週末は友人のBaby showerがあり、持ち寄った美味しい食べ物をいただきつつゲームで盛り上がりました。
可愛らしい赤ちゃんの誕生を祝い、出産前のまだ慌ただしくない時期に早めにパーティーを行うのがBaby showerです。ゲームももちろん赤ちゃん関連で面白いものばかり。4人でそれぞれ1ゲームずつ担当し、私はビンゴ係でした。

babygame2.jpgベビーシャワーのゲームに関しては、パーティーグッズのお店でゲームブックが売られています。掲載ゲームは本によって若干違いますが、どれも10ゲーム12人用。The Big No-No, Get The Picture, How Well Do You Know The Mom-To-Be, Baby Letterなどなど。中には英語が苦手でも大丈夫なゲームもいくつかありました。
そしてもちろん、ゲームブックなど買わなくても、できるゲームも沢山あります。今回のゲームを紹介しますと....。
  「写真当てクイズ」
パーティー参加者それぞれが赤ちゃん時代の写真を持ち寄り、名前を書かずに貼り出します。どれが誰かを当てるという単純なゲーム。
babygame3.jpg
babygame1.jpgところがこれが難しい。
大人だけでなく自分の子ども達の写真も集めたので、ますます難易度up。
確かに子どもに似ているんだけれど、これはお父さんの幼少時代?それともお母さん?と悩む年代物の写真や、確かにあそこの子達なんだけれど、兄弟どっちがどれ?という写真、いったいこれは誰?という謎の写真もあり。確信を持って?適当に欄を埋めて行ったら、最後の一枚があり得ない結果になってパニック、なんてことになったのはうちの夫でした。
最高得点には20ドルの商品券が賞品とあって、皆さんかなりマジに取り組んでいました。

  「サプリdeだ〜れ?」
赤ちゃん用品に関するトリビアで「モヤッと!」「スッキリ!」。ちなみに今回の出題は
哺乳瓶:最古はローマ時代の遺跡からも発掘されている。日本での初期形は竹製。お父さんでもお母さんの代わりができる...
紙おむつ:スウェーデンで綿不足をきっかけに生まれ、戦後アメリカに普及。宇宙飛行士も発射時に使っている...
でした。担当の友人が「コソコソパイプ」までちゃんと作って来てくれました。正解者にはメダル進呈。

  「メモリー・ゲーム」
紙と鉛筆を用意します。おしゃぶり、哺乳瓶、絵本、タオル、ビブ、おむつ...等の赤ちゃん関連用品25〜30個をテーブルの上に一気に広げ、1分間でできるだけ沢山記憶します。
1分経ったらアイテムを隠し、5分間で思い出せるものの色と名前全てを書き出します。一番多く思い出せた人が勝ち。

  「Baby Bingo」
ご存知ビンゴゲーム。くじを引いて出た言葉に印をつけ、縦横斜めのいずれかに揃ったら勝ち。この用紙は先に紹介したゲームブックに12人分の用紙とくじがついていて、書いてある言葉がBaby Food, Mommy, Rattle, Bibの様に全部赤ちゃん関連用語になっています。
でも、わざわざこのためにゲームブックを買わなくても、もっと可愛らしく作れるよなぁと思い、今回自作に挑戦してみました。
babybingo1.jpgビンゴ用紙はFree Space以外は空白にし、ステッカー・メーカーでシールにした言葉リストを自分で各欄に貼ってもらいました。これなら台紙とステッカーさえあれば何人でも参加出来ます。もちろん子ども達も参加しました。大人は先着5名様、子どもは全員に賞品付きとしました。

ビンゴはやり方次第では、道具がさほど無くてもできるゲームです。
例えば紙と鉛筆を配って「日本の都道府県から5つ書き出して下さい。」「アメリカの州を5つ書き出して下さい。」「歴代大統領を5人書き出して下さい。」などと言って、書き出してもらいます。インターネットなどでリストを探してプリントアウト、切り取って二つ折りにしておいたたくじを引き、最初に5つ当たった人が勝ちとすれば出来てしまいます。
お誕生会であれば、お誕生日の子の好きな物、好きな事、好きな言葉を10〜20書き出し、下に3〜5つの空欄を書いた用紙を作っておきます。ゲストに用紙を配り、リストの言葉から空欄に書き出してもらいます。お誕生日の子がくじを引いて読み上げ、最初に3つ(5つ)当たった人が勝ち。ゲームをしながら、お誕生日の子がどんなことが好きなのかを知ってもらえます。
いろいろアイデア次第で楽しめるので、皆さんも面白いアイデアがあったら是非紹介して下さいね。


さてさて、ベビーシャワーの話に戻ります。今回のゲームは上記4つでしたが、他にも今までやって面白かったゲームがいくつかありますので紹介しますね。

  「お腹周り当てクイズ」
長めに切った毛糸を配り、Mom-To-Be(ママになる妊婦さん)のお腹周りはこのくらいかな?と思う所で切ってもらいます。あらかじめ測っておいた正解のリボンの長さに最も近い人が勝ち。
正解のリボンはレースなど可愛らしい物を準備し、記念としてMom-To-Beにプレゼントすると喜ばれます。

  「ベビーフード当てクイズ」
瓶詰めのベビーフード7、8種類を準備し、ラベルは剥がしておきます。参加者に紙皿と楊枝を配り、それぞれベビーフードを味見していったい何であるかを当ててもらうゲーム。
簡単そうでかなり難しいので、瓶の数より多いヒントを書き出したリストが必要かもしれません。だって、スイートポテトと人参とカボチャが同じ味がするんですよ! 豆(Pea)とインゲン(Green Beans)もどっちがどっちかわかりません。それとこのゲーム、必ず食事やケーキの前に行って下さい。口直しが無いととてもつらいです。
食べるのはちょっと...という場合、開けずにひたすら瓶を眺めて推理するというゲームのやり方もあります。これならベビーフードは後で赤ちゃんに食べさせられますし、お好きな方法でどうぞ。

  「赤ちゃんの顔」
ペンと白い無地の紙皿を参加者に配ります。頭の上に紙皿を乗せた状態で、指示通りに赤ちゃんの顔を描いてもらいます。(紙皿は手で押さえて良い。)
ゲームの主催者が顔のパーツを描く順番を指示しますが、その時に「右の眉を描いて下さい。」「左の耳を描いて下さい。「髪を描いて下さい。」「口を描いて下さい。」「左目を描いて下さい。」と、できるだけバラバラに指示を出します。Mom-To-Beが一番気に入った顔を描けた人が勝ちです。


Baby Showerはそんなに頻繁にあるものでもありませんよね。もちろん普通のパーティーでも良いですけれど、こんなゲームで笑い合ってみるものなかなかいいものです。もうすぐ生まれて来る赤ちゃんのために、というか、半分口実に?みんなで盛り上がって楽しんでいます。みんなの笑い声、お腹の中にまで聞こえたかもしれませんね。


追記:makikiさんより、その他の楽しいアイデアをコメントにいただきました。
 コメントより抜粋「ビンゴは、これから開けるプレゼントが何かを考えてマスに書いてもらうというもの。そうすると、プレゼント開ける時に、みんなちゃんと注目してくれるでしょ?(結構長くなってくると、見ているの辛くなってくるのでね)それからおむつのブローチみたいなのを来てくれたゲストにしてもらって、あけて「びっくり」があった人があたり!なんてのもやりました。」
面白そうですよね。こちらのアイデアもご活用下さい!makikiさん、ありがとうございました。