何度も書きますが、チャレンジャーな夫はまだ食べたこともないものをCostcoでまとめ買いしてくる度胸の持ち主です。先日もまた、ニコニコと箱をいくつも買い込んで来ました。で、今回はなにを買ってきたって? 

cupudon1 yakionigiri1

得意げな夫が差し出したのは...うどんと焼きおにぎりとな。
そんなものがアメリカのCostcoで売られるようになったのですね。インスタントとはいえスシ、スキヤキ、テンプラ、テリヤキ以外の和食の知名度が上がるのは良いことです。
どれどれ、まずはカップうどんから試食をば...。
<カップたぬきうどん>
cupudon2
韓国メーカー製のこのうどん、どうやらアメリカで賞をとったこともある様です。湯切り口があることからもわかるように、生うどんを一回お湯で湯がいてからもう一度つゆの素とお湯を注いで作るタイプです。調理時間は約3分間。Costcoで6個パックで$12.89でした。一食分は約$2.15です。(2009年11月現在)
中身は下の写真の通り。
cupudon3

cupudon4早速作ってみます。注意すべきは、最初に湯がく時に麺だけカップに入れること。具は入れちゃいけません。
それからお湯を注いで蓋をする時、蓋を強く押し過ぎないこと。カップの形状の関係で、強く押すと糸尻の部分が歪んでカップの縁が沈み、びっくりするかもしれません。
待つこと2分間。つゆの素も蓋の上で温めてみました。(黒々としたつゆの素...)
次は湯切りです。うどんをシンクに流してしまわないよう、しっかり蓋を抑えてお湯を捨てます。
次に具とつゆの素を入れ、お湯を注いで1分間待ちます。

ジャパニーズスタイル・うどんヌードルスープの完成!!
cupudon5

具はネギ、天かす、かまぼこ、刻み海苔(写真を撮った時は沈んでいた)、赤いものはニンジンに見えますが唐辛子フレークです。うどんの麺自体は普通の生玉うどんでした。讃岐うどん程はコシが強くなく、かと言って弱過ぎる訳でもなく。
うどんつゆが色黒なのは関東風とも言えなくはないかな。唐辛子フレークより七味が欲しかったな。だしは真面目にとったらしい鰹ベースのだしがちゃんと効いていました。みりんを多めに使ったやや甘めの味付けは、おそらくアメリカ人の好みを意識したものでしょう。途中で口飽きしそうになりますが、寒い時やお腹が空いている時には美味しいかも。
日本人が考えるたぬきうどんとは微妙に違うんですが、一応うどんと言って良いカップうどんです。
これ一杯でお腹いっぱい。体もほかほか。ごちそうさまでした。


<冷凍焼きおにぎり>
yakionigiri2
こちらは日本製という焼きおにぎり。製造元の会社名は書かれていないのですが、中身が日本の冷凍食品で見たものとそっくり同じです。そして驚くべきはその価格。Costcoで一箱30個入り$9.89也。一個当たり約$0.33の計算になります。 (2009年11月現在)
$1=100円としても一個33円って安いかも!

yakionigiri3

レンジで1分温めれば手軽に食べられます。
この製品、お米もちゃんとしたものを使っていますね。外側は醤油でパリッと、中はモチモチふわっとした焼きおにぎりは、日本でも常備したい冷凍食品第二位だそうです。

yakionigiri4

冷凍焼きおにぎりとして、この製品は申し分なし。
値段から言ってもこれは”買い”です。

ただ一つ...気になるのが箱の裏面、盛りつけ例として載っている写真です。
yakionigiri5

枝豆とニンジンの炒め物?温野菜?の上の白身魚、これはまぁ許容範囲として...
焼きおにぎりを野菜炒めに埋もれさせるのはやめて欲しい。

yakionigiri6

夜食のお茶漬けにも使えますし、これは買って損はありません。お勧めです!!


かくしてこれまでの夫のインスタント&冷凍食品チャレンジは、私が勝手につけた成績では3勝1敗、引き分け(※)多数となっています。
    勝ち:Chicken Bake、レトルト玄米、焼きおにぎり
    負け:タイ風ビーフン
    引き分け:Hot Pocket、Meatball Bake他多数
(※そこそこ美味しいけど常備する程でもない)  

夫のチャレンジはまだまだ続く。




<ガーデンバーガー>(おまけ)
vegiburger1

これは友人のKさんに教えていただいたCostcoの冷凍食品コーナーで買うおすすめ品。ベジタリアンのハンバーガー用冷凍パテです。原材料は茸類、玄米、オートミール、玉ねぎ、チーズ等。
お宅にお邪魔させていただいた時にごちそうになって、なかなか美味しかったので我が家でも買ってみたところ、子ども達が気に入って時々学校のランチに持って行ったり、家でおやつに食べたりしています。

vegiburger2

電子レンジでもできるそうですが、やっぱりフライパンで焼き目のあった方が美味しい。両面をじっくりと焼きます。

vegiburger3

それでもってサンドイッチを作ればヘルシーなベジタリアンサンドイッチの完成です。

vegiburger4

ランチドレッシング、ケチャップ、マヨネーズなどいろいろつけるものを変えてみたところ、子供達はとんかつソースが一番好きという結果になりました。どこまでも日本人な味覚のMaxとSarahでした。
Kさん、美味しいものを教えて下さってありがとうございました。