駅からハイキング・ファンの皆さん、
お元気ですか。

今回はJR「駅からハイキング」、
宇都宮線久喜駅を起点とする
「久喜のふるさと歴史まち巡り」
に行ってきました。

コースはこちら。約11.0kmのコースです。

【コース】
《スタート》久喜駅⇒甘棠院⇒善徳寺⇒八幡神社
⇒久喜菖蒲公園⇒久喜市総合運動公園
⇒久喜総合文化会館⇒《ゴール》久喜駅

コースマップは文末にあります。

このコースは、久喜駅の西側、久喜市の中心部を
回るものです。

寺院巡りから始まって、田園地帯、工業団地周辺
から、市街地へ向けて、公園などを回ります。

久喜市の木はイチョウだそうで、ちょうど、
シーズンだったので、黄葉のきれいな場所が、
たくさんありました。

なお、寺院をいくつか巡っていますが、
訪問した日は、そういうお日柄だったようで、
法要が行われていたところが多く、
撮影を自粛している箇所があります。

また、今回も、画像の枚数が多いです。

では、スタート。

【久喜駅】
「久喜駅」をスタートします。
ちょうど、正面に太陽があって、こんな画像。
01久喜駅1

歩道橋の影を利用して撮影。
02久喜駅2

歩道橋の下に案内図。
03久喜駅3

駅前の通りを進みます。「県道146号」。
「提燈祭り」というのがあるそうです。
04県道146号

久喜市の木、イチョウ。
05市の木

【天王院・八雲神社】※寄り道
「市役所通り」との交差点近くで、
大きなイチョウの木が目に入りました。
06天王院1

「天王院(てんのういん)」に寄り道します。
07天王院2

山門。
08天王院3

山門。
09天王院4

入って右側。2つの境内社。
10天王院5

左側。「八雲神社」です。
11天王院6

説明。
12天王院7

中を拝見。
13天王院8

説明。先ほどあった「提燈祭り」は、この「八雲神社」のお祭りでした。
14天王院9

右側。「松尾神社」。
15天王院10

中を拝見。
16天王院11

改めて、「天王院」の境内。空が青いです。
17天王院12

本堂。
18天王院13

中を拝見。
19天王院14

六地蔵尊など。
20天王院15

「呑龍(どんりゅう)堂」だそうです。
21天王院16

中を拝見。呑龍様は子育ての神様だそうです。
22天王院17

「天王院」でした。


【光明寺薬師堂】※寄り道
「県道146号」を進んで行くと、
「光明寺(こうみょうじ)」入口の看板。
23光明寺入口

「光明寺薬師堂」です。
24薬師堂1

近くへ。
25薬師堂2

中を拝見。
26薬師堂3

説明板。
27薬師堂4

石塔など。
28薬師堂5

墓地の前には、六地蔵尊など。
29薬師堂6

【御嶽神社】※寄り道
「薬師堂」の前に、
30御嶽神社1

「御嶽神社」。
31御嶽神社2

鳥居。
32御嶽神社3

社殿。
33御嶽神社4

近くへ。
34御嶽神社5

中を拝見。
35御嶽神社6

【光明寺】※寄り道
道を進んだ先、「光明寺」です。本堂です。
36光明寺1

その前の墓地側にあった石碑。
37光明寺2

こういう方のお墓でした。
38光明寺3

改めて、「光明寺」。山門前にある白い小さな柱。
39光明寺4

こういうものでした。
40光明寺5

こういうところでもあるようです。
41光明寺6

本堂。
42光明寺7

慰霊塔。
43光明寺8

寺務所。
44光明寺9

涅槃廟。
45光明寺10

本堂。
46光明寺11

中を拝見。
47光明寺12

十三仏など。
48光明寺13

「十三佛さま」。
49光明寺14

「光明寺」でした。

【甘棠院】
「光明寺」のすぐ先、ようやく、最初のコースの
ポイント、「甘棠院(かんとういん)」です。
50甘棠院1

よく見えませんが、説明板。ここは寺院ですが、
「足利政氏の館跡」でもあるそうです。
51甘棠院2

門をくぐると、さらに、中に門。
52甘棠院3

石碑など。
53甘棠院4

門。
54甘棠院5

くぐると、
55甘棠院6

さらに、また、門。
56甘棠院7

説明板。
57甘棠院8

本堂へ。
58甘棠院9

寺務所。
59甘棠院10

本堂の正面左側に、こんな子が。
60甘棠院11

変な体勢。
61甘棠院12

十三仏。
62甘棠院13

その奥。
63甘棠院14

本堂。戸が開きました。実は、法要が行われて
いました。終わったので開きました。
64甘棠院15

中を拝見。
65甘棠院16

鐘楼。
66甘棠院17

写さないようにしていますが、実際には、
法事の方が大勢いらっしゃって、
境内・墓地内の見物は自粛しました。

「甘棠院」でした。


「甘棠院」前の「大門通り」。ここは行かずに、
67大門通り

【稲荷神社・弁財天】※寄り道
1本となりの道へ。こんな住宅地に、
68稲荷神社1

小さな神社。
69稲荷神社2

近くへ。
70稲荷神社3

稲荷神社でした。
71稲荷神社4

社殿前に、
72弁財天1

見えないと思いますが、「辨財天」と書かれています。(たぶん)
73弁財天2

「県道146号」に出ました。横断して、先の道へ。
74県道146号横断

渡った先。その道の側溝に、
75その先の道1

陶製のアクセントが。
76その先の道2

実は、訪問日の前々日に放送されていた
tvk(テレビ神奈川)の街歩きの番組
「キンシオ」(再放送)が、エリアは
少し違いますが、久喜市を訪問していて、
そこで、側溝のふたにある陶製の模様を
見つけていました。

これだ、と思いました。


【旧金剛院阿弥陀堂】※寄り道
その道にありました。
77阿弥陀堂1

「光明寺境外旧金剛院阿弥陀堂」。
78阿弥陀堂2

石塔。
79阿弥陀堂3

中を拝見。
80阿弥陀堂4

その道を進んだ先の交差点。
81提燈祭り通り1

この交差点で左から来る道は「提燈祭り通り」
です。で、「提燈祭り通り」は、直進せず、
この正面の道へ左折します。


交差点を渡った先から「提燈祭り通り」を。
82提燈祭り通り2

「提燈祭り通り」の先の「提燈祭り通り」ではない道へ進みます。
83先の道へ

でも、すぐ左折。ここは「保健センター通り」。
この右側の建物が「保健センター」。
84保健センター通り

直進して、また右折。ここは、また、「提燈祭り通り」。
85再び提燈祭り通り

で、また左折。「南中(なんちゅう)通り」へ。
86南中通り

この先に「久喜南中学校」があります。そこまでは行きませんが。


「南中通り」を直進。「六間通り」を横断。
87六間通り横断

続いて、「県道85号・春日部久喜線」を横断。
90県道85号春日部久喜線横断

この橋、名前もない用水路にかかる橋です。
93用水路1

左側。下流側。
94用水路2

右側。上流側。
95用水路3

地図にも載っていないような用水路です。
終盤に、また出てきます。


【新川用水】※寄り道
コースは、この飲食店の先を右折します。
96新川用水1

こちらです。
97新川用水2

これは「弁天橋」。「新川」と書かれています
が、「新川(にっかわ)用水」にかかる橋です。
98新川用水3

反対側の下流側。川に沿って、遊歩道があります。
99新川用水4

「水と緑のふれあいロード」というサイクリングロードです。


ここは「久喜警察署前交差点」。
100久喜警察署前交差点1

「県道3号・さいたま栗橋線」との交差点です。右側、北側。
101久喜警察署前交差点2

左側。南側。渡って、南側に進みます。
102久喜警察署前交差点3

橋があります。名称未確認。先ほどの「新川用水」の上流側です。
103再び新川用水1

上流側。
104再び新川用水2

下流側。
105再び新川用水3

「県道3号・さいたま栗橋線」を少し歩いて、
この先にある信号の交差点を右折。
106県道3号さいたま栗橋線

右折したところ。ここの側溝に、
107細い道へ1

また、陶製のもの。
108細い道へ2

【宝光院】※寄り道
寺院がありました。
109宝光院1

「宝光院(ほうこういん)」です。
110宝光院2

山門。
111宝光院3

六地蔵尊。
112宝光院4

境内へ。
113宝光院5

六地蔵尊。
114宝光院6

本堂。法要中だったので、ここまで。
115宝光院7

先へ進みます。こんな何もないところに、
116石碑1

石碑。詳細不明。
117石碑2

【善徳寺】
2つ目のコースのポイント、「善徳寺(ぜんとくじ)」です。
118善徳寺1

山門。うしろにイチョウ。空の青が濃いです。
119善徳寺2

山門。
120善徳寺3

くぐったところ。
121善徳寺4

右手に鐘楼。
122善徳寺5

もう一つ、山門。
123善徳寺6

本堂です。
124善徳寺7

近くへ。
125善徳寺8

中を拝見。
126善徳寺9

阿弥陀堂。
127善徳寺10

中を拝見。
128善徳寺11

きれいに撮れていませんが、上の画像に写っています。
129善徳寺12

板碑が、こんな形で。
130善徳寺13

六地蔵尊。
131善徳寺14

向かい側にも、石像。
132善徳寺15

「ぼたん園」だそうです。
133善徳寺16

駐車場横、境内のはずれにあった門。「善徳寺」でした。
134善徳寺17

歩き出してすぐ、
135ここにも石碑1

また、こんなところにあった石碑。詳細不明。
136ここにも石碑2

このあと渡る「東谷橋(ひがしやばし)」が
遠くに見えてきました。
137遠くに東谷橋

このあとの画像にも写り込んでいるものがあるの
ですが、上の画像の左側に、赤と白の高い棒状の
アンテナが2本立っています。

NHKのAMラジオの放送所のアンテナだそう
です。

第1放送と第2放送があるので、2本のアンテナ
があるそうです。


こんなところに、
138馬頭観世音1

たくさんの「馬頭観世音」。
よく見ると、「牛頭観世音」もあります。
139馬頭観世音2

【東谷橋】※途中
これから、「東谷橋」を渡ります。
140東谷橋1

大きな橋です。写さないようにしていますが、自動車も通ります。
141東谷橋2

カーブしています。
142東谷橋3

上って行きます。
143東谷橋4

「東谷橋」は「東北自動車道」を渡る橋です。
右側が北、東北方面です。
144東谷橋5

左側が南、東京方面です。
145東谷橋6

北側。
146東谷橋7

南側。
147東谷橋8

下ります。
148東谷橋9

下りた先。この左側に、
149東谷橋10

「松の木公園」。
150松の木公園1

振り返って。「松の木公園」、「東谷橋」でした。
151松の木公園2

前を向いて。「所久喜(ところぐき)」。この
地域の名称です。○久喜というのが多いです。
152所久喜

「ふるとね」。「古利根川(ふるとねがわ)」のことだと思います。
153ふるとね

小さいバージョン。
154小

何もない中を歩きます。遠くには工業団地。
155畑

稲刈り後の田んぼでしょうか。
この場所は、休閑期に、れんげが植えられる
そうで、ここを会場として、「れんげ祭り」
というのが行われるのだそうです。


【八幡神社】
「れんげ祭り会場」の近くに、次のコースの
ポイント、「八幡神社」があります。
156八幡神社1

灯籠など。
157八幡神社2

本殿(拝殿)です。
158八幡神社3

近くへ。
159八幡神社4

中を拝見。
160八幡神社5

ちょっと上の方へ。
161八幡神社6

本殿。
162八幡神社7

立派な本殿です。
163八幡神社8

境内社、2社。
164八幡神社9

この画像だとわかりませんが、両方とも、
表面にガラスがあって、中が写せませんでした。
左側は稲荷神社でした。右側は不明です。


この社の中は、板碑で、
165八幡神社10

「青面金剛(しょうめんこんごう)」と書かれていました。
166八幡神社11

【備前堀橋・前堀新橋】※寄り道
先へ進みます。田畑の間を、工業団地方面へ。
167備前堀橋・前堀新橋1

右側の看板にあるように、この先に、
「備前堀橋(びぜんほりばし)」と
「前堀新橋(まえほりしんばし)」
という古い橋があります。

このあと、いろいろと出てくるのですが、
すでに、この段階で、名称の中の
「前」と「堀」の位置がまぎらわしいです。


川に近づいてきました。
168備前堀橋・前堀新橋2

2つの橋が見えます。
169備前堀橋・前堀新橋3

【備前堀川・備前前堀川】※寄り道
並行して流れる2つの川に、2つの橋が連続してかかっています。
170備前堀橋・前堀新橋4

奥の川が「備前堀川(びぜんほりがわ)」、
手前が「備前前堀川(びぜんまえほりがわ)」、
奥の橋が「備前堀橋」、手前の橋が「前堀新橋」
です。

「備前堀川」と「備前前堀川」の関係性に対し、
橋のネーミングが一致していません。

「備前前堀川」という名称がまぎらわしいので、
橋の名称もまぎらわしくなっています。

なお、「川」と付いていますが、人工的に
開発・整備された古い「堀」=用水路・排水路
です。

「新川用水」も、そうですが、このあたりは、
広く、水田などの農地なので、江戸時代に
設けられた用水路が多いです。


手前の川「備前前堀川」の左側、下流側。
171備前堀橋・前堀新橋5

右側、上流側。
172備前堀橋・前堀新橋6

2つの川、2つの橋の間。
173備前堀橋・前堀新橋7

川の間の土手を含めて、「備前堀川」の左側、下流側。
174備前堀橋・前堀新橋8

右側、上流側。
175備前堀橋・前堀新橋9

奥の橋「備前堀橋」。
176備前堀橋・前堀新橋10

「備前堀川」の左側に、こんな子が。
177備前堀橋・前堀新橋11

スリムです。
178備前堀橋・前堀新橋12

川、橋を渡った先は、「久喜菖蒲工業団地」です。
179備前堀橋・前堀新橋13

振り返って。「備前堀橋/備前堀川、前堀新橋/備前前堀川」でした。
180備前堀橋・前堀新橋14

工業団地の中を通過。
181工業団地1

通過すると行き止まり。この先の柵の中へ。
182工業団地2

【久喜菖蒲公園】
次のコースのポイント、「久喜菖蒲公園」にある
「昭和沼」の外周の遊歩道です。右側。
183公園へ1

左側。こちらに進みます。
184公園へ2

木や生け垣の間から、「昭和沼」が見えます。
185公園へ3

遊歩道にある、この赤い柵が気になっていたの
ですが、現在、工事中だったようです。
186公園へ4

噴水。
187公園へ5

進んで行くと、いろいろな施設があるところに。
188久喜菖蒲公園1

案内板。前に工事の柵があって、こんな角度から。
189久喜菖蒲公園2

改めて、「昭和沼」を見てみます。
190久喜菖蒲公園3

今歩いてきた方向。
191久喜菖蒲公園4

左へ。
192久喜菖蒲公園5

紅葉・黄葉がきれいです。
193久喜菖蒲公園6

この「休憩舎」で、持参した食事をとりました。
194久喜菖蒲公園7

「久喜菖蒲公園」でした。
195久喜菖蒲公園8

【備前大橋・備前前堀大橋】※寄り道
また、「備前堀川」に来ました。これは「備前大橋」です。
196備前大橋1

橋の右手前。完全に影になっていますが、また、詳細不明の石碑。
197備前大橋2

「備前大橋」です。
198備前大橋3

「備前堀川」。右側。下流側。
199備前大橋4

左側。上流側。
200備前大橋5

「備前堀川」を渡って、すぐ右が、これから向かうコースなのですが、
201備前大橋6

少し先の「備前前堀川」、「備前前堀大橋」へ。
このあたりから、2つの川が離れて行きます。
202備前前堀大橋1

先ほどは書きませんでしたが、
この2つの川が近くで並行して流れているのは、
このあたりだけです。


「備前前堀川」、左側、上流側。
203備前前堀大橋2

右側、下流側。
204備前前堀大橋3

ここの2つの橋、「備前大橋」「備前前堀大橋」
のネーミングも、「備前堀川」「備前前堀川」の
関係性と一致していません。まぎらわしいです。


コースに戻ります。「備前堀川」沿いの工業団地の中の道。
205川沿い

コースは、この先、突き当たりを右へ。
見づらいですが、橋があります。
206突き当たり

橋の名称不明。橋の上から今歩いてきた方向を。上流側。
207備前堀川1

下流側。
208備前堀川2

遠くに見える大きな橋状の道路は、
「東北自動車道」と「圏央道」の
「久喜白岡ジャンクション」の端の方。


遠くに「東北自動車道」が見えます。
209東北自動車道1

「東北自動車道」をくぐります。
210東北自動車道2

くぐった先に「県道3号・さいたま栗橋線」。
211再び県道3号1

「県道3号・さいたま栗橋線」は、
「新川用水」を渡って、少し歩いた道です。


右側。南側。
212再び県道3号2

左側。北側。こちらへ進みます。
213再び県道3号3

ここに橋があります。標識もあります。
214備前前堀川1

「備前前堀川」です。左側。上流側。
215備前前堀川2

右側。下流側。橋の名称未確認。
216備前前堀川3

「総合運動公園入口交差点」を右折。
217総合運動公園入口交差点

【久喜市総合運動公園】
次のコースのポイント、「久喜市総合運動公園」です。
218総合運動公園1

大きなグラウンドがいくつもあります。
219総合運動公園2

地図。
220総合運動公園3

どんどん進みます。「久喜市総合運動公園」でした。
221総合運動公園4

「県道87号・上尾久喜線」に出てきました。
少しだけ歩きます。この交差点、
222県道87号

交差する道の右側が「江一小(えいちしょう)通り」。
223江一小通り

標識にあるとおり、今、こちらにあるのは
「江面(えづら)小学校」なのですが、
最近まで、「江面第一小学校」という名称
だったそうです。統廃合があったそうです。


左側が、初めの頃に歩いた「南中通り」です。
224ここまで南中通り

この先の「市役所入口(南)交差点」で
「県道87号・上尾久喜線」を離れて、
225市役所通りへ

【市役所通り】※途中
「市役所通り」へ。ご覧のとおり、黄葉がきれいな通りです。
226市役所通り

「市役所通り」は、一番最初に行った
「天王院・八雲神社」がある通りです。

これから、ゴールの駅近くまで、
この「市役所通り」を歩いて行きます。


また、橋があります。ここも名称は未確認。
227再度新川用水1

右側。下流側。再び、「新川用水」です。
228再度新川用水2

左側。上流側。
229再度新川用水3

前にも見たとおり、「新川用水」に沿って、
「水と緑のふれあいロード」が通っています。
230再度新川用水4

「騎西領(きさいりょう)用水路」は「新川用水」の別名です。
231再度新川用水5

大きな範囲の地図。
232再度新川用水6

【久喜総合文化会館】
最後のコースのポイントが見えてきました。
「久喜総合文化会館」。右側の大きな建物です。
233総合文化会館1

道を挟んだ左側の建物は「久喜市役所」です。


「久喜総合文化会館」。
234総合文化会館2

噴水?正面が「久喜市役所」。
235総合文化会館3

こちらからも撮影。
236総合文化会館4

画像は掲載しませんが、建物内を少し見物しました。
237総合文化会館5

こちらの中には、
238総合文化会館6

プラネタリウムがありました。
時間が合わなかったので、見ませんでした。
239総合文化会館7

「久喜総合文化会館」でした。


すぐに、また橋。
240再び用水路1

右側。下流側。
241再び用水路2

左側。上流側。ここは「南中通り」を歩いたとき
に見た"名前もない用水路"の下流側です。
242再び用水路3

どんどん進みます。「市役所入口(北)交差点」。交差する道は、
243市役所入口北交差点1

「南中通り」を歩いたときに横断した
「県道85号・春日部久喜線」の南東側です。


左側。このずっと先に「南中通り」があります。
244市役所入口北交差点2

この交差点近くに、こんな陶製のアクセント。
245市役所入口北交差点3

この交差点で交差するのは、「南中通り」を
歩いたときに横断した「六間通り」です。
246再び六間通り1

左側。この先に「南中通り」。
247再び六間通り2

【提燈祭り通り】※途中
この交差点を右へ。これから歩く道は「提燈祭り通り」です。
248再度提燈祭り通りへ1

左側。このずっと先を、最初の頃に歩きました。
249再度提燈祭り通りへ2

右側へ。こちらへ進みます。
250再度提燈祭り通り1

風情のある建物がありますが、
251再度提燈祭り通り2

昔からある街の中心の通りのようですが、
252再度提燈祭り通り3

街道というわけではないみたいです。
253再度提燈祭り通り4

【久喜駅 ゴール】
「提燈祭り通り」の先が「久喜駅」です。
ゴールです。お疲れさまでした。
254久喜駅ゴール

今回、食事は、文中でも書きましたが、
「久喜菖蒲公園」内で、持参したものを
食べたので、食事のコーナーはありません。
お土産も買いませんでした。

食事も、お土産も、何か、地元のものを
買っても良かったのですが、
コースマップに記載の"コース内おすすめ店舗"
が、訪問日は、なぜか、ほとんどが定休日で、
購入することができませんでした。


今回は、何といっても、「備前堀橋・前堀新橋」
が、おもしろかったです。

ちょうど歩いたところの状況を見れば
納得できますが、「備前前堀川」という名称は、
それだけだと、とても変ですよね。

そういえば、このあたりの橋・川に関する
文中のふりがなは、とりあえず、自分の感覚で
一つ決めて書きましたが、
「ほり」なのか「ぼり」なのか、
「はし」なのか「ばし」なのか、
きっと、厳密には決まっていないものだと
思います。

また、今回は「東谷橋」もおもしろかったです。
なんで、少しカーブさせているんでしょうかね。

「備前堀橋・前堀新橋」も、「東谷橋」も、
コースのポイントになっていないところでした。
でも、あえて、コースに組み入れたようです。

この日はずっと快晴で、本当にいい一日でした。

埼玉県の、このあたりは、歩くのに、
ちょうどいい環境です。また来ます。


【コースマップ】
255コースマップ

2021年12月5日(日)の記録です。

おしまい。

     にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
人気ブログランキング    にほんブログ村