駅からハイキング・ファンの皆さん、お元気ですか。

今回は、JR「駅からハイキング」、
埼玉県宇都宮線新白岡駅をスタートし、白岡駅にゴールする、
「新井白石公ゆかりの寺社・白岡市中心部の寺社めぐり」
に行ってきました。

コースはこちら。約7.5kmのコースです。

【コース】
《スタート》新白岡駅⇒観福寺⇒野牛久伊豆神社⇒馬立の弁天様
 ⇒青雲寺⇒篠津須賀神社⇒篠津久伊豆神社⇒興善寺⇒正福院
 ⇒白岡八幡神社⇒寿楽院⇒小久喜久伊豆神社⇒《ゴール》白岡駅

コースマップは文末にあります。

このコースは、タイトルと、上の【コース】にあるとおり、
寺院と神社をまわるコースです。見どころポイントに、
寺社以外の場所が、本当にありません。

寺社だと、写したいものがたくさんあって、今回も、たくさん
撮影してしまいました。

なので、掲載した画像が多くなっています。

では、スタート。

【新白岡駅】
スタート地点の「新白岡駅」です。
スタート時は青空だったのですが、すぐに、曇り空になってしまいます。
01新白岡駅

駅前の通りは「新白岡柴山沼線」だそうです。
02駅前通り

市の木が松、市の花が梨だそうです。
03カラー

振り返って、「新白岡駅」の駅舎です。
04白岡駅舎

小型版。
05小型

モノクロ版。
06モノクロ

少し歩いて行くと、左側に、
07庚申塔1

庚申塔がありました。
08庚申塔2

こんな石柱もありましたが、何だか、よくわかりません。
09石塔

【観福寺/野牛久伊豆神社】
駅から歩いてすぐ、2つの見どころポイントが隣接しています。
手前にある、こちらが「野牛久伊豆神社」なのですが、
10手前に野牛久伊豆神社

コースの順番どおり、奥にある「観福寺(かんぷくじ)」に、
先に行きます。
11奥に観福寺

門前に、六地蔵尊。
12観福寺1

山門。
13観福寺2

中にも、六地蔵尊。
14観福寺3

本堂です。
15観福寺4

近くへ。
16観福寺5

こんな絵が。
17観福寺6

こういうものだそうです。
18観福寺7

中を拝見。
19観福寺8

引き返してきました。「野牛久伊豆(やぎゅうひさいず)神社」です。
なんか、すごい名前です。「野牛」は地名です。
20野牛久伊豆神社1

説明。
21野牛久伊豆神社2

鳥居。
22野牛久伊豆神社3

本殿(拝殿)です。
23野牛久伊豆神社4

近くへ。
24野牛久伊豆神社5

中を拝見。
25野牛久伊豆神社6

左側が本殿です。その右側に、
26野牛久伊豆神社7

境内社がありました。
27野牛久伊豆神社8

「五社大権現」と書かれていて、「駒形神社」「天満宮」「稲荷大明神」
「大黒天」「石宮様」の五社が合祀されていました。

また、こちらには、大きな鳥居のある、
28野牛久伊豆神社9

こういった「御嶽神社」がありました。
29野牛久伊豆神社10

「観福寺」と「野牛久伊豆神社」でした。

先に進みます。曇り空になってしまいました。この道の左側に、
30稲荷大明神1

振り返って。「稲荷神社」がありました。
31稲荷大明神2

中を拝見。
32稲荷大明神3

どんどん進みます。「中ノ宮橋」という橋がありました。
「姫宮落川(ひめみやおとしがわ)」にかかる橋です。
33中ノ宮橋・姫宮落川1

「姫宮落川」。この川の名称も、なんかすごいです。
34中ノ宮橋・姫宮落川2

高架下をくぐります。
35東北自動車道・野牛トンネル1

「野牛トンネル」だそうです。
36東北自動車道・野牛トンネル2

こんな感じ。
37東北自動車道・野牛トンネル3

先に、また、橋がありました。「東谷橋(あずまやばし)」です。
38東谷橋・庄兵衛堀川1

「庄兵衛堀川(しょうべいほりがわ)」にかかる橋です。
39東谷橋・庄兵衛堀川2

ここで、左側の道に行くのですが、今歩いてきた道は、
「新白岡駅」前で歩いた「新白岡柴山沼線」でした。
40新白岡柴山沼線だった

【馬立の弁天様】
次の見どころポイントは、こんな田んぼの中にあります。
41馬立の弁天様1

ここです。「馬立(うまたて)の弁天様」です。「馬立」は地名です。
42馬立の弁天様2

橋。弁天様です。
43馬立の弁天様3

鳥居。
44馬立の弁天様4

社殿。
45馬立の弁天様5

近くへ。
46馬立の弁天様6

詳細はわかりませんが、いろいろとあります。
47馬立の弁天様7

いろいろとあります。
48馬立の弁天様8

いろいろと。
49馬立の弁天様9

「馬立の弁天様」でした。

先へ進みます。「東北新幹線」の高架橋です。「農耕車に注意」。
50東北新幹線1

ちょうど、新幹線が通りました。
51東北新幹線2

この道、左側に、川が流れています。「隼人堀川(はやとほりがわ)」です。
「隼人堀川」は、あとで、また出てきます。
52隼人堀川

また、「新白岡柴山沼線」に戻ってきました。しばらく歩くと、
53再び新白岡柴山沼線

【山車の特別公開①】
この日、3ヶ所で、山車が特別公開されていました。
その1ヶ所目がありました。
54山車の特別公開①1

これです。
55山車の特別公開①2

このあとの場所もそうなのですが、山車の特別公開の場所には、
人が大勢いて、写真がうまく撮れるような状況ではなく、
こんなもので、精いっぱいでした。

【青雲寺】
次の見どころポイントの「青雲寺(しょううんじ)」です。
大きな山門です。
56青雲寺1

山門脇にあった祠。
57青雲寺2

中を拝見。
58青雲寺3

山門をくぐって、正面の堂宇。「薬師堂」です。
59青雲寺4

実は、このお堂の左右の床下に小屋があって、犬が2頭いるのですが、
2頭とも、とてもおびえていたので、撮影はやめておきました。

近くへ。
60青雲寺5

中を拝見。
61青雲寺6

こちらが本堂。
62青雲寺7

近くへ。
63青雲寺8

中を拝見。
64青雲寺9

「青雲寺」でした。

先へ進みます。「USUI」。
65白岡雨水

【坂下橋・隼人堀川】※寄り道
橋が見えてきました。「坂下橋(さかしたばし)」です。
66隼人堀川・坂下橋1

しばらく前に、横を通った「隼人堀川」にかかる橋です。右側。上流側。
67隼人堀川・坂下橋2

左側。下流側。この先に、先ほど通った場所があります。
68隼人堀川・坂下橋3

記憶が少し不確かなのですが、「隼人堀川」の、このあたり、
以前、桜の季節に、白岡駅からの「駅からハイキング」で来たような
気がします。この川沿いに、桜が満開だったような気がします。

先に進みます。この右側、
69ここにも庚申塔1

ここにも、庚申塔。
70ここにも庚申塔2

【篠津須賀神社】
次の見どころポイントの「篠津(しのづ)須賀神社」が見えてきました。
ここでも、「山車の特別公開」があります。
71篠津須賀神社1

「篠津須賀神社」です。「篠津」は地名です。
72篠津須賀神社2

説明。
73篠津須賀神社3

社殿。
74篠津須賀神社4

近くへ。
75篠津須賀神社5

中を拝見。
76篠津須賀神社6

【山車の特別公開②】
特別公開の山車です。
77山車の特別公開②

ここで、お茶と梨をいただきました。ありがとうございました。
78お茶と梨

「篠津須賀神社」でした。

先へ進みます。「OSUI」。
79白岡汚水

次の見どころポイントの「篠津久伊豆神社」が見えてきましたが、
その前に、
80篠津久伊豆神社の前に

【山車の特別公開③】
3つ目の山車です。
81山車の特別公開③1

近くへ。
82山車の特別公開③2

【篠津久伊豆神社】
改めて、「篠津久伊豆神社」です。
83篠津久伊豆神社1

鳥居。
84篠津久伊豆神社2

参道を進みます。
85篠津久伊豆神社3

本殿(拝殿)です。
86篠津久伊豆神社4

近くへ。
87篠津久伊豆神社5

中を拝見。
88篠津久伊豆神社6

天井画がありました。
89篠津久伊豆神社7

本殿を横から。
90本殿1

柵の間から撮影。
91本殿2

真裏側。
92本殿3

反対側の横。
93本殿4

境内社が、いくつもあります。
左から、「九ヶ所神社」「疱瘡神社」「五穀大明神」。
94九ヶ所神社・疱瘡神社・五穀大明神

右から、「正八幡宮」「八幡宮」、「諏訪神社」と「雷電宮」の2社。
95正八幡宮・八幡宮・諏訪神社・雷電宮

左から、「稲荷大明神」「諏訪大神」「榛名神社」。
96稲荷大明神・諏訪大神・榛名神社

【浅間神社】※寄り道
もう一つ、境内社というより、隣接している神社なのだと思います。
「浅間神社」です。ここ、正面ではなく、横ですが、行ってみます。
97浅間神社1

社殿。横から。
98浅間神社2

中を拝見。
99浅間神社3

正面へ、下がって。
100浅間神社4

下りてきました。
101浅間神社5

さらに下がって、正面の鳥居。「浅間神社」でした。
102浅間神社6

こんなものが。
103遊具

説明板がありました。
104説明板

「篠津久伊豆神社」でした。

どんどん進んできました。「東北新幹線」の高架をくぐります。
105東北新幹線

こんな、何でもないところに、祠。
106金毘羅宮1

正面へ回ってきました。
107金毘羅宮2

全体が見えませんが、「金毘羅宮」のようです。
108金毘羅宮3

【興善寺】
次の見どころポイントは、「興善寺(こうせんじ)」です。
立派な山門ですが、
109興善寺山門1

最近、建てられたものだそうです。
110興善寺山門2

参道が長いです。
111参道

途中の墓地。
112門前墓地1

墓地の説明というのはめずらしい。
113門前墓地2

次の山門に到着。
114山門1

説明。
115山門2

山門の説明。
116山門3

近くへ。
117山門4

山門の先、幼稚園があります。
119幼稚園

幼稚園の向かい側に、いくつかの堂宇。
120白山大権現1

「白山大権現」と書かれています。
121白山大権現2

中を拝見。
122白山大権現3

もう一つ、となりにあった堂宇の中。地蔵尊。
124地蔵尊2

鐘楼。うまく撮れません。
125鐘楼1

説明。
126鐘楼2

境内へ。こんな「達磨大師」がありました。
127達磨大師1

説明。
128達磨大師2

奥に、本堂が見えますが、手前に、
129本堂の方

「十三重の塔」。
130十三重の塔1

説明。
131十三重の塔2

本堂です。
132本堂1

近くへ。
133本堂2

中を拝見。
134本堂3

本堂の裏の方にも行ってみました。「供養塔」。
135供養塔1

説明。
136供養塔2

六地蔵尊。
137六地蔵尊

「観音堂」です。
138観音堂1

中を拝見。
139観音堂2

説明。
140観音堂3

これは「開基塔」。
141開基塔1

説明。
142開基塔2

その奥には、こういったものも。
143人骨供養塔1

「人骨供養塔」だそうです。
144人骨供養塔2

「興善寺」でした。

どんどん進みます。こんな家の前に、
145馬頭観世音1

「馬頭観世音」。
146馬頭観世音2

【正福院】
次の見どころポイントは、「正福院(しょうふくいん)」なのですが、
墓地の入口に、六地蔵尊。
147墓地に六地蔵尊

【正福院貝塚】※寄り道
その墓地内に、貝塚がありました。この先です。
148正福院貝塚1

「正福院貝塚」説明。
149正福院貝塚2

ここです。
150正福院貝塚3

貝塚です。
151正福院貝塚4

「正福院」の門前に到着。
奥の山門の手前に一つ見どころがあるのですが、後回し。
152正福院1

説明。
153正福院2

山門です。
154正福院3

山門の先に、いくつもの石像。
155正福院4

石像。
156正福院5

本堂へ。
157正福院6

本堂です。
158正福院7

近くへ。
159正福院8

鐘楼はうまく写せません。
160正福院9

ここで、急に、青空になりました。

山門の前に出てきました。
後回しにしていたものです。「宝篋印塔」です。
161宝篋印塔1

正面から。
162宝篋印塔2

「正福院」でした。

【白岡八幡神社】
次の見どころポイントは、すぐ近くです。
「白岡八幡神社」です。鳥居がありますが、
163白岡八幡神社

この参道は車道です。
164車道の参道

途中に、こんな“門”が。その左側に、
165門

こんなもの。「源義家 駒継ぎの杉」だそうです。
166杉

説明。
167説明

鳥居。
168鳥居

案内図がありました。
169案内板

「お百度石」。
170お百度石1

説明。
171お百度石2

手水処。その前に、
172手水処

「無事かえる」。
173無事かえる1

説明。
174無事かえる2

本殿(拝殿)です。
175拝殿1

近くへ。
176拝殿2

中を拝見。
177拝殿3

神楽殿です。
178神楽殿

御神木のカヤ。
179-1カヤ

この境内社は「神馬社」です。奥に鐘楼もあります。
179-2神馬社1

馬。
180神馬社2

説明。
181神馬社3

鐘楼。
182鐘楼

こちらは「白岡天満神社」です。
183白岡天満神社1

こちらは牛。
184白岡天満神社2

社殿。
185白岡天満神社3

説明。
186白岡天満神社4

近くへ。
187白岡天満神社5

「筆塚」がありました。
188筆塚

境内社が、さらに四社ありました。
189四社

右側が「三峯神社」、左側が「日枝神社」。
190三峯神社・日枝神社1

説明。
191三峯神社・日枝神社2

「稲荷神社」。
192稲荷神社

「猿田彦社」。
193猿田彦社

説明。
194稲荷神社・猿田彦社

本殿。そのまわりに、こんな絵馬。
195本殿

社務所の脇に、「日本庭園」の案内。
196日本庭園1

こんな場所がありました。
197日本庭園2

「白岡八幡神社」でした。

【寿楽院】
かなり歩いてきました。次の見どころポイント、
「寿楽院(じゅらくいん)」です。すっかり、快晴になりました。
198寿楽院1

説明。
199寿楽院2

山門をくぐって左側。石像がいくつか。
200仏像

鐘楼は写すのがむずかしい。
201鐘楼

本堂へ向かいます。
202参道

本堂。
203本堂1

近くへ。
204本堂2

中を拝見。
205本堂3

こういう材質だと、見えるように写せません。
206本堂4

「薬師堂」です。
207薬師堂1

中を拝見。
208薬師堂2

こちらの祠には、
209地蔵尊1

地蔵尊。
210地蔵尊2

となりにも、六地蔵尊。
211地蔵尊3

「寿楽院」でした。

【小久喜久伊豆神社】
最後の見どころポイントです。「小久喜(こぐき)久伊豆神社」です。
「小久喜」は地名です。
212小久喜久伊豆神社

入ってすぐ右側にあった庚申塔。
213庚申塔

こういう参道を進みます。
214参道

本殿(拝殿)です。
215拝殿1

近くへ。
216拝殿2

本殿。
217本殿

裏に、いくつもの石塔。
218石塔群1

石塔。
219石塔群2

説明。
220説明

「小久喜久伊豆神社」でした。

ゴールの「白岡駅」へ向かいます。空が真っ青です。
221駅へ

どうでもいいんですが、「酒蔵天国」という店を発見。
222酒蔵天国

この店で飲食するために、この店で現地集合するときなど、
「天国に先に行って待っています」と言うと、
死ぬ間際のセリフのようになってしまうなあ、と思って。

【白岡駅】
ゴールの「白岡駅」に到着しました。お疲れさまでした。
223白岡駅

【車站の碑】
駅前に、こんな石碑がありました。
224石碑1

説明。
225石碑2

【獅子博物館】
コースマップに「獅子博物館」の記載があったので、行ってみました。
ですが、こんな一般の家のようだったので、ここまで。
226獅子博物館

【昼食】
昼食を、「お食事処等マップ」に記載のあった、
ここ、「そば処 更科」で。
227そば処更科

海老天ざるそば。ごちそうさまでした。
228海老天ざるそば

そば処 更科 *食べログ
https://tabelog.com/saitama/A1104/A110402/11009950/


【もらったもの】
ボールペンをいただきました。ありがとうございました。
229もらったもの

以前、別の「駅からハイキング」で白岡駅に来たとき、
駅前に観光協会があって、そこでお土産が買えた記憶があったので、
見てみようと思っていたのですが、観光協会がなくなっていました。
廃墟になっていました。

コースマップに記載がなくて、おかしいと思っていました。

なので、今回、お土産はありません。

今回のコースは、この地域の寺社めぐりで、知らないところばかりを
回ったわけですが、個人的には、こういうのが結構好きなので、
かなり楽しめました。

貝塚を見ることになるとは、思ってもみませんでした。

また、こういった“意外な発見”ができるコースに参加したいと思います。


【コースマップほか】
コースマップ。
230コースマップ

ポイント解説。
231ポイント解説

お食事処等マップ。
232お食事処等マップ

2018年10月6日(土)の記録です。

おしまい。

     にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
人気ブログランキング    にほんブログ村