ある日突然Google Mapがカタカナ表記になっていることに気付きました。
店の場所を探そうと思ってびっくりしましたね。しかも気の利くことに、google.co.jpだけでなくgoogle.comでもブラウザの言語から判断して日本語読みのストリート名に変えてくれていました。
<Before>
View Larger Map
<アフター>
大きな地図で見る

うーん、英語が苦手だと見やすいことは見やすいかもしれない。かもしれないんだけど...実際にカタカナマップを使おうと思うと何かと具合が悪い様な気が...。まず、最近譲っていただいたカーナビ(重宝しています。ありがとう!)にストリート名を入力するにも、スペルが分からないことにはお手上げ。例えば”ニッカボッカ・ドライブ”と言われてすぐにKnickerbockerを思いつく人ばかりではないですよね。ベラと言われてVellaなのかBellaなのか、それともVerraなのか、もしかしてBerraなのか???とか。
そんな声がgoogleさんにも届いたのか、圧倒的にカタカナ優先だった表示が最近カタカナと英語の併記になった様な。これって私の気のせいですか?(一部、特に小さなストリートはまだカタカナ優先)
  ※追記:9/13/09 iPhoneのGoogle Mapアプリについて追記しました。
世界を身近に。Google マップなら日本語で世界を(※音量注意)


「おかーさん、もしかしてどっちがどっちだかわからないの?」と最近Maxにバレた通り、私は完全なる方向音痴。常に自分を中心に右左で場所を判断しています。(自慢するなって!)新しい場所に行く時には必ず地図で下見をして予習をしないと反対に向って進んでいたりします。
私にとってのカタカナ地図の困った点はストリート名の看板と地図に書かれたカタカナを一致させるのに余計に頭を使うこと。時間と集中力も必要です。特に車で走りながら通り名を一瞬で読み取ってカタカナの発音とマッチングさせるのには神経を使います。
なのでカタカナと英語の併記になってくれて助かりました。
ただしカタカナ&英語の併記、今度は文字だらけでごちゃごちゃしていて見にくいんですよね。

人間って勝手ですよね。

開発者の方、無料で素晴らしいサービスを提供して下さっているのにいろいろ注文付けてしまって、ごめんなさい。
新しいものに対応できないのは歳をとった証拠かも?
慣れたら大丈夫なのかな。


世界数千万のストリート名はカタカナ・エンジンで自動翻訳、有名な地名はおそらく人の手で修正していると思われますが、そうでないストリート名はまだあちこち間違いがある様です。Athertonはどう見ても「アザートン」って書いてあるし、Pruneridge Ave.は「プランアーリッジ・アベニュー」、Whitclem Dr.は「ホワイトクレム・ドライブ」だそう。気持ちはわかるけど。 Waverleyが「ウエイブレイ」でKingsleyが「キングスリー」って書いてあるのはどうしてかな?とか細かいことを言い出すととんでもなく大変なのでやめておきます。
そういえばサンフランシスコではCartoon Art Museumが「アニメ美術館」になっていました。そう書いてしまうとなんか違う雰囲気が漂ってるような...。
ハワイではハワイ語に由来する地名が多いため、シリコンバレーどころではない混乱のカタカナ表記になっているそうです。


<カタカナ表記対処法>
具体的な対策は、2種類の地図をブックマークして用途で使い分けることです。またはアドレスの&hl=jpの部分を探して&hl=enに直してリロードすれば英語の地図に変わります。メニューも全部英語になりますが。
  日本語版:http://maps.google.com/maps/mm?hl=ja
  英語版:http://maps.google.com/maps/mm?hl=en


これで解決できないのはあちこちのWebサイトのDirectionページで地図が埋め込みされている場合ですね。これはどうしたらいいんでしょう。
gmap1

<iPhoneのGoogle Mapアプリケーション>
iPhoneで標準アプリケーションになっているGoogle Mapを英語にするにはiPhoneのシステムそのものを英語メニューに設定しなくてはいけません。英語に設定しておいて行き先検索を日本語で入力するとカタカナ併記地図になります。日本語に設定しておいて英語で行き作検索をしても英語のみの地図になりません。

※9月13日追記:iPhone標準搭載のGoogle Mapアプリケーションについて、以前カタカナで表示したエリアについてキャッシュが残ってしまったらしく、言語設定を英語に変えてもカタカナ地図が表示され続ける現象がありました。リージョンの設定、言語の設定、キーボードの設定を全てUSのEnglishに設定しても、iGoogleからマップの言語設定をしても、関係ないとは思うけどSafariのキャッシュとクッキーをクリアしても、カタカナが消えません。
かなりしつこいカタカナ表記マップ、iPhoneのOSのバージョンアップがあったので新OSをアップロードしたら、やっと全て英語に戻りました。
iPhoneの言語設定にせっかく日本語があるのに、Google Mapアプリ一つ使いたいがために諦めなくてはいけないのは残念なことです。


<アンケート> Google Mapの表記で使いやすいのは?
カタカナが便利か、現地語が実際には使いやすいか、併記が”良い所取り”なのか、それとも設定メニューで一発表示言語切り替えができるといいか、もしよろしかったら皆様のご意見をお聞かせ下さい。ちなみにどなたがどの様に投票したかは私にはわかりませんし、あくまで個人的興味なのでこのデータを何かに使うことは想定していません。お気軽に一票をどうぞ!
:カタカナのみ       :現地語のみ 
:現地語とカタカナ併記     :設定ボタンで言語切り替え

無料アンケートブログパーツGraphChart


この話題がGoogle Mapのフォーラムでも意見交換されていました。ご意見のある方は地図サービスがもっと使いやすくなるよう、参加されてみてはいかがでしょうか。

Google Map ヘルプ フォーラムより
質問: 最近Googleマップで海外の住所や通りの名前がカタカナ表記になりましたが、不便すぎるのでやめて欲しい
質問: Google Maps のカタカナ表記
質問: マップが日本語表示になりましたが以前の外国語表記の地図を見るにはどのようにすれば良いのでしょうか。