駅からハイキング・ファンの皆さん、お元気ですか。

今回は、JR「駅からハイキング」、東海道線大磯駅を起点とする、
「湘南発祥の地 旧東海道大磯宿を巡るハイキング」
に行ってきました。

コースはこちら。約10.5kmのコースです。
01コース(大磯1612)
コースマップは文末にあります。

このコースは、タイトルにあるとおり、旧東海道大磯宿を歩くものです。

ですが、大磯駅を出発して、大磯駅に戻ってくるコースですので、片道は
旧東海道を歩きますが、片道は線路沿いの何でもないところを、ただ歩く
という設定になっています。

この地域を歩くのに、海にも、まったく行かない設定です。

そういうことで、せっかくなので、終盤、食事したお店の場所でもあるの
ですが、漁港に寄り道もしています。

では、スタート。

【大磯駅】
「大磯駅」です。冬の朝なので、日がまだ低くて、影ができてしまっています。
02大磯駅

【大磯町観光協会駅前案内所】
「Oiso Beach」と書かれたアーチ。その横に、
今回のスタート地点の「大磯町観光協会駅前案内所」。
03大磯町観光案内所1

ここです。スタートします。
04大磯町観光案内所2

【国道1号線・東海道】※途中
そのまま、まっすぐ歩いて行くと、「大磯駅入り口交差点」。
05大磯駅入口交差点

ここから、「国道1号線・東海道」を歩きます。ちなみに、「国道1号線」は、
もっと海岸寄りに、大きなバイパスが走っています。
06国道1号線東海道

【旧東海道】※途中
ここから、左側の道、「旧東海道」へ入ります。空が真っ青ですね。
09旧東海道へ

東海道らしいです。
11旧東海道らしい

【江戸見附跡】
先にある木がすごいですが、その左手前が、
12江戸見附跡1

最初の見どころポイントの「江戸見附跡」です。
この説明板があるだけですが。
13江戸見附跡2

しばらく行くと、「旧東海道」は、東海道線で遮られていて、
線路下のトンネルをくぐります。
14トンネル

トンネルの先も、「旧東海道」は続きます。
15トンネルの先

【大磯八景碑】※寄り道
「大磯八景碑」がありました。
16大磯八景碑1

こう書いてあるようです。
17大磯八景碑2

「OISO」。
18OISO

【大磯虎ヶ雨の説明板】※寄り道
これは歌川広重の「大磯虎ヶ雨(とらがあめ)」。
19大磯虎ヶ雨1

解説。
20大磯虎ヶ雨2

【一里塚跡】
ちょうど、工事中の車が停まっているのですが、
21一里塚跡1

2つ目の見どころポイント、「一里塚跡」です。
この説明板があるだけですが。
22一里塚跡2

このコースには、「一里塚跡」の見どころポイントが2つあって、その1つ目です。
のちにまた「旧東海道」を歩くところがあって、そこに、もう一つの「一里塚跡」が
あります。

【化粧井戸】
次の見どころポイントも、すぐ近くにあります。「化粧(けわい)井戸」です。
23化粧井戸1

説明。
24化粧井戸2

「化粧井戸」。
25化粧井戸3

そんなに詳細にお見せしても仕方ないとは思いますが。
26化粧井戸4

この「化粧井戸」で引き返します。
線路沿いの道を歩いて、「大磯駅」に戻ります。

【大磯駅】※途中
そういうわけで、「大磯駅前」。
27大磯駅前1

少し日が高くなったので、このとおり。通過します。
28大磯駅前2

カラー。
29カラー版大

小さいサイズ。
30カラー版小

【旧島崎藤村邸】
「大磯駅」から、線路沿いの道を歩いて行くと、次の見どころポイントです。
「旧島崎藤村邸」です。
31旧島崎藤村邸1

中はこんな感じ。
32旧島崎藤村邸2

こんな感じ。
33旧島崎藤村邸3

説明。
34旧島崎藤村邸4

「旧島崎藤村邸」の前が、こんな休憩所になっています。
35旧島崎藤村邸5

もう一つ、説明板。「旧島崎藤村邸」でした。
36旧島崎藤村邸6

【線路沿いの道】※途中
このあと、しばらく、ただ線路沿いを歩き続けます。こんな道です。
37線路沿い

ですが、コースマップを見ると、1ヶ所だけ迂回するところがあって、
この「稲荷松公園」の前を通るのですが、おそらく、ただ、トイレがあるから。
38稲荷松公園

しばらくすると、左側の住宅が畑に変わり、右側の塀がなくなりました。
39側道1

トラクターが道を封鎖。
40側道2

だんだんと、道が細く。
41側道3

ここで、線路を離れて、
42橋

【川沿いの道】※途中
今度は、川沿いの道を歩きます。
43血洗川沿い1

この川、「血洗川(ちあらいがわ)」というそうです。こわいです。
44血洗川沿い2

小さな祠が。
左上には鳥の羽ばたき。
45小祠1

こんな状態でした。
46小祠2

この橋、「町屋橋」で「血洗川」を離れます。
ここを右に行くと、ようやく、次の見どころポイントです。
47町屋橋

【大磯城山公園(大磯町郷土資料館)】
「大磯城山公園」に到着しました。「東門」です。入ります。
48大磯城山公園東門

「大磯城山公園」には、こちらの「旧三井別邸地区」と、「国道1号線・
東海道」をはさんで、「旧吉田茂邸地区」の2つのエリアがあります。

今回のコースは、「大磯城山公園」とだけ書かれていて、こちらの
「旧三井別邸地区」だけを回る設定になっているのですが、あとで、
「旧吉田茂邸地区」にも行きます。

まず、「ふれあいの広場」。
49ふれあいの広場

その先、「茶室如庵(じょあん)跡」。
50茶室如庵跡地1

影になってしまいました。
51茶室如庵跡地2

ここです。
52茶室如庵跡地3

ここが「大磯町郷土資料館」です。
53大磯町郷土資料館

なぜか、ポストが。
54ポスト1

こういうことだそうです。
55ポスト2

「大磯町郷土資料館」。撮影禁止なので、ここまで。
56大磯町郷土資料館入口

裏の山を上る階段があるので、行ってみます。
57階段1

かなり上ってきました。
58階段2

まだ、頂上手前。休憩所がありました。
59休憩所

その上に「ひかりの広場」。
60ひかりの広場

これは「国府橋」。「こうのばし」と読むそうです。
61国府橋1

右側。上側。
62国府橋2

左側。下側。
63国府橋3

下りて行きます。
64下り

流れの下はこれ。「小淘綾ノ滝(こゆるぎのたき)」です。
65小淘綾ノ滝

下まで下りてきました。
茶室「城山庵(じょうざんあん)」です。裏から来ました。
66城山庵1

こちらが正面。喫茶店でもあるようです。
67城山庵2

ここが、「城山庵」の表門。
68城山庵3

公園の「西門」まで来てしまいました。
69西門

改めて、中へ。「不動池」。庭園になっています。
70不動池1

日本庭園です。
71不動池2

紅葉です。
72不動池3

となりは「もみじの広場」です。
73もみじの広場

ここが、滝の一番下です。
74滝の下流

もう一度、上ってきました。「展望台」です。
75展望台へ

ここです。
76展望台

展望台からの眺望。
77-1眺望案内板

左の奥の方に「伊豆半島」。右に「真鶴半島」。
77-2眺望1

各山々があって、手前は「大磯町」、「二宮町」の市街地。本当は、山々の
右側に「富士山」が見えるはずなのですが、ちょうど雲があって見えません。
78眺望2

かなり粘って、ようやくこの画像。よく見ると、この画像の中心の少しだけ左側、
雲の間に、雲と同じ色の雪をかぶった「富士山」の山頂があります。
79富士山

スタート時には快晴だったので、期待していたのですが、残念でした。

雲も、本当に「富士山」のところを流れているだけで、他はほとんどなくて、
待てば取れるかと思って、だいぶ待ったのですが、取れませんでした。

「観光案内所」の人からも、今日は富士山がよく見えるはずだと言われて
いたので、なおさら残念に思いました。


これは「北蔵(きたくら)ギャラリー」。
80北蔵ギャラリー1

写真撮影禁止なので、ここまで。
81北蔵ギャラリー2

公園敷地の反対側まで回って、「横穴古墳群」。
83横穴古墳群1

ここはふさがっていますが、
84横穴古墳群2

ここは、こんな状態。
85横穴古墳群3

違う角度から。
86横穴古墳群4

「横穴古墳群」でした。
87横穴古墳群5

「南門」から出ます。だいぶ長い時間、この公園にいました。
88-0南門

正面の階段を下りてきました。
このあたりは「であいの広場」と名付けられているようです。
88であいの広場

「大磯城山公園・旧三井別邸地区」でした。
89公園出口

このあとの見どころポイントを回って、また、この近くまで戻ってきます。
「旧吉田茂邸地区」には、そこで行きます。

【旧東海道】※途中
ここで、また、「旧東海道」を歩きます。この橋は「本郷橋」。
90本郷橋

「不動川」に架かる橋です。右側。上流側。
91不動川1

左側。下流側。この先に「国道1号線・東海道」があって、
「新不動橋」があります。あとで通ります。
92不動川2

【一里塚跡】
この道右側の路側帯の白いライン上と、左側に見える自動車の前に、
こういうものがあります。
93一里塚跡1

右側、ライン上。
94一里塚跡2

左側、自動車前。
95一里塚跡3

コースマップでは、この少し先の場所が見どころポイントの「一里塚跡」として
記載されているのですが、そこは「一里塚跡」の説明板がある場所で、
実際の「一里塚跡」の位置は、この場所のようです。

すぐ左が「国道1号線・東海道」に近寄ってきて、また、東海道らしいです。
96また旧東海道らしい

ここがコースマップ上、見どころポイントとなっている
「一里塚跡」の説明板の場所です。
97一里塚跡案内1

これです。
98一里塚跡案内2

説明。
99一里塚跡案内3

「旧東海道」は、まだ続きますが、ここで折り返します。
100折り返し

【国道1号線・東海道】※途中
ここから、「国道1号線・東海道」を歩きます。
101国道1号線東海道へ

「大磯駅」の近くにある見どころポイントまで、ひたすら歩いて行きます。
102東海道

ここは「国府本郷(こくふほんごう)交差点」ですが、
そのすぐ先に「不動川」に架かる「新不動橋」があります。
103国府本郷交差点

そこから、先ほど通った「本郷橋」を見たところです。
104新不動橋から不動川

【大磯城山公園・旧吉田茂邸地区】※寄り道
「大磯城山公園」の「南門」近くまで戻ってきました。
「旧吉田茂邸地区」に行ってみます。
105旧吉田茂邸地区

ただし、ここまで、結構、時間がかかっており、急ぐことにします。

逆光の方向で、うまく撮れなかったのですが、「内門(兜門)」です。
106内門(兜門)1

説明。
107内門(兜門)2

入ったところに「日本庭園」がありました。
108日本庭園1

説明。
109日本庭園2

「旧吉田茂邸」です。
110旧吉田茂邸1

説明。
111旧吉田茂邸2

近くへ。
112旧吉田茂邸3

「七賢堂(しちけんどう)」。
113七賢堂1

説明。
114七賢堂2

出入口近くに「バラ園」。
115バラ園1

こんな感じ。
116バラ園2

説明。
117バラ園3

「大磯城山公園・旧吉田茂邸地区」でした。

再び、「国道1号線・東海道」を歩きます。

ゴミ置き場になっているので、引いた画だけにしますが、「切通橋
(きりとおしばし)」です。しばらく前に歩いた「血洗川」の下流に架かる橋です。
118切通橋1

こんな石碑などがありました。
119切通橋2

【八坂神社】※寄り道
しばらく歩いて、「西小磯(にしこいそ)交差点」です。右に見える林の中に、
120八坂神社1

「八坂神社」がありました。
121八坂神社2

こんな神社です。
122八坂神社3

社殿。中は真っ暗で、何も見えませんでした。
123八坂神社4

向かいにあった「西小磯防災館」。おそらくトイレスポット。今日は通過します。
124西小磯防災館

【旧東海道松並木】
次の見どころポイントは「旧東海道松並木」です。
125旧東海道松並木

ここも、コースマップ上は、説明板のある場所が見どころポイントになって
いるのですが、実際には、かなり手前から始まっています。

赤い祠が。
126赤い祠1

詳細は不明。
127赤い祠2

【滄浪閣】※寄り道
「滄浪閣(そうろうかく)」がありました。
128滄浪閣1

現在は、営業していないです。逆光だし。
129滄浪閣2

改めて、「東海道松並木」。
130松並木

この左側に、
131切り株1

切り株。
132切り株2

説明。
133切り株3

車道の上り下りで、高さが違って、
134改めて旧東海道松並木1

歩道の高さも違っています。
135改めて旧東海道松並木2

上がったり、下がったりも激しいです。
136改めて旧東海道松並木3

改めて、東海道らしい。
137改めて旧東海道松並木4

ここが説明板のある場所です。
138改めて旧東海道松並木5

説明板。
139改めて旧東海道松並木6

【上方見附跡】
次の見どころポイントは、すぐ近くです。
140上方見附跡1

この場所です。
141上方見附跡2

「上方見附跡」です。この説明板があるだけですが。
142上方見附跡3

【鴫立庵】
次の見どころポイント、「鴫立庵(しぎたつあん)」です。
ちょっと下がったところにあります。
143鴫立庵1

その前に、横にあった碑。
144鴫立庵2

大磯は湘南発祥の地です。
145鴫立庵3

「鴫立庵」の説明。
146鴫立庵4

こういう説明も。
147鴫立庵5

入口手前の橋。
148鴫立庵6

「鴫立沢」が流れています。
149鴫立庵7

上流側。
150鴫立庵8

入口。内部の画像の掲載は自粛。
151鴫立庵9

ですが、1点。内部にあった説明板。
152鴫立庵10

先へ進みます。コースは、少しだけ、「国道1号線・東海道」を逸れます。
この「井上蒲鉾店」に、
153井上蒲鉾店

神社がありました。
154神社

【南組問屋場跡】
ここが次の見どころポイントです。
155南組問屋場跡1

「南組問屋場(といやば)跡」です。この説明板があるだけですが。
156南組問屋場跡2

【新島襄終焉の地】※寄り道
「南組問屋場跡」の裏に、「新島襄終焉の地」がありました。
157新島襄終焉の地1

説明。
158新島襄終焉の地2

こんな碑も。
160新島襄終焉の地4

【海岸方面へ】※寄り道
ここで、大きく寄り道をして、海の方へ行ってみます。
「大磯照ヶ崎海水浴場」の表示がありますが、そこには行きません。
161海岸へ

【原敬大磯別荘跡地】※寄り道
歩き始めてすぐ、
162原敬大磯別荘跡地1

こんな説明板がありました。
163-1原敬大磯別荘跡地2

【食事】
大きく寄り道をしたのは、ここでの食事が目的です。
「めしや大磯港」というお店です。
163-2めしや大磯港

閉店間際だったので、通常のメニューはもうなく、「おまかせ定食」だけでした。
カマスの塩焼のおまかせ定食でした。
164おまかせ定食(カマス塩焼)

おそらく、本来の「カマス塩焼定食」の「ぶり刺身」が「生しらす」に
置き換わっているだけ。なので、使うあてのない小皿が置いてある。

めしや大磯港 *食べログ
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140408/14035820/


そもそも、どうして海に向かってきたかというと、このお店が漁港に
あるからです。
165漁港1

せっかくなので、一目、海を見たいとも思って。
166漁港2

「照ヶ崎海岸入口交差点」に戻ってきました。
再び、「国道1号線・東海道」です。
167照ヶ崎海岸入口交差点

【尾上・小島本陣跡】
次の見どころポイントは、こんなところにあります。
168尾上本陣跡1

「大磯小学校発祥之地」と書かれた石柱がありますが、
169尾上本陣跡2

こちらから見ると、「尾上本陣跡」と書かれています。
170尾上本陣跡3

もう一つ、「小島本陣跡」はここです。
171小島本陣跡1

読めないとは思いますが、説明板があります。そして、
172小島本陣跡2

建物の陰に石柱が。
173小島本陣跡3

これです。
174小島本陣跡4

読めないかとは思いますが、説明文も。
175小島本陣跡5

【地福寺】
最後の見どころポイントが、2つの本陣跡の間の道の先にあります。
176地福寺1

こんな建物の間の先にあります。
177地福寺2

「地福寺(じふくじ)」です。
178地福寺3

本堂へ。
179地福寺4

こういうものがあるそうです。
180地福寺5

近くへ。
181地福寺6

中を拝見。
182地福寺7

梅の木の先にあるお墓。
183地福寺8

島崎藤村夫妻のお墓だそうです。
奥が島崎藤村のお墓。手前が静子夫人のお墓。
184地福寺9

説明が地面に。これはお寺の前の道です。
185地福寺10

前の道には、こんな祠も。
186祠1

詳細は不明。
187祠2

道を進んで行くと「観光案内所」が見えてきました。ゴールは近いです。が、
188観光案内所へ

【大磯駅前洋館】※寄り道
もう一つ寄り道。手前にあった「大磯駅前洋館」です。
189大磯駅前洋館1

説明。
190大磯駅前洋館2

きれいな建物です。
191大磯駅前洋館3

【大磯駅 ゴール】
「大磯駅」です。ゴールです。お疲れさまでした。
192大磯駅前

【もらったもの】
この手ぬぐいをいただきました。ありがとうございました。
193手ぬぐい

今回は、まず、天気が良くて、良かったです。

本文中でも書いたとおり、富士山が見られなかったことは残念でしたが、
全体を通して、気持ち良く歩くことができました。

コースのタイトルどおり、東海道らしい道で、期待通りでした。

また、漁港のお店で食べたランチが、とてもおいしかったです。

今回は、閉店に近い時間の訪問になりましたが、次の機会があれば、
もっと早い時間に行って、刺身の定食を食べてみたいと思います。


【コースマップ】
表。
194コースマップ(大磯1612)表

裏。
195コースマップ(大磯1612)裏

2016年12月10日(土)の記録です。

おしまい。

     にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
人気ブログランキング    にほんブログ村