花インデックス

年々新しいお花の名前を覚えるのが苦手になって、、
おまけにそれまで覚えていたはずの名前まで出てこない
(^m^)きゃは!年はとりたくないわぁ
ということで、出会ったお花たちを記録することに

ワチガイソウ

P4240181z2


2017/4/9英彦山
ナデシコ科 › ワチガイソウ属

P4240184z2


高さ5〜15cm。花期は4〜6月で花びらが白く5枚あり、雄しべの葯が柴色の花を咲かせる。
よく似た花・ワダソウ・ナデシコ科 › ワチガイソウ属

コバノガマズミ

P4290064a2


2017/4/29平尾台・等覚寺
スイカズラ科 ガマズミ属
葉っぱの小さいガマズミという意味
P4290074a2

おきな草

オキナ草の花芽↓です
201603260194
201603260192
201603260200
2016/03/26 平尾台

オキナ草が咲き始めていました。↓
201604020287
201604020295
201604020290
2016/04/02 平尾台↑

201604100360
201604100354
201604100348

2016/04/10平尾台↑
金鳳花科
山野などの日当たりのよいところに生える。
・春、内側が茶色の花がやや下向きに咲く。
・全体が白毛におおわれている。
実(み)も白毛状。これを老人の髪にたとえた。

去年初めて自生の翁草に出会いました。
P5010073

2010/5/1 平尾台
去年はもうすでに実になって白いひげ状でした
今年も咲いているかなと出かけたら、同じ場所に咲いていました
野焼きの後の黒っぽい大地に赤い花が鮮やかです
去年より2日早いのだけどまだお花がしっかり残っていました

キケマン(黄華鬘)

201701010026a

ケシ科キケマン属の越年草
2017/2/17山田緑地

「華鬘」というのは仏殿に垂れ下がった飾りのことで、花の形をこの「華鬘」にたとえたのが和名の由来である。
有毒種で、茎などの汁がついた手で食事をするだけで危険だという。

201703110020a

2017/3/11山田緑地

この花の仲間には、深山黄華鬘(ミヤマキケマン)、蔓黄華鬘(ツルキケマン)などがある。
紫華鬘(ムラサキケマン)も同じキケマン属。

セリバオウレン

201703030038a


芹葉黄蓮 キンポウゲ科 オウレン属
2017/3/3英彦山

普段は真っすぐとおり過ごす場所で見かけました
花公園でしかあったことがないお花
真っ白名花びらと花火のように広がった蕊が素敵でした

雪解けの頃に咲き出す、春の訪れを告げるお花。
自生したお花に会えると思っていなかったので感激しました

201703250061


201703250054a


201703250044

セリバオウレンは日本海側に分布するオウレン(キクバオウレン)の変種とされ、太平洋側や西日本に多く分布します。
花はオウレンとそっくりで見分けるのは困難ですが、
葉はオウレンが1回3出複葉であるのに対して、
セリバオウレンは2回3出複葉です。

ハンゲショウ(半夏生)

hangesyou2016180008

ハンゲショウ ドクダミ科 ハンゲショウ属
2016/6/18 井手浦


yaburegasa20166260179

2016/6/18 井手浦

半化粧・半夏生・片白草(かたしろぐさ)などいろんな呼び名がある

ヒナキキョウソウ


himekikyousou2016P6080017

ヒナキキョウソウ キキョウ科 キキョウソウ属
2016/6/8 豊前国分寺さんの前庭 

キキョウソウとは少し雰囲気が違うなぁと思って
名前を探していたらヒナキキョウソウだった。
会うのは初めて

himekikyousou20166080011


名前をヒメキキョウソウと思い違いをしていました
正解はヒナキキョウソウでした
北アメリカ原産の帰化植物。
花期は、キキョウソウが終わった後に咲き始めるらしい

ムラサキニガナ

murasakinigana20166260205

キク科、アキノノゲシ属
2016/6/26 平尾台

丘陵地や山地の林縁に生え、高さ0.6〜1.2メートルになる多年草。
葉は互生し茎の下部の葉は羽裂し、上部の葉は画像のように菱形で裂けない。
茎は中空で乳液が出る。頭花は円錐花序に多数つき、下向きに咲く。
頭花は直径1センチほどで、総苞の内片はやや腺形で7〜8個。花柄には腺毛がある。
花期は6〜8月

murasakinigana20166260204



葉っぱ
murasakinigana2016260203

サツマイナモリ

201703110012a

2017/3/11山田緑地
アカネ科 › サツマイナモリ属
,暖かい地方の林の中に群生する多年草。
杉林などかなり暗い環境下でもたくさん花をつけていることが多い。
よく似た植物にはシロバナイナモリソウがあるが
,こちらは花冠が短く花が上を向く。
サツマイナモリは花冠が長く横を向いて咲く。
             植物図鑑・撮れたてドットコムさん

201701010007a

2017/1/10山田緑地

201603120063

201603120060

201603120028

2016/3/12福智山

PC190160c

2015/12/20 耶馬溪・古羅漢

PC190158c


PC190124c


シオガマギク

P9261232

ゴマノハグサ科 シオガマギク属
2015/9/26 平尾台 大平山

茎はほとんど枝分かれしない。
葉は下部のものは対生、上部は互生し、狭卵形で長さ4〜9cm、
縁には重鋸歯がある。
花は茎の上部に、赤紫色で点々と横向きにつく
追記
シオガマギクとトモエシオガマの違い
 シオガマギク  基部の葉は対生で上部は互生になる。花序はのびて巴状にはならない。
         低山〜亜高山
 トモエシオガマ シオガマギクの変種、葉は普通互生し母種より幅がやや広い。
         花は茎の先に集まった葉状の苞のわきにつき、上から見ると巴状に見える。
         亜高山〜高山

茎の途中にも花が咲いていれば、たとえ茎の先に巴状の花があってもシオガマギク


P9261234


2015/9/26 平尾台 大平山


初めての出会い、、、藪の奥に赤ピンクの花をみて
きゃは(^^)v多分シオガマギクだ〜

P9190385

2015/9/26 平尾台 茅ヶ谷

P9190386

2015/9/26 平尾台 茅ヶ谷

P9190388

2015/9/26 平尾台 茅ヶ谷
こめんと
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ