テレビを送るとき、段ボールがない!こんな場合にどうすればいいのか?

ブラウン管梱包


下取りできないブラウン管、買取できないブラウン管、運べないブラウン管...

ブラウン管テレビを処分するタイミングを無くし、自宅の押入れに眠っていたが、いよいよ引越し間近になって、なんとかしないといけない!という時に活躍する方法があります。


tvkonpo←すごーい!!
ブラウン管の処分にはコストがかかるとされています。テレビのリサイクルは高額処分費!それはテレビの処分費に加えて、自宅の下まで降ろしてから、しかも収集運搬費も取られるからです。できるだけ安く、処分したい方には、送って捨てる方法はカンタンで便利、空いた時間に自分勝手に捨てれる!と好評。(こちらは持ち込み例⇒テレビの回収


◆ブラウン管テレビを送るときの注意点◆

●無理に持たないこと!
29インチ以上になると、とにかく重たい。リサイクル店(大阪屋さん)のマニュアルでは32型以上のブラウン管を運び時には、腰を痛めないよう必ず、2名以上で運ぶこと。と規定されています。

●可能であれば専門業者に!
送って処分できる大阪屋さんのテレビ処分を利用すれば、重たいブラウン管を梱包してしまえば、自宅から宅配業者さん、運んでもらえます。

●お勧めのテレビ梱包術!
ブラウン管テレビを送る場合、梱包しようと思っても、大型テレビになれば、入れる箱がない。そこでお勧めなのが、ゴミ袋で包装して、ガムテープで止める方法です。


◆ブラウン管テレビをゴミ袋で包装するコツ◆

01
1.ゴミ袋を準備します!
どんなゴミ袋でも構いませんが、ブラウン管テレビは思っているよりも奥行きがあって大きいので、大きなゴミ袋を準備しましょう。ゴミ袋はホームセンターやコーナン、100円ショップでも売っています。

02
2.ブラウン管を包み込め!
テーブルやテレビ台の上だとやりやすいです。極論から言えば、持ち上げられない場合、下はそのまま裸の状態でも構わないと思います。廃棄前提なので、きちんと梱包する必要は一切、ありません。どの宅配業者も、気にせずに運んで頂けます。

03
3.ゴミ袋をテープで止めます!
ゴミ袋の弱点は、きちんと止めていないと破れてしまいます。なので、ブラウン管テレビの角や凹んでいる部分は、グルッとテープで巻いて補強します。このテープも、ホームセンターや100円ショップで手に入ります。布テープでも、ビニールでもOK。


これで完了です。