2006年04月22日

お引越のご案内

ブログを引っ越すことにしました。

http://ballet-essence.sblo.jp/ 新しいアドレスです。

よろしければまた遊びにきてくださいね!

  
Posted by passe00 at 22:22Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月14日

PC不調

最近、ブログも休みがち。日記を書くテンションが下がっているのもあるけど、PC関連がイマイチ不調なのだ。

おとといネットにアクセスしようとしたら、セキュリティソフトのプログラムが破損しているとやら云々とメッセージが出て、アンインストール後、再インストールせよ!とのこと。
ちょっと、うんざり。何か間違ったことしたのかしら?それともウィルスや不正アクセス?と不安になりつつ指示通りに再インストールした。それだって、メーカーのサイトに行ったりソフトの説明書を見たり恐る恐る。

ようやくインストールしてみたけど、今度はメールが受信できない。これは前にも一度あったので、驚きはしなかったけど、もうその詳しい手はずは忘れていた。確か、つなげるメールサーバのIPアドレスを強制的に受け入れるように指定しなければならないはず。なんだかんだと???が続いて数時間かかった。

げんなり・・・メーラーも同じメールを2度ずつ受信したりなんだか怪しい動きもある。アカウントをいくつか持っているんだけど、合わせて一日に100通くらいのメールが届く。これでもレンタルサーバー経由のものはウィルスメールをサーバでカットするようにしているからかなり減らされているはずなのだ。(プロバイダのほうは届いた時にセキュリティソフトが警告してくれる)
メールの9割はスパムであとはメルマガや会員登録しているサイトからのDM。プライベートな知人からのメールはほとんどないかな。

それが、今日またしても同じような警告が出た。セキュリティソフトのプログラムが破損しているから再インストールせよ!だと。

再度、げんなり・・・でもこれをやらないとメールを受信するのもコワイので仕方ない。

このブログもあまりに重くて使いづらいので、引っ越そうかと考えている。ライブドアさんも大変だろうけど、投稿しようとするたびにつながらず、せっかく書いたものが消えてしまうのはやる気なくすのよ・・・とほほ〜ん。

すっかりレッスン日記ではない内容になってしまった。

  
Posted by passe00 at 22:59Comments(0)TrackBack(0)金曜レッスン

2006年04月05日

新学期スタート

4月から一部先生が替わるクラスがいくつかある。この季節は新しく習い事をスタートしようとする人も多いと思うけど、新人さんというよりは他のクラスからの異動組みが増えているようだ。
先生の変更に伴って生徒もクラスを変えているのかもしれない。今日のクラスにも、先生が他のカルチャーで教えている生徒さん2名が新しく加わった。20名という久々の大所帯になった。前の時間のクラスにも新しい顔ぶれが伺える。私が習っているクラスは3つとも変更なしなので、しばらくこのまま続けようと思う。

昨日コンクールを見た成果をなんとか生かしたいと、今日は頑張ったつもりなんだけど・・・
バーでもセンターでも同じ注意を受けた。「もっと大きく踊ってください」「私より背が高いですよね?もっと大きくエラソーに踊って!」と・・・そんなに萎縮した感じなのかなぁ?私の踊りって。
腕は長く使おうとかつま先はしっかり伸ばそうとかは、意識しているつもりなのでやっぱりボディ(胴体)が引きあがってない、使えてないんだなぁと思う。

苦手なピルエットは腕の位置は頑張ってキープするようにした。でもそうすると首のことを忘れ、ガマンと忍耐でパッセキープするのもイマイチだった。練習不足だよなぁ・・・
でも、ラストのグランワルツに組み込まれていたピケターンx4回、これは割りと首を使えたと思う。
ひとつひとつもっと考えながらレッスンしなきゃね。

  
Posted by passe00 at 23:11Comments(0)TrackBack(0)水曜レッスン

2006年04月04日

バレコン

昨日今日と「北海道バレエコンクール」が行われた。今日は児童の部とジュニア以上の決選の日。

少し遅れて会場に着いたらジュニアがもう10組ほど終っているところだった。プログラムには出演者の番号と年齢、演目しか書いていなくて名前がない。会場が混んでいて1階席一番後ろで立ち見していたので、顔も良く見えなくて誰が誰かよく分からなかった。個人的に面識のあるジュニアはいないんだけど、よく道内の発表会で登場する子とかは名前だけは知っているし、前に通っていた教室の生徒さんも入る。その子は私が通っていた頃はまだベビー科さんだったのに!今やコンクールで上位に入賞するレベルにまでなっているのだ。

ジュニアB(13〜15歳)は踊りがまだこなれていない印象。もちろんコンクールに出て決選に残るだけあってテクニックはあるのだ。この歳でこんなに踊れるんだ!という驚き。でもなんとなく顔の向きとか腕の使い方とか先生に指導されたまま、ビデオなどで真似たままを再現しているのでは?というイメージになってしまうのはなぜだろう?音もたっぷりと使えていなかったり、逆に送れちゃったり・・・でもとにかく脚が長くてキレイなプロポーションの子は多かった。

ジュニアA(16〜18歳)になると優美さが出てきておとなと変わらないような踊り方に感じる。だんだんおとなに近づくにつれ、体型も女性のラインになってきた。少し筋肉質の脚の人もいて、日本人離れしたプロポーションという子はジュニアBの方が多かったみたい。もちろん間近でみたらスッゴイキレイなんだろうけど。

シニア(19〜25歳)は一番人数が少なく、接戦だったのかもしれない。ここで初めてふたり連続で足元がグラッとくるミスが続いた。転びはしなかったけど大変な動揺があったんだろうなって、それでも最後までうまく踊り続けてみんな強いなって感心した。そういう精神力欲しいなぁ。私はドキドキの緊張感が最高潮に達するとうまく踊ろうというより「とにかく無事終って!」と5割くらいで無難に終らそうとしてしまうから。

審査を待つ間、昨年の受賞者のよるエキシビションが行われた。コンクール中は拍手禁止だったので、このエキシビションでようやく拍手が許され観客の反応もあからさまになった。今回のコンクールに出て更にエキシビションにも出ている子もいて大変だったろうな。

結果が出るまでかなり時間がかかり待たされた。
金銀胴、入賞1〜3位、その他の賞があって、有名どころのダンサー(舞台で主役級を踊ったり、コンクール入賞歴が多い人など)がやっぱり多く受賞していた。自分なりの評価をこっそり○なんかつけて予想していたけど、そういう子が受賞したりするとなんだか嬉しかった。私の見る目もまんざらじゃないのね!って(笑)

しかし・・・思えば私ってばそういうジュニアの子が生まれる前からバレエを習っているのにこの上達の差は何?とちょっぴり悲しくなる。まぁ成長期の子供とおとなから始めたのでは歴然とした差があるのはしょうがないけど、なんとなく体だけの問題じゃない気もする。環境を軸にした心の持ち方、士気の違いじゃないかと思う。おとなは出来ない理由付けをなんとでも出来るものね。そして諦めが早い。

バレエを通じてどうなりたいのか初心に帰った方がいいね

  
Posted by passe00 at 23:49Comments(0)TrackBack(0)バレエ鑑賞

2006年04月03日

くじけやすい軟弱者?

先週レッスンの休講が多かったのでなんだか久しぶりのレッスンのような気がする。金曜にジュニアの舞台を観て、心新たに頑張らなきゃ!と感化されたはずなのに・・・

今日は人数は少なめで先生の目も行き渡りやすく個人教授満載だった。バーのとき鏡で横から自分を見てみると、どうも姿勢がすっきりしない。やっぱり自分でも引きあがっていないのがわかる。おなかも下がっている。骨盤が落ちてるのかなぁ?さらに今日は5番に入りにくい。
別の人に先生が注意していたんだけど、タンジュから脚を5番に戻す時に膝が緩むよ!という指摘。実は私もそうなのだ。まずいまずい・・・

おまけに「首も痛いの?もっと首つけて」と。痛くはないんだけどストレッチのトレーナーさんに言わせると私の首は自分が受け持っているお客さんの中で癸韻妨任泙辰討い襪蕕靴ぁ8関節も動きが悪いと言われているし、そう言われてみればバーで自由に首がつかないのも、回り物で首がつかないのもそのせい?←これは言い訳だな(汗)

途中、バーをくぐろうとした時に腰が痛くて一瞬固まった!先生に見つかり今日の私は「腰イタイイタイさん」になってしまった。が、しか〜しこの程度の腰痛は実は毎度のことなのだ。でも、センターで苦手のピルエットをやることになったときに、イヤだなぁの気持ちが前面に出たのか?腰が痛いせいか?がっくし頭も肩も腰も落ちた歩き方になっていたようだ。イカンイカン!

案の定、ピルエットもダメ。「イヤンイヤンの首」と高くホールドした腕、そして忍耐と根性のオンポアントとパッセ、全然出来てませんでした。

学習しない私・・・ダメだなぁ。
みんなはまたレッスン後に自習でぐるんぐるん回る練習をしていた。

  

2006年03月31日

リアルでキビシイ世界

道内のバレエ教室がそれぞれ演目をみせるジュニアファンタジーを観にいってきた。高校生以下?のジュニアが出るもの(サポートの男性はオトナも可のよう)

今年は一日で12団体が出演した。数日前に行われた子供舞踊祭も(これは観てないけど)聞いた話によると、教室によってかなりのレベル差があったという。その人は「おとなと子供ほどレベルが違う」と言ってたけど、今回のファンタジーも結構レベル差があった。

出演している子供達の人数、年齢もまちまち。高校生位のかなり踊れる子たちで構成した質の高いものから、小学生が多いところ、ちびっこからヴァリエーションを踊れる上手な子まで織り交ぜて構成しているところもある。

衣裳も!音楽も!構成も!ダンサーの体型も!テクニックも!まちまちで正直、レベルの高い団体の後に踊ることになったつたないテクニックの子供達はちょっと気の毒ですらあった。

それにしてもジュニアではあるけど、優雅さとテクニックを兼ね備えた素敵なダンサーには感心しきり!一方、危ういポアントワーク、コントのようにでっぷりした体、ペタペタと重心の低い走り方、曲がった腕と膝・・・自分の弱点に共通しそうなところはグサグサと心に響いたよ〜

  
Posted by passe00 at 23:11Comments(0)TrackBack(0)バレエ鑑賞

2006年03月28日

おじゃましました

今週は子供の発表会があるのと5週目なので水曜と金曜のレッスンはお休みになった。
それで、前にお休みした水曜レッスンの振替でこの火曜クラスを受けることにした。振替が出来る最終週だし、今週お休みのレッスンが多いせいで振替やらビジターやら本来の火曜クラスのレギュラーではない人が多かったようだ。レギュラーさんたちに「別のクラスみたい」と言われちゃった。

いつもの火曜日の先生は翌日の発表会の準備でお休みで、この後のクラスを教えている先生が代行してくださった。ぎっくり腰寸前と言って、腰にゴムバンドを巻いているのに、先生はおっそろしいほど脚が上がり本当に腰が痛いのか不思議なほど。私も腰痛持ちだけどヒドイ時はホントに脚はあがりにくいもの。

レッスン内容はシンプルなものだったけど、だからといって出来のいいものでもなかった。そんなもんなんだよね。簡単だからうまくできるわけではなく、また逆に難しい内容でも慣れればなんとか形だけはついていくことは出来たりもする。いずれにしても質の高い踊りができるようになりたいな。

  
Posted by passe00 at 23:48Comments(0)TrackBack(0)振替レッスン

2006年03月27日

習い事としてのバレエ考

昨日スポーツストレッチに行ったのだが、今日はなんだか腰が痛い。グランバトマンもあまり脚が上がらなかった。脚持ちと開脚はまずまず。
グランバトマンってたいてい脚持ちなどのストレッチの後にやるけど、なぜか私の場合、このストレッチの後だと腰が痛くて逆に脚が上がりにくくなってしまうような気がする。無理に伸ばしすぎて腰に負担がかかってるのかな?

そう!最近、左足の外反母趾の痛みが再発してきたのだ。指の付け根の骨の出ているところではなくて、出ている骨から内くるぶしに向かう筋が歩くたびにピキ〜ンと痛む。キネシオテープでテーピングしてみるけど、なんせ素人、テープを貼るテンションがイマイチ分からずこれでいいのか分からない。
それに今日は黒い靴下を履いていたのでテープのふちに黒の繊維がくっついて汚いよ〜。お風呂に入るとテープが濡れて乾くまで不快なのもこのテープのイヤなとこなんだけど、しばらく貼ってみよう。

途中、見学者が2名、突然現れた。この季節、新しくバレエを始めようとする人増えるんだよね〜。動機はひとそれぞれだけど、バレエの世界を・・というかバレエを習う上でのマナーとか気持ちの持ち方?みたいな教室の雰囲気をすぐ察知して馴染んでくれる人じゃないと一緒にお稽古していて、実は結構不快な気分になってしまうのも事実。
そんなこと言うと、「エラソーに」とか「ちょっと長くやってるからすましちゃって!」みたいな風にとられると困るのだけど、新人さんが入ってきて、一生懸命にしかも楽しそうにレッスンしている姿を見るのはほのぼのとして、「新しい仲間が出来たかな」という気分になるけど、実際、「この人は続かないな」と思ってしまう人が多いのも正直なところ。
気持ちのよいクラスメイトが今後も増えることを望むばかりなり・・・

センターでは先週までやっていた障害物を置いてのグランジャンプはなくなってホッとした。見学者がいたからかな?(笑)
代って、シェネのオンパレード。3回回ってポーズのワンセットを4回、右に進んですぐ左に方向転換して左側にも同じシリーズを続ける。シェネは瞬間、うまく回れるときと全然ダメダメなときが混ざっていて安定しない。キライだから圧倒的に練習不足なのは否めないんだけどネ。最近、レッスン後に自習する人が多い。すぐ着替え始めてしまう私は諦めが早すぎだよね。粘り弱い(涙)

苦手を克服できない私に、これから習おうという人にあれこれいう資格はないか(笑) 

  

2006年03月24日

いやんばか〜ん

長らくサボってしまいました・・・が、レッスンには行っていたのです。

先週、スポーツストレッチに行ってからちょっと柔軟度が上がったような気がする。ハムストリングスが痛くてここ数年どんどん身体が固くなってきてるのを感じて、半分もうトシだから・・・って諦めていたんだけど、開脚スプリットも脚持ちも前よりずっと楽になった。5番にも入りやすくなったような・・・
一時的なものじゃなきゃいいけどな

センターでのピルエット
アンオーでピケアラベスク、プリエで腕を1番に降ろして、上げた脚を前に置いて軸足クッペから踏み替え、前足を後ろに入れてストゥニュー
右足デブロッペからトンベ+パドブレ+ピルエットを2セット
振り返ってプリパレーションからシェネ、ポーズ

相変わらず苦手なピルエット。水曜レッスンでは回ってるときに「肩をあげて回ってみて」と先生に言われ、「????」混乱してバタバタになってしまった。
どうも回ってるとき腕が下に落ちてしまうので、普段パッセバランスをとってる位置まで、アンナヴァンまで腕を上げられるように肩を上げてと言われたのだ。上げてと言われると上がらないんだけど、わざとらしいほど腕を高めにすることで私の場合、丁度いいみたいだ。

そして、今日の先生には首がついていないことをまたしても注意され、普通、首をつけるのに先生たちは「イチッ!ニッ!」と掛け声をかけてくれることがあるけど、今日は「もっとイヤン!イヤン!って首つけて!」というアドバイス(笑)
そっか・・・まわりながらイヤン!イヤン!ね

ラストのグランワルツも難しかった。
ピケアラベスク、シャッセからランベルセ
振り返って、トンベ+グランパディシャ2回(1度目腕1番、2度目片手アンオー)
後ろから振り向いて斜め後ろに、アラベスクソッテ+回りながらバランセ、アラベスクソッテ+トンベ
斜め前に回りながらトンベジュテ、振り返ってアラベスクソッテで消える

回る、振り返る、行って戻って、ってそんなのが多くて振り回されそうなのだ。しっかり視点を定めて動かなきゃ!

  
Posted by passe00 at 23:18Comments(0)TrackBack(0)金曜レッスン

2006年03月06日

春風邪?流行

先週辺りから風邪引きさんが多いみたい。先生もそうで今日も大きなマスクをして登場。レッスンは9名で、このクラス初ではないかという少人数。他のクラスも少ないけど季節の変わり目で体調が悪い人と、お仕事や学校が忙しいというパターンなのかもね?

私は今のところまだ風邪はひいていない。
でも疲れ解消のため総合ビタミン剤エスファイトゴールド!を買った!目・肩・腰という私の弱点をカバーしてくれたら!という願いを込めて。

一方、がび〜んなのは、おやつにしょうゆ味のおせんべいをバリバリしていたら・・・前歯が欠けた。うわぁぁぁぁん。しょうがない、明日は歯医者に行こう・・・くすん。

レッスンは人数が少ないので先生も自ら言う通り、目が行き届いて注意の嵐。私はやっぱり身体が引きあがっていないみたい。金曜の先生にも言われたしね。バーは鏡に近い場所だったけど、横から見たら腰が落ちて膝がやっぱり伸びていない印象。関節がつまっているから腰とか脚の付け根が痛くなるのかもしれない。今日はちょっとだけ膝すら痛かった。

センターは先週とほぼ同じ。
パドブレからアラベスクパンシェのアンシェヌマンでは左がグラグラして、最後にルルヴェアラベスクで消えるところ、ルルヴェに持っていくことが出来なかった。かかと重心だったからだ。パンシェから戻ってルルヴェしようとしたけど前後左右にグラグラして結局後ろに落ちてしまった。先生には顔を覆われる始末(~_~;)

帰ってから、最近の食べ過ぎを反省しなきゃいけないのに、限定!梅かつお味のポテチを一袋完食してしまった。ワレ、何考えとんねん!