617














こちらは、2位の方
DSCF0621















一位は6番、私も6番に投票したんです隣の白人女性は誰?CEOかしら・・

さて、船着き場では、みんなクラトンを流しています。
DSCF0596














夜の船着き場はムードありますね。
DSCF0592DSCF0595







ホテルの大きな、クラトンと私たちのクラトンです。
DSCF0597DSCF0605







クラトンのロウソクや線香に火をつけて、10バーツを中に入れ、
お願いをして流すのです。
DSCF0604















ホテルの係りの人が、受け取って流してくれます。
DSCF0607














川から見た、アナンタラリバーサイドホテル
DSCF0611














よく見ると、空に明るい点がいくつも見えるでしょう~
04159






これは、拡大するとこういうなんて言うのかしら~
「コームローイ」と言われる物を空にいっぱい飛ばしています。

そして、10時半もすぎたころ、川向うから花火があがり、
アナンタラは船着き場のすぐそばで、小さな船から花火をあげました。
DSCF0642















花火の写真は難しいです・・
DSCF0639














火の粉がかかるくらいの近さで花火を見たのは、初めてと
先生も友達も感動していました。この花火でフィナーレをむかえて
お開きです。

住んでいたころは、公園とか、マンションのプールで流すだけだったので、
いい思い出になりました。
チェンマイのロイカトンの記事です。