駅からハイキング・ファンの皆さん、お元気ですか。

今回は、鎌倉地区にあるハイキングコースの一つで、
一般には「鎌倉アルプス」と呼ばれている
「天園(てんえん)ハイキングコース」に行ってきました。

コースはこちら。最後に、由比ヶ浜に寄り道しています。

【コース】
北鎌倉駅⇒円覚寺⇒明月院⇒明月谷登山口⇒勝上献⇒十王岩
⇒やぐら群・弘法大師像⇒覚園寺登山口方面分岐(今泉台分岐)
⇒大平山山頂⇒天園⇒横浜市内最高地点広場⇒天園休憩所・展望台
⇒獅子舞の谷方面分岐⇒富士山ビューポイント⇒貝吹地蔵⇒大亀石
⇒瑞泉寺登山口⇒瑞泉寺⇒永福寺跡⇒鎌倉宮・大塔宮バス停
⇒鶴岡八幡宮⇒由比ヶ浜〈※寄り道〉⇒鎌倉駅・小町通り

このコースは、いわゆる定番コースなので、紹介しているウェブサイトは
たくさんあるのですが、本当にわかりやすい地図が載っているものが
見つかりません。

とりあえず、公共機関の中で、鎌倉市役所のサイトにあった
ハイキングコースのページへのリンクを載せておきます。

鎌倉市/散策・ハイキング
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/0500hiking.html

なので、今回は、コースマップの掲載はありません。

ただし、終盤で、ハイキングコースの出口にあった案内板の画像を
掲載しています。

ですが、このコースは、数ヶ所ある分岐点以外は、ずっと一本道なので、
入口を入って行ってしまえば、地図を見なくても、進んで行くことができます。

その数ヶ所ある分岐点もわかりやすいです。問題ありません。
今回の私も、途中で、一回も地図を見ることはありませんでした。

なお、このハイキングコースについて紹介している書籍・雑誌、サイト等では、
たいてい、建長寺の境内から半僧坊を通って、勝上献に向かうルートを
案内しています。

今回は、建長寺が開く時間よりも前にスタートすることと、寺院の紹介を
目的とはしないため、明月谷登山口から入るルートを選択しています。

今回は、建長寺以外も、寺院・神社はすべてスルーしていますので、
あらかじめ、ご了承願います。

では、スタート。

【北鎌倉駅】
東京方面から到着した場合、そのまま前方に直進して、
東口を出ればいいのですが、
01駅構内

「北鎌倉駅」の駅舎の写真を撮るために、西口へ。
あと、トイレがこちら側にあるので。
02北鎌倉駅

【円覚寺】
「円覚寺(えんがくじ)」の前を通過します。まだ開いていません。
03円覚寺

しばらく進んで、「北鎌倉駅」の前を通る県道、いわゆる「鎌倉街道」の
横須賀線の踏切の手前で、「明月院(めいげついん)通り」に入ります。
04明月院通り

【明月院】
「明月院」の前を通過します。まだ開いていませんし。
05明月院

途中にあった石像群。こんな道を進んで行きます。
06石像群

【明月谷登山口】
しばらく進むと、右側に、急な上り坂が見えてきます。
07入口1

こんな坂です。
08入口2

左側にある電柱に、こういう表示があります。上って行きます。
09入口3

すると、こういう“交差点”があって、ここを左側へ行きます。
10入口4

こちらです。ここも、左側に、案内板があります。
11入口5

こういうところを、進んで行きます。
12入口6

道が、かなり細くなりますが、どんどん進んで行くと、
13入口7

こういう上り口があります。「明月谷(めいげつがやつ)登山口」です。
14入口8

ここから入る人はあまりいないと思います。こんな状態です。
15細い道1

でも、ちゃんと道はあります。
16細い道2

以前、夏に来たとき、ここで、目の前に、アゲハチョウの大きなイモムシが
ぶら下がっていて、もちろん、手でよければいいだけのことなのですが、
さわらないようにしようと思って、あえて、身をかがめて、下をくぐって行った
ことを思い出しました。

しばらく進むと、左側に、階段があります。ここは、「今泉台4丁目入口」
からの階段です。すぐ近くが住宅地で、そこにも登山口があります。
17今泉台4丁目入口

そういうわけで、住宅地の横を上って行きます。
18引き続き細い道

横に、住宅地が広がっています。
19横は住宅

途中、何ヶ所か、道が分かれている箇所があるのですが、
20二手1

すべて、どちらに行っても、先で合流します。
これは、合流箇所を、振り返って撮影したもの。
21二手2

【勝上献】
しばらく歩くと、視界が開けた場所に、たどり着きます。
22勝上献1

ここは、「勝上献(しょうじょうけん)」です。この山の名前みたいです。
「献」の字は、正確には、これに山かんむりが付いた字らしいです。
23勝上献2

冒頭に説明した、「建長寺」からのルートが合流するところです。
24勝上献3

この先に、「勝上献展望台」があるのですが、この先は「建長寺」の境内で、
今回は、拝観料を支払っていないので、ここまでにします。
25勝上献4

「展望台」に行かなくても、その上のこの位置からの展望もきれいです。
「建長寺」はあまり見えませんが。
26勝上献5

左側に見える海は相模湾の「由比ヶ浜」で、「鶴岡八幡宮」から続く
「若宮大路」が見えています。

そして、この場所からは、富士山がよく見えます。
天気が良かったので、本当にきれいです。
27勝上献6

ズーム。これだけきれいに見えるのはめずらしいです。
28勝上献7

「勝上献」の山頂?には、石の祠があります。こうやって写していますが、
柵の中にあって、近づけないようになっています。
29勝上献8

また、「建長寺」と反対側には、横浜方面が見渡せます。
30勝上献9

中央に、特徴的なみなとみらいの建物。そして、右側には、「東京スカイツリー」
が見えます。こんなにきれいに見えるのはめずらしいです。
31勝上献10

先に進みます。「勝上献」自体がそうだったのですが、このあたりから、
ところどころ、岩場になります。
32岩

少し先の、木々の間からのぞいた景色。「横浜ベイブリッジ」も見えています。
33横浜ベイブリッジ

【十王岩】
進んで行くと、左側、少し上がったところに、「十王岩(じゅうおういわ)」
というのがあります。
34十王岩1

これなんですが、ちょうど、朝日の当たり方で、向かって右側に
影ができてしまって、きれいに写せない状態です。
35十王岩2

風化してしまって、そもそも、はっきりとしていないのですが、
3体の像が並んでいます。
36十王岩3

やっぱり、どうやっても、一番右側の像がうまく写せません。
37十王岩4

そして、この「十王岩」の横に、「展望台」になっている岩があって、
そこからの景色が、これです。
38十王岩5

ちょうど、この位置が、「若宮大路」の延長線上、「鶴岡八幡宮」の先に
あるので、本当に美しい構図になっています。

「十王岩」のすぐ先に、こんな道標があります。
39道標1

反対側。これは、ただ、道の途中にあるだけです。
40道標2

正確には、手前(振り返って撮った上の画像では左奥)に、
とても行ってみようなどとは思わない細い道があるのですが、
この道標の示す内容とは関係ありません。

【やぐら群・弘法大師像】
このあたりから、「やぐら」と呼ばれる横穴が見られるようになります。
41やぐら

この「やぐら」の中には、石像があります。
42石像1

たくさんあるのですが、すべて、頭部がなくなっています。
43石像2

奥に、こんな像がありました。
44石像3

この「やぐら」の近く、少し高い位置に、こんな像がありました。
45弘法大師像1

「弘法大師像」です。
46弘法大師像2

このコースの中で、この1ヶ所だけ、ロープが設置されています。
47ロープ1

下りた先から。ロープを使わなくても、大丈夫な程度なのですが。
48ロープ2

このあたりからは、“奇岩”を目にするようになってきました。
49削れている1

通り過ぎて、振り返って。かなり削れています。
50削れている2

【覚園寺登山口方面分岐(今泉台分岐)】
ここは、分岐点の一つです。
地図によっては、「今泉台分岐」と表示されているところです。
51分岐点1

今回の進行方向は、左奥に直進します。「天園・瑞泉寺」方面です。
右側は「覚園寺」、「覚園寺登山口」方面、
左手前には、すぐ先に、「今泉台6丁目入口」があります。

こういう表示板があります。
52分岐点2

我々が向かう方向は「天園・瑞泉寺」です。「天園」を過ぎたら「瑞泉寺」です。
最後まで、「瑞泉寺」に向かって進めば、迷うことはありません。

「天園・瑞泉寺」方面へ、どんどん進みます。
こんな“奇岩”がありました。
53奇岩

鉄塔。
54鉄塔

このコースは、実は、すぐ横が住宅地です。
55-1住宅地そば

こんなに広い道もあれば、
55-2途中1

こんな狭いところもあります。
56途中2

岩を削ったようなところもあれば、
57途中3

草木に覆われたところもあります。
58途中4

先に、道標が見えてきましたが、分岐点ではなく、右に直角に曲がるところです。
59直角1カ所目

削られた道の先にも、道標がありますが、ここも直角に曲がるところです。
60直角2ヶ所目

この“岩場”の右側にある石。
61落石1

こんなものが貼られています。「落石!!キケン」。何なんでしょう?
62落石2

岩の階段を上り、
63上りの階段1

木の階段を上って行くと、
(ここも、二手に分かれていますが、先で合流します。)
64上りの階段2

【大平山山頂】
こういうところに到着します。ここを右に行くと、
65大平山1

開けた場所が。
66大平山2

ここが「大平山(おおひらやま)」の山頂です。狭いですが。
67大平山3

正面は、こんな景色です。
ちなみに、下に見えている広い場所が「天園」です。
68太平山4

実は、視界を、少し左へずらすと、こんな風になっています。
山頂のすぐ横に、ゴルフ場があります。ちょっと残念な感じ。
69太平山5

山頂にある表示板。この柵の先は、
70大平山6

こんな光景です。みなとみらいと「スカイツリー」の方向。
71大平山7

この山頂の、ゴルフ場の半分は、横浜市の土地です。
ここが市境になっています。
72大平山8

【天園】
斜面を下りて行きます。改めて、ここが「天園」です。
73斜面1

下りたところから振り返って。
74斜面2

下りた先、左側はこうなっています。こちらに向かいます。が、
76天園1

ここでも、こんな景色が見られるところがあります。
77天園2

本当は、もう1,2歩、先に出ると、右側に、富士山が見えるはずなのですが、
進めないように、黄色のテープが張ってあって、これが限界です。

少し進んで、振り返って。左側の草木が途切れているところが、その場所。
よく見ると、その黄色のテープも見えます。
78天園3

先に進んで行くと、こういう場所に出ます。
80天園出口

左側に、広いゴルフ場があって、その横を進みます。
81横はゴルフ場

右側の道を進みます。左に行ってしまうと、ゴルフ場です。
82右がハイキングコース

【横浜市内最高地点広場】
すぐ先に、こういう場所があります。
83横浜市内最高地点1

先ほど、説明したように、このあたりは、鎌倉市と横浜市の市境です。
84横浜市内最高地点2

こんな広場になっています。
85横浜市内最高地点3

ここからも、こんな景色が見られます。
86横浜市内最高地点4

【天園休憩所・展望台】
その広場のすぐ先、この左側に「天園休憩所」、
直進した右側に、「展望台」の岩場があります。
87天園休憩所1

「天園休憩所」です。お店です。まだやっていません。
88天園休憩所2

一方の「展望台」。
ここは、先ほどの道を直進したところです。この右側に、
89天園休憩所前展望台1

こういう岩場があります。ここが「展望台」です。ここに乗ると、
90天園休憩所前展望台2

こういう景色が見られます。
91天園休憩所前展望台3

富士山もよく見えます。
92天園休憩所前展望台4

【獅子舞の谷方面分岐】
ここは、「天園休憩所」の裏側。「日源荘」と書かれた石碑があります。
このあたりも分岐点になっていて、この先は、
93日源荘石碑

「金沢八景・文庫」に向かう「六国峠ハイキングコース」です。
94六国峠ハイキングコース

また、逆側は、「獅子舞」というところへ向かうルートですが、
今回は、こちらへは進まず、「瑞泉寺」を目指します。
95獅子舞には行かない

ここからは、下りが多くなります。
96この先は下り

先に道標が見えますが、ここを、直角に左へ。
97直角左へ1

ここも、直角に左へ曲がります。(ここは直角というほどの角度ではないかな)
98直角左へ2

【富士山ビューポイント】
しばらくすると、右側に、丸太のベンチのようなものが置いてあります。
このまっすぐ正面に、
99富士山ビューポイント1

富士山があります。本当に天気がいいので、本当にきれいに見えます。
100富士山ビューポイント2

先に進みます。ここは、巨木が並んでいる場所。
101大木群

こんな切通の先に、
102切通の先に

【貝吹地蔵】
左側の少し高い場所に、「貝吹地蔵(かいふきじぞう)」があります。
103貝吹地蔵1

説明。
104貝吹地蔵2

「貝吹地蔵」。
105貝吹地蔵3

先に進みます。また鉄塔。
106-1鉄塔

すぐ横に鳩。まったく逃げない。
106-2鳩

「通行注意」。
107通行注意

【大亀石】
「大亀石」というのがありました。
108大亀石1

「大亀石」。
109大亀石2

正面から。
110大亀石3

説明。
111大亀石4

こんなものも。
112大亀石5

先に進みます。出口は近いです。
このあたりも、「やぐら」が多いです。
113空のやぐら

一部、有刺鉄線が張られた箇所があります。
114有刺鉄線

この「やぐら」には、石塔があります。
115石塔のあるやぐら1

こういうもの。
116石塔のあるやぐら2

出口間際は、動きが急です。この先を右へ。
117出口近く1

この先を右へ。
118出口近く2

ここを進んで行くと、
119出口近く3

住宅が見えてきました。
120出口1

この階段を下りて行くと、
121出口2

【瑞泉寺登山口】
出口です。「瑞泉寺登山口」。出たところから振り返って撮影。
122出口3

ハイキングコースのマップがありました。
123コースマップ

【瑞泉寺】
今日は行きませんが、一応、「瑞泉寺(ずいせんじ)」の入口。
124瑞泉寺1

道路の途中にある山門。
よく見ると、丸の中に「瑞泉寺」の文字があります。鬼瓦だったりもします。
125瑞泉寺2

【永福寺跡】
「永福寺(ようふくじ)跡」です。公園になっています。
126永福寺跡

【鎌倉宮・大塔宮バス停】
「鎌倉宮(かまくらぐう)」、別名、「大塔宮(おおとうのみや)」です。
人がいっぱいです。今日は行きません。
127鎌倉宮

ここから、「鎌倉駅」行きのバスが出ています。
128大塔宮バス停

バス停の名称は「大塔宮」なのですが、バスの行き先表示は「鎌倉宮」と
なっている、変なバスです。

【鶴岡八幡宮】
「鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)」。「三の鳥居」です。
本当に大勢の人です。
129鶴岡八幡宮

今回は、「北鎌倉駅」を出発するハイキングコースでしたが、
「鎌倉駅」を出発するコースの時には、早くから来れば、
比較的スムーズに、参拝することができます。

「三の鳥居」を正面に見て、左側に進むと、「小町通り」の端に出ますが、
そこに、小田原の「山安」という、ひもののお店の支店があります。

ここです。
130山安

今回は、買いませんでしたが、生しらすやひものの割安な「キズパック」
などを、よく、お土産にします。

山安 鎌倉店 *食べログ
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14041757/


今回は、「小町通り」ではなく、「段葛(だんかずら)」を歩きます。
「若宮大路(わかみやおおじ)」を、「由比ヶ浜」に向かって歩きます。
131段葛

「二の鳥居」です。
132二の鳥居

さらに、ずっと歩いてきました。「一の鳥居」です。
133一の鳥居

【由比ヶ浜】※寄り道
せっかくなので、海を見ようと、「由比ヶ浜(ゆいがはま)」に来てみました。
ちょうど、目の前を、トビが飛んで行きました。
134由比ヶ浜

【鎌倉駅・小町通り】
「鎌倉駅」に戻ってきました。
135鎌倉駅

とんでもない混み方ですが、ちょっとだけ、「小町通り(こまちどおり)」を。
136小町通り

「小町通り」を入ってすぐ左側にある「i-ZA鎌倉(アイザ鎌倉)」。
駅の近くなので、よく利用します。
137i-ZA鎌倉(アイザ鎌倉)

この中にある「秋本」というお店。
混んでいない時間に来られたときには、必ず、利用します。
138秋本

秋本 *食べログ
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14003222/


ですが、「秋本」は、いつも、とても混んでいるので、そういうときは、
同じ「アイザ鎌倉」の中にある「仕立屋」というお店に行きます。
139仕立屋・小町通り

仕立屋・小町通り *食べログ
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14014514/

地元のチェーン店のようですが、いいお店です。


【食事】
今回、実際に食事をしたお店はここです。「由比ヶ浜」の近く、「若宮大路」の
「一の鳥居」のすぐ前にある「魚屋路(ととやみち)」です。
140魚屋路

まず、麦酒。
141麦酒

いただいたものの一部を紹介。

これは「冬の五貫握り」。
真はた、たいら貝、子持ち昆布、ずわいがに2本、あんきも軍艦。
142冬の五貫握り

のどぐろ。
143のどぐろ

ごちそうさまでした。

魚屋路 鎌倉由比ヶ浜店 *ホットペッパーグルメ
https://www.hotpepper.jp/strJ000225750/
クーポンがあります。


【お土産】
今回のお土産は、「鎌倉駅」のすぐ前にある「豊島屋」で。
144豊島屋扉店

定番の「鳩サブレー」。パッケージが正月バージョンだったので。
145鳩サブレー

豊島屋 扉店 *食べログ
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14036355/


以前は、毎年、正月の2日か3日に、鎌倉地区のハイキングコースを歩いて、
最後に「魚屋路」に行って、食事をする、というのをやっていたのですが、
振り返ってみると、今回は、2014年以来、4年ぶりでした。

鎌倉へ来るのも、2016年の1月末に、「駅からハイキング」のコースで来て
以来、2年ぶりでした。

2年も経つと、結構、変わっているところがあって、特に驚いたのが、
駅に隣接するビルの中が、大きく変わっていたことでした。

以前は、全国チェーンの寿司店ですが、鎌倉店限定のしらすのメニューが
あって、穴場でお薦めのお店があったのですが、なくなっていました。
ちょっと残念です。

お土産で紹介したいものも、たくさんあったのですが、まだ、家に正月用の
食べ物がいろいろある状況で、今回は、あまり買えませんでした。

そういうわけで、鎌倉のハイキングコースは久しぶりだったのですが、
天気が良かったこともあって、本当に楽しめました。

別のハイキングコースにも、また行ってみたいと思いました。
その時は、また、この場で紹介したいと思います。

【案内図】
駅の観光案内所に置いてあったマップを載せておきます。
146マップ外面

裏面。
147マップ内面

2018年1月2日(火)の記録です。

おしまい。

     にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
人気ブログランキング    にほんブログ村