駅からハイキング・ファンの皆さん、お元気ですか。

今回は、JR「駅からハイキング」、水戸線下館駅を起点とする、
「ぶらり筑西へ 雛めぐりと社寺めぐり」
に行ってきました。

コースはこちら。約4.5kmのコースです。
01コース(下館1703)
コースマップは文末にあります。

今回のコースは、タイトルどおりですが、街中のイベントスペースやお店
などに飾られているひな人形を見て歩く「雛めぐり」と、寺社、美術館等を
めぐるコースが組み合わせられたものです。

途中、眺望が開ける場所がいくつかあり、そこでは、「筑波山」を見ること
ができています。

ではスタート。

【下館駅北口】
「下館駅北口」からスタートします。
02下館駅北口

【館最中本舗 湖月庵】
駅から少し歩いたところにある、スタート受付場所の
「館最中本舗 湖月庵」です。
03館最中本舗湖月庵1

逆光気味なので、逆方向から。
04-1館最中本舗湖月庵2

駅前の道を、さらに進みます。それにしても、空が青いです。
04-2駅前の道

【田中稲荷愛宕神社】※寄り道
「田中稲荷愛宕神社」というのがありました。
05田中稲荷愛宕神社1

ちょっとわかりにくいですが、
06田中稲荷愛宕神社2

寒桜が咲き始めています。
07田中稲荷愛宕神社3

こちらが神社。
08田中稲荷愛宕神社4

本殿。
09田中稲荷愛宕神社5

近くへ。
10田中稲荷愛宕神社6

中を拝見。
11田中稲荷愛宕神社7

「アルテリオ前」という交差点。見えているのが「アルテリオ」という建物。
ここには、最後に戻ってきます。
12アルテリオ前

「アルテリオ前」を左折すると、緩やかな上り坂。
13坂道

犬がいた。ちょうど、こちら側に太陽があって、まぶしい。
14犬

【羽黒神社】 
最初の立ち寄りポイントの「羽黒神社」に到着しました。
15羽黒神社1

今の坂道の説明がありました。
16羽黒神社2

境内へ。
17羽黒神社3

説明。「下羽黒神社」となっています。
18羽黒神社4

本殿(拝殿)です。
19羽黒神社5

中を拝見。
20-1羽黒神社6-1

奥の本殿です。日差しの角度の問題で、こんな画ですが。
20-2羽黒神社6-2

向かって右奥にあった境内社の「日限天満宮」。
21羽黒神社7

社。日差しの当たり方のせいで、きれいに撮れません。
22羽黒神社8

中を拝見。写せませんでした。
23羽黒神社9

坂を上った位置なので、ここから遠くが見えます。「筑波山」が見えます。
24羽黒神社10

さらに奥にあった社。詳細不明。
25羽黒神社11

拝殿前に戻ってきました。「大国主命」。
26羽黒神社12

向かって左側にあった「愛宕神社」ですが、「羽黒神社旧拝殿」だそうです。
27羽黒神社13

説明。
28羽黒神社14

中を拝見。
29羽黒神社15

読めないとは思いますが、説明が書かれています。
30羽黒神社16

さらに奥にあった「稲荷社」。
31羽黒神社17

近くへ。
32羽黒神社18

「愛宕神社」の本殿。
33羽黒神社19

以上、「羽黒神社」でした。

バラ。
34旧下館市の花バラ1

旧下館市の花だそうです。
35旧下館市の花バラ2

「羽黒坂」を上って、右折した道です。しばらく、この道を進みます。
36裏の道

「羽黒神社西参道」の表示がありました。
この先が「羽黒神社」の本殿奥。「筑波山」を見た場所です。
37羽黒神社西参道

【おっこの室】
次の立ち寄りポイント、「おっこの室(へや)」に到着しました。
ですが、開館前でした。今回は通過します。
38-1おっこの室

【下館城跡】
次の立ち寄りポイントは、「下館城跡」です。表示板が出ています。
38-2下館城跡1

今は、この「八幡神社」がある場所が、「下館城跡」になっていますが、
39下館城跡2

この案内板を見ると、「下館城」は、この周辺一帯にあった大きなお城
だったようです。
40下館城跡3

こんなものも、一応あります。
41下館城跡4

改めて、敷地全体を。
42下館城跡5

「八幡神社」。
43下館城跡6

中を拝見。
44-1下館城跡7-1

説明板。
44-2下館城跡7-2

奥に、本殿があります。
45下館城跡8

見ることができるようになっています。
46下館城跡9

「中橋稲荷神社」と書かれた境内社がありました。詳細は不明です。
47下館城跡10

近くへ。
48下館城跡11

改めて、社の前の広場へ。こんな石碑。
49下館城跡12

こういうものだそうです。
50下館城跡13

こういう説明板も。
51下館城跡14

以上、「下館城跡」でした。

【定林寺】
次の立ち寄りポイント、「定林寺(じょうりんじ)」に到着しました。
それにしても、空が青い。
52定林寺1

山門です。
53定林寺2

門前に、いろいろとあります。
54定林寺3

読めませんが、説明板。
55定林寺4

山門をくぐります。
56定林寺5

入ったところ。
57定林寺6

鐘楼。
58定林寺7

本堂です。
59定林寺8

説明。
60定林寺9

近くへ。
61定林寺10

中を拝見。
62定林寺11

六地蔵尊。
63定林寺12

その裏に咲いていた梅。咲き始めたばかり。
64定林寺13

実は、おそらくご住職の方と、もう一人、女性の方とお話しができて、
ここに、梅が咲いていることを教えていただきました。ありがとうございました。
65定林寺14

本堂裏の墓地の方へ。
66定林寺15

「水谷(みずのや)家歴代の墓」がありました。
67定林寺16

建てられたばかりのような、新しいトイレですが、
68定林寺17

ここに、「烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)」の像がありました。
69定林寺18

こんな像。
70定林寺19

説明。
71定林寺20

以上、「定林寺」でした。

「下館城跡」の方へ引き返します。このあたりの地名が「甲」なので、
この表示板がいくつもあるのですが、最初、「甲」が記号に見えました。
72引き返す

「下館城跡」の「八幡神社」横の道を進みます。
73下館城跡横の下り坂

【五行川(勤行川)】※途中
川に出てきました。左側。上流側。「五行川(ごぎょうがわ)」だそうです。
「勤行川(ごんぎょうがわ)」とも呼ばれているそうです。
74五行川1

右側。下流側。しばらく、この川沿いを、こちら側に進みます。
75五行川2

「新橋」です。
76新橋

秋には、鮭の遡上が見られるのだそうです。
77川沿い1

鴨がたくさんいました。
78川沿い2

先に見えるのは「大橋」です。この角度だと、遠くに「筑波山」が見られます。
79大橋1

「大橋」の上から。今歩いてきた上流側を。
80大橋2

改めて、下流側を。「筑波山」がよく見えます。
81大橋3

「五行川」を離れて、街の方へ進みます。このあたりは「丙」みたいです。
82街の方へ

【三峰神社】
次の立ち寄りポイント、「三峰神社」が、この右側にあります。ですが、
この方向からだと、奥の「薬師堂本堂」が目に付きます。案内板もあって。
83三峰神社1

こちらが「三峰神社」です。
84三峰神社2

社。
85三峰神社3

近くへ。コースマップでは、「峯」の字になっていますが、間違いです。
86三峰神社4

中を拝見。
87三峰神社5

隣にあった「淡嶋神社」。
88三峰神社6

中を拝見。
これは、中に、こういう状態の扉があったのでした。
89三峰神社7

【薬師堂本堂】※寄り道
「薬師堂本堂」です。
90三峰神社8

近くへ。
91三峰神社9

中を拝見。
92三峰神社10

天井も。
93三峰神社11

説明。
94三峰神社12

少し引き返して、街の中心へ向かいますが、
「三峰神社」前の道にあった説明板です。こういうものがあったそうです。
95三峰神社13

【蔵の街並み(金井町)】
次の立ち寄りポイントは、「蔵の街並み」という設定です。この地域が
「金井町(かないちょう)」です。このとおり、進行方向を向くと逆光なので、
96蔵の街並み1

このとおり、しばらく、振り返って撮影した画像を掲載します。
97蔵の街並み2

「蔵の街並み」です。
98蔵の街並み3

「蔵の街並み」です。
99蔵の街並み4

「金井町」の「蔵の街並み」でした。
100蔵の街並み5

先へ進みます。
旧下館市の木が桜だそうです。現筑西市の木も桜だそうです。
101旧下館市・筑西市の木サクラ

これは、県道7号線沿いにある商店ですが、街中に、こういった
「蔵の街並み」を意識して作られた建物が、いくつもあります。
102荒為

【板谷波山記念館】
次の立ち寄りポイントの「板谷波山(いたやはざん)記念館」です。
相変わらず、空が青いです。
103板谷波山記念館1

こちらが、「板谷波山先生」。
104板谷波山記念館2

読めないとは思いますが。
105板谷波山記念館3

こちらが、入口にある事務所。
106板谷波山記念館4

説明。
107板谷波山記念館5

ここが入口ですが、内部の画像の掲載は自粛。
108板谷波山記念館6

【しもだて美術館】
最後の立ち寄りポイントは、「しもだて美術館」です。これは、最初の方に
見た「アルテリオ」という名前の建物ですが、この中にあります。
109しもだて美術館アルテリオ

ここにも、旧下館市の花のバラ。
110旧下館市の花

建物の中に入ります。上の方に「しもだて美術館」の表示が見えます。
111しもだて美術館1

ですが、美術館の撮影はできないので、この「アルテリオ」の中にあった
「ひなめぐり」の展示を少し。
112しもだて美術館2

人のいない画像を掲載していますが、実際には、大勢の人が来ていました。
113しもだて美術館3

神輿の展示もありました。
114しもだて美術館4

これは、3階の美術館前からの景色。ここからも「筑波山」。
115しもだて美術館5

「アルテリオ」前にあった胸像。「森田茂(もりたしげる)先生」。
116しもだて美術館6

説明。
117しもだて美術館7

ゴールの駅に向かいます。
スタートの受付をした「館最中本舗 湖月庵」に戻ってきました。
118湖月庵1

こちらの「ひなめぐり」の展示。
商店街の各店舗が、こういったひな人形の展示を行っていました。
119湖月庵2

【下館駅北口 ゴール】
「下館駅」に戻ってきました。ゴールです。お疲れさまでした。
120下館駅1

駅前に、歩道橋があります。上ってみます。
121下館駅2

歩道橋の上に、こんなものがありました。
122下館駅3

「人面土器」。
123下館駅4

ここから、「筑波山」がよく見えます。
124下館駅5

今日一日、よく見ました。
125下館駅6

水戸線に乗って帰りました。
126下館駅7

【昼食】
昼食は、ここ。「アルテリオ前交差点」近くにあった「永盛」というお店で。
127手打ちそば永盛

「もりそば・ちくわ天」です。ごちそうさまでした。
128もりそば・ちくわ天

【お土産】
こちらは、コースマップやパンフレットが入っていた袋。
129お土産1

手ぬぐいと水と「百笑もち」と書かれた切り餅は、「駅からハイキング」参加者
へのプレゼント。下にあるのは、「湖月庵」で購入した「館最中」の包み。
130お土産2
真ん中にある2つの飴は「永盛」でいただいたもの。ありがとうございました。

手打ちそば 永盛 *食べログ
https://tabelog.com/ibaraki/A0806/A080602/8015026/

館最中本舗 湖月庵 *食べログ
https://tabelog.com/ibaraki/A0806/A080602/8011586/

このコースは、歩行距離が約4.5kmと短い設定なのですが、
立ち寄りポイントがバラエティに富んでいて、また、歩く場所も、街中から、
少し郊外、川沿いと様々で、とても充実した内容でした。

途中、何度も書きましたが、天気がとても良くて、「筑波山」も見ることが
できて良かったです。

「五行川」で、秋には鮭の遡上が見られるそうなので、機会があれば、
今度は、秋に来てみたいと思います。とてもいいコースでした。

【コースマップほか】
コースマップ。
131コースマップ(下館1703)

「まちなか美術館とうまいものガイドマップ」。オモテ面。
132ガイドマップ表

ウラ面。
133ガイドマップ裏

「ひなめぐり」パンフレット。オモテ面。
134ひなめぐり案内表

ウラ面。
135ひなめぐり案内裏

2017年2月4日(土)の記録です。

おしまい。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ    にほんブログ村へ