前回、子ども達に大人気でトラブルが絶えないと書いたタイヤ・ブランコに異変が!!

afterschool3

何が起きたかと言いますと...それが...
afterschool4

子どもが誰も乗ってない。
名残惜しそうに降って回していたSarahも、5分もしたら諦めて別の遊びに行ってしまいました。
何となく気分が沈んでいる様子の子ども達。
その原因は?
afterschool5

これ。

そう、これは...

afterschool6

犬の糞〜。

あーあ。ついちゃった。
誰かがキャンパス内を犬の散歩して、落とし物を片づけないで行ってしまった様です。それを子どもが気付かずに踏んで、その足でタイヤブランコに...。
キャンパス内は基本、犬の散歩禁止なんですけどね。

最初は子ども達、糞じゃないのではないかと期待して、何人もが果敢に臭い鑑定に挑戦しました。鑑定の結果はいずれも「とても臭い」で「鳥の糞ではない」「校庭の隅に踏まれた犬の糞があったことから、状況から見ても犬の糞であると思われる」という結論となりました。(鳥の糞でも嫌ですが)
きれいになるまで乗れないねー、とがっかりした子の中には問題の糞10cmまで顔を近づけて、しみじみと継続観察を試みる子もいました。よっぽど残念だったのだろうと思います。


しかし、これをきれいにすると言ってもね、どんな掃除の仕方をするかはわかったものじゃありませんよね。週末の間に知らずに乗った子が乾燥した糞を足で擦って落とすかもしれません。そうしたら「きれいになった」とみんな喜んで乗るんだろうな...。

外から帰ったら石鹸で手洗い、うがい。

これは新型インフルエンザが流行っていてもいなくても、やっぱり徹底した方がいいと心底思ったことでした。




もっと凄い事件を期待した方、こんなネタでごめんなさい。