駅からハイキング・ファンの皆さん、お元気ですか。

今回は、JR「駅からハイキング」、宇都宮線小山駅を起点とする、
「思川を歩く開運のサクラめぐり」
に行ってきました。

コースはこちら。約10kmのコースです。
01コース(小山1704)
コースマップは文末にあります。

今回のコースは、「思川(おもいがわ)桜」という、小山市の「思川」沿いの
地域原産で、ソメイヨシノより遅く咲く、八重桜に近い品種の桜を、
「思川」沿いを歩いてめぐるものです。

訪問した日は、全体としては7から8分咲きぐらい、場所によっては満開の、
ちょうどいいタイミングで、「思川桜」を見て回ることができました。

なお、桜の画像をたくさん載せたので、総画像数が、とても多くなって
しまいました。

では、スタート。

【小山駅/おやま本場結城紬クラフト館】
スタート受付場所の「おやま本場結城紬クラフト館」です。
02-1おやま本場結城紬クラフト館

いきなりですが、すぐ前にあった「防火水そう」。
02-2防火水そう

「小山駅」です。
03小山駅

駅前の通り、「祇園城通り(ぎおんじょうどおり)」にも、
「思川桜」が植えられています。満開です。
04祇園城通り

【まちの駅 思季彩館】※寄り道
ここは、帰りに、ゴール前に、立ち寄りポイントに設定されている
「まちの駅 思季彩館」です。
05思季彩館

庭に、「評定開運水」というのがありました。
06評定開運水

舗道には、こんなデザイン。
07舗道

「県道265号」を進みます。
08県道265号

【小山宿脇本陣跡・明治天皇小山行在所】※寄り道
その「県道265号」沿いに、「小山宿脇本陣跡・明治天皇小山行在所」
がありました。
09小山宿脇本陣跡・明治天皇小山行在所

【常光寺】※寄り道
コースの「県道265号」から、はずれた場所にあるのですが、
遠くに見えたので、来てみました。「常光寺(じょうこうじ)」です。
10常光寺1

山門。
11常光寺2

説明板。こういったものがあるそうです。
12常光寺3

六地蔵尊。
13常光寺4

水子地蔵尊。
14常光寺5

近くへ。
15常光寺6

本堂です。
16常光寺7

近くへ。
17常光寺8

さらに近くへ。
18常光寺9

中を拝見。
19常光寺10

このお堂、
20常光寺11

「廿三夜堂」(二十三夜堂)です。
21常光寺12

説明板の前に、「台座」だけ。
22常光寺13

この説明板は、あるものとして書かれています。
23常光寺14

鐘楼は、うまく撮れない。
24常光寺15

「常光寺」でした。

【須賀神社参道】※途中
コースに戻ってきました。最初の立ち寄りポイント、「須賀神社」への参道です。
25須賀神社参道1

一の鳥居。(たぶん)
26須賀神社参道2

その先、左側に、
27須賀神社参道3

「VIEW POINT」の説明板。
28須賀神社参道4

足元には、こんなものも。
29須賀神社参道5

この先、この「VIEW POINT」がいくつか出てきます。
このあとは、この足元の印は、掲載を省略しています。

これが「VIEW POINT」からの眺め。
30須賀神社参道6

さらに進んで行くと、桜がきれいなところが。
31須賀神社参道7

【須賀神社】
「須賀神社」に到着しました。
32須賀神社1

「小山評定の碑」。
33須賀神社2

説明板。
34須賀神社3

ここの参道も、桜が咲いています。
35須賀神社4

左側に、赤い鳥居。
36須賀神社5

小さな社。
37須賀神社6

右側には、こういう鳥居。外側から撮影しています。
38須賀神社7

こういうものだそうです。
39須賀神社8

門前にいろいろとあります。ここには石碑。
40須賀神社9

こういうものだそうです。
41須賀神社10

ここにある石。
42須賀神社11

「七ッ石(夜泣き石)」だそうです。
43須賀神社12

手水舎。
44須賀神社13

神門。
45須賀神社14

ガラスがあって、よく見えないですが、仁王門です。
46須賀神社15

説明。
47須賀神社16

ここにも説明。
48須賀神社17

神門をくぐって、左側に、神楽殿。
49須賀神社18

これは?
50須賀神社19

本殿(拝殿)です。
51須賀神社20

近くへ。
52須賀神社21

さらに近くへ。
53須賀神社22

中を拝見。
54須賀神社23

これは、
55須賀神社24

御神木。
56須賀神社25

奥の本殿。
57須賀神社26

その先に、境内社が。
58須賀神社27

「天満宮」。
59須賀神社28

その並びにも、たくさんあります。
60須賀神社29

これは、
61須賀神社30

「三峯神社」、「八雲神社」、「蘇民(そみん)神社」。
62須賀神社31

「神明宮」。
63須賀神社32

「足尾神社」。
64須賀神社33

「工祖神社」。読み方は「こうそじんじゃ」でいいのかな?
65須賀神社34

「稲荷神社」。
66須賀神社35

「浅間神社」。
67須賀神社36

これが「小御嶽神社」らしい。「水神社」は見られるところにはないらしい。
68須賀神社37

以上、「須賀神社」でした。

【須賀神社会館】※寄り道
「須賀神社」と一体のものなのでしょうが、一旦、道に出て、入り直したので、
改めて、紹介します。
69須賀神社会館1

「須賀神社会館」です。
70須賀神社会館2

こちらです。
71須賀神社会館3

【妙建寺】
次の立ち寄りポイントは、「須賀神社」に隣接しています。
72妙建寺1

入口が工事中ですが、
73妙建寺2

「妙建寺(みょうけんじ)」です。
74妙建寺3

山門。
75妙建寺4

本堂。
76妙建寺5

近くへ。
77妙建寺6

中を拝見。
78妙建寺7

日蓮聖人像。
79妙建寺8

説明板。
80妙建寺9

境内に神社が。「番神堂(ばんじんどう)」というそうです。
81妙建寺10

「願満稲荷(がんまんいなり)」と書かれています。
82妙建寺11

近くへ。
83妙建寺12

全部が見えていませんが、左から、「妙法大善神(みょうほうだいぜんしん)」、
「三十番神(さんじゅうばんしん)」、「願満稲荷天」、「眼病守護日朝聖人
(にっちょうしょうにん)」と書かれています。

中を拝見。ガラスがあって、きれいに写せません。
84妙建寺13

となりに、お地蔵さん。
85妙建寺14

近くへ。
86妙建寺15

こちらにも。
87妙建寺16

かわいい。
88妙建寺17

枝垂れ桜がきれいです。
89妙建寺18

鐘楼。「妙建寺」でした。
90妙建寺19

【思川】※途中
「妙建寺」を出て、「須賀神社」の脇の道を進むと、「思川」に出ます。
しばらく、「思川」沿いの遊歩道を歩きます。川に向かって右側。上流側。
91思川1

正面に、後に向かう「白鷗(はくおう)大学」が見えます。
92思川2

左側。下流側。こちらに向かいます。
93思川3

遊歩道を進みます。
94思川4

画面中央、川の中に、鳥がいるのがわかりますか?
95思川5

【長福城跡】※寄り道
遊歩道から、土手を上がれるようになっているので、行ってみます。
この先に、「長福城(ちょうふくじょう)跡」があります。
96長福城跡1

中央に猫がいて、振り向いて、こちらを見ているのがわかりますか?
97長福城跡2

「やはた公園」という小さな公園があって、
98長福城跡3

ここに、「史跡 長福城跡」の石柱があります。
99長福城跡4

「やはた公園」自体が城跡というわけではなく、この辺一帯が、城跡なのだと
思います。先ほどの猫のいた場所などが、土塁の跡なのだと思います。

「思川」沿いの遊歩道に戻ってきました。この左側のスペース、
100思川公園1

「思川公園」だそうです。振り返って撮影。
101思川公園2

「小山大橋」が見えてきました。下をくぐります。
102小山大橋

「落石に注意」の表示。
103注意1

確かに落ちてきそうです。でも、どうやって注意すれば。
104注意2

こんな表示板も。いろいろと危険です。
105注意3

【小山総合公園】(思川桜の名所)
次の立ち寄りポイント、「小山総合公園」に到着しました。
土手の上に上がります。土手の向こうに「小山総合公園」があります。
106小山総合公園1

土手の上に、「思川桜」が、ずっと、かなり先まで植えられています。
107小山総合公園2

画像の右側に、蝶が2匹入ってきたのが写っていました。
(蝶を数える単位は、正式には「頭」)
108小山総合公園3

公園側に下りてきました。
109小山総合公園4

こちらの桜もきれいです。「こいのぼり群遊」という催しが行われています。
110小山総合公園5

接写。こうして見ると、つぼみも多くて、まだ満開ではないんですよね。
111小山総合公園6

公園内は、こんな感じ。広場です。逆光で、画像が暗いです。
112小山総合公園7

改めて、「こいのぼり群遊」。こちらを向けば明るいです。
113小山総合公園8

再び、土手を歩きます。
114小山総合公園9

桜並木が続きます。
115小山総合公園10

川側の景色は、こんな感じ。遠くに見える山は、おそらく「太平山」。違うかな?
116小山総合公園11

もう一度、公園側へ。
この日は風があって、こいのぼりが、しっかり真横になって、泳いでいます。
117小山総合公園12

こうやって見ると、かなり広いです。
118小山総合公園13

公園の、レンタサイクルなど、施設があるエリア。
このあたりの桜も、とてもきれいです。
119小山総合公園14

とても低い位置にあって、
120小山総合公園15

また接写。
121小山総合公園16

またまた、土手の遊歩道へ。
122小山総合公園17

もう終盤です。橋が見えてきました。
123小山総合公園18

大きな橋です。あとで渡ります。「石ノ上(いしのうえ)橋」です。
124小山総合公園19

【石ノ上 川の一里塚】
「石ノ上橋」のたもとに、次の立ち寄りポイント、「石ノ上 川の一里塚」が
あります。「石ノ上」は、このあたりの地名です。
125川の一里塚1

説明板。
126川の一里塚2

別の角度から。上れるようになっています。
127川の一里塚3

上ってきました。
128川の一里塚4

近くに、桜の木とあずま屋。ここで、持参した食事をとりました。
129川の一里塚5

魚の形の車止め。
これと同じものを、以前、浦安と朝霞で見たことがあります。
130川の一里塚6

この先にも、土手の桜並木は続くのですが、コースは、
ここで「石ノ上橋」を渡って、「思川」の対岸側へ向かいます。
131川の一里塚7

【石ノ上橋】※途中
そういうわけで、「石ノ上橋」。先ほどと逆側から、振り返って撮影。
132石ノ上橋1

車道と歩道が分かれていて、この歩道側の橋には「石ノ上さくらばし」と
表示されています。
133石ノ上橋2

大きな橋です。画像ではわかりませんが、強い風が体に当たります。
134石ノ上橋3

上空に、何かの猛禽類。
135石ノ上橋4

左側。下流側。
136石ノ上橋5

車道の橋があって、何も見えませんが、一応、右側。上流側。
137石ノ上橋6

橋を渡った先。しばらく、農道を歩きます。「農耕車優先」です。
138農耕車優先

【思川桜堤(石ノ上・萩島地域)】(思川桜の名所)
ここが、次の立ち寄りポイントになっている「石ノ上地域の思川桜堤」です。
139石ノ上地域1

「思川桜の名所」と紹介されていますが、この地域は、実際には、
まだ、植樹されたばかりのようで、こんな感じです。
140石ノ上地域2

堤の上に上ってきました。
141石ノ上地域3

遠くに、先ほどまで歩いていた「小山総合公園」の「こいのぼり群遊」が見えます。
142石ノ上地域4

少し歩いて、「萩島(はぎしま)地域の思川桜堤」に到着です。
143萩島地域1

ここも、先ほどと同様、植えられたばかりのようです。
144萩島地域2

開花も、こちらは遅れているようです。
145萩島地域3

このあたりは、菜の花もきれいです。「石ノ上・萩島地域の思川桜堤」でした。
146萩島地域4

「小山大橋」です。行きも下をくぐりました。
帰りは、下をくぐってから、しばらく「思川」を離れます。
147再び小山大橋

馬のデザイン。由来等不明。
148馬

【土手】※途中
少しだけ、「県道264号」を歩きます。右側に、土手、桜堤らしい場所が見えます。
149土手1

土手を切り通されていて、断面が見えています。
150土手2

反対側に、小さな神社がありました。
151土手3

詳細は不明。
152土手4

で、こちら側の断面。
153土手5

【豊穂川沿いの桜並木】(ソメイヨシノの名所)
次の立ち寄りポイントに到着です。「豊穂川(とよほがわ)沿いの桜並木」です。
154豊穂川1

この名称不明の橋を渡りますが。
155豊穂川2

右側。ここの桜は「ソメイヨシノ」です。
156豊穂川3

左側。上流側。この時期、「ソメイヨシノ」のピークは過ぎていて、
かなり散ってはいますが、ここの桜は、まだ残っている方でした。
157豊穂川4

右側。下流側。この先、「思川」に流れて行きます。
158豊穂川5

橋を渡って、振り返って、上流側。桜並木は、この先にも、長く続いているようです。
159豊穂川6

「豊穂川沿いの桜並木」でした。

【白鷗大学】※途中
「白鷗大学」が見えてきました。
大学の周囲を回って、再び、「思川」に向かいます。
160白鷗大学1

「白鷗大学」です。これ、きれいに撮れていますが、
実際には、壁・柵があって、その隙間にレンズを入れて撮っています。
161白鷗大学2

【思川桜堤(白鷗大学東側)】(思川桜の名所)
次の立ち寄りポイント、「白鷗大学東側の思川桜堤」に到着しました。
162白鷗大学東側1

土手の一段下がった位置に植えられていて、そこが歩けるようになっています。
163白鴎大学東側2

木の背が低くて、その下を歩いて行きます。
164白鷗大学東側3

なので、接写。
165白鷗大学東側4

接写。しばらく前にも言いましたが、満開のように見えるのですが、
まだ、つぼみで、咲いていないものもたくさんあるのがわかります。
166白鷗大学東側5

こんなところを歩いて行きます。
167白鷗大学東側6

とてもきれいです。
168白鷗大学東側7

土手の上も歩いてみます。
169白鷗大学東側8

遠くに、これから向かう「観晃橋(かんこうばし)」が見えます。
その先には、「城山(しろやま)公園」があります。
170白鷗大学東側9

土手を歩くと、目の前に、桜の枝が来ます。
171白鷗大学東側10

一応、「白鷗大学」も写しておきます。
172白鷗大学東側11

「観晃橋」が近くなってきました。
173白鷗大学東側12

「桜堤」も、もうそろそろ終わりです。
174白鷗大学東側13

ここが「桜堤」の終わり。振り返って。「白鷗大学東側の思川桜堤」でした。
175白鷗大学東側14

【観晃橋】※途中
改めて、「観晃橋」です。
176観晃橋1

土手の下に下りてきました。
177観晃橋2

「思川」がすぐ近くです。下流側。
178観晃橋3

上流側。橋の下をくぐって、上の道に出ます。
179観晃橋4

橋を渡ります。
180観晃橋5

橋の上から。左側。上流側。
181観晃橋6

右側。下流側。「白鷗大学」の建物が見えます。
182観晃橋7

進みます。橋の右側、対岸側にも、後ほど行きます。ですが、その前に、
183-1観晃橋8-1

こちら、「城山公園」に行きます。一角が見えています。
183-2観晃橋8-2

渡り終えました。
184観晃橋9

こういう説明板。まったく見えません。
185観晃橋10

この橋から続く道。歩き始めてすぐに見た「祇園城通り」です。
この通りの桜もきれいです。
186祇園城通りの桜

【城山公園(祇園城跡)】(ソメイヨシノの名所)
次の立ち寄りポイントの「城山公園」です。石段を上ります。
187城山公園1

上った先。
188城山公園2

案内板。「城山公園」は「祇園城跡」です。
189城山公園3

ここに咲いている桜は「ソメイヨシノ」です。
ピークは過ぎていますが、まだ、そこそこ残っています。
190城山公園4

説明板。「祇園城」は「小山城」でもあります。
191城山公園5

ここは「本丸跡」。
192本丸跡

ここは「二ノ丸跡」。といっても、今は公園の一角、というだけです。
193二ノ丸跡

公園の端で、「観晃橋」が見えるところがありました。
ここが、逆に、「観晃橋」を渡っているときに見ていたところです。
194祇園城跡1

説明。
195祇園城跡2

少し左を向くと「白鷗大学」。
196祇園城跡3

“「歴史の道」の案内”というのがありました。今日のコースで回ったところ
以外にも、とてもたくさんの史跡があるのがわかります。
197-1「歴史の道」の案内

奥へ進みます。「祇園橋」だそうです。
197-2祇園橋1

下は、今は道になっています。空堀の跡です。197-3祇園橋2

あずま屋がありますが、ここは、
198中曲輪跡1

「中曲輪跡」です。
199中曲輪跡2

さらに先に進んで行くと、広場がありました。
200-1塚田曲輪跡1-1

大きな「ソメイヨシノ」が咲いています。
200-2塚田曲輪跡1-2

ここは「塚田(つかだ)曲輪跡」です。
201塚田曲輪跡2

ここに「祇園城跡の大銀杏(おおいちょう)」というのがあります。
202祇園城跡の大銀杏1

この先の木です。
203祇園城跡の大銀杏2

別の角度から。
204祇園城跡の大銀杏3

別の説明板。
205祇園城跡の大銀杏4

ここは「虎口(こぐち)跡」。桜がかなり散っています。
206虎口跡

さらに奥へ、橋を渡って、
207本祇園曲輪跡へ1

石段を上ると、
208本祇園曲輪跡へ2

「本祇園曲輪跡」です。ここが「祇園城跡」の一番奥です。
209本祇園曲輪跡1

引き返します。
210本祇園曲輪跡2

ここの駐車場の桜がきれいでした。
211駐車場

戻ってきました。「観晃橋」です。この橋の下をくぐって、道の反対側へ行きます。
212再び観晃橋

【思川アプローチ】(思川桜が連なっている)【小山政光・寒川尼像】
反対側に来ました。この先が次の立ち寄りポイントの「思川アプローチ」です。
213思川アプローチ1

この場所から見る「観晃橋」が美しいそうです。「VIEW POINT」だそうです。
214思川アプローチ2

これです。ですが、雲があって、今日は「日光連山」は見えません。
215思川アプローチ3

これまで、説明なしに、「観晃橋」と言い続けてきましたが、
ここから「日光」を「観る」ことができるので、「観晃橋」なのだそうです。
「晃」の字なのだそうです。

「思川アプローチ」を進みます。
216思川アプローチ4

ここにも、「思川桜」の並木が続いています。
217思川アプローチ5

「思川桜」の説明。
218思川アプローチ6

途中に、「小山政光・寒川尼像(おやままさみつ・さんがわにぞう」がありました。
219思川アプローチ7

この思川桜。つぼみも多くて、まだ満開ではないのですが、
今日ぐらいの咲き方でも、十分きれいだと思ってきたのですが、
220思川アプローチ8

八重桜のようですし、本当に満開になると、実は、もっときれいなのでしょうか。
221思川アプローチ9

「白鷗大学」の対岸まで歩いてきました。
222思川アプローチ10

「思川アプローチ」を離れます。「思川」沿いの桜めぐりも、ここまでです。
223思川アプローチ11

【小山市中央市民会館】※途中
コースの途中、「小山市中央市民会館」の高い位置から。
「思川桜堤」、「白鷗大学」の先に見える山は、おそらく「太平山」。
224小山市中央市民会館から

これが「小山市中央市民会館」。そのとなりが、
225小山市中央市民会館

【小山市役所】※途中
次の立ち寄りポイントのある「小山市役所」です。
226小山市役所

こんなものが。
227スカイツリー1

こういうものだそうです。
228スカイツリー2

【小山御殿広場・小山評定跡】
次の立ち寄りポイントの一つが、この「小山市役所」にあります。
「小山評定跡」です。
229小山評定跡1

書かれているのは、由来です。
230小山評定跡2

続いて、この先に「小山御殿広場」があります。
231小山御殿広場1

上った先、左側。
232小山御殿広場2

正面。
233小山御殿広場3

右側。
234小山御殿広場4

広場です。ここにも桜が咲いています。
235小山御殿広場5

先ほどの上ってきたところから一番奥、「祇園城通り」沿いに、
土塁の跡が作られていて、
236小山御殿広場6

そこに説明板。
237小山御殿広場7

土塁は、こんな感じ。
238小山御殿広場8

振り返って、これから向かう駅の方。
239小山御殿広場9

空の色を見ていただくと分かると思いますが、この頃から、雨が降りそうに
なってきて、ゴールを急ぐことにしました。結果的には、雨は降らなかった
のですが。それよりも、手前の赤いもの。

落とし物。
240小山御殿広場10

先に進みます。
241小山御殿広場11

もう一度、振り返って。正面の建物は「小山市役所」。「小山御殿広場」でした。
242小山御殿広場12

「祇園城通り」を駅方面へ向かいます。これは、途中の歩道橋の上から。
243再び祇園城通り1

「祇園城通り」の「思川桜」。
244再び祇園城通り2

【まちの駅 思季彩館】
行きにも立ち寄りましたが、ここで立ち寄りポイントに設定されている
「まちの駅 思季彩館」です。
245再び思季彩館

小山市特産はと麦茶をいただきました。ごちそうさまでした。
246はと麦茶

【小山駅/おやま本場結城紬クラフト館】
ゴールの「小山駅」に到着しました。
247小山駅ゴール

「おやま本場結城紬クラフト館」が、最後にも、立ち寄りポイントに
設定されているので一応。お疲れさまでした。
248おやま本場結城紬クラフト館ゴール

【お土産】
お土産を、駅の改札前にあった、この「サクラミチ」というお店で買いました。
249サクラミチ

小山の名産というわけではないと思うのですが、おいしそうだったので、
「あげもち」。
250あげもち

今回のコースは、スタート時間が遅い設定だったため、昼食は持参し、
「石ノ上 川の一里塚」にあったあずま屋でとりました。ですので、今回は、
昼食のコーナーはなしです。


今回の訪問は、「思川桜」の見頃に合わせることをねらっていたので、
ちょうどいいタイミングだったと思います。

「思川」の両岸、「石ノ上橋」と「観晃橋」の間を一周する形で回りましたが、
どの場所も「桜の名所」で、「思川桜」を十分に満喫することができました。

冒頭の市街地にある寺社も、きれいでした。

ただ、途中でも何度か書きましたが、よく見ると、咲いていない花が
意外に多くて、本当に満開だったら、実は、もっとずっときれいなのでは
ないかと、そんな気もしてきました。

次は、ぜひ、満開の時期に合わせて、来てみたいと思います。


【コースマップ】
251コースマップ(小山1704)

2017年4月15日(土)の記録です。

おしまい。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ    にほんブログ村へ