そろそろ来年に向けて学校探しを始める方もいらっしゃると思いますので、カリフォルニア州の学校比較サイトを紹介をします。

bikesafety1
(写真:学校で先月行われたG3の自転車安全教室の風景。自分の自転車を持ち寄って交差点の渡り方や手信号の仕方を勉強しました。スタンドがついていない自転車も結構あります。)

<公立校>
California Department of Education (カリフォルニア州教育省)のサイトはカリフォルニア州の教育関連情報を網羅しています。困った時はまずここで頑張って情報を探して下さい。DataQuestでは学校のリスト、人種構成比、各サブグループの特色、統一テストの成績などを見ることが出来ます。州と提携しているEd-Dataのサイトはそれらを見やすいように整理&グラフ化して、手軽に比較できるようになっています。
○California Department of Education: http://www.cde.ca.gov/
○DataQuest: http://data1.cde.ca.gov/dataquest/
○Ed-Data: http://www.ed-data.k12.ca.us/welcome.asp <-おすすめ!!


<チャーター・スクール>
カリフォルニア州の各カウンティにあるCharter Schoolのリストはここから見ることが出来ます。
○Charter Schools in California Counties:
http://www.cde.ca.gov/ds/si/cs/ap1/ImageMap.aspx
○Santa Clara County Charter Schools:
http://www.cde.ca.gov/ds/si/cs/ap1/countyresults.aspx?id=43
チャータースクールは州の規定に縛られない公立校で、学区を持たず、定員に対する応募数によっては抽選を行って児童生徒を受け入れる学校です。応募は学区内からのみであったり、学区外からも受け入れる学校であったりなど学校によって方針が異なります。(参考:Seven essentials about charter schools
州の基準に従わなくても良い利点を生かし理数系に重点を置いたカリキュラム、アート系に重点を置いたカリキュラムなど特色を強く打ち出した学校は教育レベルが高く、人気があるために倍率も高い傾向があります。
公費のみでの設立が難しい学校を早期に設立させるため、予算難、あるいは学校区の方針で廃校となった学校を存続させるため、保護者が運動を起こして一部資金を調達しチャータースクールとして存続させる場合もあります。そういった学校の場合は必ずしも人気校とは限らないため、十分に注意が必要です。
学校経営上、施設設備の維持、教師、事務員、カウンセラー、用務員、校医など必要最低限のスタッフ確保のためには最低でも90-100人の生徒が必要という話もあるので、もし全校生徒がそれ以下の人数であれば、その学校は自転車操業の可能性もあるそうです。一般の公立校やマグネットスクールなどとは異なり、経営に問題があれば急に閉校となる可能性もあります。
経済的に裕福な地区のあるチャータースクールでは各家庭からの多額の寄付金(他地区の3-6倍の額!!!)を義務化して良い教育を行っているとの噂を耳にしました。

各チャータースクールのレベルを知るためには、先述のData Quest Reportを参考にして下さい。チャータースクールのリストからも各学校のデータを見ることが出来ます。リストの表の一番右にあるDataQuest Reportsをクリック、次にDataQuest Reportsの下にあるEd-Dataセクションから”School Profile Report”をクリックして下さい。


<Alternative School>
同じく抽選で児童生徒を受け入れる公立校にはAlternative School, Lottery School, Choice Schoolなどと呼ばれる実験校があり、学区を持つ地元校とは区別されています。これら実験校はイマージョン教育やオープンスクールカリキュラム、アカデミックカリキュラム、アート重視、理数系重視などそれぞれに特色ある教育課程を採用しています。Magnet Schoolと呼ばれる一定数の生徒を地区外から受け入れる方針の学校もあります。
チャータースクールとは異なり、これらの学校は公立校として安定した経営が行われています。(参考:Palo Alto公立校の抽選プログラム


bikesafety2
(写真:みんなでヘルメットの調整の仕方、かぶり方のおさらい。その後ボランティアの親達で一人ひとりのフィッティングをしました。)

<私立校(&公立)>
○州の私立校リスト: http://www.cde.ca.gov/ds/si/ps/
○私立校サーチ: http://nces.ed.gov/surveys/pss/privateschoolsearch/
○公立・私立サーチ&教育情報: http://www.greatschools.net/
学校探し、比較といえば定番なのがGreatSchoolsです。私立校と公立校に関するデータを見やすくグラフ化してくれて、学校の特色を調べたり比較したりするのにぴったりです。
保護者によるコメントが書かれている学校もあり、様々な面からその学校を知ることができます。(ただし大抵の人は自分の学校を”素晴らしい!!”と絶賛するものなので、コメントは5割引で読んで下さいね)

***Palo Ato市周辺の学校***

GreatSchoolsでは興味のある学校の新しいデータが発表された時にお知らせメールをもらえるサービスや、各学年の話題に関するメルマガにも無料で登録できます。教育関連のコラムはどれも興味深いものなので、お時間のある時にでも読んでみて下さいね。学校探し関連の記事から一部を紹介します。
  学校見学の際のチェックリスト: School Visit Checklists
  公立か私立かチャーターか?: School Choice: What Are Your Options?



<プリスクール・デイケア探し>
過去記事をご覧下さい。
1. Preschoolの探し方
2. Preschoolの見学・質問
3. Preschool申し込み手続き
4. 読者より見学レポートその1
5. 読者より見学レポートその2

<その他参考記事>
アメリカで学区が大事と言われる理由
私立か公立か
統一テストAPI Base Report 公開

皆様のお子さんにぴったりの学校が見つかりますように。

bikesafety3
(校庭で実際に乗って、手信号の練習。この日はボランティアのお母さんが運転する自動車も校庭に入りました)


子ども達の小学校の年度始めからはいろいろバタバタ、更新もサボってしまいました。その間にもいろいろ楽しいこと、びっくりしたことなどがあった訳ですが、中でも一生忘れないであろう事件が一つ...。
我が家に起きた、ベテラン学校秘書さんもびっくりの珍事件について、次回に書きたいと思います。