駅からハイキング・ファンの皆さん、お元気ですか。

今回は、JR「駅からハイキング」、南武線・武蔵野線府中本町駅を起点とする、
「府中市郷土の森と武蔵國(むさしのくに)府中の歴史を歩く」
に行ってきました。

コースはこちら。約6kmのコースです。
01コース(府中本町)
コースマップは文末にあります。

今回のコースの一番の見どころは、やっぱり、「梅まつり」が開催されている
「府中市郷土の森博物館」の梅園です。

ほとんど、曇りか薄曇りの空だったのですが、それでも、まあ、
そこそこの天気で、コースを快適に回ることができました。

では、スタート。

【府中本町駅】
駅構内にありました。力の入れ方がわかります。
02府中本町駅1

改札を出たところにありました。本当に丁寧な対応です。
03府中本町駅2

一応、「府中本町駅」です。
04府中本町駅3

駅の階段を下りたことろ。
05駅前

府中市は、やっぱり、梅が大事みたいです。
06梅

【六所口広場】※寄り道
いきなりですが、「六所口(ろくしょぐち)広場」に寄り道。
07本町1

このあたりの地域、「本町(ほんまち)」の説明。
府中の街中に、こういった説明がたくさんありました。
申し訳ありませんが、今回は、こういった説明の多く、というか、
ほとんどについて、紹介を省略しています。
08本町2

【大國魂神社】
今回のコースは、スタートの受付場所が、最初のコースポイント、
「大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)」の広い境内の中にあります。
なので、まず、「大國魂神社」に入ります。
09大國魂神社入口

【ふるさと府中歴史館】
ここが受付場所の「ふるさと府中歴史館」です。
10ふるさと府中歴史館

「大國魂神社」をお参りします。手水舎。
11大國魂神社1

説明板。
12大國魂神社2

山門。実は、「大國魂神社」は、受付する前に、回ってしまいました。
13大國魂神社3

中に、もう一つ、門。
14大國魂神社4

拝殿です。
15大國魂神社5

接近。
16大國魂神社6

拝殿の奥に、本殿がありますが、入れるようにはなっていません。
17大國魂神社7

説明。
18大國魂神社8

すき間から撮影。
19大國魂神社9

境内に、大木がたくさんありました。
20大國魂神社10

これが「大銀杏」かな?
そばで熱心にお祈りしている方がいらっしゃいました。
21大國魂神社11

「鼓楼(ころう)」だそうです。
22大國魂神社12

説明。
23大國魂神社13

山門。反対側。
24大國魂神社14

「大國魂神社」でした。
25大國魂神社15

【武蔵國国府跡】
次のコースポイントはすぐ近くです。
「武蔵國国府跡(むさしのくにこくふあと)」です。ですが、工事中でした。
26武蔵國国府跡1

工事中で、屋外には何もありませんが、説明。
27武蔵國国府跡2

先へ進みます。
「大國魂神社前」の交差点近く。「府中市観光情報センター」です。
28府中市観光情報センター

「府中町道路元標」というのもありました。
29府中町道路元標

【馬場大門のケヤキ並木】
次のコースポイント、「馬場大門(ばばだいもん)のケヤキ並木」です。
30馬場大門のケヤキ並木1

こんな石碑があります。
31馬場大門のケヤキ並木2

説明。
32馬場大門のケヤキ並木3

こういった説明もありました。
33馬場大門のケヤキ並木4

あらためて、ケヤキ並木。
34馬場大門のケヤキ並木5

銅像がありました。
35馬場大門のケヤキ並木6

源義家公だそうです。
36馬場大門のケヤキ並木7

説明。
37馬場大門のケヤキ並木8

道の反対側。
38馬場大門のケヤキ並木9

こちらには歌碑。
39馬場大門のケヤキ並木10

説明。
40馬場大門のケヤキ並木11

交差点から、「大國魂神社」を。
本当は、こちら側が正面で、ここから、参道が続いています。
41大國魂神社前

【旧甲州街道の風情ある街並み】
次のコースポイントになっている「旧甲州街道の風情ある街並み」です。
道を挟んで、右側が老舗の酒屋「中久本店」。左側が「高札場跡」。
42旧甲州街道1

「中久本店」にあった説明。
43旧甲州街道2

改めて、「府中高札場(ふちゅうこうさつば)」。
44旧甲州街道3

接近。
45旧甲州街道4

説明。
46旧甲州街道5

ここは、「番場(ばんば)公園」。
47旧甲州街道6

「番場宿」の説明。
48旧甲州街道7

逆側から。奥が公園。
49旧甲州街道8

こんなところも、「風情ある街並み」かな?
50旧甲州街道9

【長福寺】※寄り道
「長福寺(ちょうふくじ)」というお寺がありました。
51長福寺1

山門。
52長福寺2

本堂。
53長福寺3

六地蔵。
54長福寺4

こんな説明が。
55長福寺5

「長福寺」の説明。
56長福寺6

【下河原緑道】※寄り道
後に、コースポイントとして歩く「下河原(しもがわら)緑道」ですが、
ここで、一旦、横断します。
こちら側は、歩いて行く方向とは反対側。この木の根元に、
57緑道1

このような供養塔がありました。
58緑道2

こちら側が、後で、歩いて行く方向。
59緑道3

【高安寺】
その前に、次のコースポイント、「高安寺(こうあんじ)」です。
60高安寺1

読めませんが、説明。
61高安寺2

右が本堂、左が観音堂。
62高安寺3

説明。
63高安寺4

まず、左側の観音堂の方へ。
観音堂は、この画像の右の切れている建物。
64高安寺5

まず、目に付いた地蔵尊。
65高安寺6

こんなお姿。
66高安寺7

これが、地蔵堂です。
67高安寺8

接近。
68高安寺9

説明。
69高安寺10

本堂側へ向かいます。右側に、「干支本尊」。
70高安寺11

説明。
71高安寺12

山門です。
72高安寺13

入ったところ。
73高安寺14

右側に、鐘楼。
74高安寺15

「時の鐘」。
75高安寺16

見にくかったので、一旦、外に出て、回り込んで。
76高安寺17

こちらにも彫刻が。
77高安寺18

でも、全体像が、うまく撮れません。
78高安寺19

改めて、本堂側へ。説明。
79高安寺20

本堂。
80高安寺21

接近。
81高安寺22

中を拝見。
82高安寺23

奥に、「弁慶硯(すずり)の井戸」があるそうです。
お墓の間を、ずっと歩いて行きます。
有名な方のものと思われるお墓がいくつかあったのですが、
今回は省略します。よくわからないですし。
83高安寺24

こちらは、「秀郷(しゅうごう)稲荷神社」。
田原藤太秀郷(たはらのとうたひでさと)公が祀られているそうです。
84高安寺25

接近。
85高安寺26

中を拝見。
86高安寺27

「弁慶硯の井戸」へ向かいます。
87高安寺28

本当に、歩きにくかったです。
88高安寺29

こちらです。もちろん、右側です。「高安寺」でした。
89高安寺30

【下河原緑道】※改めて
すこしだけ、「下河原緑道」を歩きます。後で、たくさん歩きます。
90再び緑道1

ここは、「鹿島坂(かしまざか)」だそうです。
91再び緑道2

この右側のガードがあるところに入って行きます。
92再び緑道3

【清水下小路】※途中
その前に少しだけ、先の方を見てみます。
南武線の線路の上です。「清水下小路(しみずしたこみち)」です。
93清水下小路1

入ります。
94清水下小路2

「高安寺」の敷地脇の道です。
95清水下小路3

きれいな道です。
96清水下小路4

振り返って。南武線の電車が来ました。
97清水下小路5

「分倍河原(ぶばいがわら)駅」です。ふりがなを振っておきました。
98分倍河原駅

【分倍河原駅前新田義貞公之像】
次のコースポイントになっている「分倍河原駅前新田義貞公之像」です。
99新田義貞公之像1

少し、接近。
100新田義貞公之像2

説明。
101新田義貞公之像3

寄っても、見にくい。
102新田義貞公之像4

こちらは、「片町公園」。
103片町公園

先へ進みます。「かえで通り」です。
104かえで通り

「伏見稲荷神社」がありました。
105伏見稲荷1

接近。
106伏見稲荷2

ここは、「鎌倉街道」です。
107鎌倉街道1

こういう場所だそうです。
108鎌倉街道2

【下河原緑道】※再度
今度こそ、コースポイントとしての「下河原緑道」です。
109下河原緑道1

「旧国鉄下河原線跡」です。しばらく歩きます。
110下河原緑道2

途中、分岐点。左は、「東京競馬場前駅」へ向かう線路跡。
右へ向かいます。
111下河原緑道3

「中央自動車道」の下をくぐります。
112下河原緑道4

どこまでも続く道。
113下河原緑道5

たぶん、ひばり。
114下河原緑道6

たぶん、これも梅。(ブロッコリー?)
115下河原緑道7

左側に、サントリーのビール工場。
116下河原緑道8

途中、「そよ風の像」という銅像。
117下河原緑道9

説明。
118下河原緑道10

「下河原緑道」を歩くのは、ここまで。
119下河原緑道11

府中市の鳥は、ひばり。
120ひばり

【府中市郷土の森博物館(梅まつり会場)】
次のコースポイントに到着しました。「府中市郷土の森博物館」です。
「梅まつり会場」です。
121府中市郷土の森博物館1

ここでは、梅の画像だけ、お届けします。
122府中市郷土の森博物館2

入ったところ。
123府中市郷土の森博物館3

左側奥の梅園。
124府中市郷土の森博物館4

こんな色の梅も。
125府中市郷土の森博物館5

これは白くて、花が大きい。
126府中市郷土の森博物館6

右奥の方へ。
127府中市郷土の森博物館7

ちょっと接近。
128府中市郷土の森博物館8

真ん中あたり。
129府中市郷土の森博物館9

右側手前。
130府中市郷土の森博物館10

接写。
131府中市郷土の森博物館11

真ん中左上の花に、虫がとまっている。「梅まつり会場」でした。
132府中市郷土の森博物館12

【郷土の森観光物産館】
「府中市郷土の森博物館」を出て、すぐ前にある「郷土の森観光物産館」
です。ここもコースポイントになっています。
お土産は、ここではなく、「府中市郷土の森博物館」の中の売り場で
購入しました。画像は後ほど。
133郷土の森観光物産館

先へ進みます。「郷土の森公園」です。
134郷土の森公園1

芝生公園。
135郷土の森公園2

「交通遊園」もあります。
136交通遊園

【サントリー府中スポーツセンター
 (サントリーラグビーチームクラブハウス)】※寄り道
コースから外れているのですが、なぜか、コースマップに記載されているので、
向かってみました。
「二ヶ村緑道(にかそんりょくどう)」に入ります。
137二ヶ村緑道1

こんな感じ。
右に、ちょっと見える建物が「サントリー府中スポーツセンター」です。
138二ヶ村緑道2

猫が。
139サントリー府中スポーツセンター1

こんな建物。
140サントリー府中スポーツセンター2

目を合わせてくれない。
141猫1

もう一人。この子も目を合わせてくれない。
142猫2

でも、後を付いてくる。
143猫3

【大東京綜合卸売センター】※寄り道
コースポイントにはなっていないのですが、コースマップ上に、
詳しい説明があって、まるで、コースポイントと同じ扱いになっている
「大東京綜合卸売センター」です。
144大東京綜合卸売センター1

向かって一番左側の列の飲食店のある通路。
145大東京綜合卸売センター2

【サントリー武蔵野ビール工場】
最後のコースポイント、「サントリー武蔵野ビール工場」です。
「大東京綜合卸売センター」に隣接しています。
今日は通過です。
146サントリー武蔵野ビール工場

「中央自動車道」。ユーミンの「中央フリーウェイ」です。
今のサントリーの工場が、「♪左はビール工場」のビール工場です。
147中央自動車道

ゴールの駅に向かいます。ここは「矢崎町防災公園」。
148矢崎町防災公園

始発の武蔵野線が、駅に入線。
149駅近辺

【府中本町駅ゴール】
ゴールの「府中本町駅」に到着しました。
150府中本町駅ゴール1

一応、階段を上がって、駅正面へ。お疲れさまでした。
151府中本町駅ゴール2

【昼食】
ゴール後の昼食はここ、「府中 砂場」で。なぜ、このお店にしたかというと、
152昼食1

「駅からハイキング」の特典で、「グラスビール1杯無料」だったから。
即決。
153昼食2

いただいたのは「砂場の盛上げそば」。ごちそうさまでした。
154昼食3

【お土産】
「府中市郷土の森博物館」で「梅まんじゅう」を買いました。
155お土産1

中身。
156お土産2

「梅まんじゅう」を買ったら、このクリアファイルをプレゼントしていただきました。
157クリアファイル表

裏側。ありがとうございました。
158クリアファイル裏

府中 砂場 *食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1326/A132602/13055780/


ちょうど、梅の見頃の時期に、訪れることができました。

人が写っていない画像を選んだのでわかりませんが、
「梅まつり会場」には、実際には、とても多くの人が来ていました。

また、今回は、梅の画像しか載せませんでしたが、
「梅まつり会場」である「府中市郷土の森博物館」には、
屋内外に、たくさんの展示物があって、それも楽しめました。

「サントリー武蔵野ビール工場」は、今回は通過してしまいましたが、
本当は、工場見学ができて、ビールの試飲もできるそうです。

今度行くときには、ぜひ、できたてのビールをいただいてみたいと
思います。


【コースマップほか】
コースマップ。
159コースマップ(府中本町)

オススメ情報。
160オススメ情報

「府中市郷土の森博物館」に置かれていた「梅まつり会場」のマップ。
161梅まつりマップ

2016年3月5日(土)の記録です。

おしまい。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ    にほんブログ村へ