官能小説特集

官能小説特集から出会い体験までエロ小説を集めています。 エロ画像はおまけです♪

今はやりの婚活って?
婚活こんかつ男性入口
婚活こんかつ女性入口

変態仮面

12


部室でパンティを頭にかぶっているのをみられて
からというもの、俺のあだ名は「変態仮面」になった。


マジメでおとなしいという俺のイメージが、
一瞬で、変態に塗り替えられた。


男なら、誰でも一度くらいは、パンティをかぶってみたいって、
思った事があると思う。


女の兄弟がいなくて、しかも、母親を早くに亡くしていた俺にとって、
女性のパンティというものは、レア中のレアだった。


その貴重なパンティが、なぜか部室に落ちていたのだから、さわってみたり、
嗅いでみたり、頭にかぶってしまうのも仕方ない・・・とは誰も思ってくれなかったみたいで、
特に、女子からは、変態と軽蔑され続けた。


「ちょっとかっこいいと思ってたのに、変態だったなんて最低!」


「マジメないい人だと思ってたのに、変態とかありえない!」


罵られ続けると、だんだん、麻痺してどうでもよくなってくる。
俺って、意外と好印象だったんだな。

変態だっていわれるようになるまで、気づかなかったよ。


ま、大学内で彼女を作るのはムリかもしれないが、変態という俺の烙印を
知られていないところでなら、彼女を作れる可能性もあるかもしれない。


俺はとりあえず、ポジティブシンキングしてみた。


「あの・・・ハヤトくん・・・ちょっと話があるんだけど・・・。」


そんな俺を呼び止めてきたのは、今年の
ミス・キャンパスと噂されるヒナで。


彼女みたいなモテモテ美人が、変態のこの俺に何の用かと戸惑った。
ヒナは忌まわしき例の部室に俺を連れ込むと、


「ごめんなさいっ!」


と頭を下げてきた。


「部室にパンティ忘れたの、私だったの・・・。そのせいで、
ハヤトくんが・・・みんなに変態呼ばわり・・・されるようになって・・・私・・・。」


ヒナは本気で俺に申し訳ないと思っているらしく、涙を浮かべている。


「いや、むしろ、俺の方がごめんなさいというか、ありがとうというか・・・。」


そうか、あのパンティはヒナのだったのか。
舐めておけばよかった・・・。


ヒナは頬を赤らめて、恥ずかしそうにした。
一瞬、俺の変態的思考がバレたのかと、ちょっと青ざめる。


「えと、ハヤトくんが、パンティかぶるなんて、意外だったけど・・・。
うちの弟も子供の頃、よくやってたし、きっと子供のときにできなかった
ことの代償行為なんじゃないかと・・・。」


さすが、美人の上、インテリなヒナだけあって、いうことが違う。
ん?なんで、子供の頃、できなかったって、知ってるんだ?


「あの、私が原因みたいなものなのに、すっごく
図々しいけど、よかったら、私と付き合って?」


「喜んで!」と俺が答えると、ヒナはほっとしたような笑顔になって、


「ハヤトくんのこと、前から好きだったのに、
全然、気づいてくれないんだもん。」


なんていいながら、俺に抱きついてきた。


「もしかして、パンティをわざと置き忘れて、俺をハメたとか?」


キスの後で、性急に服を脱がしながら、俺がきくと、ヒナは慌てたような口調で、


「そんなことしないよ!ホントに忘れたの!まさか・・・ハヤトくんが
私のパンティ・・・かぶったりするとは思わないし・・・。」


真っ赤になりながら、答える。


「もしかして、俺に自分のパンティかぶられて、興奮したの?」


冗談めかして囁くと、ヒナはさらに赤くなった。


「そうか、ヒナも変態だったんだな。俺が自分のパンティを
かぶっているところを想像しながら、おまんこをいじったり・・・。」


「やだやだっ・・・もうやめてぇ・・・。」


ヒナの目には羞恥のあまり、涙がにじんでいる。


でも、言葉責めされて興奮したらしく、おまんこもびちゃびちゃに濡れていた。


「ヒナがどんなに変態で、いやらしいコでも、俺は
喜んで受け入れるよ。だって、俺も変態だし。」


根元までちんぽをおまんこにハメて、耳元で囁くと、
ヒナのおまんこは、痛いくらいに俺のちんぽを締め付けてきた。


パンティをかぶったおかげで、こんなかわいい彼女ができたんだから、
変態よばわりなんて、どうってことない。
ヒナの感度は最高によく、俺達の体の相性はバッチリだった。

何度ヤっても、勃起が治まらなくて、ついヒナの体を貪ってしまう。


「もう・・・またするの・・・?」


俺が求めると、感じすぎてぐったりとした体でも、ヒナは応えてくれる。
どこもかしこもすべすべで、手に吸い付いてくるようなヒナのきれいな肌。
たわわなおっぱいに、きゅっとくびれたウエスト、ぷりんとしたおしり。


俺のちんぽに絡みついては収縮して、俺の精液を搾り取ってくれるおまんこ・・・。
こうして、抱けるだけでも信じられないのに、この素晴らしい体が今日から俺のものだなんて。


「ああっ・・・ハヤトくんっ・・・私・・・またイっちゃう!」


「俺もイきそう・・・一緒に・・・イこう!」


一緒に絶頂を迎えて、ヒナのおまんこに、ほとんど
出なくなった精液を中出しした。


今日は急なことだったから、コンドームの用意もなくて、
生で中出しだけど、明日からはちゃんと、避妊しなくちゃな。


いつまでも離れがたくて、裸で抱き合っていたら、
部室のドアがいきなり開いた。

一応、鍵はかけてたので、油断していたのだが、
どうやら部長は合鍵を持っていたらしい。

俺達はその日から、「変態カップル」と呼ばれるようになった。

おすすめサイト


激安あだるとしょっぷマニアタイム
出会いの方法・攻略、、すべて暴露中♪
エッチな体験談・投稿ブログ

初めての放尿

140


彼氏のジュンに、「誕生日プレゼント、何がほしい?」と
きいたら、「ルナの放尿がみたい!」といわれた。


え、なに、ウチの彼氏って、変態だったの?


今まで、変態プレイなんて、一切経験してこなかった
ウチにとって、ジュンの答えはまさに衝撃だった。
まずは、ジュンがどの程度の変態なのかを知りたくて、
おそるおそる、質問してみる。


「ジュンはさ、放尿・・・が好き、なの?」


「うん!好きな人の放尿をみると、めっちゃ興奮するんだよ。
ルナにもお願いしたかったんだけど、さすがにいいづらくってさ・・・。」


一応、変態行為だという認識はあったらしい。


「それで、好きなのは、放尿をみるだけ?」


「・・・。きいても絶対に引かない?僕と別れるとかいわない?」


「事と次第によっては、ドン引きの上、別れる、かも・・・。」


真剣な目をしたジュンに、両肩をガッチリと掴まれて、
ウチは目を逸らしてしまった。


ジュンのことは好きだけど、変態プレイに免疫のないウチには、
放尿をみせるだけで、かなりハードルが高い。
それなのに、まだ先があるなんて・・・。


「ま、まあ、一応、いってみてよ。きかないとわかんないし。」


早くもちょっと引きながら、きいてみると、
変態のジュンは、恥ずかしそうに頬を赤く染めて、


「あのね・・・放尿を・・・顔とか体にかけられたいんだ・・・。」


おそろしいことをいいだした。
放尿を・・・顔とか・・・体に・・・かける?


そんなことしたら、目とか鼻とか口とかに、おしっこが入っちゃうよね?


へ、変態だ・・・コイツ、ド変態だ・・・。


驚きで、一瞬、意識が遠くなった。


「ほら、やっぱり、ドン引きしたぁー!別に、ルナちゃんがイヤなら、
そこまでは望まないよ。僕としては、ルナちゃんの放尿をみられるだけで、充分だし・・・。」


いや、放尿をみせるとは、一言もいってない。


「でも、それ以外のプレゼントはいらないし!せっかくだから、
今、みせてよ。ルナちゃん、このまま、逃げる気でしょ。
僕の恥ずかしい秘密を知ったからには、付き合ってもらうよ。」


ジュンはウチに襲いかかってきて、ムリヤリ服を剥ぎ取った。
そして、なぜか、お風呂場に監禁した。
寒い・・・なんか・・・おしっこしたい、かも。
ジュンの狙い通り、冷えたウチは、尿意を催した。


「お願い!別れるなんていわないから、トイレに行かせて!」


ウチは何度も何度も、ジュンに懇願した。
いつもやさしくて、ウチのいうことなら、何でもきいてくれるジュンなのに、


「ダメ。そこでして。足を広げて、僕によくみえるように放尿しなかったら、
もう一回、おしっこしたくなるまで待つから。」


断固とした口調で、繰り返してくる。
ついに、ウチは諦めた。


放尿みせるまで、許してくれる気がないんなら、
我慢してても、苦しい時間が長引くだけだ。


「これでいい?放尿・・・するから・・・。」


ウチが立ったまま、足を開いて、ジュンに声をかけると、
ジュンはウチの足元に座り込んで、おまんこを覗き込むようにした。


恥ずかしい・・・顔から火が出そう・・・。


わくわくしているような表情のジュンが、ウチのおまんこを
じっとみつめているのに耐えられなくて、ウチはぎゅっと目を閉じた。
力をそっと緩めると、ショワワワワ・・・とおしっこが出てしまう。
ずっと我慢してたから、恥ずかしいくらい多かった。


ようやく、放尿を終えて、目を開けようとしたら、ジュンの舌が
にゅるりとウチのおまんこを舐めた。


「おしっこついてるのに・・・汚いよ!」


驚いて目を開けたら、ウチのおしっこまみれになったジュンが、
おしっこを舐め取るように、おまんこをクンニしてて・・・。


恥ずかしさで、体がかあっと熱くなった。


「おいしいよ。大好きなルナちゃんのおしっこだもん。とってもおいしい。」


内ももについたおしっこも、丁寧に舐め取ると、ジュンは熱いシャワーで
ウチの体を温めた後、「ごめんね。」とつぶやいて、お風呂場から出て行った。


ジュンのうそつき・・・放尿をみるだけでいいっていってたのに、
ウチが目を閉じてるのをいいことに、顔におしっこ浴びたり、・・・舐めたりして・・・。


変態にもほどがあるよ・・・。

じっくりシャワーを浴びて、体を温めてから、ウチは部屋に戻った。


ジュンはウチが別れ話を切り出すものだと思っているらしく、しょんぼりしている。


「あの、さ・・・。」


「うん。」


ジュンは早くも目に涙を浮かべている。
そんな顔するなら、変態プレイなんか強要しなければいいのに。


「たまにだったら、ジュンの変態プレイに、
付き合ってあげてもいいよ。・・・ま、害はないし・・・。」


結局、変態を憎む気持ちより、ジュンを好きな気持ちの方が勝ってしまった。

ほんのちょっぴりだけ、興奮したし、気持ちよかったような気がしなくもないし・・・。


「ホントに!?僕の変態ぶりを受け入れてもらえたの、初めてだよ!
もう結婚しよう!いや、とりあえず、セックスしようか!」


嬉しそうなジュンに押し倒されて、いきなりちんぽを挿入された。


あんなにシャワーで流したのに、ウチのおまんこはぬるぬるになってて、
ジュンのちんぽをほとんど抵抗なく受け入れてしまった。


「ね、ルナちゃん、ホントはさ、ちょっと興奮しちゃった?」


耳元で囁かれると、おまんこがきゅっとちんぽをしめつけた。


「えへへ。ルナちゃんの体の方が、正直かも・・・。今度さ、おしっこしたいときに
おまんこにちんぽ入れて、セックスの最中に、お漏らししてほしいな。」


「もうっ!調子にのるな!この変態っ!」


ジュンを罵りながらも、ちょっと気持ちよさそうとか思ってしまっているウチも、
変態の仲間入りしちゃったかも。

おすすめサイト


激安あだるとしょっぷマニアタイム
出会いの方法・攻略、、すべて暴露中♪
エッチな体験談・投稿ブログ

オナニーのお手伝い

025_0222


「お兄ちゃんの変態っ!」


自分の部屋でオナニーしているのを
妹のアユにみつかって、変態呼ばわりされてしまった。
オナニーくらいで、変態はないと思う。


「お前だって、オナニーくらい、してるだろ。」


「女の子がオナニーなんて、するわけないでしょ!
そんなこと考えるの、変態のお兄ちゃんだけだよ!」


アユは顔を真っ赤にして、俺の部屋を出て行った。
ムカついた俺は、一週間かけて、女の子が普通に
オナニーするというデータを集めた。


そして、俺を変態よばわりしたアユをおしおきするための道具を買った。

無知で愚かな妹よ。
本当の変態っていうのが、どういうものなのか、教えてやろうじゃないか。
両親がいない日を狙って、俺のおしおき作戦は決行された。


「あーあ、変態のお兄ちゃんと一緒だと、
安心してお風呂にも入れないよ。」


「俺のオナニー、勝手にみておいて、
よくいうよ。お前の方こそ、のぞき魔だ。」


俺が投げたエサに、アユはがっちりと喰いついた!


「オナニーなんかしてるお兄ちゃんが変態なんでしょ!」


俺ほどには頭脳の明晰さに恵まれていないアユに、俺は懇切丁寧に
いかにオナニーするのは変態じゃないかってことを資料を提示しながら
教えてやった。


「成人男子のほぼ100パーセント、女子でも50パーセント以上は、
オナニー経験済みだ。むしろ、オナニーしない女性の方が、
セックスしたときに感じづらく、イきにくい傾向があり・・・。」


「もういいよ・・・。お兄ちゃん、ウザい・・・。」


「何をいうか!つまりだな!普通ではない、アブノーマルなことを変態と
呼ぶのなら、オナニーをしないアユの方が変態ということになる。
変態なのは、俺じゃなくて、お・ま・え・なんだよ!」


「はいはい。ごめんなさい。じゃ、私、もう寝るから。」


素直に反省すれば、心の広い俺は許してやるものをアユは全く心の
こもっていない謝罪を口にすると、あくびまじりで立ち上がった。


「わかったよ・・・。俺が無知なお前に、本当の変態っていうのが、
どういうものなのか、教えてやる。」


「は!?お兄ちゃん、バカじゃないの!近親相姦するつもり!?」


「そうだ。まずは、近親相姦っていうのが、
変態的行為の一つだな。わかってるじゃないか。」


俺はアユの腕を掴み、両手両足を拘束した。


「これが、拘束プレイだ。SMプレイにも使われたりする。」


「わ、わかったよ・・・お兄ちゃん、ごめん・・・アユが悪かったから、許してぇ・・・。」


俺の本気に今さら気づいたアユが、涙を浮かべて謝ってくる。

が、もう遅すぎる。


「SMプレイの中には、鞭打ち、ロウソク、
浣腸、スカトロプレイなんかもあるな。」


俺が変態的プレイの例をあげるたびに、
拘束されて、身動きのとれないアユは青ざめていく。


「大丈夫だ。血の繋がった妹に、そんなに酷いことはしないよ。
ただ、俺はお前の将来のことを考えて、オナニーの仕方を
教えてやろうと思っているだけだ。」


「やっ、やだあっ!お兄ちゃんに、裸をみられて、
しかも、触られたりするなんて、絶対にイヤ!」


「お前だって、俺のちんぽをしっかりとみたじゃないか。だいたいお前の
おまんこくらい、おしめを替えるときに散々みたよ。」


「いやらしいこといわないでよ、この変態っ!」


「ああ、今のは淫語責めにちょっとロリコンを匂わせてみたんだ。変態で正解だよ。」


ハサミで、アユのブラジャーとパンティを切ると、予想以上に、
いやらしく成長した妹の裸体が現れた。


「なんだ。乳首が勃起してるな。おまんこだって、濡れてるし。実は、興奮してるんだろ。」


「うっ・・・うっ・・・お兄ちゃんのバカ・・・変態っ・・・。」


恥ずかしさに泣いているアユの乳首をきゅっとつまむと、びくんと反応した。


「普段から、乳首をこうやっていじっておくと、感度がよくなる。」


両方の乳首をこねくりまわして、仕上げに、ちゅうっと吸ったら、


「お兄ちゃん・・・。」


アユが切なそうに囁いてきた。


「さ、次はおまんこのいじり方だ。お前、彼氏いたんだから、
一応、処女じゃないんだろ?」


恥ずかしそうにこくんと頷くアユは、かなりかわいかった。


「どうせ、彼氏は勝手にさっさとイって、お前は
痛いだけで全然気持ちよくなかったんだろ。」


「な、なんで知ってるの!?」


「処女を感じさせるのは、難しいからだよ。女の体はデリケートで
開発するのに、時間がかかるの!だから、オナニーして、自分で
開発しておかないと、セックスしても感じられないわけ。」


「お兄ちゃん・・・変態なんていって、ごめんね・・・。」


ようやく納得したらしいアユから、心からの謝罪を受けた。


「もういいよ。俺の方こそ、ごめんな。オナニーのやり方は、
この本に詳しく書いてあるから、自分で勉強しとけ。」


俺が拘束をはずしてやると、アユはもじもじと恥ずかしそうにしながら、


「アユ、お兄ちゃんに教えてほしい。オナニーのやり方、教えてぇ。」


かわいい妹に、上目づかいでねだられては、とても断れない。


俺は近親相姦の罪悪感に怯えながら、アユの
おいしそうなおまんこに手を伸ばした・・・。


「お兄ちゃんっ・・・クリトリス、すごく気持ちいいっ・・・アユもうイきそうっ!」


アユはモトカレとのセックスで感じられなかったなんて、
ウソみたいに敏感で、ちょっとクリトリスをいじっただけで、あっさりとイってしまった。


「お兄ちゃん・・・ここのいじり方も教えてぇ・・・。」


うっとりとした表情で、アユは自分のおまんこを
指で拡げてみせてくる。


「ああ・・・こうやって指を濡らして、膣壁を
傷つけないように、ゆっくりと入れるんだ。」


「ああんっ!・・・イイよ・・・お兄ちゃんの指、
すごく・・・いいのぉっ・・・。」


ヤバい・・・マジで興奮してくる・・・。


「えーと、このへんがGスポットで、膣口付近をねちっこくいじるのも・・・。」


「あっ・・・あっ・・・イくのっ・・・またイっちゃうのっ!」


・・・俺はどうにか、禁断の近親相姦を踏み止まった。
そして、結局、アユはオナニーのやり方を覚えなかった。
イきまくっていて、それどころじゃなかったらしい。
今夜も、アユはこっそり俺の部屋に忍び込んできて、


「お兄ちゃん、アユのオナニー手伝ってぇ・・・。」


とねだってくる。

ああ、おとなしく、変態の汚名をきておけばよかった。


おすすめサイト


激安あだるとしょっぷマニアタイム
出会いの方法・攻略、、すべて暴露中♪
エッチな体験談・投稿ブログ
アダルト携帯動画
携帯動画
アダルト携帯動画サイトが
完全無料で作成できるって
知ってました?
しかも難しい知識は
要らないんです。

5分で作成できます♪
ぜひ一度覗いて見てね♪

アダルト携帯動画サイトを
作成してみる。


サンプルサイトはこちらです。

サンプル1
サンプル2
サンプル3

試しに作成してみる方はこちら
記事検索