駅からハイキングファンの皆さん、お元気ですか。

今回は、JR「駅からハイキング」、
上越線六日町駅をスタートし、塩沢駅にゴールする、
「旧三国街道を歩く!六日町から江戸時代の町並み「塩沢宿・牧之通り」へ」
に行ってきました。

コースはこちら。約5.0kmのコースです。
01コース(六日町1809)
コースマップは文末にあります。

このコースは、まず、六日町駅近辺の河川水運の展示館などを見たあと、
「旧三国街道」を歩いて、最終的に、塩沢駅近くの「塩沢宿・牧之通り」に
向かうものです。

歩行距離は約5.0kmと短いはずだったのですが、この夏は猛暑の日が
続き、訪問当日も非常に高温で、身体が早く歩くことを拒絶したこともあり、
実際よりも長く感じました。

帰りの電車の時間まで、十分な時間があったはずなのですが、最後は、
ちょっと駆け足で回るようになってしまいました。

では、スタート。

ちなみに、「青春18きっぷ」で行きました。
02青春18きっぷ

【六日町駅/六日町観光協会】
「六日町駅」の2階、橋上駅の東口側です。
「坂戸城跡」があるようです。今日は行きませんが。
03坂戸城跡案内図

こういう景色です。もやがかかっていて、わかりにくいですが、
右側手前に山があって、それが、「坂戸城跡」がある「坂戸山」のようです。
04坂戸山

スタート受付場所の「六日町観光協会」です。スタートします。
05六日町観光協会

「六日町駅」です。
今日のコースは、ゴール駅が別なので、ここには戻ってきません。
06六日町駅

【駅前通り商店街】
最初の見どころポイントになっている「駅前通り商店街」です。
まだ早いので、ほとんどの店が閉まっています。
07駅前通り商店街

こんな案内図がありました。
08案内板1

でも、お見せしたかったのは、その裏にあった、こちらの説明でした。
09案内板2

商店街のお店のシャッターには、このような絵が描かれていました。
10シャッター

【六日町交差点・国道17号線】※途中
「六日町交差点」。「国道17号線」を横断します。左側、新潟方面。
11国道17号線1

前方。
12国道17号線2

右側、東京方面。
13国道17号線3

【旧三国街道との交差点】※途中
さらに少し歩いて、「旧三国街道」との交差点です。一旦、直進して、
また、ここに戻ってきて、右側に進みます。この交差点、左側の先に、
14廣井橋跡1

【廣井橋跡】※寄り道
「廣井橋跡」のモニュメントがあります。
15廣井橋跡2

説明。
16廣井橋跡3

【六日町大橋・魚野川・お六の湯(足湯)・こうりんぼうの館】
直進します。右前方に、次の見どころポイントが見えてきました。
17六日町大橋1

山の景色がいい感じです。
手前に川が流れていて、大きな橋がかかっています。
18六日町大橋2

ここが見どころポイントですが、のちほど。
19六日町大橋3

橋は「六日町大橋」です。
20六日町大橋4

川は「魚野川」です。左側。下流側。
21六日町大橋5

「六日町大橋」の先、右手前が「坂戸山」。奥は「八海山」。たぶん。
22六日町大橋6駅

「六日町駅」から歩いてきた道は「六日町停車場線」というみたいです。
23六日町大橋7

右側。上流側。
24六日町大橋8

改めて、見どころポイントですが、その手前に銅像があります。
25お六と桂姫銅像1

「お六と桂姫銅像」と書かれています。
26お六と桂姫銅像2

何かがはがれたような形跡。
27お六と桂姫銅像3

各側面に、いろいろ貼られています。
28お六と桂姫銅像4

こういうものや、
29お六と桂姫銅像5

こういうものも。
30お六と桂姫銅像6

ここが、見どころポイントの「お六の湯(足湯)」です。
31お六の湯1

足湯です。
32お六の湯2

そして、奥の建物が、次の見どころポイントの「こうりんぼうの館」です。
33こうりんぼうの館1

入ります。
34こうりんぼうの館2

こんな展示があります。
35こうりんぼうの館3

「こうりんぼうの館」の裏側。
36こうりんぼうの館4

「中央保育所跡」の碑がありました。
37中央保育所跡1

ここのことでしょうか。
38中央保育所跡2

【兼続通り商店街】
先ほどの「廣井橋跡」があった交差点まで戻って、「旧三国街道」に入りました。
ここが、次の見どころポイントになっている「兼続通り商店街」です。
39-1兼続通り商店街

道の端にあった蓋。デザインの詳細は不明。
39-2側溝

《戦国武将フィギュア①真田幸村》
この「兼続通り商店街」には、「戦国武将フィギュア」が5体あります。
これは「真田幸村」です。
40真田幸村1

「真田幸村」。
41真田幸村2

郵便局がある、このあたりが、この街の中心かな?
42郵便局前

《戦国武将フィギュア②石田三成》
その郵便局に、「石田三成」。
43石田三成1

「石田三成」。
44石田三成2

説明があるのですが、光ってしまって、うまく写せません。
45石田三成3

郵便局の向かい側に、コースマップで、「六日町一の老舗旅館」と
紹介されている「越前屋旅館」。
46越前屋旅館

こちらは、「會津八一が愛した山家漬」と紹介されている「今成漬物店」。
47今成漬物店

「會津八一(あいづやいち)」は、新潟県出身の歌人。
「山家漬(やまがづけ)」は、知る人ぞ知る名産品だそうです。

《戦国武将フィギュア③上杉謙信》
これは「上杉謙信」。
48上杉謙信1

「上杉謙信」。
49上杉謙信2

旧六日町の木が梅なのだそうです。
50旧六日町の木ウメ

《戦国武将フィギュア④上杉景勝》
これは「上杉景勝」だそうです。
51上杉景勝1

「上杉景勝」。
52上杉景勝2

《戦国武将フィギュア⑤直江兼続》
最後は「直江兼続」です。
53直江兼続1

「直江兼続」。
54直江兼続2

説明。
55直江兼続3

説明。
56直江兼続4

途中、右側の景色。西の方向。
57右側の景色

【祠】※寄り道
商店街が終わって、普通の生活道路になってすぐ、その道路に面して、
祠が建っています。
58祠1

奥に「万蔵寺」という寺院がある入り口付近です。
祠と言ってしまいましたが、一般的に言う祠よりも大きい堂宇です。
59祠2

太陽との位置関係で、この向きだと中が見えません。
60祠3

中を拝見。このような石像。いわれ等はわかりません。
61祠4

その奥にあった「万蔵寺」。
62万蔵寺

このあたり、寺院が集中しています。ここは「弘長寺」。
63弘長寺

道の反対側には「吉祥院」。
64吉祥院1

近くへ。
65吉祥院2

【八坂神社】
その「吉祥院」に隣接して、次の見どころポイントの「八坂神社」がありました。
66八坂神社1

手水舎。
68八坂神社3

こうなっています。
69八坂神社4

手水舎の並びにあった「金毘羅宮」。
70金毘羅宮1

近くへ。
71金毘羅宮2

中を拝見。真っ暗ですが。
72金毘羅宮3

逆側に「二十三夜」と書かれた石碑。
73二十三夜

正面の本殿(拝殿)です。
74本殿1

本殿(拝殿)。
75本殿2

近くへ。天井。
76本殿3

近くへ。
77本殿4

中を拝見。
78本殿5

側面。
79本殿6

うしろから。本堂。うしろが道路になっていて、回り込むことができます。
80本殿7

このような境内社がたくさんありました。紹介しきれないのでやめておきます。
81境内社

拝殿を背にして、鳥居側を。「八坂神社」でした。
82鳥居

「極楽寺」という寺院もありました。寺院が集中しています。
83極楽寺

先に進みます。この先、六日町の街中を離れて、
「旧三国街道」を進んで行きます。このあたりは、普通の道です。
84旧三国街道

【追分の碑】
次の見どころポイントは、ここにあります。
85追分の碑1

「追分の碑」です。
86追分の碑2

左側は「旧清水街道」。スタート受付の観光協会の人が、
まちがって、こちらに行くと、山に行ってしまう、と言っていました。
87追分の碑3

右側が「旧三国街道」。こちらへ行きます。
88追分の碑4

このあたりは、普通の住宅地の道です。消火栓があったりします。
89三国街道へ

田畑が現われてきました。
右側の建物は「南魚沼地域振興局」。新潟県の施設です。
90南魚沼地域振興局

【鎌倉沢川・仲田橋】※途中
「仲田橋(なかだばし)」という橋がありました。
91鎌倉沢川・仲田橋1

川は「鎌倉沢川(かまくらさわがわ)」。右側。上流側。
92鎌倉沢川・仲田橋2

左側。下流側。「魚野川」へ注ぎます。
93鎌倉沢川・仲田橋3

【大きな一本杉】※寄り道
コースマップ上に、目印としてあった「大きな一本杉」です。
でも、正確には、すぐ先に、もう一本、背は低いですが、杉の木があります。
94一本杉1

「大きな一本杉」の足元にあった庚申塔。
95一本杉2

【竹俣交差点・国道17号線】※途中
「竹俣(たけのまた)交差点」で、再び、「国道17号線」を横断します。
左側。東京方面。
96竹俣交差点1

右側。新潟方面。
歩き始めてすぐ渡った「六日町交差点」は、この先にあります。
97竹俣交差点2

ここから、しばらくは、田園風景の中を歩きます。
98上越線沿い1

南魚沼市。
99上越線沿い2

このあたり、上越線に最も近づくところでもあります。
100上越線沿い3

【竹之俣架道橋】※寄り道
上越線の線路をくぐる「竹之俣架道橋」というのがありました。
くぐってみます。
101竹之俣架道橋1

「竹之俣」という表記ですが、交差点名の「竹俣」と同義というのか、
このあたりの地名の表記が、混在しているのだと思います。

くぐった先です。先に見えるのは、おそらく「かまくら桜ヶ丘公園」。先ほどの
「鎌倉沢川」の上流沿いにある公園のはず。左側の階段を上ってみます。
102竹之俣架道橋2

上越線です。東京方面。今、向かっている方向。
103竹之俣架道橋3

新潟方面。これまで歩いてきた方向。
104竹之俣架道橋4

コースに戻ってきました。進みます。
105旧三国街道へ1

左前方の景色。
106旧三国街道へ2

左側真横の景色。遠くに山が見えるのですが、手前にある、先ほどの
国道17号線に沿って、建物が、ずっと並んだ状態です。
107旧三国街道へ3

ずっと見ていたのですが、さらに少し進んだ、この位置が、
一番建物が少なくて、山がきれいに撮れたような気がします。
108旧三国街道へ4

右側の景色。
109旧三国街道へ5

このあたりは豪雪地帯らしく、道路中央に融雪装置があるのと、
一般の民家なので、詳細には写せませんが、玄関が2階にあったりします。
110住宅地

【千手観世音】※寄り道
住宅地の一角に、こんなところがありました。
「千手観世音」と書かれています。
111千手観世音1

大仏。
112千手観世音2

中を拝見。
※個人名が書かれていたので、加工しました。
113千手観世音3

こんなデザインのもの。詳細不明。
114お

【石柱】※寄り道
住宅の間なのですが、何か、いわれのありそうな石柱が、
井戸のような、池のようなものの横にありました。
115石柱1

書かれているものも判読できず、詳細は不明です。
116石柱2

【塩沢宿・牧之通り】
さらに少し歩くと、ようやく、次の見どころポイントの「塩沢宿・牧之通り
(ぼくしどおり)」が見えてきました。その入り口とも言える場所に、
117牧之通りへ

【住吉神社】※寄り道
「住吉神社」がありました。行ってみます。
118住吉神社1

手水舎。
119住吉神社2

庚申塔。
120住吉神社3

「神輿殿」と書かれています。
121住吉神社4

説明。
122住吉神社5

中を拝見。神輿です。
123住吉神社6

本殿(拝殿)へ。
124住吉神社7

本殿(拝殿)です。
125住吉神社8

説明。
126住吉神社9

中を拝見。
127住吉神社10

横から。そのまま横を通って、奥に行くと、
128住吉神社11

【長恩寺】※寄り道
寺院があります。「長恩寺(ちょうおんじ)」です。
129長恩寺1

立派な山門です。
130長恩寺2

その向かい側に、仏像がいくつもあるのですが、
光の差し込む位置の関係で、うまく写せません。
131長恩寺3

改めて、山門。
132長恩寺4

仁王門です。右側。
133長恩寺5

左側。
134長恩寺6

境内へ。
135長恩寺7

本堂です。
136長恩寺8

近くへ。
137長恩寺9

大きくて、全体が写せないのですが、
138長恩寺10

こういうものだそうです。おもしろいです。
139長恩寺11

こんな堂宇も。
140長恩寺12

こんな神社もありました。
141長恩寺13

詳細はわかりません。
142長恩寺14

「牧之通り」に戻ってきました。本当に、きれいな街並みです。
143牧之通り1

そこにあった「魚沼さんちのおすそわけ」というお店で、
昼食を取ったのですが、その画像は最後に。
144牧之通り2

「牧之通り」のここを右に行ったところに、次の見どころポイントがあります。
145牧之通り3

「塩沢中央公園」の先に、
146塩沢中央公園

【鈴木牧之記念館】
「鈴木牧之記念館」です。
147鈴木牧之記念館1

前の庭に、
148鈴木牧之記念館2

このような石碑。
149鈴木牧之記念館3

建物の入口前には、
150鈴木牧之記念館4

こんな説明板。
151鈴木牧之記念館5

こういうところは、当然、撮影禁止です。
152鈴木牧之記念館6

玄関にあったお茶をいただきました。ごちそうさまでした。
153鈴木牧之記念館7

内部を紹介できませんが、結構長い時間、いてしまいました。

再び、「牧之通り」です。
154再び牧之通り1

この木の下、
155再び牧之通り2

「三國街道塩澤宿」。
156再び牧之通り3

外見が統一されていますが、実際には、いろいろな店舗が並んでいます。
ここは信用金庫。
157再び牧之通り4

振り返って。今回、逆方向に歩いてきましたが、多くの人は、こちら側から
歩くのだと思います。
158再び牧之通り5

さらに、交差点を渡って、振り返って。ここで、「牧之通り」から離れます。
159再び牧之通り6

「鈴木牧之記念館」と食事に、時間を多く取ってしまい、
通りにあるお店を、あまり見ることができませんでした。

【つむぎ通り】
交差点を右に曲がると(上の画像では、振り返って撮っているので左側)、
次の見どころポイントになっている「つむぎ通り」です。
160つむぎ通り1

「つむぎ通り」にあった、この「松月」というお店で、お土産を買いました。
画像はのちほど。
161つむぎ通り2

【塩沢つむぎ記念館】
ここが、最後の見どころポイントです。「塩沢つむぎ記念館」です。
162塩沢つむぎ記念館1

途中の、ほかの家でもやっている所があったのですが、
融雪の装置を使って、“打ち水”をしていました。
163塩沢つむぎ記念館2

こんな感じです。本当に暑い日でした。
164塩沢つむぎ記念館3

ここでも、お茶をいただきました。ごちそうさまでした。
165塩沢つむぎ記念館4

【塩沢駅】
ゴールは、「塩沢つむぎ記念館」のすぐ近くでした。
「塩沢駅」です。お疲れさまでした。
166塩沢駅

【食事】
「牧之通り」にあった「魚沼さんちのおすそわけ」というお店でいただきました。
「牧之そば御膳」。
167牧之そば御膳

コーヒー。
168コーヒー

お茶、コーヒー無料だったのですが、もうすでに、お茶を飲みすぎていて、
少しだけ。ごちそうさまでした。

【いただいたもの】
右側の板でできたものは、「鈴木牧之記念館」で、左側の繭型の根付は、
「塩沢つむぎ記念館」でいただいたもの。ありがとうございました。
169もらったもの

【お土産】
「松月」というお店で買った「薄荷糖」と「つむぎ饅頭」という饅頭。
170お土産

土産物店ではなく、和菓子店でした。なので、「つむぎ饅頭」も
手作りのとてもおいしい饅頭でした。ごちそうさまでした。
171饅頭

魚沼さんちのおすそわけ *食べログ
https://tabelog.com/niigata/A1504/A150402/15016471/

松月 *食べログ
https://tabelog.com/niigata/A1504/A150402/15012033/


とにかく、とても暑い日でした。

お話ししたお店の方も、豪雪地帯なのに、どうして、こんなに暑いのかと
よく言われると、おっしゃっていました。

「塩沢宿・牧之通り」の、多くのお店、施設に、無料のお茶が用意されて
いて、たくさんいただいてしまいました。ありがとうございました。

歩行距離は短めで、帰りに乗ると決めていた電車の時間も遅めだった
ので、十分な時間があったはずだったのですが、途中でも書きましたが、
「鈴木牧之記念館」をゆっくり見たことと、「魚沼さんちのおすそわけ」
での食事にも時間をかけたことで、余裕がなくなってしまい、
本当は、「牧之通り」のお店を、よく見たいと思っていたのですが、
結局、街並みを見るだけで、お店の中は、ほとんど見ることができません
でした。

その点だけが少し残念だったのですが、
全体としては、とてもいいコースで、本当に楽しめました。

寄り道したい場所も、たくさんあったのですが、たくさんありすぎて、
きりがないと思い、かなり断念しました。

今回は、六日町から塩沢へ歩くコースでしたが、六日町地区だけでも、
たくさんの見どころがあるようですし、塩沢地区も、もっとしっかり
見てみたいです。

次の機会には、六日町、塩沢それぞれを、ゆっくり回ってみたいと
思います。


【コースマップ】
コースマップ・表。
172コースマップ表

裏。
173コースマップ裏

2018年7月21日(土)の記録です。

おしまい。

     にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
人気ブログランキング    にほんブログ村