駅からハイキング・ファンの皆さん、お元気ですか。

今回は、JR「駅からハイキング」、常磐線松戸駅を起点とする、
「【常磐線開業120周年記念】古き良き松戸の歴史と、
 知られざる戸定邸を訪ねて」
に行ってきました。

コースはこちら。約5.5kmのコースです。
01コース(松戸1612)
コースマップは文末にあります。

今回のコースは、松戸市街地・中心部にある神社仏閣や公園を巡るものです。

歩行距離は短いのですが、コースのポイントが、コンパクトにまとまっていて、
見所も多いです。

そういうわけで、今回、神社仏閣が多いことと、変にこだわって撮影したところ
がいくつかあって、距離が短いにもかかわらず、画像の数が多いです。

では、スタート。

【松戸駅(アトレ松戸)】
「松戸駅」です。というか、駅と一体となっていて、今回、スタート受付の
場所になっていた「アトレ松戸」です。スタートします。
02松戸駅(アトレ松戸)

【一平橋・坂川】※寄り道
駅前の商店街を歩いて行くと、すぐ、「一平橋(いちひらばし)」という橋が
ありました。「坂川(さかがわ)」に架かる橋です。
03一平橋

右側。上流側。
04坂川1

よく見えないですが、一応、左側。下流側。
05坂川2

「坂川」は、この下流で、2つに分岐していて、一方は、すぐに「江戸川」へ
合流し、一方は、引き続き、街の中を流れて行きます。

このあと、その両方に、たどり着きます。

【来迎寺】
先に「江戸川」の土手が見えますが、その手前を右に曲がります。
この先に、2つのコースポイントが隣接して建っています。
06土手の手前

右側に寺院、左側に神社がありますが、まず、右側の寺院から。
陰になっていますが、右手前に石塔があります。
07来迎寺・平潟神社

「庚申供養」と書かれています。
08庚申供養塔

こちらが最初のコースポイント、「来迎寺(らいこうじ)」です。
09来迎寺

手前にあった地蔵尊。
10地蔵尊

本堂です。新しい建物です。
11本堂1

近くへ。中で、明らかに法事が行われている様子なので、ここまで。
12本堂2

手前に塚があって、そこに、
13本堂3

「六角地蔵」がありました。
14六角地蔵1

左側面。
15六角地蔵2

右側面。
16六角地蔵3

「南無阿弥陀佛」と書かれた碑も。
17南無阿弥陀佛

奥に見えるように、法事関係の車両がたくさん停まっていて、
撮影する場所(立つ場所)がなくて、困りました。

【平潟神社】
続いて、2つ目のコースポイント、「平潟(ひらかた)神社」です。
18平潟神社

社殿です。
19社殿1

近くへ。
20社殿2

中を拝見。
21社殿3

本殿。
22本殿

向かって左側にあった境内社の「秋葉神社」。
23秋葉神社1

社殿。
24秋葉神社2

中を拝見。
25秋葉神社3

右側には、大木の倒れたあとがあって、その先に、
26大木

「三峯神社」。コースマップには「三峰神社」と書かれていますが、
「三峯神社」が正しいようです。
27三峯神社1

社殿。
28三峯神社2

中を拝見。
29三峯神社3

「矢切の渡し」。
30矢切の渡し

なぜか、コアラ。
31コアラ

【水辺の健康エコロード】
先へ進みます。次のコースポイントは、土手の上の道のことです。
32江戸川土手1

「江戸川」の土手へ上がります。が、たくさんの表示が。
33江戸川土手2

「建設省直轄工事発祥の地」だそうです。
34建設省直轄工事発祥の地

変な画像ですが、上がったところの正面。先に「江戸川」があります。
35正面

右側。「江戸川」の上流側。空が真っ青です。本当にいい天気です。
36右

左側。下流側。これから、こちらへ歩いて行きます。
37左

振り向いて、今歩いてきた方向。この表示板に、このコースポイント
「水辺の健康エコロード」の記載があります。
38後ろ

「水辺の健康エコロード」を歩きます。が、正面に太陽があって、
まっすぐ前を撮ると、こんな逆光になってしまいます。
39逆光

少し向きをずらして、「江戸川」の方を。と、これを撮った時点では
気づいていなかったのですが、画像の右端に「東京スカイツリー」が。
40東京スカイツリー

少しして気づきました。正面に「東京スカイツリー」。手前に見えているのが、
国道298号線の「葛飾大橋」。工事中の「東京外環自動車道」が見えます。
41国道298号・東京外環自動車道予定

よく見ると、さらに手前に、一般道の橋「葛飾橋」もあります。そして、さらに
その手前、「江戸川」をモーターボートがこちらへ向かってきます。

水上スキーをやっていました。
42水上スキー

ここは、しばらく前に説明した「坂川」の下流の一つ、「江戸川」への放水路です。
と、撮影していたら、水上スキーが引き返してきました。
43坂川・江戸川放水路

「水辺の健康エコロード」を歩くのは、ここまでです。左に下りて行きます。
44ここまで

再び、市街地の方へ向かいます。
45階段下る

その前に、振り返って、今歩いてきた方向を。それにしても、空が真っ青。
46振り返って

【松龍寺】
街の中を歩いてきました。路地の一つのようですが、
次のコースポイント「松龍寺(しょうりゅうじ)」への参道になっています。
47松龍寺参道

橋が見えてきました。「松龍橋(しょうりゅうばし)」です。
「坂川」に架かる橋です。
48松龍橋1

右側。下流側。「坂川」の本流は、このように、街の中を流れています。
49松龍橋2

左側。上流側。あとで戻ってきて、この「坂川」沿いを歩きます。
50松龍橋3

「松龍橋」の先に、石塔と石柱。
51-1松龍寺1-1

石柱の裏側は、こうなっていました。
51-2松龍寺1-2

「松龍寺」に到着です。
52松龍寺2

地蔵尊。
53地蔵尊

由来が石柱に。
54由来

山門。入ります。
55山門

本堂です。
56本堂1

近くへ。
57本堂2

これは「観音堂」です。
58観音堂1

説明。
59観音堂2

近くへ。
60観音堂3

中を拝見。
61観音堂4

「観音堂」を引いて撮ると、こんな感じです。
大きなイチョウとクロマツが並んでいます。
62クロマツ・イチョウ

小さな境内社。詳細は不明です。
63境内社

水子地蔵があって、その奥に、祠。
64水子地蔵・祠

中はこうなっていました。
65祠

鐘楼。鐘楼は撮るのがむずかしい。
66鐘楼

「松龍寺」でした。

戻ってきました。「坂川」沿いを、上流方向へ歩きます。
67坂川沿い

【松戸神社「神楽殿」】
「松戸神社」が見えてきました。左に見える橋は「陣屋口橋」。
68松戸神社1

次のコースポイントは、この「松戸神社」の「神楽殿」です。
「神楽殿」の「天井絵」と「襖絵」が特別公開されています。入ります。
69松戸神社2

鳥居をくぐって左側。左から「市の神」と「金比羅神社」。
70市の神・金比羅神社

そのとなりに手水舎。
71手水舎

百度石が手前にあって、奥にあるのが「御神水」。
72百度石・御神水

近くへ。
73御神水

こちらが拝殿です。
74拝殿1

近くへ。
75拝殿2

拝殿前を奥の方へ。境内社などもたくさんあるので、順番に見て行きます。
76拝殿前

「水神社」がありました。
77水神社1

社殿。
78水神社2

これが「神楽殿」です。
79神楽殿1

横の扉が開いていて、ここから、「天井絵」と「襖絵」をのぞき込むことが
できます。
80神楽殿2

「天井絵」。
81神楽殿3

「襖絵」。こんな感じです。
82神楽殿4

奥に「秋葉神社」がありました。
83秋葉神社1

近くへ。
84秋葉神社2

「交通安全祈願之塔」。
85交通安全祈願之塔

「社務所」です。
86社務所

「神輿蔵」です。
87神輿蔵

この先に、境内社がいくつもあります。
まず、「厳島神社」。
88厳島神社1

社殿。
89厳島神社2

振り返って。これは境内社ではなく、「松戸神社」本殿を真裏から。
「青龍門」の文字が見えます。
90本殿・青龍門

再び、振り返って、境内社側。これは「稲荷神社」。
91稲荷神社1

鳥居と社殿の間が狭すぎて、こんな感じ。
92稲荷神社2

「庚申社」です。
93庚申社

影ができて、よく見えませんが、「浅間神社」。
94浅間神社1

石碑と小さな冨士塚があります。
95浅間神社2

これは、4つの神社が集まっています。
96三峰・疱瘡(八坂)・八幡・水神社1

左から、「三峰神社」、「疱瘡神社(八坂神社)」、「八幡神社」、「水神社」。
この「三峰神社」の説明板は「峰」の字になっています。
97三峰・疱瘡(八坂)・八幡・水神社2

「松尾神社」。
98松尾神社1

手前に、社殿の大きさとのバランスを考えると、とても大きな鳥居がありました。
99松尾神社2

こちらが表参道だと思うのですが、「坂川」に赤い橋が架けられています。
「潜龍橋(せんりゅうばし)」です。
100潜龍橋・坂川1

橋を渡ったところから上流方向を。きれいです。
101清龍橋・坂川2

「坂川の歴史」。
102清龍橋・坂川3

「松戸神社」境内方向を。
103潜龍橋から

参道を、外へ歩きます。振り返って、二の鳥居。
104二の鳥居

一の鳥居。
105一の鳥居

ここに、説明板。
106説明板

「松戸神社」でした。

【坂川沿い】※途中
再び、「坂川」沿いです。ここから、しばらく、「坂川」沿いを歩きます。
107再び坂川沿い

改めて「松龍橋」。
108再び松龍橋

その先に「不動橋」。
109不動橋

【慈眼寺】※寄り道
その「不動橋」の向かい側に、「慈眼寺」と書かれた門柱があって、
だけど何もない、という場所がありました。事情はわかりません。
110慈眼寺1

隅の方に、少しだけ、建物等がありました。
111慈眼寺2

横長の社殿。
112慈眼寺3

こういう小さな社殿も。
113慈眼寺4

近くへ。火事にでもあったのでしょうか?不思議です。
114慈眼寺5

引き続き、「坂川」沿いを歩きます。こんな掲示板がありました。
115坂川掲示板

このあたりは、川べりが歩けるようになっています。鴨もいます。
116鴨

ちゃんとした遊歩道になっていて、
117坂川遊歩道1

こんな風に、子どもが走っていたりします。
118坂川遊歩道2

こんな説明板がありました。徳川慶喜が来たのだそうです。
119坂川遊歩道3

こんな場所です。
120坂川遊歩道4

【レンガ橋】※寄り道
川の先に、「レンガ橋」があります。「レンガ橋めがね橋」の表示があります。
121レンガ橋めがね橋1

「レンガ橋」の手前に、歩行者用の橋が架けられています。
122レンガ橋めがね橋2

その橋の上から、今歩いてきた方向を。
123レンガ橋めがね橋3

「レンガ橋」を。こんな風にしか撮れないです。
124レンガ橋めがね橋4

「坂川」からは、ここで離れます。

【歩道橋】※寄り道
少し歩くと、こんな歩道橋にたどりつきました。上ります。
125歩道橋1

橋の途中、右側に下りるところがあって、今回は、そこを下りて行きます。
126歩道橋2

左側。「松戸駅」側。この歩道橋は、線路に架かる橋です。
ちょうど、電車が来ました。
127歩道橋3

反対側。右側の線路は常磐線。左側の線路は、この先にある車両基地
「松戸車両センター」へ向かっています。間の階段を下りて行きます。
128歩道橋4

と思ったら、また、常磐線の電車。
129歩道橋5

こんな階段を下ります。この歩道橋へは、あとで、もう一度来ます。
130歩道橋6

【弁財天宮】※寄り道
住宅地の中を少し歩くと、「弁財天宮」がありました。
131弁財天宮1

手水舎。
132弁財天宮2

社殿前の紅葉がきれいです。
133弁財天宮3

読めないかもしれませんが。説明。
134弁財天宮4

社殿の前、参道上に、屋根のあるところがあります。変わっています。
135弁財天宮5

近くへ。
136弁財天宮6

「弁財天宮」でした。

【浅間神社】
次のコースポイントは、「弁財天宮」のすぐ先です。
「浅間(せんげん)神社」です。
137浅間神社1

入って左側に、丘陵状の森林域があって、その上に本殿があるようです。
138浅間神社2

右側には、庭園のような形態の池。
139池

きれいな神楽殿。
140神楽殿

向かい側には、こんな建物。
141祠1

石の祠がありますが、詳細はわかりません。
142祠2

横には、こんなものも。よくわかりません。
143祠3

由緒。
144由緒

手水舎。
145手水舎

鳥居。周辺に、いろいろとあります。
146鳥居

「極相林(きょくそうりん)」の説明。
147極相林説明板

おそらく、古い鳥居の残骸。
148残骸

この画像では読めないと思いますが、石造物の説明がありました。
149石造物1

これらのことです。
150石造物2

かなり長い石段です。上ります。
151石段

すぐに、左側に、「御神木」。
152御神木

「二合目」と書かれた石柱。その先に、
153二合目

小さな社。
154社1

中を拝見。
155社2

「五合目」の先。出られるようになっているので、何かあるのかもしれませんが、
やめておきました。
156五合目

途中に狛犬。
157狛犬

もうそろそろ頂上。右側に「稲荷神社」があるのが見えます。あとで行きます。
158右側に稲荷神社

上ってきました。二の鳥居。
159二の鳥居

拝殿です。
160拝殿1

近くへ。
161拝殿2

中を拝見。
162拝殿3

こちらが本殿。
163本殿1

うしろが回りこめました。逆から。
164本殿2

「三峯神社」がありました。
165三峯神社

さらに、いくつもの小さな神社がありました。
166神社

先ほどの二の鳥居の横の「稲荷神社」です。こちらにも鳥居があります。
167稲荷大明神1

こちらが「稲荷神社」。
168稲荷大明神2

戻ります。以上、「浅間神社」でした。
169上から

道の先に、高架が見えますが、国道6号線「水戸街道」です。
そちらには行かずに、手前を左折。
170国道6号水戸街道

コースマップ上、この道の上に「松戸街道」と書かれているのですが、
まちがいです。おそらく、先にある「松戸隧道」を読み違えたのだと思います。

横の道から、「浅間神社」の「極相林」を。
171極相林

すぐ先に「浅間緑地」があって、そこに、
172浅間緑地1

こんな地蔵尊。
173浅間緑地2

さらに先に「浅間下こどもの遊び場」という大きな広場。でも子どもはいません。
右側は、国道6号線「水戸街道」の高架。
174浅間下こどもの遊び場

突き当たりの横、国道6号線「水戸街道」のガード下。その先に、
175ガード下

「松戸車両センター」がありました。
しばらく前に、歩道橋の上から見た線路の先です。
176松戸車両センター

反対側に、線路を越えるための長い地下道があります。
177地下道

地下道を抜けて、少し歩くと、再び、電車・線路を見た歩道橋です。
通過します。
178歩道橋通過

地面に「この先すれ違い注意」の文字。
右側の黄色い看板には「すれ違いできません。」矛盾。
179狭い道1

ここは絶対に「すれ違いできません。」
180狭い道2

交通量も、とても多いです。
181狭い道3

反対側。
182狭い道4

【戸定が丘歴史公園】※寄り道
次のコースポイント、「旧徳川明武(あきたけ)庭園(戸定邸(とじょうてい)庭園)」
のある「戸定が丘歴史公園」に到着しました。
183戸定が丘歴史公園1

こちらが入口。
184戸定が丘歴史公園2

案内板。
185戸定が丘歴史公園3

「戸定館由来」。
186戸定館由来

【旧徳川明武庭園(戸定邸庭園)】
こちらが「旧徳川明武庭園(戸定邸庭園)」です。
187戸定邸1

内部の画像の掲載は自粛。
188戸定邸2

「戸定歴史館」。
189戸定歴史館

「松雲亭」。
190松雲亭

奥に「梅園」があって、その先に「千葉大学」のキャンパスがあるようです。
行ってみます。
191梅園1

「梅園」です。もちろん、梅の季節ではないので、こんな状況です。
192梅園2

でも、周囲に、紅葉している木がたくさんあります。
193梅園3

奥に進んで行くと、「千葉大学」のキャンパスにつながっていました。
194千葉大

「与謝野晶子歌碑」がありました。
195与謝野晶子歌碑1

説明。
196与謝野晶子歌碑2

以上、「旧徳川明武庭園(戸定邸庭園)」のある「戸定が丘歴史公園」と
周辺の施設でした。これは入口の門を出たところ。
197出たところ

右側の駐車場に売店が。
198売店

【戸定みその坂】※途中
門の前の坂道は「戸定みその坂」という名前です。振り返って撮影。
199戸定みその坂1

柱の横に説明。
200戸定みその坂2

こんなオブジェ。
201戸定みその坂3

説明。
202戸定みその坂4

また、街の中を、しばらく歩いてきました。
この急な坂を上った先に、最後のコースポイントがあります。
203急な坂

【松戸中央公園】
「松戸中央公園」です。
204松戸中央公園1

この門。
205松戸中央公園2

そして、この建物。
206松戸中央公園3

こういうものだそうです。
207松戸中央公園4

こんな公園です。
208松戸中央公園5

中には、こんな説明板も。
209松戸中央公園6

きれいな公園です。
210松戸中央公園7

右側に見える、中学生と思われる二人の女の子。
「恋ダンス」の練習をしていました。ちょうど、ブームの真っ最中でした。

公園内を、ぐるっと。テニスコートも。
211松戸中央公園8

この記念碑。
212千葉大学工学部跡1

「千葉大学工学部跡」の碑でした。
213千葉大学工学部跡2

「陸軍工兵学校跡」の碑もありました。いろいろなものの跡地です。
214陸軍工兵学校跡

「松戸中央公園」でした。ゴールへ向かいます。

とても長い階段があります。
215長い階段1

下り切ったところから上を。
216長い階段2

もうすぐ、ゴールの「松戸駅」です。この先にあります。
217この先松戸駅

【松戸駅 ゴール】
階段を上って、ゴールの「松戸駅」です。おつかれさまでした。
218松戸駅ゴール

【昼食】
昼食はここ、ロイヤルホストで。
219ロイヤルホスト

まず、麦酒。
220麦酒

「ロイヤルアンガスサーロインステーキ200g・ドミグラスバターソース」と
「英国風パン」。
221サーロインステーキ

ホットコーヒー。ごちそうさまでした。
222コーヒー

ロイヤルホスト 松戸駅前店 *食べログ
https://tabelog.com/chiba/A1203/A120302/12014202/

【もらったもの】
参加者全員、「常磐線開業120周年」のポストカードをいただきました。
ありがとうございました。
223常磐線開業120周年

今回のコースは、冒頭にも書きましたが、距離の短い、そんなに広くない
範囲を歩くもので、比較的短時間に、多くの見所を回ることができました。

コースのポイント以外に、江戸川の水上スキーや空き地になっている寺院、
常磐線を渡る歩道橋、単なる狭い道など、変に気になったところなども
含めて、興味深い見所がたくさんで、とても楽しい街歩きでした。

天気も良かったので、本当に気分良く歩けました。この周辺にコースの
設定があれば、また来たいと思います。


【コースマップ】
224コースマップ(松戸1612)

2016年12月3日(土)の記録です。

おしまい。

     にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
人気ブログランキング    にほんブログ村