カップリングパーティー

婚活パーティーと一口にいってもいろんな形式や種類があります。
今回はざっくりですが、カップリングパーティーの分類について紹介します。

参加するパーティーやイベントの種類によって
進行の流れが違うため、人によって向き不向きがでてきます。
事前に確認してから参加するパーティーを決めたいところですね。

パターン1.対面形式

いわゆる「お見合いパーティー」に分類される婚活イベントで、
参加者の男女が1対1で着席して順々に話していくスタイルのパーティーです。
自己紹介で参加者全員と1度は話す機会があるというのが特徴で、
進行についても、カップリングを成立させるための仕掛けがあるため、
自分から話しに行くのが苦手だなとか、内気なかたでも出会いやすい内容です。
婚活初心者や初めてのパーティー参加におすすめ。

補足で説明すると、このタイプのパーティーでは、
お菓子やソフトドリンクが飲み物としてある場合がありますが、
食事はない場合がほとんどです。

  • メリット  :運営の進行があるため、初心者でも参加しやすい
  • デメリット:連絡先交換の前提がカップル成立であるため連絡先を集めにくい

パターン2.交流形式

いわゆる「異業種交流型」など飲み会や立食形式の婚活イベントです。
mixiなどのSNSや、掲示板などネットのオフ会に参加したことがある場合は、
あのような雰囲気をイメージすると、わかりやすいと思いますよ~♪

運営の進行がある場合と、ない場合がありますが、比較的自由に動けるスタイルです。
大規模なものになると一回の参加人数も多く、連絡先交換の制限などもないので、
積極的な人であれば一度の参加で多くの連絡先をゲットできます。

  • メリット  :パーティーに参加中の行動について自由度が高い
  • デメリット:自発的に動ける人でないと成果が挙げづらい

パターン3.合コン形式

ちょっと前に話題になった街コンや合コンスタイルの婚活イベントです。
パターン1の「対面形式」とパターン2の「交流形式」の中間に位置するスタイルです。
合コンスタイルは、その名の通り少人数の合コン形式で開催する出会いで。
コンパに慣れているが、開催するネタがない場合などにおすすめ。

街コンは、2対2とか3対3の小規模合コンを同じ日に何回か繰り返す形式で、
効率でいったら一番よいのではないでしょうか?

ただ、街コンにも落とし穴があって、あんまり興味がない相手とでも
同じ席についてしまうと、結構な時間会話しないといけないという
ちょっと悲しい場面にハマりがちなところもあります。

  • メリット  :いつもの合コンみたいなノリで参加できる
  • デメリット:少人数で外れた場合がつらい

パターン4.体験型

ここまでくると、もうパーティーでもなんでもないですが、
念のため紹介すると、婚活パーティーの運営会社さんが最近仕掛けている
料理をしながらのクッキング婚活やバスツアーなどのエンターテイメント性の高い企画です。

テーマに沿ったイベントに参加することで話題を共有しやすかったり
趣味が共通な異性との出会いが期待できるところが特徴です。

ただし、出会いそっちのけで体験のほうに夢中になってしまうこともありますので注意しましょう。

  • メリット  :出会いがなくても楽しめる。わ~い♪
  • デメリット:費用的やかかる労力が若干高め


いかがでしょうか?自分にあった婚活の種類はありましたか?
百聞は一見にしかず、まずは体験してみることをおすすめしますよ~☆

いざ、婚活パーティーへの参加が決まったなら、当日までに出来ることはやっておきましょう。
今回は、パーティー前日までに用意するとよいことのチェック項目を紹介します!!

当日の服装を決める

お見合いパーティーなど対面型の婚活イベントでは
服装や髪型といった外見やスタイルから伝わる雰囲気は超重要です。
カップリングを決める要素のフィーリングは視覚情報に影響されます。

自分は不細工だから内面で勝負という方ほど、
服装や髪型に気を付けるとよいでしょう。

容姿や体型を変えることは困難ですが、自分の良さを引き出すスタイルは可能です。
これといった洋服がない場合は、ジャストサイズの服を購入しましょう。

モード系のお洒落な格好というよりは、コンサバやトラッドなスタイルで
無難に休日デートが楽しめるような恰好が吉ですね。

パーティー会場の場所・経路を確認する

1対1の対面形式のお見合いパーティーでは、
会場に着くと開始前にプロフィールカードの記入を行います。
このプロフィールカードを元にその後の進行が行われますので、
出来るだけ丁寧に自己紹介を記載したいですね。

余裕をもって会場入りすることで、落ち着いて記入することができるでしょう。

ぎりぎりになって到着したり、遅刻をしたりすると
自分のペースがつかめず失敗してしまったりというのは本当にもったいないので、
開催時刻の10分前には会場に着けるようにするとよいでしょう。

あらかじめ路線や電車の時間を調べておくとスムーズです。
また、最寄駅から会場までの経路も把握しておきましょう。

自己紹介のネタと相手への質問を用意する

婚活パーティーでは、会話を通して相手に自分を知ってもらうことと
自分が相手のことを知ることでカップリングが成立します。

相手に自分への興味を持ってもらうためには、
プロフィールや自己紹介にちょっとしたネタを仕込んでおくとよいでしょう。

ネタといっても、難しく考える必要はなく、
通り一遍な内容ではなく、具体的な内容を書くぐらいに考えるとGOODです♪

また、相手への質問ですが、
初対面の相手への質問というと、出身地や趣味、職業など
だいたい皆同じような内容を話しがちなため、多少変化をつけれるといいな
ぐらいで2、3用意しておくとトークの幅が広がりますよ~。

お見合いパーティーや婚活パーティーに
参加したことがない方だと、参加者のイメージは掴みづらいですね。

カップリングパーティー初参加だと
どんな人たちと交流するのかが不明なため、
参加するのにも結構勇気というか、度胸がいると思います。

そこで、今回はどんな人がパーティーに参加しているかを紹介しますね。

カップリングパーティーは本質的に当たり外れが大きい

カップリングパーティーの参加者は
同じ会社や企画でもパーティー毎に入れ替わるため、
つきつめると、参加するパーティーによって参加者の内容がかなりブレます。

これは大当たりだなという回もあれば、あちゃ~こりゃハズレだ~みたいな日もあります。

当たり外れの目安としては、
あくまで、個人的な感想ですが、

参加者が男女10人ずつだったとして、
以下のような割合になるかなと

普通の回 : 平均以下6人、普通3人、良い1人
当たりの回: 平均以下5人、普通3人、良い2人
外れの回 : 平均以下7人、普通3人、良い0人

はい。基本的に、男女ともに平均以下が半数以上を占める感じで、
良い印象の人の割合が回によって違う感じですね。

普通の人が3割程度いる感じです。

また、カップリングパーティーと一口にいっても、
実は、開催する企画や会社、開催場所や地域によって、
パーティーの客層は異なるため、事前のリサーチが重要ですね。

企画の内容からみるパーティーの参加者

婚活パーティーでは男女ともに、年齢的に有利不利があります。
結婚したい男女のカップリングの場所なので、当然結婚後のことも考えられます。
結婚後の出産などを考えると女性は20代が断然有利。

男性は20代後半~30代前半くらいが人気の年齢です。

そのような事情から、30代後半~40代以降の参加者については、
30代以上など条件付きのカップリングパーティーへの参加が多いですね。

また、カップリングパーティーの相場が男性4000円~7000円に対して
女性は、無料や500円などの場合、冷やかし的な参加も正直多い。。

結婚への本気度が高い男性は、
女性の参加費が男性と同等程度の会場を好んで参加しますね。

そうはいっても、実際に参加してみないと
詳細なところはわからないと思います。

興味がある場合は是非トライしてみましょう!!


このページのトップヘ